Loading…

「森本さんトーク&ビール飲もうイベント」終了!ビールトーク公開します!

Posted by osanpoberlin on 30.2016 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
 えー、こんにちは。おさんぽベルリン隊員のライター久保田です。
 前回緊急告知した「おさんぽベルリンpresents 森本智子さんトーク&みんなでビール飲もうイベント」、26日に楽しく終了しました!
 当日は満員御礼(参加者全員女性!)だったので、森本さんの貴重なトークをブログ上でおすそ分けしますね!

eschenbrau160726_06s.jpg
かんぱ〜い! 全員女性でガールズ(?)パワー炸裂!


 当日はベルリンにしては珍しく、少し蒸し蒸しした空気。集合時から既に「ビール飲みた〜い、今すぐ飲みた〜い」と叫びつつ、みんなで会場のエッシェンブロイへ。

 木陰に取ってくれていた予約席にずらりと並び、まずはビールでかんぱ〜い。ここのビールは本当に何でもおいしくてハズレなしなんですが、私は特にピルスがいいと思うんですよ。フレッシュで無濾過の味わいがあり、苦すぎない。……と語ったせいか、みんなピルスを注文。

eschenbrau160726_04s.jpg
木陰のベンチで気持ちよくビールのお勉強


 森本智子さんは、日本で「ドイツ食品普及協会」を立ち上げ、ドイツ食品を日本に広めることに尽力されています。そのためにビールの勉強も欠かせないとして、ドイツのドゥーメンス・アカデミーでビアソムリエの資格を取られました(←日本人初)。

 森本さんは、みんながピルスを手にしているのを見て、まずはその説明から。

 森本「ピルスはチェコのピルゼンが発祥地。でもそれを作った人はドイツ人でした。昔のチェコビールはまずく、当時バイエルンのビールは評判が高かったので、バイエルンから醸造家を呼んでピルゼンで作らせたのがピルス(ピルスナー)です。バイエルンは硬水なのでビールの色は暗めになるんですが、チェコは軟水なために水色が黄金色になり、これが人気となりました」

 なるほど〜。ちなみに今は水の硬度は機械で調整できるので、ドイツでも黄金色のビールがあるのは、みなさんご存じの通りです。こんなふうにね。

eschenbrau160726_24s.jpg
これがピルス。ほんっっっと、おいしいんです! ちなみにロゴはオーナーの横顔


 そして参加者から質問。
 Q.「ラガーとピルスはどう違うんですか?」

 森本「ビールは発酵の仕方によって、”下面発酵”と”上面発酵”の2つに大きく分けられます。ラガーは下面発酵ビールを指します。上面発酵ビールはエールといいます。ピルスというのは、ラガーの中のひとつのスタイルですね。使用する酵母によって、上面発酵か下面発酵になるかが決まります」

 Q.「エキスポートというのはどういうビールですか?」

 森本「エキスポートはもともと輸出用に作られたビールで、輸送中でも品質を安定させるために、アルコール度数が高めです。輸出といっても今のように海外への輸出ではなく、当時はドイツ国内で輸送するぐらいでした」

 Q.「ビール純粋令はドイツすべてのビールに当てはまるんですか?」

 森本「純粋令は『ビールは、モルト・ホップ・水・酵母のみを原料とする』という内容で、バイエルンで生まれました。ドイツ国内の純粋令の状況は州によって違いがあって、本場バイエルンは厳しく、北部ドイツは比較的ゆるやかです。
小麦ビール(ヴァイツェン)やベルリーナー・ヴァイセ、ゴーゼ(ゴスラー発祥のビール)などは、純粋令的には微妙なんです。たとえば純粋令ができた当時、小麦ビールはまだ存在しませんでした。当時小麦はパンにするためのもので、ビールに使われるようになったのは、もっと後の話なんです。
今ドイツでもクラフトビールがはやっていて、純粋令に当てはまらないビールを造る人もいます。その場合は『ビール』という名前でなく、たとえば『○○ペールエール』とか、そんな名称で販売しています」

 ……と、こんな感じで、ビールの蘊蓄を学びました。

 その後はエッシェンブロイのご厚意で、醸造所を見学! 森本さんの通訳により、麦汁を作る仕込みタンクや発酵タンクを見せてもらいました。ビールってこうやってできるんだ! って何となくわかったと思います。
 エッシェンブロイさん、ありがとう!

