Loading…

スポンサーサイト

Posted by osanpoberlin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい飲み物を注文するときに、知っておくと便利なドイツ語

Posted by osanpoberlin on 26.2015 Deutsch 役立つドイツ語   0 comments   0 trackback
 『ドイツ人は炭酸大好き!オーガニック認証の炭酸飲料が増えてます』(←クリックすると別画面が開きます) という記事を、マツナガの別ブログに書きながら「あっ!これも書いておかなければ。」と思い出したので久々の「役立つドイツ語」いってみます!

 まず、ドイツのカフェやレストランで、アルコール以外の冷たい飲み物といえば、基本的にはこの3種類です。(そして、冷えてはいますが氷は入れないのが普通。)

*ミネラルウォーター(独語:Mineralwasser ミネラルヴァッサー) 水についてはこの記事も参考にどうぞ☆
*炭酸飲料 (独語:Limonade リモナーデ) コーラやスプライト、その他果汁などが入った炭酸飲料の総称
*フルーツジュース (独語:Saft ザフト) ○○saft =○○のジュース、です。<例:Apfelsaft = リンゴのジュース>

P1000756.jpg
人気のオーガニック炭酸ドリンク、BIONADE。そんなに甘くなくて、すっきりした後味。

 炭酸飲料は、それぞれのドリンク名で表記してあります。コカコーラ(Coca Cola)やビオナーデ(Bionade)など。フルーツジュースは、たいてい「Saft ザフト」というカテゴリがあって、その中にそれぞれの果実名が羅列してあります。リンゴ(Apfel)、オレンジ(Orangen)、サクランボ(Kirsch)などなど。

 で、ここからが本題。今回みなさんに知ってほしいドイツ語は、 Schorle ショーレです。

 ドイツでは必ずドリンクメニューのどこかに、この文字が載っています。Schorle ショーレ=炭酸水割り のことで、メニューに□□schorle と書いてあれば、□□の炭酸水割り ということです。<例:Apfelschorle(アプフェルショーレ) = リンゴジュースの炭酸水割り>

 そして、炭酸大好きのドイツ人のために、フルーツジュースはたいてい △△Saftschorle ザフトショーレ(= △△ジュースの炭酸水割り)としても注文することができるんです。 大体1:1くらいの割合で割ることが多いようですが。どんだけ炭酸が好きなんだドイツ人、って感じですよね。

 でも、おいしいんです!炭酸水で割ったジュースは、100%果汁のままよりもさっぱりとして甘さも薄まるので、夏の暑いときは割ったほうがゴクゴク飲めます。 ドイツでは特に、Apfelschorle (リンゴ果汁の炭酸水割り)が子供から大人まで大人気。これは食事にも合わせやすいです。 (余談ですが、ドイツはリンゴがたくさん取れるので、リンゴジュースはとてもおいしいです。ドイツに来たらオレンジジュースじゃなくてリンゴジュースを選ぶのがオススメ。)
 
 そしてなんと。Schorle ショーレはジュースだけではなく、ワインショーレ(独語:Weinschorle ヴァインショーレ)もあって、ドイツ人は白ワイン・赤ワインも炭酸水で割っちゃいます!! 主に白ワインですが、炭酸水で割ることによってアルコールが薄まり、口当たりが軽くなるのですいすい飲めます。これも特に夏場はよく飲まれているようです。

 というわけで。ドイツでドリンクメニューを見るときは、ドイツ人の大好きなこの単語「Schorle ショーレ」をチェックしてみてくださいねっ。
(text _Akiko Matsunaga)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

スポンサーサイト

ドイツのパン屋さんで役立つドイツ語

Posted by osanpoberlin on 08.2014 Deutsch 役立つドイツ語   3 comments   0 trackback
 久々~の、「役立つドイツ語」です! このカテゴリーでは、ベルリンに来たときに知っておくと絶対便利なドイツ語を紹介していますので、ぜひ過去の記事も読んでみてくださいね。(役立つドイツ語 過去記事はこちら

 ドイツに来たら、「本場のドイツパンを色々食べ比べてみたい~~!」という方は多いです。実際、ドイツのパンは日本で売ってるドイツ(風)パンとは全然違っていて、そのどっしりとした奥深い味わいを楽しむなら、やはり現地で食べてみるのが一番。

