FC2ブログ
Loading…

おすすめケバブのお店{Rüyam リュヤム}、2号店がプレンツラウアーベルク地区にオープン!

Posted by osanpoberlin on 08.2018 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 久しぶりの更新になりましたが、今日もみんな大好きケバブの話題です(笑)! 

 前回の記事『絶品ケバブのお店 { Rüya リュヤ}がシャルロッテンブルク地区にも登場!』に続いて、シェーネベルク地区の「Rüyam リュヤム」の2号店がプレンツラウアーベルク地区にできたとのことなので、速報的にお知らせです。

DSC_8508.jpg

 2号店は2018年9月30日にオープンしたばかりで、私はまだ足を運べていないのですが、1号店のほうにチラシがあったので知りました。

 場所は、U2 Eberswalder Straße エバースヴァルダー・シュトラーセ駅からすぐ。カリーヴルストが有名なコノプケス・インビスの道を挟んで東側。飲食店激戦地区の、ものすごく良い場所です!!

 この場所はもともと別のケバブ店があったところなので、キッチンが充実しているのか??2号店のメニューには、ふつうのチキン入りのゲミューゼ・ケバブ(3,90ユーロ)以外に、ファラフェルやハルーミもメニューにあるようですよ。(それ何?という方は、こちらの過去記事をご覧ください→『ベルリンに来たら、「ファラフェル」と「ハルーミ」も食べなくちゃ!』

 駅から近くで、アクセスも周辺の雰囲気もとても良いエリアなので、ベルリン旅行中に一度ケバブを食べてみたい人におすすめですよ~。

Rüyam Gemüse Kebab  リュヤム ゲミューゼ・ケバブ 2号店
住所:Schönhauser Allee 44a, 10435 Berlin (プレンツラウアーベルク地区)
営業時間:月~日 11~24時(日曜は12時~)


text and photo
松永 明子(Matsunaga, Akiko)
akiko.jpg

ベルリンガイド。2003年からドイツ人の夫とベルリン在住。2011年~『地球の歩き方ブログ』のベルリン特派員。ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイドホームステイサービスをしています。2017年9月ガイドブック『ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ』(イカロス出版)が発売。
http://berlinhomestay.blog.fc2.com


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆

(↑クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

絶品ケバブのお店 { Rüya リュヤ}がシャルロッテンブルク地区にも登場!

Posted by osanpoberlin on 10.2018 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 『ベルリンに来たら、ケバブを食べなきゃ!』と、5年前の別ブログでも書いているように、以前から「ベルリンで必ず食べるべきなのは、カリーヴルストよりもケバブだ!」というのが持論のガイド松永です(大げさですが、けっこう本気です(笑))。

 そして、そんな私がベルリンで一番美味しいと思って通い続けているケバブの店については、こちらの記事→『シェーネベルク地区のおすすめケバブ屋さん { Rüyam リュヤム}』で紹介しました。でもここ、駅から離れているので観光旅行で来ている人にはちょっとアクセスが悪いのがネックだったのですが...。

 ついに!同じ味が楽しめる2号店ができました!

DSC_7873.jpg
テラス席も、店内も広くてゆったり!!

 場所は、ベルリンの西側シャルロッテンブルク地区。U2号線 Ernst-Reuter-Platz駅から徒歩5分ほどと、こちらも決して便利な立地ではないですが(笑) Zoo駅とテーゲル空港を結ぶX9番のバスが通る道沿いにあります。

DSC_7868.jpg
中央に写っている笑顔の素敵な紳士が、オーナー。1号店の大成功もこの人の手によるものです!

