Loading…

スポンサーサイト

Posted by osanpoberlin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKドキュメンタリー「 世界入りにくい居酒屋」で紹介された {ヴィルヘルム・ヘック Wilhelm Hoeck 1892}

Posted by osanpoberlin on 24.2018 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 去る2月15日に初回放送された、NHKドキュメンタリー「 世界入りにくい居酒屋」のベルリン編

 ベルリン在住日本人の間でも話題になっていて、居酒屋大好きなおさんぽベルリン 久保田&松永も「どこのどんな店が紹介されたんだろう~!?」とすごく気になっていました。

 そのお店は、旧西ベルリンのザ・地元密着繁華街、ヴィルマースドルフ通りで1892年から続く超老舗の『ヴィルヘルム・ヘック Wilhelm Hoeck 1892』でした。

 まずは、このNHK公式サイトの→「世界入りにくい居酒屋 編集後記」をご一読ください!これを読んだら行かずにはいられませんよね。

 というわけで、さっそく私たちも潜入してきましたよ!

 ↓店構えはこんな感じです。毎日11時から営業しているので、明るい時間から気軽に足を運べますよ~。

DSC_6989.jpg

 で、行ってからわかったのですがこのお店、実は居酒屋(クナイペ Kneipe)エリアとレストランエリアが分かれていて、居酒屋エリアは喫煙可なので、ものすごくタバコ臭い~~~(-_-;)。 (店舗向かって右側が居酒屋エリア、左側はレストラン。入口はそれぞれあるけど、内部でも繋がっています。)

 というわけで、NHKのドキュメンタリーでも紹介されていた居酒屋エリアはタバコを吸わない私たちにはちょっと厳しかったので、レストランエリアに陣取って、これぞ!ベルリン!!な食事を楽しむことにしましたよ。(メニューは共通でした。)

DSC_6992.jpg

 まずは、もちろんビール! 生ビールは、ベルリンの「ベルリーナー・キンドル Berliner Kindl」もあったのですが、なかなか生では見かけないチェコの「ピルスナー・ウルケル Pilsner Urquell」があったのでそちらをチョイス(美味しいんですよ!)。0.3ℓで2,60ユーロは、ベルリンではまだ良心的な価格です。

 つきだし的にサーブされたパンには、これまたドイツ!な「シュマルツSchmalz=ラード」が添えられていたのもポイント高し。

 そして、頼んだ料理はHPで見た時から気になっていた、「ベルリーナー・ハッペン Berliner Happen」。10数種類の小皿メニューから、好きなものを 3、6、もしくは9品選べるタパス的メニュー。3人で行ったので、9品を選んでオーダーしました。

 ともすれば大皿で一品完結、あっという間にお腹いっぱい!のドイツレストランにおいて、この「小ポーションで好きなものを少しずつ」というメニューがあるのは、居酒屋であれこれシェアする文化の日本人にはとてもありがたいものです。

DSC_6993.jpg

 じゃーん! まさか、こんなにきちんとひとつずつ小皿に盛りつけられて出てくると思っていなかったので、とても感動しました。これだけ(9品)頼んで19,50ユーロ(約2,600円)ということは、一皿約300円。居酒屋価格です!

 ベルリン名物は一通りそろっています。アイスバイン、カリーヴルスト、ケーニヒスベルガークロプセ etc. どれも、あっさりとした味付けで日本人の口に合う美味しさでした。

 それだけでは少し物足りなかったので、「バウアーン・フリューシュトゥック Bauernfrühstück(農夫の朝食)」と呼ばれる、ジャガイモたっぷりのオムレツ(7,50ユーロ)も追加。

P1190673.jpg

 そしたら、ちゃんと最初から3皿に分けて盛りつけてサーブしてくれたのに感動~~~!!(ここまで気が利くサービス、ベルリンではなかなかないですよー!) そう、これで1/3ですからね。1人前に、推定ジャガイモ5個、卵6個というボリュームです(笑)。
 
 これですっかりお腹も膨れたのですが、私たちには珍しくデザートも追加オーダーしました。「 ゲッターシュパイゼ Götterspeise (神々の食物)」がどんなものなのかが気になって、頼まずにいられなかったのです。

 それは、ベルリン名物のB級グルメビール(!?)ベルリーナー・ヴァイセを使ったこちら!(それどんなビール??という方はこちら→おさんぽベルリン久保田さんの過去ブログ『コレがベルリン名物「ベルリーナー・ヴァイセ」!』