eschenbrau160726_15s.jpg
小さな醸造所。ここで麦汁を仕込んでいます

eschenbrau160726_18s.jpg
こちらは酵母を入れた発酵タンク。これは下面発酵ビールですが、酵母を入れたばかりなので、まだ酵母が上に浮いています

eschenbrau160726_19s.jpg
ホップの香りをクンクン。わぁ、さわやか〜


 そしてイベントはフツーに飲み会と化し、夜へと突入。私はちょっと用事があったのでお先に失礼しましたが、ずいぶん遅くまで盛り上がったみたいです。

 私がこのイベントを急遽思いついたのは、森本さんがベルリンにいらっしゃると聞いたから。森本さんは日本でビールトークを開いていらっしゃって、その内容を私も聞きたいなーと、常々思っていたんですね。
 せっかくベルリンにいらっしゃるのなら、森本さんと個人的に会うよりも、イベントを開いてみなさんと一緒にビールについて学べたらいいなと思ったんです。

 今回のイベントを企画して、私がベルリンにやって来たばかりの頃を思い出しました(もうかなり前ですが)。当時私は友人と盛り上がって、1日限定カフェというのを知人のギャラリーを借りて開いたんです。

 単なる思いつきでも、周囲の人に話せば面白がってくれて、実現する。日本では難しそうに思えることでも、ベルリンでは行動に移せば実現できる。ベルリンに来た当時、そう思えたんです。そして私はこの街がさらに好きになりました。

 その時からもう10年以上過ぎましたが、ベルリンのそうした魅力は今も変わっていない、と今回改めて実感しました。
 森本さん、ご協力いただいたみなさん、そして参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。
(text_Yuki Kubota photo_おさんぽベルリン写真部)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

緊急告知! ビアソムリエ・森本智子さんトーク&みんなでビール飲もうイベント!!

Posted by osanpoberlin on 15.2016 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
 急遽大決定! ビール大好き「おさんぽベルリン」久保田&マツナガが、ビールイベントやりますよ! 

 日本人唯一のビアソムリエ・森本智子さんを日本からお招きして、ベルリンのビアガーデンでビールについて語っていただきます

 うんちくやレア情報など、ビールのプロならではのお話を、できたてフレッシュな自家製ビールを飲みながら、た〜くさん聞いちゃいましょう! (トークは日本語)

 もしラッキーだったら、ビアガーデンのある醸造所でビール醸造過程も見学できるかも?!

 会場の関係上、定員を先着12名様とさせていただきます。お申し込みはお早めに!! 
 日時などの詳細は、この写真の下をご覧ください。

P1110979.jpg
ライター久保田&ガイドマツナガと一緒に飲みましょ〜


*日時* 2016年7月26日(火)15:00-16:30頃
*会場* Eschenbräu(エッシェンブロイ)ビアガーデン(雨天の場合は地下のバー)
     Triftstraße 67, 13353 Berlin
     http://eschenbraeu.de/
*会費* 10ユーロ(Eschenbräuの生ビール0.3ℓ1杯またはジュース付き。会費は当日お支払いください)
*お申し込み* 久保田由希までメールでお申し込ください→info@kubomaga.com メール件名にビールイベントとお書きの上、お名前と参加人数をお知らせください。折り返しお返事をさし上げます。

P11200212.jpg
会場のエッシェンブロイはと〜っても気持ちのいいビアガーデン。そしてビールが最高においしい!


*森本智子さんプロフィール*
日本ではただひとり、ドイツ ドゥーメンス・アカデミー認定ディプロム・ビアソムリエの資格を持つ。ドイツ在住11年、日本帰国後はドイツ農産物振興会日本事務所にマーケティングマネージャーとして勤務。2010年同団体の解体を機に独立、株式会社エルフェンを立ち上げドイツ食品・飲料の輸入・販売サポート、展示会の出展サポート・コーディネート、ドイツの展示会、会社訪問のガイド・コーディネート、ドイツ食文化セミナーの開催、ドイツの食の情報発信に関わる活動を行う。ドイツ食品普及協会代表。
一般向けのイベントではドイツ大使館主催「ドイツフェスティバル」の立ち上げ、運営メンバー。
株式会社エルフェン:http://elfen.jp/
ドイツ食品普及協会:http://doitsushoku.com/

morimoto-san.jpg
日本人唯一のドイツ ドゥーメンス・アカデミー認定ディプロム・ビアソムリエ・森本智子さん


 森本さんへの質問も受け付けますよ〜。
「ビール飲めないけど行ってみたい」という方も、超ウェルカムです! 
 おいしいアップルジュースがありますよ!

