Loading…

クリスマスマーケットで会える、白装束の人物って?

Posted by osanpoberlin on 05.2016 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
 チリン、チリン……。
 どこからか、明るい鈴の音が聞こえてきました。
 音の方に目をやると、人垣の向こうに、どうしても見たかった白装束を着けた人の姿がありました。

IMG_6600.jpg
ひと目見たくて、ベルリンから1時間かけて来たんです


 こんにちは。ライターの久保田由希です。
 今回はベルリン近郊のシュプレーヴァルトで4日間だけ開かれる、クリスマスマーケットのお話をします。

***

 ベルリンから列車で1時間ほど南下したニーダーラウジッツ地方に、シュプレーヴァルト(シュプレーの森)という森があります。ベルリンの中央を横切るシュプレー川の支流がいくつも流れる森は、ユネスコ生物圏保護区にも登録されています。

 水と緑に囲まれたこの地での楽しみは、サイクリングや小舟で水路を巡ること。本来ならば、夏に訪れる場所です。

 しかし辺り一面に霜が降りている第2アドヴェント(今年2016年は12月4日)の日に、私はシュプレーヴァルトの主要駅であるLübbenau(リュッベナウ)に降り立ちました。

 以前写真で見た白い衣装の女性を、どうしてもこの目で見たかったのです。

 シュプレーヴァルトがあるニーダーラウジッツとその南部のオーバーラウジッツ地域は、お隣ポーランドにほど近いドイツ。そこには、スラブ系少数民族であるソルブ人たちが暮らしています。
 彼らはドイツ国籍ですし、ドイツ語で生活していますが、民族としてはソルブ人。ドイツとは異なる固有の文化と言語を持っています。

 シュプレーヴァルトの森のなかに立つFreilandmuseum Lehde(野外ミュージアム・レーデ)というミュージアムでは、19世紀のソルブ人の農家の暮らしを再現しています。
 ここを拙著『かわいいドイツに、会いに行く』のために取材で訪れた数年前のこと。そこに置かれていたパンフレットをたまたま手に取り、目が釘付けになりました。

 表紙に写っていたのは、花の刺繍が施された真っ白い衣装を身に着けた、「おそらく」女性。
 おそらく、と書いたのは、顔がまったく見えないから。顔の部分は、まるで顔の前に白いカーテンが下りているかのように、ベールですっぽりと隠れているのです。

 その、あまりに強烈な衣装が頭から離れませんでした。きれいだけれど、同時に異様さも感じてしまう、ひと目見たら忘れられない姿。
 なぜこんな格好なのか。何をする人なのか。

 パンフレットを読むと、その白装束の人物には野外ミュージアム・レーデのクリスマスマーケットで会えることがわかりました。ここのクリスマスマーケットが開かれるのは第1・第2アドヴェントの週末、つまり計4日間のみ。その最終日に滑り込むように行ってきました。

 最寄り駅のリュッベナウは、ベルリン中央駅から地域快速RE列車で乗換なしの直通1時間5分。そこから水路巡りの小舟が出るGrosser SpreewaldHafen(シュプレーヴァルト港)まで20分ほど歩きます。そこが森への入り口でもあります。

 シュプレーヴァルトの森には300ともいわれる水路が走っており、カーンという小舟で移動します。船頭さんが漕いでくれる、20人も乗ればいっぱいの小さな舟です。

 野外ミュージアム・レーデには港から徒歩や車でも行かれますが、カーンに乗るのが風情があって楽しい。それにクリスマスマーケット期間は、港から野外ミュージアム・レーデまでの往復料金にミュージアムの入場料が含まれたコンビチケット(13ユーロ)があるので、それを買うのがいいと思います。

IMG_6662.jpg
旅情あふれる小さな船の旅


 港は思いのほか混雑していました。港でもクリスマスマーケットが開かれており、このマーケットも野外ミュージアム・レーデ同様、開催は第1・第2アドヴェントの週末の計4日間だけ。人が集まるのは当たり前かもしれません。

