Loading…

パッサージュから名所廃墟「タヘレス」へ −− 建物の一生をたどる写真展

Posted by osanpoberlin on 13.2017 Museen/Galerien ミュージアム・ギャラリー   0 comments   0 trackback
P1190529.jpg
2017年1月現在の廃墟タヘレス。ベルリンのど真ん中にあるんですよ


「おさんぽベルリン」をご覧の皆さんなら、きっと一度は「タヘレス」という言葉を聞いたことがあるでしょう。そう、ミッテ地区にある、アーティストたちが占拠してした廃墟です。2012年に人々は一掃されて立入禁止になりましたが、それまではベルリンの象徴として、観光客が押し寄せる名所になっていました。

 私(ライター久保田由希)がベルリンに住み始めた頃のタヘレスは、暗くて、臭くて、ボロッボロ。でもその臭い階段を上ると、そこにはアトリエやバーや映画館があって、初めて足を踏み入れたときは「うゎ、なにここ。おもしろ〜い」と興奮しましたね。

 タヘレスは、当初は百貨店として建てられたものだと聞いていましたが、それ以上のことは詳しく知りませんでした。
 そんなとき、ドイツ技術博物館でタヘレスの写真展"Vom Kaufhaus zum Tacheles - die Friedrichstraßen-Passage"が現在開催中と聞き、この機会にタヘレスの歴史を知りたいと出かけてきました。

P1190521.jpg
ドイツ技術博物館は常設展も超おもしろいです。昔の鉄道とかあって、テーマパークみたい

IMG_8495.jpg
写真展の展示室を探すのがけっこう大変でした


 展示室は、とにかく広いドイツ技術博物館の中の一室。会場には、建物ができた1908年から廃墟と化した現在までの写真と図面が、整然と陳列されています。

「タヘレス」というのは廃墟になってから付けられた名前で、1908年にこの建物が完成した当初は「フリードリヒ通りパッサージュ」という名でした。
 パッサージュとは、優雅なアーケード商店街。今ならショッピングモールが近い形態かもしれません。
 現在残っているタヘレスの建物は当時のパッサージュのごく一部で、全体はもっと広かったんです。

 オープン当時に撮られた写真を見ると(このような写真が展示されています→http://sdtb.de/technikmuseum/ausstellungen/2599/)まるで宮殿のようで、歩くだけでも楽しそうだな〜と思います。
 吹き抜けのドームの屋根があって、建物の中に「リアルト橋」(これは当然ながら、ヴェネツィアにある同名の橋がモデルになっているのでしょう)があって……。建材にはモザイクタイルやマホガニー、大理石などが使われ、贅を尽くした内容でした。

 この写真を見て私の頭に瞬時に浮かんだのが、ライプツィヒのパッサージュです。下の写真は、ライプツィヒに現在もあるパッサージュ。ね、ちょっと雰囲気が似ていませんか?

P1180774.jpg
ライプツィヒのMädler Passage。天井はガラスドーム


 ライプツィヒにパッサージュができたのも、やはり20世紀前半。この頃のドイツの都市は大発展を遂げている最中でした。

 その理由の一つとしては、1870〜71年に起きた普仏戦争(プロイセン=ほぼドイツv.s.フランス)で勝利したドイツ側がフランスから多額の賠償金をせしめ、そのお金が国内の産業に投資されたからなんです。当時のドイツは産業革命の時代に入っていましたが、賠償金が入ったことで産業の進歩が一層スピードアップする結果となったんですね。
 そんなわけで19世紀後半から20世紀前半にかけてのドイツは、道路・鉄道・建築などが急速に発展したんです。優雅なパッサージュも、そういう時代に生まれた建築です。
 当時生きていたら、きっと次から次へと新しい建物が生まれて、刺激的だったでしょうね。

 さて、ベルリンの「フリードリヒ通りパッサージュ」は、その後1928年にドイツの家電メーカーAEGの「技術の家」として、リニューアルオープンしました。販売や展覧会などが開かれたそうなので、ショールーム的存在だったのでしょう。
 展示写真からは、パッサージュ時代から建物が少し改装されたことがわかります。建物にはAEGの技術力を誇示するように、派手なネオンが光っています。この「技術の家」は、第二次世界大戦終戦となった45年まで存続しました。

 建物は戦争で部分的に破壊されたので、80年代前半に大部分が壊されました。90年に残りの部分も取り壊される予定だったのですが、その前にアーティストたちが残った部分を占拠してしまったんです。
 そこからは冒頭に書いたように、「タヘレス」として2012年までベルリンの象徴的存在となっていました。

