FC2ブログ
Loading…

「ここはバリ?」な豪華サウナ&スパ {vabali ヴァバーリ} &男女混浴サウナの利用法

Posted by osanpoberlin on 16.2019 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
fotoslider-presse-31.jpg
バリ? いいえ、ベルリンなんです。ゴージャスなサウナとプールがここに。 ©vabali

 なんか最近暖かくなって「ひょっとしてもう春?」と淡い期待を抱く今日このごろのベルリンですが、まだまだ寒いのでサウナに行きたい季節です。サウナでじっくり汗を流せば、体の芯からほっかほか。零下の気温もなんのその、という気分になること請け合い。海外でサウナを経験するのも旅のいい思い出になりますよね。「サウナに行ってみたいけど、どうすればいいのかわからない」という方に、今日はわたくしライター久保田のおすすめサウナと、サウナ利用のハウツーをご紹介いたします。

 サウナはベルリンに何軒もありますが、私のおすすめはズバリここ。
 vabali(ヴァバーリ)
 
 何がいいって、ベルリンなのにそこはバリ! 2万㎡の広大な敷地に立つバリテイストの建物、屋外・屋内にあるいくつものサウナとプール。ゴージャスなインテリアの部屋でうたた寝をしたらレストランで食事……。こんな世界がなんとベルリン中央駅から歩いてすぐの、都会のド真ん中にあるんです!

fotoslider-presse-6.jpg
エントランスをくぐると、そこはもうバリ。 ©vabali

Vabali_Innenpool_neue_Leuchten.jpg
屋内・屋外プールで優雅にスイミング。 ©vabali

fotoslider-presse-5.jpg
火照った体をチルアウト。 ©vabali


 利用の仕方は難しくありません。まずはレセプションでウォッチ型のキーをもらいます。このキーひとつでロッカーの鍵、レストランなどでの支払い滞在時間などすべてを管理するので、常に腕に付けておきましょう。料金は利用時間に応じた後払い制なので、入場時の支払いはありません。

 エントランスからさらに廊下を渡ると、そこで必要に応じてタオルやバスローブを借りられます(別料金)。その奥が更衣室になっていて、自分の数字のロッカーをウォッチ型キーで開けて着替えます。全裸になったら上からバスローブを羽織り、サンダルを履いてサウナ&プールコーナーへ。施設内の各種サウナやプール、チルアウトルームなどを自由に利用しましょう。マッサージは予約制で別料金です。

fotoslider-presse-1.jpg
サウナは全裸で男女混浴が基本です。でもエロスな世界ではないので勘違いしないように。 ©vabali


 さてここで、ドイツのサウナの基礎知識を。どこのサウナも基本は同じです。

********************************
ドイツサウナの掟
*ドイツのサウナは全裸で男女混浴が普通。しかしエロな場所ではありません。他人の体をジロジロ見るのはご法度です。
*サウナに入るときは必ずバスタオルを敷き、その上に座るか横になります。素肌がサウナベンチに直に触れるのはNGです。
*サウナとプール内は全裸(プールは水着着用OKの場合もあります)ですが、それ以外の場所(プールサイドの寝椅子やバーコーナーなど)ではバスローブとサンダル着用です。サウナの前でバスローブを脱ぎ(フックがあるのでかけておきます)、バスタオルだけ持ってサウナに入りましょう。

サウナ利用指南
*シャワー→サウナ→休息&水分補給を1セットとし、これを2〜3回繰り返します。気分が悪くなったら無理せず中断しましょう。
*日本のサウナで人気のロウリュ(サウナストーンに水をかけること)は、ドイツのサウナにもあります。
ドイツではAufguss(アウフグス)といいます。スタッフが芳香のあるアウフグス用オイルを混ぜた水をサウナストーンにかけ、蒸気が上ったところでバスタオルを振り、ブワ〜ッと熱波を送ります。アウフグスは決まった時間に行われることが多いです。

