Loading…

スポンサーサイト

Posted by osanpoberlin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日独2カ国語で学べる絵画教室をオープン {高津戸優子さん}

Posted by osanpoberlin on 18.2014 Interviews インタビュー   0 comments   0 trackback
 ベルリンには、アーティストとして活動している日本人が大勢います。
 高津戸優子(たかつど・ゆうこ)さんも、その一人。現在、大学で絵画とインスタレーションを学んでいます。
 高津戸さんがほかのアーティストとちょっと違うのは、ベルリンで絵画教室を開いたこと。数日間だけの短期コースや、ドイツの美大受験対策コースがあるそうです。

IMG_8577.jpg
高津戸優子さん(右)と、公私ともにパートナーのヨハネス・ゼーフリートさん

 私はこれまで、日本語で学べる絵画教室を知りませんでしたし、旅行者でもタイミングが合えば参加できるということで、「おさんぽベルリン」で紹介したら面白そう! と思い、インタビューをしてきました。

**********

 高津戸さんは、東京芸術大学在学中に東京のギャラリーでドイツ人アーティストと出会ったのがきっかけで、大学卒業後にミュンヘン芸術アカデミー(Akademie der Bildenden Künste München)を受験し、合格。最初の3年間はミュンヘンに住んでいましたが、そことは異なるエネルギーを感じたベルリンに2013年9月に引っ越してきました。
 卒業を間近に控えた現在は、ベルリンを拠点に制作をしながらミュンヘンの大学に通っています。

IMG_8566.jpg
自然光が降り注ぐ、明るい絵画教室のアトリエ

 高津戸さんが今年から絵画教室 ”Atelier HY+” を始めたのは、自分がミュンヘン芸術アカデミーを受験したときの経験から。
「ドイツでの美大受験は、日本とはまったく違います。私も勝手がわからずに苦労したので、他の人のお手伝いをしたいと思いました」
 ドイツは外国。受験準備だけでも大変なのに、言葉や住まい、アトリエ探しなどやるべき課題が山積する中で、モチベーションを維持するのは大変だと話します。そんな状況でも、絵画教室に通うことで制作に集中できるかもしれません。他の生徒さんと知り合うのも、いい刺激になりそうです。

 オープンしたばかりの絵画教室は、生徒さんの目的に合わせて4つのクラスがあります。
 1つめは、ドイツの美大受験を準備するための「マッペクラス」。「マッペ」とは、自分の作品をまとめた作品集のこと。ドイツでは美大受験の際に、自分のマッペを教授陣に見せて簡単なプレゼンを行わなくてはなりません。ですからマッペ制作は非常に重要です。このクラスでは、絵画教室の広いアトリエで作品に取り組みながら、マッペ制作と受験のアドバイスを受けられるそうです。

 2つめは、5月開講の「初心者クラス」。鉛筆・木炭デッサンを経て、アクリル絵の具で描けるようになるクラスです。

 3つめは「フリークラス」。「絵画とデッサン」「絵画材料・技法」の2つのコースがあります。チケット制なので、指定時間枠の中で自由に通えます。カリキュラムに沿って描いてもいいし、好きに描くのもOKで、75歳の女性も通っているそうですよ。

 4つめは5月開講予定の「子供クラス」。授業は毎週水曜日で、6〜13歳が対象です。

 そのほか、旅行者でも参加可能な短期集中コースもあります。
 今月行われるのはイースタークラス。また、夏には夏期集中クラスも3回開かれます。初心者でも5日間で1枚の油絵を描ける内容で、期間は7月21日〜25日、7月28日〜8月1日、8月4日〜8日の3回。
 油絵は初心者にとってハードルが高いし、そもそもどうやって描いたらいいかもわかりませんが、5日間で一つの作品ができあがると聞くと、ちょっと興味が湧いてきます。
 「ベルリン旅行で油絵を習ってきたの!」なんて特別な経験も、このクラスならできそうですよね。
 いずれのクラスも、日本語とドイツ語の2カ国語での授業なので、ドイツ語がわからなかったり、不安がある人には助かります。ドイツ人と知り合うきっかけも作れそうですね。絵画という共通テーマがあるなら、会話もはずみそう。