IMG_6784.jpg
夜の港のマーケットも雰囲気がいいです。シュプレーヴァルトの特産品がいろいろ

IMG_6707.jpg
ロマンティックな雰囲気


 港の一角にある窓口でコンビチケットを買い、カーンに乗船します。向かい合わせに並んだ小舟のベンチの真ん中にはテーブルがあり、クリスマス仕様の飾り付け。
 やがてスルスルと音もなくカーンが水面を滑り始めると、白い帽子をかぶった子どもがクリスマスの詩を朗読し始めました。

 野外ミュージアム・レーデまでは、カーンで約30分。お客さんのおしゃべりがなければ、あたりはひっそりとしています。夏に訪れたときのような鳥のさえずりはありません。いまは動植物たちはみんな休んでいるように見える、冷たい冬なのです。

 野外ミュージアム・レーデは敷地内に幾つもの建物があり、農民たちの寝室や台所、仕事ぶりが展示されています。
 ここのクリスマスマーケットは、こうした展示に融合して、民族衣装を着けたスタッフがクリスマスの歴史を語り、伝統工芸品や食べ物屋台が並びます。

IMG_6595.jpg
屋台は屋外と屋内の両方にあります


 私はここにはもう何回も訪れているので、展示内容はあらかた知っています。今日の目的は、白装束の人に会うこと。そしてそれが何かを知ることです。

 勇んで建物の一つに入ると、そこでは民族衣装の男性がちょうどそれについて話しているところでした。

IMG_6395.jpg
歌も交えての大エンターテインメントでした


「Bescherkind(ベシェアキント)は、この地域の習慣で、クリスマス前にプレゼントを配って回るんだ。でも聖なる存在だから、誰にも見られちゃいけないし、声も聞かれてはいけない。だから白いベールで顔を覆っていて、声も発しないんだ。ベシェアキントにはお供の女性がついて歩くんだよ。
ベシェアキントの習慣はずっと続いている村もあれば、いったん消滅したところもあった。今また伝統が復活しているんだ」

 なるほど。白装束の人はベシェアキントと呼ばれる存在なのですね。
 bescheren(ベシェーレン)とは、ドイツ語で「クリスマスにプレゼントを贈る」という意味。ドイツ文化ではその役割はクリストキントやサンタクロースが担っていますが、ソルブ人の伝統ではそれがベシェアキントに当たるわけです。

 でも一体、どこで会えるの……。逸る心を抑えきれずに係員の人に尋ねると「会場内を随時回っています」との答え。
 ここにいれば、きっといつかはベシェアキントに会える。そう思うと急に空腹を感じ、屋台や実演展示も気になり始めました。

 ここの屋台は、ちょっと特別。地元の女性が生み出した手仕事の品があって、気になるものばかりです。手編みの品、布もの、ロマンティックなリース、木靴。そういったものが好きな人にはたまらないと思います。グリューヴァイン(スパイス入りホットワイン)などの温かい飲み物や食べ物があるのは、言うまでもありません。

IMG_6548.jpg
糸紡ぎの実演も見学できます


 暖かそうな手編みの真っ白い毛糸の靴下を買って外へ出ると、聞こえてきたのです、チリン、チリンという鈴の音が!

 そこにはお供の女性に手を取られて歩く、白い衣装をまとったベシェアキントの姿がありました。

 ベシェアキントは束ねた枝を手に持ち、すれ違う人たちの方をその枝で優しく触れ、頬をなでています。そしてお供の女性がその人にクルミを渡していました。こうして幸せと健康がもたらされるのだそうです。

IMG_6494.jpg
優しく肩に触れています


 あとで調べたところによると、ベシェアキントになるのは村の若い女性で、この任務につくと翌年にはその村で最初に結婚できると言われているそうです。
 頭にいただく冠は、結婚式でかぶるもの。きれいな刺繍が施された衣装も、よく見れば花嫁衣装のようです。
 花嫁衣装は綿帽子や、白いベールで顔が見えないもの。聖なる存在であるベシェアキントが顔を覆っている理由が、なんとなくわかったような気がしました。

 ベシェアキントと一緒に写真に収まる子どもたち。枝で肩に触れてもらった老夫婦。来年も幸せで健康でありますように。

 あ、私は写真を撮るのに夢中で、ベシェアキントに触れてもらっていませんでした……。
 (text and photo_Yuki Kubota)