 イベント終了後は自由解散です。そのままEschenbräuで飲んでもいいし、場を移してもいいし。Eschenbräuがあるヴェディング地区は、ビール天国ですからね!

 なお、Eschenbräuにあるフードはフラムクーヘンのみ。それ以外のフードは持ち込み自由なので、おつまみ持参もOKです。

「おさんぽベルリン」久保田&マツナガと一緒に、森本さんのお話を聞いて、楽しくビールを飲みましょう〜! プローーーースト!
(text and photo_Yuki Kubota)

*7月25日追記*
おかげさまでお申し込みが定員に達しました。どうもありがとうございます!


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪



リーズナブルで美味しい!通いたくなる デリ&家庭料理 {Zuhause-Delikatessen ツーハウゼ・デリカテッセン}

Posted by osanpoberlin on 14.2016 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 「ベルリンで、ぜひ名物料理の ケーニヒスベルガー・クロプセが食べたいんです!」というお客さまからのリクエストで、「じゃあどこのお店のが美味しいかな......?」と調べていてその存在を知ったのが、今回紹介する Zuhause-Delikatessen ツーハウゼ・デリカテッセン。ネット上でのお客さんのレビューも上々で、すごく気になったので行ってきました。

DSC_3641.jpg

 場所は、プレンツラウアーベルク地区の中でも特に雰囲気が良くて大人気のKollwitzstr. コルヴィッツ通り沿い。 そして、この外観。ちょっといいお値段しそうな雰囲気なのですが......。

 黒板のおすすめメニューを見ると、なかなかリーズナブルです! 「ラザニア+サラダ 4,80ユーロ」「スペイン風鶏もも+ローズマリー風味のポテト 6,80ユーロ」などなど、夜でもランチタイムのようなお値段!

DSC_3639.jpg

 「Zuhause ツーハウゼ」という店名は、英語にするなら「Home」。ここで提供されるのは、全て手作りで、まさに「我が家」のご飯のように気取らず食べられるものばかり。

 ケーニヒスベルガー・クロプセも、このボリュームで6,80ユーロ!(この肉団子、ひとつが女性の拳くらいあるんですよ!)

DSC_3638.jpg

 カウンターで注文するスタイルで、ビールも、カジュアルにボトルごと飲みます。料理とビールと合わせてチップを払っても10ユーロというお値打ちさ。コルヴィッツ通りで! 夜ご飯を食べて!! この価格!!? と、嬉しい驚きでした。もちろん、美味しかったですよ! きちんと手作りされている、ほっとするお味でした。

 11時から22時まで毎日営業で、1日を通して同じメニューが同じ価格で食べられます。手作りケーキも2,20ユーロと嬉しいお値段で、カフェとしてももちろん利用OK! 私が行ったときは、老紳士が一人で赤ワインを飲みながらケーキを食べていましたよ。

 気軽に入れる雰囲気で、リーズナブルなのにちゃんと美味しいものが食べられる!ありそうでなかなかないのがまさにこういうお店。長く続けて欲しいなと思います。ぜひみなさんも行ってみてくださいね!
(text and photo_Akiko Matsunaga)

Zuhause-Delikatessen ツーハウゼ・デリカテッセン
住所:Kollwitzstr. 26 10405 Berlin
URL:http://www.zuhause-delikatessen.com/
営業日時:基本的に定休日なし 11:00~22:00


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

日曜日は、ジャズブランチ! 老舗のジャズバー {Yorckschlösschen ヨークシュロスヒェン}

Posted by osanpoberlin on 30.2016 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 日曜日には、カフェやレストランのブランチ・ブッフェに行くのが楽しみ!というベルリンっ子は多いです。のんびり起きて、11時くらいから遅い朝食とランチを兼ねて、友達や家族とおしゃべりしながらブランチを楽しむのはいい習慣だなーと思います。

 で。今日紹介するのは、ブランチを食べながら、ジャズの生演奏が聴けてしまう贅沢なお店「Yorckschlösschen ヨークシュロスヒェン」です!