P1190679.jpg

 要するに、甘いシロップ入りのビールをゼリーにして、生クリームをトッピングしたものでした。 決してまずくはなかったですが、これは4,50ユーロも払って頼まなくてもよかったかな(^^;)。

 3人で腹9分目食べて、2~3杯ビールを飲んで、チップをしっかり含めて1人20ユーロ(約2,700円)はとてもリーズナブルで、「正しい昔ながらの居酒屋価格」だと思いました。 とにかくサービスがよく、スタッフが親切でフレンドリーなのもすごくよかったです。

 私たちが頼んだような、タパス的ちまちまメニューを忙しい時間に大人数で頼んだら嫌がられるとは思いましたし、他のテーブル(平均年齢60歳くらいのドイツ人紳士淑女)はみんなアイスバインやシュニッツェルなどの定番メニューを頼んでいたので、次回はそんな「がっつりドイツメニュー」を頼んでゆっくり食事とビールを楽しみたいと思ったお店でした。

 居酒屋エリアはすごく雰囲気がよく内装も素敵だったので、ぜひまた(換気のよさそうな)夏に足を運んでみたいと思います。行ってみたいけど一人では心細い、という方は私たちがご一緒できるかもしれないのでぜひお声がけくださいね♪


ヴィルヘルム・ヘック Wilhelm Hoeck 1892
住所:Wilmersdorferstr. 149, 10585 Berlin
営業時間:毎日11:00~1:00
URL:http://wilhelm-hoeck.de/

(text and photo_Akiko Matsunaga/おさんぽベルリン写真部)


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆

(↑クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
スポンサーサイト

人気セレクトショップのアウトレットで、お得にお買いもの

Posted by osanpoberlin on 01.2018 Shops ショップ   0 comments   0 trackback
IMG_20180113_151520.jpg
左下のお店がアウトレット。ロケーションもベルリンっぽいかも

 セレクトショップって、自分の趣味に合っていると好きなものがすぐに見つかっていいですよね。ベルリン発のセレクトショップでKauf Dich Glücklich(カウフ・ディヒ・グリュックリヒ)というお店があるんですが、ここ、私は好きなんです。

 もともとカフェ&ユーズド家具ショップとしてスタートしたんですが、たちまち人気が出て、その後はカフェと服、服と雑貨などコンセプトを広げて展開しています(それぞれのお店情報は文末のHPをご覧くださいね)。

 そしてなんと、アウトレットもあるんです。アウトレットって、いいものが見つかる可能性は低いかもしれませんが、もし気に入ったものがあれば超お買い得ですよね!?

 じつは先日出かけてきて、すっごーーーいお値打ちなお買いものをしちゃったんです。

IMG_9546.jpg
全身50ユーロ、アウトレットコーデ


 このワンピとサイドゴアブーツ、〆てなんと50ユーロ! 50ユーロですよ、奥さん!!
 もう靴とかね、安いのなら10ユーロからありますよ。限られたサイズしかありませんが、もしサイズ36(約23cm)なら期待できるかも?

 ほら、行ってみたくなりませんか? ってことで、アクセスです。

 まぁこの時代、Google Mapに住所を入力すればどこだって行けるんですが、ここはHof(ホーフ)、要するに奥まった中庭に面した建物にあるんです。道路からは見えないので、ちょっとわかりにくいんですね。まずはSバーンWedding(ヴェディング)駅で降りて、Gerichtstr.23の前まで行きます。住所のGoogle Mapリンクが文末にあるので、見てみてくださいね。

IMG_20180113_151740.jpg
道路から通路を入るとこういう光景。右下の黄色い看板が置かれている脇の通路を進みます

IMG_20180113_151532.jpg
こんなトンネルも抜けます


 基本的には道路から通路を奥へ、奥へと進んで行けばたどり着けます。最終的にいちばん上の写真にある入り口に着けばOK。それに、この店がある建物がいちばん奥。これ以上は先に進みようがないので間違えることもないと思います。

 ただしアウトレットですから、気に入ったものがあるとは限りませんよ。時間に余裕があって、なおかつ中を覗くだけでもOKぐらいの気持ちで行ってみてください。営業時間は木〜土曜日の3日間だけなのでご注意ください。

 時間があまりなくて、いいものを見つけたいという方は、以下のHPにあるアウトレット以外の3店舗に行くのがおすすめです。服を見たい方はRosenthaler Straße 17かKastanienallee 54のどちらかのお店へ。


Kauf Dich Glücklich Outlet カウフ・ディヒ・グリュックリヒ アウトレット
住所 Gerichtstraße 23, 13347 Berlin(ヴェディング地区)
URL http://www.kaufdichgluecklich-shop.de/berlin
営業時間 木-土 11:00-19:00 
定休日 日-水


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

アディダスとBVG(ベルリン交通局)コラボのスニーカーが限定発売!