持ち物
必須アイテム:バスタオル、バスローブ、サンダルまたはビーチサンダル(以上は借りられますが別料金)
あると便利:靴下(足が冷える人はリラックスタイムに着用を)、ヘアゴム(ロングヘアの方)、シャンプー・リンス、化粧品、飲み物(飲食コーナーへの持ち込みは禁止なことが多いです)
*********************************

 全裸で男女混浴と聞くと、どうしても尻込みしがちですよね。でも一度行けば驚くくらいエロスな雰囲気はないですし、万一他人の体をジロジロ見ている人がいたとしたら、それはひんしゅくを買います。女性ひとりで行くときは、レディースデーがあるサウナを選ぶのも方法です(vabaliにはありません)。

 そういえばドイツには、夏のビーチや屋外で全裸で過ごすFKK(エフカーカー)という文化があります(最近は廃れ気味ですが、特に旧東ドイツ地域で盛んでした。)。全裸で自然と一体化し、開放感にひたるのが目的と言われています。日本ではFKKはドイツの風俗店と思われているようですが、違いますから! 

 そういう習慣があるくらいですから、裸に対する感覚が現代日本人とは(昔は日本の銭湯で混浴は普通でしたから)違うと思うんですよね。FKKについては以前「海外ZINE」というオンラインマガジンに詳しく書いたので、ご興味のある方はご覧ください→「ドイツは「裸」先進国、監視社会下で花開いたほのぼのヌーディズム・FKK」

 バリな雰囲気で十分にリラックスしたら、着替えて再びレセプションへ。タオルやバスローブを借りた人は、借りた場所に返却します。レセプションでキーを渡して、滞在時間や別料金サービスの利用に応じた合計金額を支払います。最後にゲートにキーを入れて退出したら、プチバカンスはおしまい。

 vabaliはほかのサウナに比べてお値段はお高めですが、なんといっても中央駅から歩いていけるバリなので、その価値はあると思いますよ。本来ならサウナは冬がいいですが、ここなら夏も気持ちよさそうです。


Vabali ヴァバーリ
住所  Seydlitzstr. 6, 10557 Berlin(ティアガルテン地区)
URL https://www.vabali.de/
開館時間 月−日 9:00−24:00 
休館日 無休
料金 https://www.vabali.de/online/preise-oeffnungszeiten/
(VISA、Masterカード、ECカード利用可)

text
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/

おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!


(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)">☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)">★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

アンペルマンの本でベルリンに触れる

Posted by osanpoberlin on 18.2015 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
 ベルリンで最も有名で人気者といえば、それはアンペルマンではないでしょうか? そう、あの歩行者用信号に描かれている、緑と赤のかわいいキャラクターです。そのアンペルマンがドイツで本になり、さらに日本語に翻訳され、日本で発売になりました。

IMG_0679.jpg
11月9日に発売になりました

IMG_2248.jpg
これが今も現役の東ドイツ生まれのアンペルマン。
シャッターのタイミングで、偶然緑と赤の両方が点灯しているところを撮れました



 アンペルマンは、旧東ベルリンで誕生したもの。東西ドイツ統一後は消える運命にあったのですが、愛らしいキャラクター故に生き延びました。そしてそこには、一人の工業デザイナーの活躍があったのです。

 私が初めてベルリンを訪れたとき、アンペルマンの存在は知りませんでした。しかし信号機上のアンペルマンを発見したときは、「なんてかわいいんだろう!」と感激したことを覚えています。優れたデザインは、多くの人を惹きつけるのでしょうね。

 この本『アンペルマン 東ドイツ生まれの人気キャラクター』では、アンペルマン誕生秘話、ドイツ統一後にアンペルマンが生き延びた物語が綴られています。かわいいアンペルマンから、ベルリンの歴史に触れられます。
 そのほかベルリンの名所や世界の歩行者用信号機、アンペルマンと日本の関係など、盛りだくさんの内容で、私が知らなかったこともたくさんありました。

 発売を記念して、東京にあるドイツ文化会館内のレストランノイエスでパーティーが開かれました。本書日本版の翻訳者・著者であり、アンペルマン日本大使の高橋徹さんがスライドを見せながら、数々のお話を披露してくれました。