 朝食付きのホテルに泊まれば、たいてい数種類以上のドイツパンが並びますのでそこで食べ比べはできるのですが、「せっかくだから、町のパン屋さんで地元の人に混じってドイツパンが買いたい!!」という方は、ここで紹介するドイツ語を覚えておくと便利です。(ドイツのパン屋さんはまだまだ対面販売が主流なので、店員さんに直接注文しないとパンが買えないところが多いのです~。)

 まず、パン屋さんで手前のショーウィンドーに並んでいるのは、小さめで食べきりタイプのパン「 Brötchen ブロートヒェン」や菓子パン類。それぞれの名前がわからなくても、ウィンドー越しに指差しで「Das、bitte ダス、ビッテ!(これ、ください)」でも十分通じます。

 1個、2個......のパンの数え方は、「Stück シュトゥック(個)」なので、「この小さなパンを(1個)ください。」なら「(Ein Stück) das Brötchen, bitte. (アイン シュトゥック) ダス ブロートヒェン、 ビッテ」 と言えばOKです!

 さて。小さなパンは気軽に買えますが、問題は大きなパン。ドイツのパン屋さんでは、店員さんの背後に大きくて重そうなパンが棚にずら~っと並んでいて、「買って食べてみたいけど、あんなに大きなパンは買えないし......!」と思いがち。でも、実は大きなパンは半分だけ、とか種類によっては四分の一だけ、でも買うことができるんですよ。

P1200850.jpg
これはGanzkornbrot ガンツコーンブロート (全粒粉パン)。1個1kgのパンを、半分だけ買ったもの。4~5日は日持ちしますが乾燥しないように気をつけて。

 まず、パン=「Brot ブロート」です。それぞれ「○○パン=○○Brot 」「□□パン=□□Brot 」というように名前がついていているので、自分の欲しいパンを半分(1/2)だけ注文するなら「Ein halbes ○○Brot, bitte. アイン ハルベス ○○ブロート、ビッテ (○○パンを1/2 ください)。」と言えばOK。1/4 でも買えるのは、お店にもよりますが1,5kgくらいある大型の丸いパン。それを1/4 だけ欲しい場合は、「Ein viertel ○○Brot, bitte. アイン フィアテル ○○ブロート、ビッテ (○○パンを1/4 ください)。」です。

 スライサーがあるお店だと、「スライスしますか?」という意味で、「Geschnitten? ゲシュニッテン?」などと聞かれる場合がありますので、スライスしてほしければ「Ja, geschnitten、bitte. ヤー、ゲシュニッテン、ビッテ(はい、スライスしてください)。」等と答えます。(固いドイツパンを、自分で上手く薄くスライスするのは難しいので、1~2日ですぐに食べきるなら切ってもらうとラク。)

 無事にドイツパンが買えたら、あとはハムやチーズ、ジャムなどを買いこんで、お好きな組み合わせでドイツパンの深~い味わいを堪能してくださいね! ちなみに私の定番は、たっぷりバター+ハチミツです!
(text and photo_Akiko Matsunaga)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

ドイツ語で、「おいしい!」って何て言えばいい?

Posted by osanpoberlin on 07.2014 Deutsch 役立つドイツ語   0 comments   0 trackback
 久々に、「役立つドイツ語」いってみます! このカテゴリーでは、ベルリンに来たときに知っておくと絶対便利なドイツ語を紹介していますので、ぜひ過去の記事も読んでみてくださいね。(役立つドイツ語 過去記事はこちら
 
 さて、今日のお題は「おいしい」です。ドイツのレストランやカフェでは、料理を食べているときによくスタッフから「おいしいですか?」と声をかけられます。そのときに、「おいしいです!」と笑顔で伝えればお店の人も喜んでくれるので、ぜひドイツ語で「Lecker! レッカー!」と答えてみてくださいね。

 もっとフォーマルなドイツ語で「Es schmeckt gut! エス シュメックト・グート!」というのもあるのですが、よほど高級なレストランに行くのでなければ、そんな長ったらしい言葉を使う必要はありませんので、簡単な「Lecker レッカー!」を覚えておけばOKです。

 ちなみに、スタッフから食事中に声をかけられるのは「Schmeckt es? シュメックト エス?(おいしいですか?)」という以外にも「Alles in Ordnung ? アレス イン オルドヌング?(何か問題はございませんか?)」など色々なバリエーションがあるのですが、特に指摘するべき問題がなければ「Danke, Lecker! ダンケ、レッカー!(ありがとう、おいしいよ!)」と答えるだけで問題ありません。

