FC2ブログ
Loading…

「ここはバリ?」な豪華サウナ&スパ {vabali ヴァバーリ} &男女混浴サウナの利用法

Posted by osanpoberlin on 16.2019 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
fotoslider-presse-31.jpg
バリ? いいえ、ベルリンなんです。ゴージャスなサウナとプールがここに。 ©vabali

 なんか最近暖かくなって「ひょっとしてもう春?」と淡い期待を抱く今日このごろのベルリンですが、まだまだ寒いのでサウナに行きたい季節です。サウナでじっくり汗を流せば、体の芯からほっかほか。零下の気温もなんのその、という気分になること請け合い。海外でサウナを経験するのも旅のいい思い出になりますよね。「サウナに行ってみたいけど、どうすればいいのかわからない」という方に、今日はわたくしライター久保田のおすすめサウナと、サウナ利用のハウツーをご紹介いたします。

 サウナはベルリンに何軒もありますが、私のおすすめはズバリここ。
 vabali(ヴァバーリ)
 
 何がいいって、ベルリンなのにそこはバリ! 2万㎡の広大な敷地に立つバリテイストの建物、屋外・屋内にあるいくつものサウナとプール。ゴージャスなインテリアの部屋でうたた寝をしたらレストランで食事……。こんな世界がなんとベルリン中央駅から歩いてすぐの、都会のド真ん中にあるんです!

fotoslider-presse-6.jpg
エントランスをくぐると、そこはもうバリ。 ©vabali

Vabali_Innenpool_neue_Leuchten.jpg
屋内・屋外プールで優雅にスイミング。 ©vabali

fotoslider-presse-5.jpg
火照った体をチルアウト。 ©vabali


 利用の仕方は難しくありません。まずはレセプションでウォッチ型のキーをもらいます。このキーひとつでロッカーの鍵、レストランなどでの支払い滞在時間などすべてを管理するので、常に腕に付けておきましょう。料金は利用時間に応じた後払い制なので、入場時の支払いはありません。

 エントランスからさらに廊下を渡ると、そこで必要に応じてタオルやバスローブを借りられます(別料金)。その奥が更衣室になっていて、自分の数字のロッカーをウォッチ型キーで開けて着替えます。全裸になったら上からバスローブを羽織り、サンダルを履いてサウナ&プールコーナーへ。施設内の各種サウナやプール、チルアウトルームなどを自由に利用しましょう。マッサージは予約制で別料金です。

fotoslider-presse-1.jpg
サウナは全裸で男女混浴が基本です。でもエロスな世界ではないので勘違いしないように。 ©vabali


 さてここで、ドイツのサウナの基礎知識を。どこのサウナも基本は同じです。

********************************
ドイツサウナの掟
*ドイツのサウナは全裸で男女混浴が普通。しかしエロな場所ではありません。他人の体をジロジロ見るのはご法度です。
*サウナに入るときは必ずバスタオルを敷き、その上に座るか横になります。素肌がサウナベンチに直に触れるのはNGです。
*サウナとプール内は全裸(プールは水着着用OKの場合もあります)ですが、それ以外の場所(プールサイドの寝椅子やバーコーナーなど)ではバスローブとサンダル着用です。サウナの前でバスローブを脱ぎ(フックがあるのでかけておきます)、バスタオルだけ持ってサウナに入りましょう。

サウナ利用指南
*シャワー→サウナ→休息&水分補給を1セットとし、これを2〜3回繰り返します。気分が悪くなったら無理せず中断しましょう。
*日本のサウナで人気のロウリュ(サウナストーンに水をかけること)は、ドイツのサウナにもあります。
ドイツではAufguss(アウフグス)といいます。スタッフが芳香のあるアウフグス用オイルを混ぜた水をサウナストーンにかけ、蒸気が上ったところでバスタオルを振り、ブワ〜ッと熱波を送ります。アウフグスは決まった時間に行われることが多いです。

持ち物
必須アイテム:バスタオル、バスローブ、サンダルまたはビーチサンダル(以上は借りられますが別料金)
あると便利:靴下(足が冷える人はリラックスタイムに着用を)、ヘアゴム(ロングヘアの方)、シャンプー・リンス、化粧品、飲み物(飲食コーナーへの持ち込みは禁止なことが多いです)
*********************************

 全裸で男女混浴と聞くと、どうしても尻込みしがちですよね。でも一度行けば驚くくらいエロスな雰囲気はないですし、万一他人の体をジロジロ見ている人がいたとしたら、それはひんしゅくを買います。女性ひとりで行くときは、レディースデーがあるサウナを選ぶのも方法です(vabaliにはありません)。

 そういえばドイツには、夏のビーチや屋外で全裸で過ごすFKK(エフカーカー)という文化があります(最近は廃れ気味ですが、特に旧東ドイツ地域で盛んでした。)。全裸で自然と一体化し、開放感にひたるのが目的と言われています。日本ではFKKはドイツの風俗店と思われているようですが、違いますから! 