IMG_0619.jpg
熱弁するアンペルマン日本大使・高橋さん

IMG_0668.jpg
イベント最後は販売会・サイン会


 本書は全国の書店やアマゾンなどのネット書店、アンペルマン取扱店、日本公式ウェブショップで購入できます。日本の発行元である郁文堂のHPでは、中身も一部ご覧になれます。
ベルリンの壁崩壊前後の街の様子を知りたい人には、特におすすめの1冊ですよ。
(text and photo_Yuki Kubota)

『アンペルマン 東ドイツ生まれの人気キャラクター』
郁文堂 A4変型版 128ページ 本体2800円+税


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』


よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

あけましておめでとうございます

Posted by osanpoberlin on 01.2015 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
neuesjahr.jpg


 皆さま、新年あけましておめでとうございます!
「おさんぽベルリン」は、今年もお役立ち情報をたくさんご紹介したいと思っています。

 ベルリンの新年は、花火で始まります。ブランデンブルク門で打ち上げられる花火イベントが有名ですが、それ以外にも一般の人が街中でロケット花火を上げているんです。今年の動画ではありませんが、毎年こんな感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=4vG03yMIzqU

 今年の「おさんぽベルリン」は、1月3日(土)のイベントから始まります。
 詳しくはこちら→『歩いてまわる小さなベルリン』出版記念新年会やります!

 ベルリンにお住まいの方、ふらっと立ち寄ってくださいね〜。当日は会場のsmartdeliが、おでんや五目寿司などの特別メニューを用意してくださいます。皆さまのお越しをお待ちしています!

 今年も「おさんぽベルリン」を、どうぞよろしくお願いします。
(text and photo_Yuki Kubota)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)




お天気の良い日は、ゆったりシュプレー川クルーズ!

Posted by osanpoberlin on 14.2014 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   3 comments   0 trackback
 5月に入り、ベルリンは観光ベストシーズンに突入しています!(とはいえ、ここのところお天気が変わりやすくて一日のうちに晴れと雨と曇りが順番に4回転くらいしておりますが......。)

 お天気の良い日にオススメのベルリン観光のひとつが、シュプレー川クルーズ。いわゆる遊覧船です。街の真ん中を東西に横切って流れるシュプレー川(Spree)には、4月~10月のシーズン中は多くの観光船が行き交っています。

 私も先日、ずっと乗船してみたかった3時間半のクルーズを体験してまいりましたのでその様子をレポートしますね。
P1190384.jpg
この橋↑(オーバーバウム橋 Oberbaumbrücke)の下を船でくぐってみたかったのです!
 
 今回私が乗船したのは、アレクサンダープラッツ駅からSバーンで一駅東側にあるヤノヴィッツ・ブリュッケ駅 (Jannowitzbrücke)を出たところから出発する、シュテルン・ウント・クライス船舶会社(Stern und Kreisschiffahrt)運行の「ブリッジ・ツアー」。
innenstadtkarte_kl.jpg
黄色い丸の場所からスタートして、時計回りに黒い線で描いてあるルートを進んでいきます。途中、40以上もの橋の下をくぐるので「ブリッジ・ツアー」なのです!

 Jannowitzbrücke駅を西側に出て通りを渡ると、すぐに船の乗り場です。この旗が目印。
P1190368.jpg

 ここがチケット売り場(KASSE カッセ)。今回参加したツアーは、C1のブリッジツアー(Tour C 1 · Brückenfahrt)21,50ユーロでした。30分~1時間くらいの間隔で出発していて、事前の予約は必要ありません。(タイムテーブルはこちら☆
P1190373.jpg

 飲食物の持ち込みはNGで、乗船後は、ちゃんとした格好のウェイターさんがドリンクの注文を聞きにきてくれます。確か0,5リットルのビールで4,5ユーロくらいでした。普通のカフェよりやや高め。もちろんコーヒーやジュースもありますし、アイスクリームやソーセージも売ってました。
P1190402.jpg

 私個人的には、この船のルートの一番の見所はこのオーバーバウム橋。どこから見ても美しくてフォトジェニックな橋ですが、このアングルから写真が撮れるのはクルーズならでは!
P1190399.jpg
橋の上をUバーンが走っています。下は歩いて通り抜けることができ、眺めがいいのでオススメのスポット!