P1160222.jpg
これはベルリン名物のアイスバイン。(実際には地元の人はそんなに食べないようですが。)
見た目よりあっさりしてておいしいです。とはいえ一人前を一人で完食するのは至難の業。
 写真はこちらの記事から
 
 余談ですけれど、ドイツの食事は大味でしょっぱいものが多いのは事実ですが「これは食べれない!」というほど日本人の口に合わないものは滅多にありません。大体想像通りの、期待を裏切らないものが出てきますので、ご安心を。肉料理のボリュームは、出てきた瞬間に苦笑いしてしまうほどですが......。(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

ドイツ語の数字 手書き文字は読みにくい!

Posted by osanpoberlin on 10.2013 Deutsch 役立つドイツ語   0 comments   0 trackback
 今日は、「役立つドイツ語」コーナーの番外編(?)として、ドイツ人が手書きで数字を書くときのクセについてお伝えしますね! ドイツの蚤の市やカフェでは、値段が手書きされていることが多いです。そんなとき、「??」とならないように少しだけドイツ人のクセを知っておくと便利なんですよ。

 下の3つの写真には、どれも同じ数字が書いてあるのですが、読めますか?
P1170392.jpgP1170393.jpgP1170389.jpg

 どれも、「10827」と書いてあります。ドイツでは、特に「1」と「7」の書き方が特徴的で「1」は必ず書き出しをグイっと力強く曲げます。(曲げすぎて、左の写真のようにもはやなんだかわからなくなっていることも日常茶飯事。)「7」は、必ず横棒を一本入れます。これは日本では見ないですよね。

 上の例では、真ん中に「8」があるから数字なのだな~とわかりますが、「17」ってだけ書いてあったら多くの日本人は、数字だとすら思わないかもしれませんね! というわけで、覚えておくとちょっと役立つ手書き文字についてでした。(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

実はあまりベルリンで使われていない、「ドイツ語の挨拶」

Posted by osanpoberlin on 31.2013 Deutsch 役立つドイツ語   0 comments   0 trackback
 「ドイツに行くのだから、やはり挨拶くらいはドイツ語でできるようにならなければ!」と、ちゃんとドイツ語の基本会話を勉強してきた人が、けっこう肩透かしを食らうのがベルリンっ子のドイツ語。

 「せっかく覚えてきたのに、誰もドイツ語で『Guten Tag グーテンターク(こんにちは)』とか『 Auf Wiedersehen アゥフ ヴィーダーゼーン(さようなら)』って言ってくれない!」という日本人旅行者からの不満(というか疑問?)をよく耳にします。

 じゃあ、一体ベルリンっ子は「こんにちは」や「さようなら」の挨拶として何と言うのかというと...

「Hallo ハロー 」(こんにちは )
*お店では、「いらっしゃいませ」の意味でも使われます。その際、お客である自分も必ず相手の目を見て「ハロー」と返します!

「Tschüs チュース」(さようなら)

この2つだけ! 旅行者にとっては覚えやすくてありがたい限りですし、この挨拶は時間帯に関係なく、朝も昼も夜も使えるのでとっても便利! 

 もちろん「グーテンターク」や「アゥフヴィーダーゼーン」も日常的に使われているのですが、どちらかというと年配の人や、きちんとしたお店(一流デパートやレストラン)のスタッフが使うことが多く、40代くらいまでの年代のドイツ人は、日常生活においては「ハロー」と「チュース!」を使うことが多いです。

 あと、よく「この単語、難しくて覚えられない...!」と耳にするのが「Entschuldigung エントシュルディグング (すみません・ごめんなさい)」という言葉。でも、ご心配なく。ベルリンっ子の多くは、ひとこと

「Sorry! ソゥリー!」(すみません・ごめんなさい)で済ませます!

 もちろんこれは英語ですが、すでにベルリンでは「日常ドイツ語」になっていると感じます。なので、ちょっと人とぶつかったりしたときに咄嗟に「あれ?ドイツ語でごめんなさいは何て言うんだったっけ...!?」と考えこむよりは、さらりと「Sorry!」と謝っておけばOKなのですよ。

 ドイツは、日本と同じく町や地方によって方言があり、使われている言葉もだいぶ違います。なので、ここで書いたことはあくまでベルリンに限ってのことなのでご注意くださいね!(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。