IMG_8572.jpg
このアトリエで高津戸さんとヨハネスさんも制作しています

IMG_8562.jpg
壁に飾ってある作品は、ヨハネスさんが高津戸さんを描いたもの

 絵画教室をオープンするにあたり、高津戸さんの心強い味方となったのが、パートナーのヨハネス・ゼーフリートさんの存在。
 ミュンヘン芸術アカデミーで共に学び、一足先に卒業したヨハネスさんは、アーティストであり、高津戸さんのよき理解者でもあります。絵画教室オープンは、ヨハネスさんなしではできなかったそうです。もちろんヨハネスさんも、高津戸さんと共に絵画教室で教えています。

 高津戸さんとヨハネスさんの2人は、昨年9月にベルリンに引っ越して以来アトリエ探しに苦労したそうですが、3カ月間探し続けてようやく広々と明るいこのアトリエを見つけました。ご近所さんからは「絵画教室が入居してくれてよかった」と言われたとか。
 木〜土曜の授業時間内なら、フラッと立ち寄って見学してもOKだそうです。1時間の無料デッサン体験入学もありますよ。

 もちろんアーティストとしても、このアトリエで活動している2人。自らの制作と教室とを、きちんと線引きしながら活動していきたいそうです。
 この絵画教室が、アートが好きな日本人・ドイツ人の出会いの場になったらいいな、と思いました。
(text and photo_Yuki Kubota)

Atelier HY+(アテリエ・ハー・イプイロン・プルス)
Kaiserin-Augusta Allee 49, 10589 Berlin(シャルロッテンブルク地区)
Tel. 030 21791079
http://www.atelier-hyplus.de/


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

スポンサーサイト

「めぐり合わせ」で日本語教師に {富田睦子さん}

Posted by osanpoberlin on 12.2014 Interviews インタビュー   2 comments   0 trackback
IMG_7396.jpg
旧仮名遣いを教える富田さん

ベルリン市内の2つのギムナジウム(大学進学を目指す生徒が通う学校)で、日本語を教えている富田さん。ベルリンに来てから日本語教師になるまでの道のりや、仕事についてうかがいました。
******

デヴィッド・ボウイに憧れてベルリンへ
 富田さんが初めてベルリンにやって来たのは、1985年。それまでは、大学でドイツ文学を勉強し、卒業後は東京のカフェでバイトをしながら、ゲーテ・インスティテュートでドイツ語を勉強していました。

「デヴィッド・ボウイのファンで。アルバム『ヒーローズ』が好きで、ベルリンに住みたかったんです」

 当時のベルリンは、『ヒーローズ』や、映画『クリスチーネ・F』の世界そのままだったとか。世紀末の、退廃的な空気が流れていたそうです。
 富田さんが住んでいたのは、ベルリンの壁が開く前のクロイツベルク地区。バーやカフェが並ぶこのエリアへ毎晩のように出かけては、時代の空気を味わっていたのでした。
「もう毎日ベルリンに浸かっていて。このまま人生が終わってもいいと思いましたよ(笑)」

IMG_7437.jpg
「80年代のベルリンの雰囲気が好きでした」と、富田さん

日本人補習校の教師から、資格がないままギムナジウムへ
 ベルリン自由大学に入学した富田さんは、その1年後、ベルリンにある日本人補習校の募集を知ります。
 補習校とは、現地在住の日本人の子どもたちに、義務教育のほかに授業をするところ。ドイツにいながら日本語を勉強したい、日本の教育を受けたいという子どもたちが通う学校です。

 その補習校で、富田さんは週に1回、日本語と算数の授業を受け持つことになりました。教員資格を持っていなかった富田さんですが、当時は資格は不要でした。

 そして、補習校教師として働いていた1992年、日本語をギムナジウムの第3外国語にするプロジェクトが発足しました。
 しかし、そのためには日本語を教えられる教師が足りません。そこで、富田さんがギムナジウムで教えることになりました。
 その時点で、富田さんには教員資格はまだありませんでした。そのため、最初の2年間は授業をしながら、セミナーに通い、教員資格を取得したそうです。