↓メニューの写真...ブログからはみ出るのを承知でアップします(^^;) 多分写真をクリックしたら全体が見えるはず!
DSC_7868-1.jpg

 メニューは8種類。1,3,5,7番がチキンのケバブ(グリルしたお肉)が入ったもので、2,4,6,8番はお肉抜きのベジタリアンメニューです。(ケバブの肉無しって意味あるの??と思うなかれ。ベジタリアン人口の多いベルリンでは、肉抜きのメニューの充実が必須なんですよ。)1,3,5番は、中の具は一緒でパンの種類と形状が違います。7番は、ケバブと野菜、ライスがプレートに盛られてきます。

 一番左に白い文字で書かれているのは、パンに塗ってくれるソースの種類。上から順に、Kräuter クロイター=ハーブ、Scharfe シャーフェ=辛い(チリソース)、Knporauch クノーブラオホ=ニンニク、のソースです。どれも美味しいですが、私は「ニンニクソースに、辛いソースもちょっとだけつけて!」というのがお気に入り。生野菜はタマネギ抜きが定番。(トマト抜きとか、サラダ抜きもOK!)注文の仕方については、こちらの記事☆も参考に。

 一般的に、ベルリンで「ケバブ(もしくは、デューナー・ケバブ」を注文するときは1番のパンのタイプが主流です。でも、私は5番の「Dürüm デュリュム」と呼ばれる、ラップサンドタイプのものが好き。なぜなら圧倒的に食べやすいから!1番のタイプは、かぶりつくと全方向から具が落ちるのでめちゃくちゃ食べにくいんですよ(^^;)。

DSC_7871.jpg
これが、Dürüm Kebab デュリュム・ケバブ♡ ドリンクは、Uludağ Gazoz(トルコ語なので読み方わからず)という、トルコのスプライト的な炭酸飲料。

 でね、実はここ2号店と書いていますが、1号店にあたるシェーネベルクの店舗は、ここのオーナーがすでに2017年に売却してオーナーが代わっているので、厳密にはこの2号店が「オリジナルのRüya リュヤ」本店にあたります。それで、1号店にあたる店舗は、以来「Rüyam リュヤム」と一文字ですが店名も変わったんですよ。でも、同じ味、同じサービスを引き継げるように配慮しての売却だったとのことなので、今でもシェーネベルクのRüyam は連日大盛況ですし、スタッフのフレンドリーなサービスも美味しさもそのままです。

DSC_7869.jpg
店内はテーブル席も多く、ゆっくり食べられます♪トイレももちろん完備。壁の落書き(お店のファンからのメッセージ)はこちらの店でも健在!

 ケバブの首都(!?)ベルリン、もちろん他にも美味しいお店はありますが。私はこのお店のファンですし、実際すごく美味しい!わざわざ足を運ぶ価値大ですので、行ってみてくださいね~。

*ちなみに、店名にもある Gemüse Kebap ゲミューゼ・ケバブ というのは、厳密な定義を私も確認できていないのですが。ゲミューゼ=ドイツ語で野菜 のことで、過去記事内でも紹介している「Mustafas Gemuse Kebab  ムスタファス ゲミューゼ ケバブ」 が、素揚げ野菜をたっぷり使ったチキン・ケバブで一世を風靡した頃から他のケバブショップでも使われるようになった名称だと勝手に推測しています。ほんと、お肉も野菜もたっぷりですよ!
ムスタファス ゲミューゼ ケバブは相変わらず美味しいはずですが、世界中のツアリストからなる行列が長すぎるのでもう長いこと行ってません(^^;)


Rüya ® Gemüse Kebap リュヤ・ゲミューゼ・ケバブ
Otto-Suhr-Allee 19, 10585 Berlin
営業時間 月~金 11:30~20:00 土 12:00~21:00 日曜定休 
*3週間くらいの夏季休暇あり
URL:https://www.facebook.com/R%C3%BCya-Gem%C3%BCse-Kebap-2136448459935927/


text and photo
松永 明子(Matsunaga, Akiko)
akiko.jpg

ベルリンガイド。2003年からドイツ人の夫とベルリン在住。2011年~『地球の歩き方ブログ』のベルリン特派員。ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイドホームステイサービスをしています。2017年9月ガイドブック『ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ』(イカロス出版)が発売。
http://berlinhomestay.blog.fc2.com


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆

(↑クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

インスタ映えしちゃう、卓上で焼くトルコ焼き肉! {FES -TURKISH BBQ}

Posted by osanpoberlin on 21.2018 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
DSC01318.jpg
おいしくて、見た目もいい〜