 オーバーバウム橋を後にすると、船はシュプレー川からラントヴェーア運河(Landwehrkanal)のほうへ入り、一気に風景が変わります。
P1190411.jpg

 川沿いの公園の緑に囲まれて、犬の散歩をしたり、芝生の上で日向ぼっこをする人が見えてきます。これぞ、ベルリンっ子の日常!という姿を、船の上からビールを飲みつつ眺めるのはなかなか楽しいですよ。

 途中くぐる橋の多くはとっても低いので、決して立ち上がらないように!と厳重注意がされます。ちゃんと橋をくぐる頃になると、誰も立っていないかどうか乗務員さんが見張りにくるのがドイツらしい。しっかりしてますね。
P1190422.jpg

 ベルリン大聖堂が見えてくるのは、すでにクルーズも3時間を過ぎたころ。どんどん景色が変わるので、3時間半あっても退屈しません。一緒に乗船するガイドさんがドイツ語や英語で見所についての説明をしてくれますが、言葉がわからなくても十分楽しめると思います。
P1190474.jpg

 3時間半はちょっと長すぎるけど、2時間くらいなら乗ってみたいな~。という方には、上の地図内緑色のC6のツアーがいいかも。出発が東のトレプトウ(Hafen Treptow)か、西のシュロス橋(Schlossbrücke)のどちらかで便数が少ないですが、ベルリン中心部を東から西までじっくり眺めることができて、片道15ユーロです。(タイムテーブルはこちら☆

 クルーズのよいところは、なんといっても普段は見ることのできない水上からの街の眺めと、自分で歩かなくていいところ!歩き回る観光に疲れたときには、本当にラクでいいですよ。ただ、クルーズ時はお天気が良いとサングラス・帽子が必須ですし、ちょっと曇るととても寒く感じるので風を通さないジャケットやスカーフが必要です。服装には注意してくださいね。

 今回ご紹介した以外にもクルーズを運行している会社はたくさんありますし、街の中心(ベルリン大聖堂横など)から出発する1時間ほどのショートクルーズも豊富です。観光案内所やホテルには必ずパンフレットが用意してあるので、ぜひベルリン滞在中に体験してみてくださいね! 
(text and photo_Akiko Matsunaga)

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

ナンパしないドイツ人

Posted by osanpoberlin on 15.2014 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
 「ドイツ人は、日本人と似ている部分が多い。」とはよく言われることですが、実際にそうだなぁと感じます。そのなかでも、私が似ていると思うのは「ドイツ人男性はめったにナンパをしない。」ということ!

 ベルリンでこのことに気がついたのは、海外旅行経験の豊富な日本人女性に会う度に「ドイツ人って、イタリア人やフランス人と違って全然女性に声をかけてこないので、一人旅がしやすくていいですね!!」というお褒めの(?)言葉をいただくことが多いから。
 P1160404.jpg
写真は本文とは関係ありませんが、こういうビアガーデンでも女性だけのグループだからといって男性グループに声をかけられることは稀。

 確かに、そうなんです!ドイツ人は日本人同様、気軽にナンパをする民族ではありません。赤の他人に気軽に話しかけることは多いですが、それは世間話。男性が女性を誘う目的で(もしくはその逆!?)気軽に声をかけることは、バーやクラブなどのお酒の場を除けば滅多にないんです。

 これは、イタリアやフランスなどに長く住んでいた女性がドイツに来ると、パッタリと男性が声をかけてくれなくなるので「一体ドイツ人男性はどうなってるの!?」と不思議に思うほどなんだそうですよ。

 ドイツ人は、基本的にコンサバ(保守的)で生真面目。その点は、本当に日本人に気質が似ているので、異文化といえども理解しやすいと感じます。それがドイツでの暮らしやすさにも繋がっているのだろうなぁ。
(text and photo_Akiko Matsunaga)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

  

検索フォーム