シュプレーヴァルト(リュッベナウ)のクリスマスプログラム(ドイツ語) 
http://www.spreewald-weihnacht.de/spreewaldweihnacht

Freilandmuseum Lehde(野外ミュージアム・レーデ)(ドイツ語) 
http://www.museum-osl.de/verzeichnis/objekt.php?mandat=96971

*野外ミュージアム・レーデと港のクリスマスマーケット開催期間:どちらも第1・第2アドヴェントの土日(年によって変動。11月26日から12月10日までの間の2回の土日で、2017年は12月2・3日と12月9・10日)

*野外ミュージアム・レーデまでの往復カーン料金と野外ミュージアム・レーデの入場料がセットになったコンビチケット:大人13ユーロ(当日のみ有効)。港の建物内にある窓口で購入できます。

*野外ミュージアム・レーデのクリスマスマーケットには入場料6ユーロが必要です(コンビチケットには含まれています)。クリスマスマーケット期間以外は冬季休業です。

*港のクリスマスマーケットは入場料無料です。

*野外ミュージアム・レーデとソルブ人の民族衣装については拙著『かわいいドイツに、会いに行く』で詳しくご紹介しています。
cover2.jpeg

*ドイツのクリスマスについては拙著『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』で詳しくご紹介しています。
cover1.jpg

手前味噌で恐縮ですが、この2冊をお読みいただくと、この世界により深く触れていただけると思います。どちらも全力を尽くして書いた、おすすめできる内容なので、ご笑覧いただければ幸いです。


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪




週末だけ開催!地元っ子に人気のクリスマスマーケット2つ

Posted by osanpoberlin on 27.2016 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
 前回のライター久保田さんの記事『2016年クリスマスマーケットシーズン開幕!』にもあったように、ドイツ中でクリスママスマーケットが始まりました!

 さて。クリスマスマーケットには、期間中無休で開催しているわりと規模の大きなものと、アドベント期間の毎週末のみ、もしくは1-2日だけ、という地元密着型のマーケットがあります。

 そこで、今回はアドベント期間の週末のみ開催しているマーケットの中でも、私ガイド松永が個人的におすすめのところを2つご紹介しますね☆


 ひとつめは、こちら!
*ゾフィーエンシュトラーセのエコ・クリスマスマーケット
DSC_4809.jpg

 ミッテの人気スポット、ハッケシャーヘーフェのすぐ裏にある、静かで雰囲気の良いゾフィーエン通りで、土日のみ開催されています。

DSC_4807.jpg

 今年で21回目を迎えるここのマルクトの特徴は、作家の一点ものや、ハンドメイドの作品が集まっていること。オーガニックやフェアトレードの認証を受けたものも多く、出店数は約70店。

DSC_4814.jpg

 センスのよいアクセサリーや手作りの器、手編みの靴下やウールのショールなど、クリスマスプレゼントにもぴったりの高品質なものが見つかります。

DSC_4819.jpg

 もちろん、グリューヴァイン(ホットワイン)やスイーツの店もありますよ。

 そして、この通り沿いには素敵なショップやカフェも並んでいるので、合わせて散策してみてくださいね!

*ゾフィーエンシュトラーセのエコ・クリスマスマーケット
Umwelt-und Weihnachtsmarkt in der Sophienstrasse

会期:アドベント期間の土日(12月24日を除く)
時間:土曜日 12-20時 日曜日11-19時
場所:Sophienstraße, 10178 Berlin 
http://www.weihnachtsmarkt-sophienstrasse.de/


 もうひとつは、こちら!
*コルヴィッツ広場のアドベント・エコマーケット
DSC_4827.jpg

 プレンツラウアーベルク地区の中でも最も雰囲気のよいエリア、コルヴィッツ広場のすぐ横で開催されるマーケット。毎週土曜日はここで朝市が開催されているので、アドベントマーケットは日曜日のみ。こちらも60~70店が並びます。