Posted by osanpoberlin on 10.2018 未分類   0 comments   0 trackback
 BVG(ベルリン交通局、ベー・ファオ・ゲー と読みます)はベルリン市内のUバーン(地下鉄)、バス、トラムを運営する企業。

 ここ数年、やたらエッジの効いたCMを流したり(⇒こちら☆)Uバーンの座席と同じ凄まじい色柄のオリジナルグッズを販売したりと(⇒こちら☆)、ドイツ広しといえどもベルリン以外ではありえないだろうふざけた戦略でベルリーナーをニヤリとさせています。

 で、今回もまた「えっ!」と驚くキャンペーンが登場したのでご紹介。


 なんと!


この限定販売スニーカーを履いていれば、2018年の乗車料金タダ!!!

Schuh17_article.jpg
© @overkillshop / Overkill

 あまりの奇抜なアイデアに笑ってしまったのですが(笑)、ジョークではなく本気らしいです。公式ページはこちら⇒☆(写真は公式ページからお借りしてます。)

 アディダスとコラボした『EQT-Support 93/Berlin』は、限定500足で販売価格は180ユーロ。

 これを履いていれば、2018年12月末までBVGの交通機関(Uバーン、バス、トラム。*Sバーンは対象外)に乗り放題!とのことで、通常の1年間定期が700ユーロ以上することを考えるとものすごくお得です!

 販売は1月16日からadidas のフラッグシップストア、もしくはクロイツベルクのスニーカーショップOverkill Berlinにて。
・Adidas Originals Flagship Store (Berlin Mitte, Münzstraße 13-15)
・Overkill Berlin (Kreuzberg, Köpenicker Str. 195a)

 きっとあっという間に売り切れるのだと思いますが...。こういう遊び心いっぱいのキャンペーンを仕掛けるBVG、けっこう好きです。


(text_Akiko Matsunaga)


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆

(↑クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ベルリンで愉しむ、日本酒と和食のマリアージュ

Posted by osanpoberlin on 30.2017 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 ベルリンの食文化が急速に変わっているというニュースは、以前Night Kitchenをご紹介した回で書きました。それは和食と日本酒の分野にも当てはまります。もちろん、どちらも以前からベルリンにありましたが、この数年で飛躍的にレベルが上がっているんです。

 というのは、ハイレベルな和食レストランの誕生が続いたから。そうした店は、日本人の料理人が腕をふるい、選びぬいた日本酒が揃っています。

Zenkichi_Entrance_8_Arad.jpg
Zenkichi Berlinの幻想的なエントランス Photo:Boaz Arad


 そうしたハイレベル和食レストランの先駆け的存在といえるのが、2015年にミッテ地区にオープンしたZenkichi Berlin(ぜんきち ベルリン)です。うれしいことに、おさんぽベルリンのガイド松永と、わたくしライター久保田がご招待いただきまして、食事と日本酒を堪能してまいりましたので、レポートしたいと思います。

 Zenkichi Berlinは、オーナーの渡邉基子さんが唎酒師(ききざけし)の資格を持っているのが大きなポイントです。唎酒師とは、好みや料理に合わせた銘柄をアドバイスできる知識を持つ人で、いわば日本酒版のソムリエといえるもの。渡邉さんが選んだ日本酒を、蔵元とのコネクションを生かしてZenkichiが直接取引で仕入れることで、ヨーロッパではここだけでしか出合えない希少なお酒を味わえるんです。

 地下へ続く階段を下りていくと、光に浮かび上がった日本酒の数々に圧倒されます。季節酒を含め常時 40 種類程度あるそうで、期待に胸がふくらみます。竹と、行灯を思わせる足元の照明が続く通路を、係の人についていきながらテーブル席へ。席の入り口は簾が下りていて、案内される際にスーッと上げてくれます。