 そういう習慣があるくらいですから、裸に対する感覚が現代日本人とは(昔は日本の銭湯で混浴は普通でしたから)違うと思うんですよね。FKKについては以前「海外ZINE」というオンラインマガジンに詳しく書いたので、ご興味のある方はご覧ください→「ドイツは「裸」先進国、監視社会下で花開いたほのぼのヌーディズム・FKK」

 バリな雰囲気で十分にリラックスしたら、着替えて再びレセプションへ。タオルやバスローブを借りた人は、借りた場所に返却します。レセプションでキーを渡して、滞在時間や別料金サービスの利用に応じた合計金額を支払います。最後にゲートにキーを入れて退出したら、プチバカンスはおしまい。

 vabaliはほかのサウナに比べてお値段はお高めですが、なんといっても中央駅から歩いていけるバリなので、その価値はあると思いますよ。本来ならサウナは冬がいいですが、ここなら夏も気持ちよさそうです。


Vabali ヴァバーリ
住所  Seydlitzstr. 6, 10557 Berlin(ティアガルテン地区)
URL https://www.vabali.de/
開館時間 月−日 9:00−24:00 
休館日 無休
料金 https://www.vabali.de/online/preise-oeffnungszeiten/
(VISA、Masterカード、ECカード利用可)

text
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/

おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!


(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)">☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)">★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

創設100周年、バウハウスの影響をたどる写真展 {Bau 1 haus バウ・アインス・ハウス}

Posted by osanpoberlin on 30.2019 Museen/Galerien ミュージアム・ギャラリー   0 comments   0 trackback
IMG_20190123_142036.jpg

 絵画・建築・工芸など総合的な芸術学校だったバウハウスが、ドイツに創設されて今年で100年。学校自体はわずか14年間しか存在しなかったにかかわらず、今もなお世界中に影響を与え続ける存在です(バウハウスについての詳細はググればたくさん出てきます)。今年はドイツ各地で記念イベントが行われています。ベルリンでもイベントが各種予定されていますが(ドイツ全国のイベントについてはこちらを参照ください→https://www.bauhaus100.de/en/)、先日写真展 “Bau 1 haus”に行ってきました。

IMG_20190123_142054.jpg
撮影時のストロボ・三脚は使用不可です。

 これはベルリン在住写真家Jean Molitorによる作品展で、バウハウス関連建築と、バウハウスが影響を与えたであろう世界各国の建築写真が展示されています。撮影された都市はヨーロッパ内にとどまらず、アフリカ、アジア、アメリカにまで渡り、バウハウスの思想がいかに広く影響を与えたかがわかります。写真は正統的な撮り方というんでしょうか、奇抜なアングルなどは一切なく、それがとてもいいと思いました。建造物そのものがストンと撮られているので、シンプルでムダのないバウハウス建築を堪能できます。私はそういう建築写真が好きです。

 シュピーゲル誌にこのプロジェクトに関するインタビューが載っていましたが(記事はこちら→http://www.spiegel.de/kultur/gesellschaft/jean-molitor-fotografie-interview-ueber-sein-bauhaus-archiv-a-1243599.html)、それによると実際にあった電線など、建造物の妨げになるようなものはパソコン上で排除しているそうです。建造物そのものがこの写真の目的で、リアルなストリート写真が意図ではないとのこと。その考えもわかります。

 この写真展は、なんと入場無料です。開館時間内なら誰でも入れます。場所はWilly-Brandt-Haus(ヴィリー・ブラント・ハウス)。SPD(社会民主党)本部の建物ですが、一部が展覧会会場になっています。

 入場するときは、正面入口から。入ると左手に窓口があるので、そこで身分証明書を提出すると(その場で返却してもらえます)来館者バッジをもらえるので、それを身につけて入場します。