 これはとても珍しいケース。92〜97年に存在していた日本語プロジェクトと、ベルリンでの富田さんの経歴が、うまくシンクロしたといえそうです。
 たぶんそれだけ、ベルリンとの縁が深かったのでしょう。海外在住が長い人には、そういう「めぐり合わせ」があると感じます。

IMG_74191.jpg
今日の授業は百人一首。札について説明します


IMG_7413.jpg
初めての百人一首。ちゃんと形になっています


有志生徒による日本体験旅行も企画
 ベルリンの公立学校の教師は、ベルリン市で採用されています。富田さんも同じです。
 教師の授業時間数は、契約によって多少異なりますが、フルタイムでは1週間に26時間の授業を行わなくてはなりません。

 しかし、日本語は第3外国語で授業数が少なく、日本語授業のあるギムナジウムはベルリン市内で4校だけ。1つのギムナジウムで教えているだけでは、週26時間に達しません。
 ですから、日本語授業を行っているギムナジウム同士で調整し、一人の日本語教師が週26時間授業できるように(またはその数に近づけるように)しているそうです。富田さんが2つのギムナジウムをかけ持ちしているのは、そのためです。

 ところでドイツでは、日本のように教師がクラブ活動の顧問をすることはありません。ギムナジウムでは、日本のクラブ活動に当たるものはありません。
そうした活動は、各人が地域のサッカークラブや各種同好会に入って行います。
 だから、教師は授業に集中します。これは、授業以外の仕事にも多くの時間を割く日本とは、大きく異なる点です。

 しかし富田さんは、休暇時期を利用して、有志の生徒たちと日本の学校を体験する旅行も行っています。
 これは課外授業ではなく、「日本のことを知ってほしい」という富田さんや、そのほかの日本人教師の願いから生まれたもの。昨年もドイツ人生徒たちと共に、日本を回ってきたそうです。

 ドイツから見たら、日本は遠い極東の国です。でも、言葉を学び、異なる文化や価値観に触れることで、その距離はぐっと縮まるでしょう。
 日本でベルリンを夢見ていた富田さんは、いまベルリンの学校で、日本とドイツのかけ橋となっています。富田さんがベルリンへ来たように、今度は生徒たちが日本へ飛び立っていくかもしれません。
(text and photo_Yuki Kubota)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)





お店を持つ夢、ベルリンで叶えました{三木理恵子さん}

Posted by osanpoberlin on 13.2013 Interviews インタビュー   11 comments   0 trackback
IMG_2946.jpg
お店の旗ができました!

 先日「おさんぽベルリン」でご紹介した「リエ・パティスリー」。大勢の方から反響があり、Facebookなどで記事がシェアされました。
 今回は、そのオーナー・三木理恵子さんのインタビューです。


***

阪神・淡路大震災が変えた人生

 リエ(理恵子さんは、みんなからリエちゃんと呼ばれているので、そう書くことにします)さんがドイツにやって来たのは、1995年。きっかけは、その年に起きた阪神・淡路大震災でした。

 リエさんがドイツとお菓子の仕事に興味を持ったのは、大学の卒業旅行のとき。寒い冬の一人旅で食べたお菓子のおいしさに、「じーんとして……。救われた気がしたんです」。
 次第に、自分もそんなお店を開きたいという夢を持ち始めたリエさんですが、卒業後は神戸でOLとして働いていました。

 そんなリエさんの人生を大きく変えたのが、阪神・淡路大震災です。震災で職を失ったリエさんは、ベルリンの日本食レストランの求人広告を見つけます。それまでお菓子の仕事に反対していたお母さまも、「好きなことをしたらいい」と言ってくれるように。こうして、リエさんのベルリンでの日々が始まりました。