IMG_8059.jpg
圧倒される日本酒の数々

Entrance 3 - Kühne
ちょっぴり迷路のような店内に心躍ります Photo:Stefan Kühne

IMG_8075.jpg
個室感覚の席です

 今回いただいたのは「冬のおまかせ」8品コースと、それに合わせた酒ペアリング。”Omakase”という日本語も、ベルリンの美食家の間では知られてきたと思います。料理メニューはオーナーの渡邉さんと、料理人の方々が相談して決めているそうで、もちろんお酒は、渡邉さんが料理に合わせてセレクトしたものです。

 まずは、Raw Tastingとして4品が登場。写真左下から時計回りに、「牛ハラミのタタキ」、「リードヴォーの南蛮漬け 柚子胡椒風味」、「牡蠣のポン酢ジュレ 伊予柑の香り」、「本日のお造り(ハマチ)」です。

IMG_8083.jpg
食べる順番に迷いますね

 ハマチはとっても新鮮で、海の遠いベルリンでこれだけおいしいお刺身をいただけるのは、本当にありがたいこと。生牡蠣もそうですね。牡蠣が持つ磯の風味に、いよかんの香りが重なり、ツルリとした食感がたまりません。久しぶりにおいしい生牡蠣を食べました。

 リードヴォーは仔牛の胸腺で、フレンチでよく使われる食材とか。柚子胡椒がピリリと利いています。そして牛ハラミのタタキは、柔らかいハラミと野菜が一緒になることで、さっぱりといただけました。

IMG_8098.jpg
それぞれのお酒の説明カードがついてきます

 お料理とともに運ばれてきたお酒は、3種類。それぞれに名前と説明が書かれたプレートがついており、「Raw Tastingにはこちらのフルーティーな香りの天巧をどうぞ」と説明してくださいます。肉も魚介もあるRaw Tastingの4品すべてに合うように選んだという、秋田の小玉醸造「太平山 天巧 純米大吟醸」をひと口。うん、香りがいいですね。ほんのり甘くて、飲みやすいです。牡蠣を食べてはひと口含み、リードヴォーを食べてまたひと口、というように、まさに日本酒と食事のマリアージュを堪能しました。

IMG_8112.jpg
ガイド松永、牡蠣を頂いてから……

IMG_8101.jpg
……お酒をひと口。最高!

 ベルリンで和食材を入手するのは、日本と同じようにはいきません。でもぜんきちでは、日本からの直接自社輸入にも力を入れているのだそうです。和食もユネスコ無形遺産に登録されましたし、外国で理解が広まるのはうれしいことです。

 お次は「自家製豆腐 柿と茶葉の胡桃和えソース」です。これがまるで胡麻豆腐のようなねっとりとした食感で、とてもおいしかったです。自家製というのがすごいですね。

IMG_8127.jpg
この食感がとてもよかったです

 これには同じく小玉酒造で、「太平山 澄月(ちょうげつ)生もと無濾過生原酒 純米吟醸」を。これはしっかりとした味で、プレートによると若い柿や干し草のような香りとのこと。確かに個性的な印象です。

IMG_8134.jpg
和食の代表、天麩羅の登場です

 そして「牡丹海老の天麩羅」。自家製天つゆまたは抹茶塩でいただきます。上品な海老の味を味わうように、天つゆは控えめで……(でも天つゆおいしいです)。辛口の「辻善兵衛 きもと純米 夢錦」とともにいただきました。すっきりしていて、いくらでも飲めそうです。

IMG_8139.jpg
脂の乗った銀ダラはライター久保田の好物です

 ここでお魚料理が登場。「銀ダラの西京焼きとシーバスの岩塩焼き 2種盛」です。京都の味噌で漬けた、脂の乗った銀ダラと、さっぱりと岩塩で焼いたシーバスのどちらも楽しめるのがいいですね。イチョウの形に抜いた山芋もおいしかったです。お酒は「東力士 熟露枯(うろこ) 山廃純米原酒」。なんでも栃木・島崎酒造の洞窟内で2年以上かけて熟成したという、まろやかな味でした。

IMG_8146.jpg
意外にさっぱり、お腹がいっぱいになってきた頃でも食べられます

 お肉料理は「牛タンの田楽味噌ソース」。濃厚そうに見えますが、お肉はとてもさっぱりしていました。そろそろお腹も満たされてきた頃なので、このさっぱりさがうれしいです。合わせたのは「千曲錦 寒仕込純米」。長野の千曲酒造のお酒で、柔らかで、コクがありました。