IMG_20190123_150431.jpg
会場のWilly-Brandt-Haus。こちら側が正面入口。この建物もいいんですよねえ。

 会場は地上階(日本の1階)と、3階(日本の4階)の2ヵ所。3階に行くには正面に2基あるエレベーターかその間の階段を上るのですが、これが私にはかなり恐怖で……。じつは高いところが苦手なんです。子どもの頃は全然平気だったのに、大人になったらいつの間にか高所恐怖症になっていました。エレベーターはガラス張りで、吹き抜けのホールをシューッと上っていくんです。怖いのなんのって……(高所恐怖症でない人にとっては何ら怖くないんでしょうけど)。

IMG_20190123_145843.jpg
会場正面にガラス張りのエレベーターが2基あります。その中間に階段。

IMG_20190123_142228.jpg
エレベーター内部から。丈夫なガラスに囲まれてるから安全だとわかってはいるんですが…モゾモゾ…

 3階に上がってからも高所恐怖症の人にとっての試練はまだまだ続いて、今度はガラス張りの廊下(床はガラスではないんですが)、を渡らなくてはなりません。えぇ、両側ガラス張りで景色がよく見えます。怖くて尿道をもぞもぞさせながら3階の展示室にたどり着きました。でもその価値はありました! 

IMG_20190123_144443.jpg
右手に見える空中廊下を渡らなければ展示室にたどり着けないんですよ。

IMG_20190123_145531.jpg
空中廊下はこんな感じです。ここもガラスに囲まれてるから安全だとわかってはいるんですが……。

IMG_20190123_142637.jpg
3階の展示室では世界各国の建造物写真を鑑賞できます

IMG_20190123_145633.jpg
地上階に戻る時は階段を使ってみました。やっぱりモゾモゾ……。

 ちなみにコートなどを預けるクロークが会場左手にあります。ここで重いものは預けて身軽になったほうがゆっくり鑑賞できると思います。クロークの利用も無料ですが、カウンター脇に寄付金ボックスがあるので、展覧会のお礼の意味を込めてお金を入れるのもいいと思います。

 また今回の写真を収めた写真集"Bauhaus"も会場で販売されています(46ユーロ)。記念に買い求めるのもいいですし、購入することで写真家への支援にもなると思います。


BAU1HAUS – DIE MODERNE IN DER WELT バウ・アインス・ハウス ディー・モデルネ・イン・デア・ヴェルト
会場 Willy-Brandt-Haus(ヴィリー・ブラント・ハウス) *入場無料、身分証明書を持参のこと
住所  Wilhelmstr. 140, 10963 Berlin(クロイツベルク地区)
URL https://www.willy-brandt-haus.de/kunst-kultur/ausstellungen/bau1haus/#c2794
会期 2019年1月16日−3月3日
開館時間 火−日 12:00−18:00 
休館日 月


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/

おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

老舗マジパン専門店は昭和の薫り {Wald Königsberger Marzipan ヴァルト・ケーニヒスベルガー・マルツィパン}

Posted by osanpoberlin on 16.2019 Shops ショップ   0 comments   0 trackback
DSC06175.jpg

 みなさま、本年も「おさんぽベルリン」ブログをどうかよろしくお願いします。たくさんおさんぽして、みなさまに私たちのベルリンをご覧に入れたいです。

 さて、昨年12月にガイド松永さんが「本当にオススメできるお土産を見つけました!」と、OHDEのマルツィパンプラリネを紹介しましたよね(記事はこちらをクリック→「ベルリンのお土産、本当にオススメできるものをやっと見つけました!」

 じつはその記事を読んでいて、わたくしライター久保田の頭にふと浮かんだんです、「そういえばかなり以前に、ベルリンのマジパン(=マルツィパン)専門店を日本のカフェ雑誌で取材したことがあるな〜」と。いまどうなっているか気になって、ガイド松永さんと一緒に行ってきました。

 その専門店はここです!
 Wald Königsberger Marzipan ヴァルト・ケーニヒスベルガー・マルツィパン

DSC06169.jpg
老舗感あるでしょう?