DSC_4823.jpg

 ここの特徴は、場所柄子供連れが多いこと&子供向けの商品を扱うブースが多いこと!(プレンツラウアーベルク地区はベルリンの中のみならず、ドイツ全体でみても出生率が高いエリアなんだそう。)

 エコマーケットというだけあって、BIOの焼きソーセージやパン屋さんなど、フード屋台もオーガニック系。クレープやエスプレッソ、チョコレートなど、飲食物を扱うお店が多めで、食べ歩きも楽しい。

DSC_4825.jpg

 ちらっと見るだけなら15分ほどで見終わってしまう規模ですが、その分地元の人が集まるほのぼのとした雰囲気が堪能できます。 観光客でぎゅうぎゅうの大きなクリスマスマーケットに疲れたら、こんな隠れたマーケットに足を運んでみるのもいいですよ☆

*コルヴィッツ広場のアドベント・エコマーケット
Advents-ökomarkt am Kollwitzplatz

会期:アドベント期間の日曜日(2016年は11/27、12/4、12/11、12/18)
時間:12-19時
場所:Kollwitzplatz の北側・Wörther Str. ヴェルター通り
https://www.grueneliga-berlin.de/themen-projekte2/oekomarkt/adventsoekomarkt/


 ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方については、ライター久保田さんの最新刊
きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』をぜひご覧くださいね!


(text and photo_Akiko Matsunaga)



↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

2016年クリスマスマーケットシーズン開幕!

Posted by osanpoberlin on 21.2016 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
 さーて今年も始まりました、クリスマスマーケットシーズン!

 ベルリンを始め、ドイツの主要なクリスマスマーケットは、本日21日からスタートしています。

 これからクリスマスイブまでの約1ヵ月間、クリスマスマーケットが開かれる広場と町並みはイルミネーションで光りかがやくんですよ。
 ベルリンに冬に来るのなら、クリスマスマーケット開催期間中が絶対におすすめです!

 それではさっそく、わたくしライター久保田の独断と偏見による、おすすめクリスマスマーケットのスケジュールをお知らせしましょう(名前の前に*印がついているものは、私の本『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』に掲載しています)。
 特に記載のないものは、入場料無料です。

*ジャンダルメン広場のクリスマスマーケット
WeihnachtsZauber Gendarmenmarkt

IMG_7001.jpg
美しい広場の、美しいマーケット

会期:2016年11月21日〜12月31日 毎日11:00〜22:00(12月24日と31日は、特別営業時間)
場所:Gendarmenmarkt, Berlin
入場料1ユーロ
http://www.gendarmenmarktberlin.de/wp/?lang=en


*シャルロッテンブルク宮殿前のクリスマスマーケット
Weihnachtsmarkt vor dem Schloss Charlottenburg

IMG_2257.jpg
正面向かって左手の子どもマーケットもおすすめ

会期:2016年11月21日〜12月26日(12月24日は休業)
月〜木14:00〜22:00 金〜日12:00〜22:00 12月25日・26日12:00〜20:00
場所:Vor dem Schloss Charlottenburg am Spandauer Damm, 14059 Berlin
http://www.wvdsc.de/


*クルトゥアブラウエライのルチア・クリスマスマーケット
LUCIA Weihnachtsmarkt in der Kulturbrauerei

IMG_1511.jpg
北欧風クリスマスマーケット

会期:2016年11月21日〜12月22日 月〜金15:00〜22:00 土日13:00〜22:00
場所:Schönhauser Allee 36, 10435 Berlin
http://www.lucia-weihnachtsmarkt.de/


アルト・リックスドルフのクリスマスマーケット
Alt-Rixdorfer Weihnachtsmarkt

IMG_6078.jpg
素朴で温かい雰囲気。ファミリーに特におすすめ

会期:2016年12月2日〜12月4日 金17:00〜21:00 土14:00〜21:00 日14:00〜20:00
場所:Richardplatz 28, 12055 Berlin