2003_1215_221030AA.jpg
2003年当時のタヘレス


 今後タヘレスは、現在ある建物の周囲も含めて、新たな文化の拠点として生まれ変わる予定です。そのプランにはヘルツォーク&ド・ムーロン建築事務所らが関わっています。
 ヘルツォーク&ド・ムーロンといえば、プラダ ブティック青山や、先月1月にようやくハンブルクに完成したばかりのエルプ・フィルハーモニーなどで知られています。どう生まれ変わるのか、楽しみですね。

 こうして建物ひとつ見るだけでも、ベルリンという都市が歩んできた歴史が垣間見えます。廃墟タヘレスが閉鎖されたときは、一時代の終わりを感じましたが、それは同時に次へのスタートでもあるわけですよね。そうして時は積み重なっていくのだと思います。

 私は日本にいた頃は、歴史なんてまったく興味がありませんでしたが、ここベルリンでは事あるごとに歴史を感じざるを得ません。それも間違いなくベルリンの魅力の一つだと思います。

 ちょっと長くなっちゃった。読んでくださってありがとうございます。
 (text and photo_Yuki Kubota)

タヘレス写真展 "Vom Kaufhaus zum Tacheles - die Friedrichstraßen-Passage”
会場 Deutsches Technikmuseum Berlin ドイツ技術博物館
住所 Trebbiner Str. 9, 10963 Berlin(クロイツベルク地区)
会期 2016年10月12日〜2017年4月4日
URL http://sdtb.de/technikmuseum/ausstellungen/2599/(展覧会ページ)
http://sdtb.de/technikmuseum/startseite/(博物館トップページ)
営業時間 火−金 9:00-17:30 土日 10:00-18:00
定休日 月
入場料 大人8ユーロ(博物館の通常の入場料。写真展のみの入場料はナシ)

タヘレスの建物自体の住所(入場不可) Oranienburger Str. 54, 13437 Berlin(ミッテ地区)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ハンドドリップのベトナムコーヒーをいただけるハイセンスなカフェ! {Maison Han}

Posted by osanpoberlin on 28.2017 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_8524.jpg
いくつものライトが素敵


 ベルリンってね、ベトナム人が多く住んでいるんですよ。なぜかというと1970〜80年代に、ベトナムから旧東ドイツへ渡った人々がいたからです。両国はどちらも社会主義国。両国間の国家協定で、ベトナム人が旧東ドイツで職業訓練を受けて働いたり、学んだりしたそうです。また、ベトナムと資本主義国の旧西ドイツ間にもつながりがあり、旧西ドイツへ渡ったベトナム人もいます。

 その名残で今でもベルリンには、ベトナム人とベトナム系ドイツ国籍保持者が合わせて約4 万人います。ベルリンの人口は2016年で約365万人なので、ベトナム人とベトナム系はそのうちの約11%に当たり、アジア人の中でダントツで多いんです(統計はこちら→https://www.statistik-berlin-brandenburg.de/publikationen/stat_berichte/2016/SB_A01-05-00_2016h01_BE.pdf)。

 そんな背景もあり、ベトナム人による八百屋さんや食品店は、ベルリン、特に旧東ベルリン地域にこれまでたくさんありました。そしてこの4〜5年ほどで、センスのいいベトナムレストランが急激に増えました。私の独断では、ベトナム系(おそらく両親がベトナム人で、ドイツで生まれ育った2世)のお店は、素敵なところが多いです。

 そして今度は、ベトナムのカフェが登場したんですよ。それはノイケルン地区にあるMaison Han(メゾン・ハン)。文字通り、ベトナムからコーヒー豆を買い付けて、店内で焙煎して提供するカフェです。

 私はこれまで、ベトナム産コーヒーは苦味の強いロブスタ種がほとんどじゃないかと思っていたんですが(コーヒー豆の種類についてはこちらを参考にしてください→http://www.agf.co.jp/enjoy/cyclopedia/flow/atoz_04.html)、それは私の勉強不足で、アラビカ種もあるそうなんです。

IMG_8515.jpg
LAC DUONG HONEY PROCESSEDのコーヒー。ぜひともストレートで。

 Maison Hanでは、ベトナムで生産された高品質のアラビカ種コーヒーをハンドドリップで提供しています。
 今回私がいただいたのは、LAC DUONG HONEY PROCESSED。ライトな口当たりで、心地よい酸味があり(嫌な酸っぱさとは全然違います)、おいしかったです。私の中でベトナムコーヒーに対するイメージが一気に変わりました。


IMG_8525.jpg
自家焙煎豆は店内とネットショップで販売

IMG_8531.jpg
奥の部屋の一角がロースター。コーヒーのいい香り〜


 そのほか、ベトナムコーヒーと聞いてすぐに思い浮かぶ、コンデンスミルクを加えて飲むタイプのコーヒーもあります。こちらは上記の豆とは種類や焙煎が異なり、同じコーヒーとはいえ、ほとんど別の飲み物、別のおいしさだと思いますね。
 自家焙煎コーヒーはほかにも数種類あって、店内で販売しているほか、ネットショップでも購入できます。