 さ〜て今日は、超おすすめのトルコ焼肉店をご紹介しちゃいますよ。何がおすすめって、日本の焼き肉みたいに卓上で焼けるのと、焼肉店らしからぬ(?)センスのいいインテリアとプレゼンテーションでインスタ映え間違いなしということ! しかも、副菜の野菜もたくさんあって、野菜もたくさん取れちゃう。わたし的にはBRLOのビールが飲めるのもポイント高いです。

 場所はクロイツベルク地区のSüdstern駅からすぐ。外観はけっこう普通なんですが、中にはいると、ほら、焼肉店には見えないインテリアですよね。言っておきますが、私は全然おしゃれじゃない店も大好きです。でもこういう空間も好きなんですよ。

DSC01296.jpg
壁に飾ってある赤いものはトルコの帽子ですね


 いろいろなお肉や副菜を試すには、なるべく大人数で行くほうがいいと思います。今回は4名で行きました。私たちが頼んだメニューはこんな感じ。

ーーチキン・ラム・牛肉の盛り合わせ500g
ーーラムチョップ300g
ーーハーブ付きラムのフィレ肉
ーー副菜6種類(19種類の中から好みのものを選べます)
ご飯はお肉を頼むと付いてきます。

DSC01310.jpg
左側のお肉プレートが盛り合わせ。右側が副菜です。きれいでしょ

DSC01337.jpg
これはラムチョップ。盛り付けにも気を配ってますね


 以上のメニューで大人4名でお腹いっぱいでしたね。

 お肉が運ばれてきたらトングで焼きます。いい感じに焼けたら、食べる、食べる! お肉に下味がついているのでソース類は不要です。

DSC01328.jpg
いい感じに焼けてます


 ラムはクセがなくておいしかったです。

 トルコのお店らしくラク(トルコのお酒)もありますし、デザートもあります。私たちはお肉と副菜ですっかりお腹いっぱいでしたけどね。

 人気店なので、予約して行ってください。お店のサイトからオンライン予約できますよ→http://fes-turkishbbq.de/


FES -TURKISH BBQ フェス ターキッシュ・バーベキュー
住所 Hasenheide 58, 10967 Berlin(クロイツベルク地区)
URL http://fes-turkishbbq.de/
営業時間 火−日 17:00−23:00
定休日 月


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)

portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

バウハウス・アーカイブ改装中。臨時の展示&ショップは別の場所で営業中!

Posted by osanpoberlin on 30.2018 ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ 情報アップデート   0 comments   0 trackback
 ガイドブック『ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ』のp.140で、ミュージアム併設のショップもおすすめと紹介しているバウハウス・アーカイブ(Bauhaus Archive )ですが、改装中のため2018年4月末からクローズしています。

 でも、臨時の展示&ショップが、6月30日にオープン!常設展で展示されていた家具などのプロダクトは見られませんが、バウハウス・アーカイブの歴史などが展示されているのと、ショップで選りすぐりの雑貨や写真集が購入できますよ。

DSC_7905.jpg

 場所は、U2 Ernst-Reuter-Platz 駅からすぐ。私のイチオシのセレクトショップ、マヌファクトゥム(Manufaktum)(*ガイドブックp.120)の隣ですので、ぜひ併せて足を運んでみてください。

 どんな商品がいくらで並んでいるかは、オンラインショップ(https://www.bauhaus-shop.de/collection/)で見られます。日本へも発送してくれるのでベルリンへ来なくても買えますが、ページはドイツ語のみ。

IMG_7087 (1)
こちらはクローズ前のショップの写真

the temporary bauhaus-archiv / museum für gestaltung
住所:Knesebeckstraße 1-2 10623 Berlin
営業時間:月~土 10:00~18:00 日祝定休
https://www.bauhaus.de


text and photo
松永 明子(Matsunaga, Akiko)
akiko.jpg

ベルリンガイド。2003年からドイツ人の夫とベルリン在住。2011年~『地球の歩き方ブログ』のベルリン特派員。ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイドホームステイサービスをしています。2017年9月ガイドブック『ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ』(イカロス出版)が発売。
http://berlinhomestay.blog.fc2.com


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆

(↑クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ベルリンに日本のかき氷カフェができました! {tenzan lab.}

Posted by osanpoberlin on 06.2018 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
DSC01168.jpg
酒粕のかき氷!