コンディトライ(菓子店)で修業の日々

 ベルリンでのスタートは、日本食レストラン。でもリエさんの目標は菓子職人で、いつかお店を持つことです。なんだか果てしない道のりに思えますね。そんな状況でも、リエさんは一歩ずつ進んでいったのです。

 レストランで働く合間に、修業先のコンディトライを見つけたリエさん。やっと夢への一歩が始まったかと思ったら、今度は滞在許可がなかなか下りません。滞在許可の取得は、担当官によってもそれぞれ言うことが違ったりします。リエさんの場合は、弁護士を通じて1年がかりでようやく許可が下りたのでした。

 ドイツでは菓子職人(ゲゼレ)の資格を取るために、お店での実務と学校での勉強の両方が必要です。語学学校にも通いましたが、ドイツ語を勉強してもすぐに学校の授業を理解できるようになるわけではありません。授業はわからず、お店での修業も厳しくて……「でも日本でお別れパーティを開いてもらったので、今さら帰れなかったんですよ」。

 そんな気持ちで3年間頑張り通して試験に合格し、ゲゼレとして別のコンディトライで働くようになりました。
 そこはフレンチ風のお菓子やパンのお店でした。「リエ・パティスリー」のお菓子はフレンチ風なのですが、それはこのお店で働いた経験があるからです。ここではお菓子作りのほかに、後輩の指導も行ったそうです。

マイスター、そして自分のお店オープンへ

IMG_2941.jpg
Schwarzwälder Kirsch。キルシュ(チェリー)をローテベーテ(ビーツ)で煮ています

 お店で働いているときも、リエさんは将来に向けて歩み続けていました。
 まずはマイスター資格の取得。マイスターになるためにも、やはり学校で勉強しなくてはなりません。昼間は学校で勉強、夕方帰宅して就寝、夜からお店で夜勤というハードな日々を2年間続け、2010年に見事にマイスターとなったのでした。
 
 合格後はさらにマイスターのための研修コースに通ったり、ホテルでパティシエとして働くなど、経験を広げていきました。
「お店を持つのは50過ぎてからでは遅すぎる。40代のうちに開かなくては」と考えていたリエさんは、物件を探し始めました。
 お店のオーナーはリエさん一人。ドイツ人の共同経営者も、パートナーもいません。そんな中での物件探しは難航しました。もちろん偏見があるドイツ人ばかりではありませんが、それでもアジア人女性が異国の地で一人で事業を始めるのは簡単ではないのです。

 物件を探した末にようやく見つかったのが、今の場所。契約を結ぶと、すぐに内装工事に取りかかりました。限られた資金を有効に使うために、壁のペイントや家具の取り付けなど、友人の助けを借りながらできる限り自分で行ったそうです。
 それでも、「10年かけて貯めた資金が、2ヵ月で消えちゃった」と、リエさんは笑います。

「私の家に遊びに来る気持ちで来てほしい」というのが、「リエ・パティスリー」のコンセプト。その通り、きれいなブルーの心地いいお店ができ上がりました。

 リエさんが約20年間持ち続けてきた夢は、ようやくいま現実となりました。
 でも、これはむしろスタート。これから大勢の人が「リエ・パティスリー」を訪れて、お菓子に「じーん」としたときに、リエさんの夢は本当に叶うのかもしれません。(Y)


*2014年5月25日追記*
皆さまから大きな反響をいただいていたRie PatisseRieですが、このたびいったん閉店し、新たな場所での再スタートをすることになりました。詳細は未定ですが、決まりましたらこの『おさんぽベルリン』でもお知らせしていく予定です。Rie PatisseRieのブログ(http://riepatisserie.blog.fc2.com/)は続行するそうですので、そちらも併せてご覧ください。リエさんから『おさんぽベルリン』読者の皆さまへ、「ご支援ありがとうございました」とのメッセージをいただきました。

***

Rie PâtisseRie リエ・パティスリー
住所 Heinrich-Roller Straße 10, 10405 Berlin
Tel. 030-22 0 22 404
営業時間 月〜金12:30〜19:00 土14:00〜20:00
(営業時間は変更になる場合もあるので、事前に確認していただくと確実です)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
 
  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。