IMG_8158.jpg
お食事の最後はご飯とおみおつけ

 最後のお酒は兵庫にある本田商店の「龍力ドラゴン エピソード3 純米」。日本酒らしからぬ、おもしろい名前ですよね。香りは控えめで、飲みやすい味でした。「栗キノコご飯」、「おみおつけ」とともにいただきます。なお、私たちはおみおつけはご飯と一緒に最後に出していただきましたが、ドイツ人の感覚ではスープはコースのいちばん最初に出るものなので、通常は最初に出しているそうです。でも、リクエストすれば最後にしてくださいます。「栗キノコご飯」にはイクラも載っていて、その組み合わせがおもしろかったです。

IMG_8173.jpg
デザートは4品の中から選びました


 そして〆にデザート。4種類の中から選べて、松永さんは「峰岡豆腐」という名のプリンを、私はグレープフルーツの寒天ジュレを選びました。ここでさらにデザート用の酒ペアリングも登場という驚き。左から千曲錦酒造「帰山 参番 純米吟醸」、賀茂泉酒造「SUMMER SNOW にごり純米吟醸」、榎酒造「華鳩 貴醸酒」です。峰岡豆腐には「SUMMER SNOW」が、グレープフルーツの寒天ジュレには「帰山 参番」がおすすめだそうです。

 渡邉さんの夫で、同じくZenkichi Berlinを経営するショール・マーグリースさんは「日本人の料理人で、本物の和食を提供して、日本の食文化を広めたいんです」と話します。”創作”ではなく、あくまでも本物を追求しており、今後は日本の食材をドイツに輸入したり、日独の食のかけ橋として活動したいとのことでした。

 こうして熱意を持って活動する人が何人もいるから、ベルリンの和食と日本酒シーンも、熱くなっているのだと思います。これだけのお料理とお酒ですから、気軽に通えるわけではありませんが、当日は平日だったにもかかわらず店内は満席。それだけ価値がわかる人が増えたということでしょう。行かれる際は、事前の予約をおすすめします(以下のお店のHPから予約できます)。

 ゆったりと食事とお酒を味わって、とっても贅沢なひとときでした。ベルリンで満足できる和食とお酒を愉しみたいとき、大切な人をもてなしたいときに行きたいレストランです。


Zenkichi Berlin ぜんきち ベルリン
住所 Johannisstr. 20, 10117 Berlin(ミッテ地区)
URL http://www.zenkichi.de/
営業時間 月-日 18:00- 
定休日 無休(1月1-2日は閉店)


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪




26日まで!ファミリーにおすすめのクリスマスマーケット

Posted by osanpoberlin on 26.2017 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
IMG_8761.jpg

 友人に教えられて初めて行ってきた、Gutshof Schloss Britz(グーツホーフ・シュロス・ブリッツ)のクリスマスマーケット。本日26日で最終日ですが、小さなお子さんが喜びそうなテーマパークっぽいマーケットだったので、写真メインでご紹介しますね。

IMG_8593.jpg
衣装を身につければ、ぼくも騎士

IMG_8655.jpg
ドイツの女の子は馬が大好き

IMG_8605.jpg
手回し式のブランコに子どもたちは大喜び


 騎士の衣装や、船、ポニー乗馬など、きっと楽しめると思います。中世の雰囲気を感じられますよ。入場料は大人3ユーロですが、入場時に手のひらにスタンプを教えもらえば、翌日は(今年は26日が最終日ですが……)無料で入場できます。

IMG_8704.jpg
みんな船乗り(船で遊ぶには1ユーロかかるみたいです)

IMG_8697.jpg
鍛冶屋さんはクリスマスマーケットで時折見かけます

IMG_8684.jpg
イエス・キリストが誕生したのは家畜小屋だったので羊たちも参加


 場所は18世紀に建てられた、農家のお屋敷Gutshof(グーツホーフ)の敷地内です。この雰囲気は私の好み。もし26日にどこか行こうかな〜とお考えでしたら、ひと味ちがうこのクリスマスマーケットもいいと思いますよ。



Nordische Märchenweihnacht auf dem Gutshof Schloss Britz ノルディッシェ・メアヒェンヴァイナハト・アウフ・デム・グーツホーフ・シュロス・ブリッツ
住所  Alt-Britz 81-89, 12359 Berlin(ノイケルン地区)
URL https://www.weihnachteninberlin.de/weihnachtsmaerkte/1305778-955635-nordische-maerchenweihnacht-auf-dem-guts.html
営業時間 2017年12月15-17日および12月22日-26日(24日除く)
開場時間 金曜以外は11:00-21:00
入場料 大人3ユーロ(6歳以下は無料)


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。