 おいしそうなフードもあるので、今度はランチを試してみたいな〜。
 (text and photo_Yuki Kubota)

Maison Han メゾン・ハン
住所 Pannierstr. 40, 12047 Berlin(ノイケルン地区)
URL https://www.facebook.com/maisonhan/
営業時間 月−日 9:30-18:00
定休日 無休


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

伝説的ライブハウスで、月イチ開催のナイトフリマ {SO36}

Posted by osanpoberlin on 21.2017 Märkte 蚤の市・朝市・その他の市   0 comments   0 trackback
IMG_20170118_201332.jpg
スマホ写真で画像が粗くてごめんなさい。ナイトフリーマーケット会場はこんな感じ


 ベルリンって、エリアによって雰囲気がまったく違うんです。エレガントだったり、小汚かったり、ヒップだったり……どのエリアに行くかによって、受ける印象が全然違い、それが大きな魅力だと思います。

 クロイツベルク地区は最近でこそヒップなお店ができたりもしていますが、70年代頃から現在に至るまで、ヒッピー、パンク、オルタナティブ、エコ、トルコといったキーワードで表現されるエリアです。

 今回ご紹介するのは、そんな典型的なクロイツベルクの空気を濃厚に感じられる、1978年開業のライブハウス「SO36」(エス・オー・ゼクス・ウント・ドライスィヒ)。
 でもライブ情報ではなく、この場所で毎月1回、水曜夜に開かれるナイトフリーマーケットのお知らせです。

IMG_20170118_201734.jpg
オラーニエン通りに面しています

IMG_20170118_201602.jpg
長めの通路を抜けると、そこが会場


 このSO36という店名、じつは昔の郵便番号による区分から来ています。クロイツベルク地区の中で、地下鉄U1線のKottbusser Tor(コットブッサー・トアー)駅、Görlitzer Bahnhof(ゲーリッツァー・バーンホフ)駅、Schlesisches Tor(シュレージッシェス・トアー)駅(この区域のU1線は高架線で地上を走っています)周辺のエリアは、以前SO36という郵便番号が振り当てられていました。該当エリアの地図はWikipediaに載っています。→https://de.wikipedia.org/wiki/Berlin_SO_36#/media/File:KarteSO36.png

 もし拙著『歩いてまわる小さなベルリン』をお持ちの方はちょっとご覧いただきたいのですが、クロイツベルク1の地図(p.60-61)のエリアAに当たる部分が、まぁだいたいSO36エリアです。
 SOというのはSüdosten(南東)の略で、ベルリン市内で南東に位置しているので、そう名付けられました。

 現在のクロイツベルク地区の中でも、オルタナティブな空気が特に色濃く感じられるのが、このSO36エリア。ライブハウス「SO36」は、エリアを代表する店の一つだと私は思っています。

 でも「場の雰囲気を味わいたいけど、バンドのライブは興味ない」という人、きっといますよね? そこでおすすめなのが、ライブハウス「SO36」で開かれるナイトフリーマーケット。
 いかにも地元住民っぽい出店者が多く、商品も古着やら景品のジュースグラスやら「これ、本当に家での不用品をそのまま持ってきましたね?」と思うものが並んでいます。

 ライブハウスですから、フリマの日でもDJによる音楽もあるし、バーカウンターでお酒も飲めます。買いたいものはあんまりないかもしれませんが、カウンターでビール片手にいかにもSO36エリアっぽい人と物を見るのが、ここの楽しみ方だと思うんですよ。入場は無料です。

 ちなみにフリマ会場の一角には、失業保険受給者の無料相談コーナーもあります。
 さらに別の日には、地域や政治プロジェクトに売上が寄付されるビンゴ大会があったり、ゲイ&レズビアン・オリエンタルパーティーがあったりで、そりゃもうSO36エリアの香り全開です。

 SO36のイベントスケジュールは、お店のサイトからチェックできます。→http://so36.de/all-dates
 
 ナイトフリーマーケットは月に1回、水曜日の20時から開催です。上記サイトでNachtflohmarkt(ナハトフローマルクト)と書かれている日です。2月は15日の20時から。興味がある方は覗いてみてください。ただしこの辺りはちょっとガラが悪いので、スリに遭わないように持ち物には注意してくださいね。
 (text and photo_Yuki Kubota)


SO36 エス・オー・ゼクス・ウント・ドライスィヒ
住所 Oranienstr. 190, 10999 Berlin(クロイツベルク地区)
URL http://so36.de/
ナイトフリーマーケットの入場料は無料。それ以外はイベントにより異なります。


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

あの {ボロス・コレクション} に予約不要で入場できる数日間!