 ずーっと、ずーーーーっと食べたかったんです、ベルリンで日本のかき氷を! それがようやく叶いました!

 6月3日にプレオープンした、かき氷カフェのtenzan lab.。まさに、日本のふわっとしたかき氷を食べられるお店です! 私は「近々かき氷屋さんができるらしいよ」という風の噂を聞きつけ、今か今かと心待ちにしていて、プレオープン当日に開店時間と同時に押しかけ、なんとお店のお客第1号になったんですよ(←超ドヤ顔)。

DSC01138.jpg
日本製の手回しかき氷機。風情あります

DSC01154.jpg
シャッシャッとハンドルを回します。ふわっふわの氷が生まれる瞬間です

 かき氷のメニューはいろいろ(現在プレオープン中なので、変更になる可能性があります)。私が行ったときにあったのは、酒粕、抹茶マスカルポーネ、ほうじ茶マスカルポーネ、マンゴー、ラズベリー、カスタードクリームきなこ、でした。はっきり言って、どれもおいしいです(どれも食べたかったので、人とシェア&既に2回行き、いろいろ試しました)。

 口に入れた瞬間に感じる、ふわっとした柔らかさ。その直後に、シュッと溶けていくあの感じ。ほのかな甘さと切なさ。これこれ、これがかき氷ですよ! お値段は種類によって違いますが、1杯7〜9ユーロです。

DSC01186.jpg
なんと、中から水羊羹が登場する、うれしい驚きのカスタードクリームきなこ。本当にクリーミー。別添はつぶあんトッピング

DSC01163.jpg
抹茶マスカルポーネには、仕上げに抹茶をひとふり。マスカルポーネクリームがまろやか


 使っている氷は、48時間かけてゆっくりと凍らせた特注品なんだそうです。時間をかけることで、しっかりとした、透明な氷ができるんですって。天気を見ながら微妙に機械を調整して、削ります。
 
DSC01143.jpg
48時間かけると、氷に葉脈状の縦線が入るそうです

DSC01176.jpg
その日のお天気で微妙に調整

 そのほかトッピングとして、白玉、つぶあん、きなこ(各1.50ユーロ)などもあるんです。なので、抹茶マスカルポーネにつぶあんを加えたり、マンゴーに白玉を加えたりと、自分好みにアレンジできます。

DSC01182.jpg
一つひとつ違う器でサーブしてくれるのもうれしい。かわいい器は、ベルリンで探したとか

 そのほかドリンク類も見逃せません。甘酒やほうじ茶ラテ、あずきラテ、きなこラテなど、試してみたいドリンクがホット&アイスの両方でラインナップされています。冬になったら、たい焼きも始めるみたいですよ。

 あー、もう私、しばらく通っちゃいそうです。かき氷を食べた後の至福感ったらないですよ。

 現在のプレオープン期間を経て、7月にはグランドオープンの予定です。それまではメニューや営業時間などが変更になる可能性があるので、お店のインスタhttps://www.instagram.com/tenzanlab/
でチェックされるのがいいと思いますよ。

 それにしても、ここ数年のベルリンの進展ぶりはすごいです。高級でおしゃれな和食レストランやラーメン屋さんがどんどん生まれていますし、和食以外の食文化も広がっています。それだけ多様な人が集まり、経済が上昇中だということを物語っています。2010年ごろまでは、わりと物好きでクリエイティブ系な人が多かったのに対し、それ以降はIT系やスタートアップといった分野の人が増えましたね。何でもアリだったカオス時代のベルリンを思うと寂しく感じるときもありますが、変化するからこそ新しい店も誕生するもの。街は生き物ですからね。

tenzan lab. テンザン・ラボ
住所 Wörther Str. 22, 10405 Berlin(プレンツラウアー・ベルク地区)
URL http://www.tenzan-lab.com/
インスタ https://www.instagram.com/tenzanlab/
営業時間 7月以降月-日 10:00-20:00予定(プレオープン中は13:00-などの変動があるので、インスタでチェックを)13:00-20:00
定休日 月曜


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


  

検索フォーム