DSC_3513.jpg
クロイツベルクにある、老舗のジャズ&ブルースバー。テラス席もあり。

 ここは毎日営業しているレストラン&バーですが、水曜、土曜、日曜は21時からライブがあって(冬季は木、金曜も)ジャズバーとして賑わっています。ビアガーデンとして、天気の良い日に外でちょっと一杯という使い方もできますよ。

DSC_3532.jpg
店内はこんな感じ。往年のスターやジャズイベントのポスターが壁いっぱいに。

 そして、毎週日曜日の11時~15時は、人気のブランチブッフェ! 15ユーロくらいで、料理は食べ放題(ドリンクは別途注文)。品数は多くはないですが、冷菜から暖かい料理、フルーツやパンも色々あって美味しいです。
 
DSC_3522.jpg

 昼間っから生ビールと一緒に(笑)。この店では、Kreuzberger クロイツベルガー という、クロイツベルク地区で作ってるビールが飲めますよ!

DSC_3529.jpg
ついつい欲張って色々取ってしまいます...。

 11時のブッフェ開始まもなく、ステージが始まります。この日は、ピアノとボーカル、サックスで、スタンダードなジャズナンバーが中心でした。 

DSC_3518.jpg
店内は2部屋に分かれていて、ステージが見えない席もありますが、音は聞こえますしモニターで見ることもできます。
 
 通常ベルリンのジャズバーだと、ライブが始まるのが「21時」と書いてあっても実際には22時くらいにならないとスタートしないこともザラなので、あまり夜遅く出かけるのが苦手な人にもこういう「ジャズブランチ」はぴったりです! 気軽に音楽を楽しみたい方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。
(text and photo_Akiko Matsunaga)


Yorckschlösschen ヨークシュロスヒェン
住所:Yorckstr. 15 10965 Berlin (クロイツベルク地区)
URL: http://www.yorckschloesschen.de/
営業時間:毎日 17-3時  日曜は10時から(ブランチブッフェは11時~15時)
*予約は電話のみ 030 215 80 70


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

一点モノのハンドクラフト・アートや雑貨が集まる{Weddingmarkt ヴェディングマルクト}

Posted by osanpoberlin on 05.2016 Märkte 蚤の市・朝市・その他の市   0 comments   0 trackback
 ベルリンの中心部から少し北に外れた場所にあるヴェディング地区。もともと労働者層が多く住んでいたエリアでトルコ・アラブ系の住民も多く、観光スポットもないため、ガイドブックにはまず掲載されないエリアです。

 でも、ここ数年でこのあたりにも少しずつ素敵なお店が増えてきたり、家賃が比較的安いということからアトリエを構えるアーティストが増えてきて、これからまだ面白くなっていきそうな雰囲気です。

 それを象徴するかのようなイベントが、この「Weddingmarkt ヴェディングマルクト」。

DSC_3401.jpg

 ヴェディング地区にアトリエやショップを構えて活動するクラフト作家やアーティスト、デザイナーなどが、協同して作品を展示・販売する機会を設けるという目的で、年に4回開催されているマーケットです。先の日曜(6月5日)に私も初めて足を運びました。

DSC_3398.jpg

 手作りの陶器を売るブースや、近所のお花屋さんの出店ブースも。ここのお店のブーケはすごくセンスがよかった!

DSC_3394.jpg

 出店しているのは、生活雑貨や一点もののアートのブースなど、60店ほど。なかなかの賑わいで、来ているのは若くてゆる~くおしゃれな感じの人が多かったです。

DSC_3393.jpg

 カフェやスイーツなど、ストリートフードのお店も何軒か。

DSC_3396.jpg

 さらっと眺めるだけなら30分くらいで見終わってしまいますが、運命を感じるモノと出会ったらじっくり悩んでしまいそうな、面白い作品がたくさんありましたよ。

 どんな作家さんがどんなものを出品しているかは、HPの出展者一覧を参考に⇒(https://wedding-markt.de/teilnehmer-im-juli-2/) 今年は、あと2回、7月3日と9月11日の開催です。
(text and photo_Akiko Matsunaga)


Weddingmarkt ヴェディングマルクト
開催日時: 2016年7月3日、9月11日 11-19時
開催場所: Pekinger Platz, 13353 Berlin 最寄駅:U9 Amrumer Straße
URL:https://wedding-markt.de/


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


  

検索フォーム