DSC06184.jpg
店内がよく見えるので、入りやすいと思います

 以前取材したときと寸分変わらぬ佇まい。店内に入ると、朗らかな女性スタッフさんが試食を勧めてくださいました。そうそう、この味ですよ。甘さ控えめで、しっとり、柔らか。そしてアーモンドの香り。

DSC06329.jpg
私はこの7粒セットを購入しました

 マジパンのおもな材料はアーモンドと砂糖。それにこのお店ではローズウォーターが少し。その割合で味や質感が大きく変わるそうです。日本で「マジパンは甘くて食べられない」と思われているのは、砂糖の割合が多いから。ドイツのマジパンはどれも甘さ控えめで上品なんですが、「うちのは特に砂糖が控えめなんですよ」とのこと。保存料や着色料は一切不使用で、冷暗所で約3週間は保存できるとのこと。

 とにかくお店で試食するのがいちばんです。以前取材した時は、焼き立てほやほやのマジパンを食べさせてもらって、それまでのイメージが一変しました。信じられないほど柔らかいんです。私はマジパンがこんなにおいしいものだと、ドイツで初めて知りました。

DSC06167.jpg
買いやすい7〜8粒セット商品

DSC06177.jpg
チョコレートがけのマジパン。1粒ずつお好みでも買えます

DSC06166.jpg
豚はラッキーアイテム。今年1年のご多幸を祈って

 店頭商品はいろいろ。一粒マジパンが7〜8粒ほどセットになったものや、チョコレートがけ、動物型、ジャガイモやパンをかたどったもの……など見ていて楽しくなります。ガイド松永さんも書いている通り、マジパンは日本の練りきりのようなもので、どんな形も作れるんです。このお店ではすべて手作業で作っているそうです。

 お値段は2〜20ユーロぐらいが中心。7〜8個セットで約6〜8ユーロ、箱入り詰め合わせが20ユーロ前後です。お土産にもちょうどいい値段ですよね。

 ところで「ヴァルト・ケーニヒスベルガー・マルツィパン」という店名ですが、ヴァルトは創業者パウル・ヴァルト氏の名前です。ケーニヒスベルガーは、地名のケーニヒスベルクから。現在はカリーニングラードという名に変わってロシア領になっていますが、第二次世界大戦終結前まではケーニヒスベルクという名の、東プロイセン、つまりドイツ領の都市でした。このケーニヒスベルクで、マジパンは名産品だったのです。

 創業者のパウル・ヴァルト氏は、ケーニヒスベルクで菓子職人として活躍していました。1939年にベルリンへ移り、1947年にこの「ヴァルト・ケーニヒスベルガー・マルツィパン」を開店したのです。それ以来家族経営でお店は続き、マジパンのレシピは100年以上の歴史があるそうです。

DSC06168.jpg
時代を感じさせる写真や証書が壁に飾られています

DSC06172.jpg
古い型もありました

 白とピンクのストライプ柄の店内にいて、松永さんと「なんか昭和な感じだよね〜」と話していたんですが、それはこのお店の歴史を考えれば当然なのかもしれません。マジパン一つにも、そこに長い歴史が流れている。ドイツに暮らしていてよく感じることです。

 ちなみに、このお店があるPestalozzistr.(ペスタロッチ通り)と交わっているSuarezstr.(スアレス通り)はアンティークショップも多いので、骨董好きの方も見逃せませんよ。→http://www.suarezstrasse.com/

Wald Königsberger Marzipan ヴァルト・ケーニヒスベルガー・マルツィパン
住所  Pestalozzistr. 54a, 10627 Berlin(シャルロッテンブルク地区)
URL http://wald-koenigsberger-marzipan.com/
営業時間 月−金 10:00−18:30 土10:00-15:30
定休日 日


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/

おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

メリークリスマス Frohe Weihnachten!

Posted by osanpoberlin on 23.2018 未分類   0 comments   0 trackback
メリークリスマス!
Frohe Weihnachten!


weihnachten2.jpg


おさんぽベルリン
松永明子 久保田由希

ベルリンのお土産、本当にオススメできるものをやっと見つけました!

Posted by osanpoberlin on 19.2018 Souvenir おすすめお土産   4 comments   0 trackback
 これまで、「ベルリンでお土産買うなら何がおすすめですか?」と聞かれる度に「実はあんまり『コレ!』っておすすめできるものないんですよね~。」と答えまくっていたガイド松永です(笑)。


 このブログで紹介している『おすすめお土産』も、ベルリンの特別なお土産ではなくてドイツ全国で買えるものでしたし。

ビールやワインは、割れ物だし重い(・_・;)

ソーセージやハムなどの肉製品は日本への持ち込み禁止だし(-_-;)

チョコレートもね~、冬以外は溶けやすいし、そもそも日本でもどこでも同じようなものが買えるし。
 


 そんなこんなで、私が個人的に本当におすすめできるベルリンならではのお土産って、なかったんですよ。


でも!!やっと見つけたんです!!!