Posted by osanpoberlin on 10.2017 Museen/Galerien ミュージアム・ギャラリー   0 comments   0 trackback
 みなさま、あけましておめでとうございます! 2017年も「おさんぽベルリン」をどうかよろしくお願いします! 
 おさんぽ隊員久保田&マツナガはこのブログ以外にもいろいろ書いています。「おさんぽベルリンFacebookページ」にすべてまとめていますので、そちらも併せてご覧くださいね!
 

IMG_20170108_155537.jpg
元防空壕のボロス・コレクション。雪の日だったので一層陰鬱な印象に。それもまたベルリンっぽい


 さてさて、今回はベルリンファン、またはコンテンポラリーアートファンならつとに有名なボロス・コレクションが、今年1月だけ予約なしで見学できるニュースです。

 クリスティアン・ボロス氏のコレクションした作品を鑑賞できるボロス・コレクション。オラファー・エリアソン、アイ・ウェイウェイ、ヴォルフガング・ティルマンスなど、「おぉっ」というアーティストたちの作品が充実しています。

 たてもの好きの私には、さらに重要なポイントがあります。それはこの建築が1942年という、第二次世界大戦のまっただなかに建てられた元防空壕だったということ。この建物の前に立てば感じますが、いかにもコンクリートの塊。これなら爆撃にも耐えたであろうと思います。

 私はこのボロス・コレクションがずーーーーっと気になっていたのですが、ここへの入場はインターネットからの完全予約制。予約は1〜2ヵ月先まで常に満杯という盛況ぶりで、そんな先の予定が立てられない私はこれまで行く機会を逃していたのです。

 しかし朗報が!
 この人気のボロス・コレクションに予約なしで入れる日が、今だけ特別にあるんです!

 それは

2017年1月14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)

の4日間(7・8日もそうでしたが、もう過ぎてしまいました)。

 上記4日間だけは10〜18時までの間、予約なしで入館できます。直接行って、受付で入館料12ユーロを払えば入場できます。
 「これは見逃せない」と、私も8日に行ってきました。

 ここのコレクションは充実していて、展示スペースは全体で3000㎡にものぼるんだとか。普段はガイドツアーで回りますが、予約なしの日は各自自由に見て回ります。ところどころにスタッフがいて、ドイツ語・英語で作品解説をしていました。

 入り口でコートと手荷物を預けなくてはいけませんが(無料)、カメラは持ち込みOKでした。みんなあちこちでパチパチと写真を撮っていましたよ。私は珍しくカメラを持参していなかったので(肩こりがひどい)、スマホの写真ですみませんが載せますね。

IMG_20170108_150520.jpg
Alicja Kwadeの作品。鏡をはさんで向かい合う2つのランプ。互いに相手を見ることはない

IMG_20170108_152517.jpg
Michael Sailstroferの作品。パチンパチンと機械から飛び出し続けるポップコーン


 作品は見ごたえがあって、すべてを見終わる頃にはヘトヘトに。私はヴォルフガング・ティルマンスの写真がすごく心にひっかかるのですが、ここに展示されていた作品も印象的でした。

 そして元防空壕ならではのゴツい壁ったら! もうー、大興奮ですよ。作品鑑賞と同じぐらい興奮しましたね〜。壁の凸凹さといい、剥げた塗料といい、押しても動かなさそうな鉄の扉といい、いやー最高です。

P_20170108_144344.jpg
色といい、質感といい、グッと来ますねえ

IMG_20170108_145557.jpg
階段の踊場に書かれた「2階、禁煙」の文字


 ボロス・コレクションは、2月から4月まで展示作品入れ替えのため休館になります。ですから1月は上記4日間がチャンスです。

 5月以降の見学は、再び完全予約制になります。来館希望の方は、以下のHPで3月から予約開始だそうです。

 コンテンポラリーアートが好き、ゴツいたてもの好き、あなたがこのどちらかなら(後者は少ないか……)ぜひぜひ行ってみてほしいです。

IMG_20170108_155419.jpg
このゴツい扉を引いて、館内へ入ってください

*ボロス・コレクションについては、おさんぽ隊員マツナガさんの「地球の歩き方 特派員ブログ」の記事もご覧ください。→元防空壕の現代アートギャラリー<ボロス・コレクション>
 (text and photo_Yuki Kubota)


Sammlung Boros ザンムルング・ボロス(ボロス・コレクション)
住所 Reinhardtstr. 20, 10117 Berlin(ミッテ地区)
URL https://www.sammlung-boros.de/boros-collection.html?L=1
入場は完全予約制、予約は上記インターネットサイトから

メリー・クリスマス

Posted by osanpoberlin on 24.2016 未分類   0 comments   0 trackback
  

検索フォーム