赤の市庁舎前のクリスマスマーケット
Weihnachtsmarkt am Roten Rathaus

IMG_6631.jpg
観光に便利な立地。スケートリンクもあり

会期:2016年11月21日〜12月29日(12月24日は休業)
月〜金12:00〜22:00 土日11:00〜22:00、12月25日、26日、29日11:00〜21:00
場所:Rathausstr. 15, 10178 Berlin
http://www.weihnachteninberlin.de/weihnachtsmaerkte/mitte/971790-1328132-weihnachtsmarktamrotenrathaus.html


シュパンダウ旧市街のクリスマスマーケット
Spandauer Weihnachtsmarkt

IMG_9368.jpg
郊外ですが、以前から有名

会期:2016年11月23日〜12月23日
月〜木11:00〜20:00 金土11:00〜22:00 日11:00〜20:00 
場所:Altstadt Spandau, 13597 Berlin
http://www.weihnachteninberlin.de/weihnachtsmaerkte/spandau/971839-1328177-41-spandauer-weihnachtsmarkt-in-der-alts.html


番外編として…
いわゆるクリスマスマーケットではなく、絶叫マシンが揃った(でも移動式なので会期前に組み立てて、会期終了後は解体されるんです。それも別の意味でちょっと怖いでしょ)期間限定遊園地も登場します。

アレクサ横のウィンタードリーム(遊園地)
Wintertraum am Alexa

P1140038.jpg
絶叫マシン大集合。私は遠慮します…

会期:2016年11月21日〜12月23日
月〜金14:00〜22:00 土日12:00〜22:00
場所:Voltairestr. 25, 10179 Berlin
https://www.facebook.com/DerGrosseBerlinerWeihnachtsmarkt/

 
 ……そもそもクリスマスマーケットって何? 何があるの? どんな雰囲気なの? という方は、ぜひぜひ先月出たばかりの私の本『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』をご覧ください。
 クリスマスマーケットの基礎知識から歴史、ドイツ家庭でのクリスマス習慣まで詳し〜く書きましたよ! この本を読んで、ベルリンのクリスマスマーケットを回ってくれたら、きっと完璧です!
 (text and photo_Yuki Kubota)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


セレクトショップharmonyが引っ越しました

Posted by osanpoberlin on 12.2016 歩いてまわる小さなベルリン 情報アップデート   0 comments   0 trackback
IMG_5697s.jpg
オーナーのダナさんのセンスは健在!


 こんにちは。ライター久保田由希です。拙著『歩いてまわる小さなベルリン』でご紹介しているセレクトショップharmony(ハーモニー)が、ミッテ地区からフリードリヒスハイン地区にお引っ越しをしました。

新住所と営業時間は以下の通りです。
住所:Kopernikusstr. 12, 10245 Berlin
営業時間:月〜土 11:00 - 20:00

 新しい店舗はミッテ地区時代よりも格段に広くなってパワーアップ! 小さなレーベルの商品をセレクトするというコンセプトはそのままに、インテリアグッズがさらに増えましたよ。

 新しい店内の様子は、The World Elementsサイトに詳しく書いたので、こちらもぜひご覧くださいね〜。
https://theworldelements.com/set/detail/GGkpmJk/FgR4YEA

 ベルリンのおみやげを探したいときにも覗いてみてください!
 (text and photo_Yuki Kubota)


harmony ハーモニー
住所 Kopernikusstr. 12, 10245 Berlin(フリードリヒスハイン地区)
URL http://harmonyberlin.net/
営業時間 月〜土 11:00 - 20:00
定休日 日


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪



日本5ヵ所でトークイベント開きます!

Posted by osanpoberlin on 10.2016 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
tage20161006.jpg
これはドレスデンのクリスマスマーケット。イベントではこういったお写真をご覧に入れます


 こんにちは。一時帰国したライター久保田由希です。先日お知らせした新刊『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)が日本で発売になりました。
 それを記念して、東京と高松の計5ヵ所でイベントを行います。

 題して「日本ツアー2016年秋」

 日本ツアーと大げさに謳っているわりにほとんど東京での開催ですが、お時間ありましたら、ぜひいらしてください! スケジュールは以下の通りです。

10月16日(日) *時間はわかり次第お知らせします
イベント名:せとうち ART BOOK FAIR
場所:高松市サンポートテント広場
お申し込み:不要。入場無料です。気軽に立ち寄ってください。
https://www.facebook.com/setouchiartbook/