IMG_9379.jpg
 それが、こちら!
 
 マルツィパンを使ったプラリネです!

*マルツィパン Marzipan ... マジパンのこと。挽いたアーモンドと砂糖を加熱しながら練りあげた菓子/菓子原料。
*プラリネ Praline ... チョコレートでマルツィパンやナッツ、クリームを包んだ一粒タイプのチョコレート菓子。

IMG_9382.jpg

 マルツィパンはドイツではすごく人気があって、スーパーやデパートのチョコレート売り場に並ぶ数えきれないほどの種類のチョコレートもよく見ると2~3割はマルツィパン入りですし、マルツィパンだけで作られたお菓子もたくさん。クリスマス菓子のシュトレンも、マルツィパン入りのタイプがあります。


 で、そのマルツィパン、日本人には全然人気がないです。なぜなら、日本では「マジパンってケーキの飾りで、食べてもひたすら甘いだけの美味しくないものでしょ?」と思っている人が多いから!

 そんな人にこそ、ぜひこれを食べてみてほしい。アーモンドの風味がしっかりと残る、上品で甘すぎない本当に美味しいマルツィパン。 「これが本物のマルツィパンなんだ...!」と、目からウロコが落ちます。

IMG_9381.jpg

 ドイツ人にとってのマルツィパンとそれを使ったお菓子って、日本人にとっての餡子(もしくは練り切り)と和菓子のようなものだと思います。

 餡子や練り切りを使った和菓子って、確かに甘いし外国人にはあんまりウケないんですよね。でも、本当にちゃんと手間暇かけて、素材の味を生かして作られた上品な甘さの和菓子だったら、誰が食べても美味しいと感じるはずなんです。


 実は、ベルリンのノイケルン地区には100年以上続く歴史のあるマルツィパンの製造工場があり、ドイツ各地の有名チョコレートブランドなどに菓子原料としてのマルツィパンを卸し続けていました。その伝統と技術を、地元ベルリンで生かそうとして立ち上がったのがこのブランド「OHDE(オーデ)」です。

 OHDEのプラリネは全て、地元のマルツィパン工場Moll(モル)とLemke(レムケ)、そしてベルリン在住のドイツ・チョコレート・マイスター Sabine Dubenkropp(ザビーネ・デューベンクロップ) さんとのコラボから生まれた、正真正銘のメイド・イン・ベルリン!

 まだ直営店はないそうですが、ベルリン最大の老舗デパートKaDeWe(カー・デー・ヴェー)ですでに取り扱いがあるのと、2019年の2~3月頃まではビキニ・ベルリンでポップアップストアを営業中。ヴィンターフェルト広場の朝市にもよく出店してます。

DSC_9051.jpg
↑ビキニ・ベルリン内のポップアップストア

 マルツィパンをミルクチョコレートでコーティングした看板商品は「Glückswürfel グリュックスヴァフェル」という名前で、3㎝四方の小さな箱入りでひとつ1,20ユーロ。8個入りは、同じ柄の箱に入って8,90ユーロ。ビターチョコレートのタイプもあり。


 さらに! OHDEの商品は、美味しくてメイド・イン・ベルリン、というだけではないんです。購入することで同時にノイケルン地区の青少年の教育支援に繋がるんです!

 ノイケルン地区はベルリンの中でも移民が多く、教育に支援が必要な若者が多いエリアです。それをサポートするために、OHDEの財団によって売り上げの25%が地域の若者のために使われるそうです。素敵なプロジェクトですね!


 というわけで。軽くてかさばらず(8個入りでも手のひらに乗るサイズ)、お土産にぴったり(とはいえ真夏にはチョコレートが溶けるので残念ながら通年とは言えませんが)のOHDEのマルツィパンプラリネ。ガイド松永が、個人的に初めて自信をもって「ベルリンのお土産ならこれがいいですよ!」と言える商品なので、ぜひ一度食べてみてくださいね☆



text and photo
松永 明子(Matsunaga, Akiko)
akiko.jpg

ベルリンガイド。2003年からドイツ人の夫とベルリン在住。2011年~『地球の歩き方ブログ』のベルリン特派員。ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイドホームステイサービスをしています。2017年9月ガイドブック『ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ』(イカロス出版)が発売。
http://berlinhomestay.blog.fc2.com


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆

(↑クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム