Loading…

社会主義大通りに臨むダンスバー {PlaceOne Berlin}

Posted by osanpoberlin on 17.2017 Gebäude/Einrichtung たてもの・インテリア   0 comments   0 trackback
IMG_5023.jpg
街並みそのものが社会主義を物語っています


 建築ファンのみなさーーーん、同じく古い建物好きのライター久保田由希です。
 毎年9月には、建築ファンには見逃せないイベントがあるんですよ。

 それは「文化財公開デー」。文化財指定されている建築や公園・墓地などが一般公開される日で、毎年9月第2週の土日(都市によっては1日だけの場合も)がその日です。ベルリンだけでなく、ドイツ全国で一斉に行われます。

 私はベルリンに住んで、自分が古い建物好きだということに気づいたんですよ。東京にいた頃も薄々そんな気はしていましたが、なんせほら、日本は古い建築自体が少ないでしょ。だからはっきり自覚してなかったんですね。

 それがベルリンに来てみたら、あっちもこっちも、かる〜く築100年を超えるものばかり。市内に並ぶアパートも、ごっついレンガ建築も余裕で100年超えで、もちろん現役です。さらに20世紀前半にできたベルリン郊外に建つ集合住宅もユネスコ世界遺産に登録されていたりして、街を歩くだけで「おぉ〜」と小躍りする連続でした。

 そんな建築の一部は文化財保護に指定されており、そうした場所を無料で見られるのが9月第2週末の「文化財公開デー」なんです。

 この公開デーには毎年モットーがあり、2017年は「Macht und Pracht(権力と華麗)」でした。公開されるのは、このモットーに合ったところや、毎年この催しに参加している場所などいろいろです。
 公開デーでは、決まった時間帯に自由に入れる場合と、事前に見学ツアーに申し込んで参加する場合の2つがあります。事前予約必須のツアーはメールで申し込んだりするので(英語もOKかも?)、旅行者にはハードルが高いと思いますが、当日自由に行けるところも結構あるんです。

 今回取り上げるPlaceOne Berlin(プレイスワン・ベルリン)は、今年の公開デーで自由に行けた場所。しかも通常はダンスバーとして営業しているので、公開デーだけでなく普段も行けるんです。だからこの記事を読んで「行きたい!」と思われた方も、行けますよ。ね、いいでしょ? じゃ、紹介します。

PlaceOne Berlin(プレイスワン・ベルリン)

 ここは何がすごいって、窓からの眺めです。13階から眺める360°の大パノラマは、グッと来ますよ。

 まずは地下鉄U5線のStrausberger Platz(シュトラウスベルガー・プラッツ)駅で降りましょう。ホームから地上に出ると、目に入るのがこれ。実際に見ると迫力あるんです。

IMG_2174.jpg
とにかく何もかも規模が大きいんです


 ここは駅名にもなっているシュトラウスベルガー広場。円形の噴水を囲んでラウンドアバウトの交差点で、車やバイクが飛ばしています。この周りに高いタワーが4つありますが、目指すのはここの最上階。

IMG_2163.jpg
向かって右側の建物です

IMG_5085.jpg
最上階目指して行きましょう


 麓(タワーなので地上にいると麓という感じ)に着きました。公開デーだったので、その旨の張り紙もありました。

IMG_5067.jpg
バーの看板が出ているのでわかりやすいです


 入り口を入ると、あれ……ダンスバーがある建物とは思えない殺風景ぶり。じつは下のフロアは一般住宅なんです。右のエレベーターから上がります。左は13階まで行かないので注意(←張り紙にそう書いてあったのにもかかわらず、間違えて乗った私)

IMG_5055.jpg
およそダンスバーがあるとは思えないエントランスホール


 入り口の風情から、若干不安になりつつも13階へ。するとそこは! 別世界じゃないですか! 片側はテレビ塔、反対側はいま来た広場が眼下に見えます。バーカウンターで飲み物を注文して、優雅な気分で眺めます。

IMG_4977.jpg
ダンスフロアだから広々しているんですね

IMG_4930.jpg
西側を見ればテレビ塔

IMG_4960.jpg
東側は今来たシュトラウスベルガー広場

IMG_4953.jpg
バーでドリンクを頼みました


 ここの景観、すごいと思いませんか。一直線に走る幅広い道路の左右に、威圧に満ち満ちた建物。初めてこの通りを歩いたときは、それまで見たこともない街並みに圧倒されたことを覚えています。

 東西に伸びる広い通りは、現在はKarl-Marx-Allee(カール・マルクス・アレー=カール・マルクス大通り)といいます。以前はStalinallee(スターリンアレー)という名でした。カール・マルクスにスターリンと来れば、そう、社会主義ですよね。この地区は以前は旧東ベルリンで、旧東ベルリンは旧東ドイツの首都でした。

 第二次世界大戦が終わったとき、このあたりは瓦礫の山でした。1949年に東ドイツが建国され、そこからこの通りが首都の目抜き通りとして、整備されていったのです。

 ダンスバーPlaceOne Berlinが入っている建物はHaus Berlin(ハウス・ベルリン)という名で、建築家のHermann Henselmann(ヘルマン・ヘンゼルマン)らが設計し、1951年から53年にかけて建てられました。お向かいにもシンメトリーなタワーマンション(明らかに当時のタワマンですよね)が立っていますが、こちらも同じ建築家によるもので、Haus des Kindes(ハウス・デス・キンデス)といいます。

 カール・マルクス大通りに沿って、似たような華美で威圧的な建物が並んでいますが、これらの建物は戦後から60年代前半にかけて次々と建てられたものです。

 なんでこんなに力を誇示するような建物かというと、この大通りは国がパレードをするときに通ったのですね。その様子は内外に発信されます。両側の建物は、国の威厳を見せつけるための、いわば舞台の書割的役割もあったのでした。
 シュトラウスベルガー広場を含めたこの大通り一帯は、東ドイツの歴史を語るものとして、文化財に指定されています。→文化財登録リストはここをクリック

 このハウス・ベルリンの建物には以前からダンスバーが入っていたそうで、当時はエーリヒ・ホーネッカー(東ドイツ時代の書記長=国のトップ)のゲストなども遊んでいたらしいです。

 社会主義の香りが濃厚に漂う、カール・マルクス大通り。バーで平日夜にダンスと夜景を楽しんでもいいですし、日曜は15時からオープンしていて、ケーキもあります。
 東ドイツ当時、ここから同じ景色を眺めていた人たちは、何を思っていたのでしょうね。
 (text and photo_Yuki Kubota)


PlaceOne Berlin プレイスワン・ベルリン
住所 Strausberger Platz 1, 10243 Berlin(フリードリヒスハイン地区)
URL http://www.placeone.eu/
営業時間 月-土 19:00- 日15:00-
定休日 無休


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪



旅立ちの場所がカルチャー施設に {Krematorium in Wedding}

Posted by osanpoberlin on 30.2016 Gebäude/Einrichtung たてもの・インテリア   0 comments   0 trackback
IMG_9765.jpg
この美しい建物が、じつは……


 数年前に伯母がこの世から去ったとき、たまたま私(久保田由希)は日本にいて、あの世への(あの世というものが存在するのかはわかりませんが)旅立ちを見送ることができました。

 なぜだかそのときは昔ながらの古い焼き場しか取れなくて、建物は小さな平屋建て。私たちはその隣にある、昔の団地にあった集会所のような小屋で、パイプ椅子に腰かけて待っていました。
 空の青い、穏やかな春の日でした。

 なぜ唐突にこんな話をしたかというと、この建物もまた、かつて同じ役割を持っていたからです。

 そう、ここは元焼き場。
 初めてここを通りかかったとき「ここはKrematorium」といわれ、クレマトーリウムという言葉がわからなかった私はあとで辞書を引き、あぁ、と驚いたものです。

 だって、童話に出てくるような建物ではないですか。こぢんまりとかわいく、左右対称による整然とした美しさを放つ建物。まさかそれが焼き場だなんて。


IMG_9762.jpg
通りに面したこの門を抜けて行きます

IMG_9803.jpg
門をよく見れば、焼き場という想像がつきますね

 もしかして、こうした造りの建物が焼き場に共通する建築様式かと思いましたが、そうではないようです。
 このお隣には墓地があります。「墓地の隣に煙突の付いた建物があれば、それは焼き場」だそうです。なるほど、いわれてみればそうですね。

 この前、何年かぶりにここを訪れました。よく晴れた、暖かい春の日で、伯母のことが思い出されました。

IMG_9770.jpg
均整の取れた美しさと同時に、こぢんまりとした愛らしさもあります


 この建物は1912年に完成してから2001年まで、焼き場としての役割を果たしてきました。2015年秋からはカルチャー施設"silent green“になり、イベントなどに使われています。
 この愛らしい、美しい建物がそのような形でよみがえったのは、幸いだと思います。

 ベルリンには1900年前後にできた建物がたくさんあります。住宅は改装を重ねながらいまも現役ですが、焼き場や工場などの建物は、時代の流れと共に、新たな使命を持って生まれ変わっています。

 そうした背景をちょっとだけでも知ると、100年前のことが急に身近に感じられます。100年前にできた建物が、いまも同じ姿で目の前にある。でもその役割は変わっている。
 人は100年生きられないかもしれないけれど、100年という時間をひとつの建物を通して感じることはできます。

 100年なんて、ほんのちょっと前のこと。
 ベルリンに住み始めてからは、そんな感覚になりました。

 じつはこの建物内には、カフェ&レストランmoosもオープンしたんです。それについては、また次回にでも。
(text and photo_Yuki Kubota)

ehem. Krematorium in Wedding 元クレマトーリウム・イン・ヴェディング(現サイレント・グリーン)
Gerichts. 35, 13347 Berlin(ヴェディング地区)
URL(サイレント・グリーン) http://www.silent-green.net/


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

チッパーフィールドの手でよみがえるビール工場 {Bötzow Berlin}

Posted by osanpoberlin on 21.2015 Gebäude/Einrichtung たてもの・インテリア   0 comments   0 trackback
20150602_161456.jpg
なにやら怪しげな入り口ですが……


 今回は工場建築ネタです。こういうの、みなさんからのリアクションが薄いのは承知の上なんですけど、私が好きなもんですからお許しください。
 工場建築といっても、日本にあるようなものではなく、多くは19世紀後半に建てられた、レンガ造りのゴツッとした建物です。あのゴツさがたまらないんですよ。

IMG_3806.jpg
今年2月に撮影したものです。いまはこの横に、所有者となったOtto Bockの建物が建っています

IMG_3795.jpg
このゴツさがたまらないんですよねぇ


 以前日本からいらしたお客さまをご案内したときに「ベルリンって、建物の使い回しが多いですよね」と言われたんです。
 まさにその通りなんですよね〜。元工場で、現在はホテルや複合施設になっているケースがよくあります(私の本『歩いてまわる小さなベルリン』にもいくつかご紹介しているので、見てみてください)

 今日ご紹介するのは、元ビール工場のBötzow Berlin(ベッツォー・ベルリン)です。
 一見廃墟のようなこの建物は、1885年にベッツォーブルワリーとして誕生し、第二次世界大戦で一部が破壊されながらも、1949年まで創業を続けたそうです。その後、ショッピングセンターに生まれ変わる計画が持ち上がったそうですが、2010年にOtto Bockという会社のオーナーがここの所有者となりました。

 この所有者は、イギリス出身の著名建築家であるデイヴィッド・チッパーフィールドを迎えて、ここの再生計画を建てたんですが、その全貌が敷地内にある廃墟(だった)スペースで展示されはじめたんですよ。
 このページのいちばん上の写真が、その入り口です。ちょっと入るのがためらわれるような廃墟ぶりかもしれませんが、一歩入ると超充実した展示が見られます。入場無料です。

 展示によると、この建物が持つバックグラウンドを生かして、再びここにブルワリーがよみがえるそうなんです! そしてビアガーデンも。さらには、誰もが利用できるプールもできるらしいです。
 Bötzow Berlinでは、既にいくつかのレストランやバーが入っています。私にとってはちょっと勇気がいるお値段ですが、いつかは行ってみたいですね。

 ベルリンで見られるチッパーフィールドの作品といえば、博物館島にあるNeues Museumがあります。そこでも元の建築を生かしながらもモダンに生まれ変わっているので、この場所がどんなふうになるのかとっても楽しみです。

 ベルリンはあちこちで再開発が盛んですが、単にショッピングセンターができたり、きれいなアパート(マンションといったほうがイメージに近いでしょうかね)が建てられたりすることも多いです。
 でもBötzow Berlinのように、その土地の背景を生かした再開発をしてくれるとうれしくなります。しかもビアガーデンなど、誰もが利用できる場所となるのが素晴らしいですね。

 いつかここで、おいしいビールが飲めるといいなぁ。
(text and photo_Yuki Kubota)

Bötzow Berlin ベッツォー・ベルリン
Prenzlauer Allee 242, 10405 Berlin(プレンツラウアー・ベルク地区)
URL http://www.boetzowberlin.de/
営業時間 月-金 9:00-19:00 土12:00-18:00(展示会場)
定休日 日
入場無料



↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』


よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

建物が語る、華やかな一等地の過去{旧ユダヤ人女学校}

Posted by osanpoberlin on 27.2014 Gebäude/Einrichtung たてもの・インテリア   0 comments   0 trackback
IMG_1257.jpg
重厚な外観を裏切る、鮮やかなモザイクの壁面


 こんにちは。おさんぽベルリン・ライター久保田です。
 先月出版された拙著『歩いてまわる小さなベルリン』(大和書房)。うれしいことに「買いましたよ」というお声をちらほらといただいています。ありがとうございます。

 紙幅の関係で、本では紹介しきれなかった内容もたくさんあります。
 そこで「歩いてまわる小さなベルリン・コラボ企画」と勝手に名付けて、本と連動するような内容をときどき書いていきたいと思っています。

 コラボ第1弾は、本書p.25掲載のレストランPauly Saalと、Michael Fuchs Galerieが入っている、旧ユダヤ人女学校について。この建物自体について、本では詳しく書けなかったので、ここで紹介したいと思います。

 ベルリンには築100年前後の建築が、手入れをされながら今でも使い続けられています。ですから、建物自体が物語を持っているのです。
 旧ユダヤ人女学校も、そうした一つ。ミッテ地区・アウグスト通りの一角にたたずむ1930年にできたレンガ造りの重厚な建物は、当初ユダヤ人女学校として建てられました。

 しかし1933年にヒトラーが政権を取ると、ユダヤ人を取り巻く環境は変わります。1938年には、ミッテ地区に住んでいるユダヤ人たちは強制的にポーランド国境へと追いやられました。このアウグスト通りのユダヤ人女学校も、1942年に閉鎖されました。

 その後この建物は、第二次世界大戦終了までは軍の病院、東ドイツ時代には学校というように、時代に合わせて役割を変えてきました。
 クローズ期間を挟んだ後に、『歩いてまわる小さなベルリン』でご紹介しているMichael Fuchs Galerieのオーナーが、今の形によみがえらせたのです。

 建物の入り口は、中に店舗が入っているとは思えない、何気なさ。重い扉を押して中へ入ると、モザイク模様のきれいな壁に目を奪われます。当時は、こうした手の込んだ装飾が、まだ行われていたのですね。

IMG_1286.jpg
手が込んでいます。かわいらしい色合いが、いかにも女学校


 そのまま右手へ進むと、廊下の突き当たりに、この建物の歴史を解説したパネルが展示されています。そこには、この建物内の教室で勉強をしているユダヤ人の女の子たちの姿もあります。

 現在この辺りは、おしゃれなレストランやギャラリーが並び、東京で言えば青山のような雰囲気を漂わせている一角。しかし19世紀後半頃は、ロシアやポーランドの迫害を逃れてやって来た、貧しいユダヤ人が定住した界隈でした。

IMG_1258.jpg
レストランPauly Saalのエントランス


 開放的で小ぎれいなベルリンは、その一方で重い歴史を抱えています。きれいなお店を覗くだけでは、見えないこともたくさんあります。
「おさんぽベルリン」ブログでは、そんな一面も折に触れ書いていきたいと思います。
(text and photo_Yuki Kubota)

Ehemalige Jüdische Mädchenschule 旧ユダヤ人女学校
Auguststraße 11, 10117 Berlin
URL http://www.maedchenschule.org/


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

100年前の暮らしとインテリアのミュージアム {Bauen und Wohnen in Prenzlauer Berg um 1900}

Posted by osanpoberlin on 10.2014 Gebäude/Einrichtung たてもの・インテリア   2 comments   0 trackback
IMG_4581.jpg
こういう食器棚は、いまでも使われています

 ベルリン市内の住まいはほとんど集合住宅で、1900年前後にできた建物が多いです。その頃ベルリンの人口が急激に増えて、住まいがたくさん必要になったんですね。だから建築ラッシュが起きたんです。

 1900年前後にできた建物を、アルトバウと呼んでいます。わが家もアルトバウなんですが、築100年以上経っていても内装や設備はメンテをしているので、住むには問題ありません。
 部屋には当時流行していたユーゲントシュティール様式(ドイツのアールヌーヴォー)の装飾が施されていたりして、ちょっと優雅な気分になれるのは、アルトバウのよさだと思います。

 そういうアパートに住んでみたら、100年前のことがすごく身近に感じられるようになったんです。
 例えばわが家のリビングの片隅に、一部分だけ材質の異なる床があります。「なんで?」と思っていたら、以前石炭ストーブがあった場所だったんですね。今はセントラルヒーティングが入っているので、石炭ストーブ用の場所は不要になり、その部分の床だけ違う材質になったというわけです。

 そんなことを繰り返すうちに、アルトバウができた1900年頃の暮らしとインテリアに興味が芽生えはじめました。

 そして見つけたのが、Bauen und Wohnen in Prenzlauer Berg um 1900(バウエン・ウント・ヴォーネン・イン・プレンツラウアー・ベルク・ウム・ノインツェーンフンデルト)です(名前が長い……)。

 ここは、プレンツラウアー・ベルク地区の集合住宅に入っているミュージアム。この建物は1900年頃に建てられたもので、ミュージアムでは当時の暮らしを見られます。

IMG_4588.jpg
旗と看板が目印です


 道路に面した玄関横のベルを押すと、「ブー」というブザーが鳴るので、その間にドアを開けて建物の中に入ります。
 右手横の階段を上って、ドイツ式1階(日本の2階)がミュージアム。リビング、寝室、キッチンがあるのは今と一緒。でもバスルームは部屋にはありませんでした。そして、洗濯をする部屋が屋根裏にあったそうです。

 当時は石炭ストーブでしたから、部屋も寒かったみたいです。広いリビングは寒いので、普段は暖かいキッチンで過ごしていた、という写真入り説明パネルもあり、当時の様子が伝わって来ます。

IMG_4564.jpg
当時リビングは来客時だけ使われていたとか。右端の白いタイルがストーブです


 暮らしに関する展示以外のこのミュージアムの見どころは、(私にとっては)なんといってもインテリア!

 当時、部屋には柄入りの壁紙を張るのが普通で、どの部屋にもきれいな壁紙があるんですよ。植物をモチーフにした柄で、レトロだけど、いまでも普通に使えそうなデザインです。

 もし現代でこういう壁紙を取り入れるのなら、シンプルな家具と合わせると生きてきそう。一面だけ張るのもいいですね。
 逆に、家具がアンティークなら、壁紙をはがしてむき出しにするといいかも(……はっ、インテリアの本を書くようなノリになってきた)。

IMG_4562.jpg
ロマンティックな寝室。壁紙が素敵

IMG_4583.jpg
キッチンのオーブン。真ん中の花型のフタは、ワッフル用のプレート!

 寝室やキッチンは、いま見るとロマンティックカントリーなテイスト。リネン類やキッチンツールなどの雑貨は蚤の市で手に入るので、こういうテイストは日本でもできそうです。

 このミュージアムには係員さんがいて、いろいろ説明してくれます(ドイツ語ですが、係員さんによっては英語もOKかも? お年の方が多いので、難しいかもしれませんが)。ドイツ語パネルによる説明も多数ありますよ。

 プレンツラウアーベルク地区に1900年頃に建てられた集合住宅は、労働者用のものが多かったので、すごく豪華な造りではありません。でも平均的なアルトバウの雰囲気は感じられます。
 インテリアやたてもの好きな方には、このミュージアムはおすすめです。
(text and photo_Yuki Kubota)

Bauen und Wohnen in Prenzlauer Berg um 1900
Dunckerstr.77, 10437 Berlin (プレンツラウアー・ベルク地区)
Tel. 030 445 23 21
URL http://www.mitundfuereinander.de/
営業時間 月、火、木〜土11:00〜16:30
定休日 水、日
入場料 子ども1ユーロ、大人2ユーロ


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

  

検索フォーム