元ベルリン、現在は瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)をベースに活動する、オーディオ&ビジュアルパフォーマンスユニット「ウサギニンゲン」と「かわいいドイツ」についてトークします! ウサギニンゲンのお二人とはベルリンで知り合いました。以来私はその独創的な世界に魅了されっぱなしです。一緒にトークできてうれしいです。
ウサギニンゲンHP→http://usaginingen.com/ja/


10月23日(日)11:00〜16:00
イベント名:ママンカ市場
場所:眞龍寺 東京都世田谷区北沢2丁目36-15
お申し込み:不要。入場無料です。ふらりと立ち寄ってください。
http://www.mamanqa.com/ichiba/

「ママンカ市場」は下北沢のお寺の境内で開かれる小さな市場。メインは農家さんの新鮮野菜ですが、その一角で「ドイツの蚤の市」をデュッセルドルフ在住ライター・坪井由美子さんと開きます。これはトークイベントでなく、坪井さんと私がドイツで見つけた雑貨や私の本を販売する市場。見るだけ、お喋りだけ、大歓迎! 日曜の下北にいらしたらぜひ寄ってね!


10月27日(木)開場18:30 開演19:00〜(21:00頃終了予定)
イベント名:カワいいドイツ?コワいいドイツ? 2
場所:(公財)日独協会
会費:(公財)日独協会会員 1,000円 一般 1,500円
お申し込み:(公財)日独協会
http://www.jdg.or.jp/event/03seminar/seminar_96/20161027.html

今年3月にお台場で開いた「ドドンとドイツ2」の「カワいいドイツ?コワいいドイツ?」トーク再び!
『ニセドイツ』著者・伸井太一さんと「カワいい」「コワいい」「ゴツいい」といったちょっと変わった目線から、たっぷりドイツをご紹介。おすすめのドイツクリスマスマーケットのお話しもします。ドイツの微妙な部分も好きな方、ドイツに行ってみたい方、ほかでは聞けない深イイ(?)ドイツトークが繰り広げられる(予定)。
拙著の販売もいたします!


10月29日(日)開場12:30 開演13:00〜(14:30頃終了予定)
イベント名:ドイツクリスマスの会
場所:モリモトハウス 東京都中央区日本橋人形町2-13-11
会費:2,500円(グリューヴァインまたはパンチ、クリスマス菓子付)
お申し込み:「ドイツ食品普及協会」のこちらのページでお申し込みフォームを送信ください→https://www.facebook.com/events/1616152832018297/

デュッセルドルフ在住ライターでオールアバウトジャパン・ドイツガイドの坪井由美子さん、ドイツ食品普及協会・森本智子さんの3人で、本場ドイツのクリスマスとクリスマスマーケットについて写真をご覧に入れながらのトークライブ。ドイツから持参したクリスマス菓子と、本場のレシピで作った自家製グリューヴァインまたはノンアルコールパンチ付き。あと5名様で定員になるので、お早めにお申し込みください!


11月2日(水・休前日)開場19:00 開演19:30〜(21:00頃終了予定)
イベント名:本場ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方
場所:旅の本屋 のまど 東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階
会費:1,000円
お申し込み:「旅の本屋 のまど」のHPからお申し込みください→http://www.nomad-books.co.jp/event/event.htm(下の方にスクロールすると私のコーナーが出ます)

昨年に引き続き私のホームタウン・西荻窪にある「旅の本屋 のまど」さんでの一人トークライブ! 新刊『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』掲載・非掲載写真をガンガンご覧に入れながら、おすすめマーケット、屋台フードやお菓子のお話をします。昨年のトークイベント終了後に店主さんから「ドイツファンの方はリアクションがフリーダム」と言われましたが、今回もフリーダムにゆる〜く楽しんでください!


***

 張り切ってこんなにイベントを盛り込んで大丈夫かなぁとも思いますが、せっかく日本にいるのだからやりますよ!
 お近くの方、お時間ある方、イベントで会いましょう!!
(text and photo_Yuki Kubota)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム