FC2ブログ
Loading…

ベルリンに日本のかき氷カフェができました! {tenzan lab.}

Posted by osanpoberlin on 06.2018 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
DSC01168.jpg
酒粕のかき氷!

 ずーっと、ずーーーーっと食べたかったんです、ベルリンで日本のかき氷を! それがようやく叶いました!

 6月3日にプレオープンした、かき氷カフェのtenzan lab.。まさに、日本のふわっとしたかき氷を食べられるお店です! 私は「近々かき氷屋さんができるらしいよ」という風の噂を聞きつけ、今か今かと心待ちにしていて、プレオープン当日に開店時間と同時に押しかけ、なんとお店のお客第1号になったんですよ(←超ドヤ顔)。

DSC01138.jpg
日本製の手回しかき氷機。風情あります

DSC01154.jpg
シャッシャッとハンドルを回します。ふわっふわの氷が生まれる瞬間です

 かき氷のメニューはいろいろ(現在プレオープン中なので、変更になる可能性があります)。私が行ったときにあったのは、酒粕、抹茶マスカルポーネ、ほうじ茶マスカルポーネ、マンゴー、ラズベリー、カスタードクリームきなこ、でした。はっきり言って、どれもおいしいです(どれも食べたかったので、人とシェア&既に2回行き、いろいろ試しました)。

 口に入れた瞬間に感じる、ふわっとした柔らかさ。その直後に、シュッと溶けていくあの感じ。ほのかな甘さと切なさ。これこれ、これがかき氷ですよ! お値段は種類によって違いますが、1杯7〜9ユーロです。

DSC01186.jpg
なんと、中から水羊羹が登場する、うれしい驚きのカスタードクリームきなこ。本当にクリーミー。別添はつぶあんトッピング

DSC01163.jpg
抹茶マスカルポーネには、仕上げに抹茶をひとふり。マスカルポーネクリームがまろやか


 使っている氷は、48時間かけてゆっくりと凍らせた特注品なんだそうです。時間をかけることで、しっかりとした、透明な氷ができるんですって。天気を見ながら微妙に機械を調整して、削ります。
 
DSC01143.jpg
48時間かけると、氷に葉脈状の縦線が入るそうです

DSC01176.jpg
その日のお天気で微妙に調整

 そのほかトッピングとして、白玉、つぶあん、きなこ(各1.50ユーロ)などもあるんです。なので、抹茶マスカルポーネにつぶあんを加えたり、マンゴーに白玉を加えたりと、自分好みにアレンジできます。

DSC01182.jpg
一つひとつ違う器でサーブしてくれるのもうれしい。かわいい器は、ベルリンで探したとか

 そのほかドリンク類も見逃せません。甘酒やほうじ茶ラテ、あずきラテ、きなこラテなど、試してみたいドリンクがホット&アイスの両方でラインナップされています。冬になったら、たい焼きも始めるみたいですよ。

 あー、もう私、しばらく通っちゃいそうです。かき氷を食べた後の至福感ったらないですよ。

 現在のプレオープン期間を経て、7月にはグランドオープンの予定です。それまではメニューや営業時間などが変更になる可能性があるので、お店のインスタhttps://www.instagram.com/tenzanlab/
でチェックされるのがいいと思いますよ。

 それにしても、ここ数年のベルリンの進展ぶりはすごいです。高級でおしゃれな和食レストランやラーメン屋さんがどんどん生まれていますし、和食以外の食文化も広がっています。それだけ多様な人が集まり、経済が上昇中だということを物語っています。2010年ごろまでは、わりと物好きでクリエイティブ系な人が多かったのに対し、それ以降はIT系やスタートアップといった分野の人が増えましたね。何でもアリだったカオス時代のベルリンを思うと寂しく感じるときもありますが、変化するからこそ新しい店も誕生するもの。街は生き物ですからね。

tenzan lab. テンザン・ラボ
住所 Wörther Str. 22, 10405 Berlin(プレンツラウアー・ベルク地区)
URL http://www.tenzan-lab.com/
インスタ https://www.instagram.com/tenzanlab/
営業時間 7月以降月-日 10:00-20:00予定(プレオープン中は13:00-などの変動があるので、インスタでチェックを)13:00-20:00
定休日 月曜


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


ベルリンで韓国かき氷! {Gong Gan}

Posted by osanpoberlin on 01.2017 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_3193.jpg
ベルリンでも、かき氷!


 7月のベルリン、気温が低く豪雨に見舞われて今ひとつでした。でもここ数日、ようやく夏らしくなりました! 暑くなったら、とにかく夏を満喫しましょう! でないと、いつまた寒くなるかわからないのでね。私はいつも夏になると焦っています(^_^;)

 そこで今回は、かき氷を食べられるお店の紹介です。韓国料理カフェのGong Ganでは、ビビンパなどの韓国料理が気軽に食べられて、しかもかき氷もあるんですよ。

 Patbingsu(パッピンス)という韓国の氷あずきで、「パッ」が小豆、「ピンス」がかき氷を意味するそうです。お店の前にイラスト入りの看板が出ています。

IMG_20170730_184813.jpg
イラスト入りなのでわかりやすいです


 それを見ると4種類ありますね。上から順にノーマル(いちばん上の写真がそれ)、ミスッカル(説明は後でね)、緑茶、コーヒーです。ノーマルはどういうのかというと、氷ミルクあずきに求肥のようなものがのったもの。ミスッカルはノーマルに「穀物の粉」をかけたもの。あとで調べたらミスッカルとは玄米、麦、豆、ハトムギなどを炒った粉だそうです。なんだかヘルシーそう。

IMG_20170730_185931.jpg
こちらがミスッカル入り


 私は初回はノーマルを注文。あー、まさにかき氷! 暑い夏にはやっぱりコレですよ! 2回目はお店がおすすめだというミスッカルを食べましたが、粉と小豆がだんだん馴染んできてこちらもおいしかったです。金属の器とスプーンというのが、韓国だなと思います。

IMG_3189.jpg
肉も野菜もたっぷりのビビンパで栄養ばっちり

IMG_20170730_191719.jpg
外観はこんな感じ(お顔が見えないように、写真を一部加工しています)


 暑い日にはビビンパで栄養補給もいいですよね。ピリッと辛いビビンパ食べて汗かいて、〆はかき氷でフーッ。いや〜夏ですね〜。暑いうちに行かないと! 焦ってきました!
 (text and photo_Yuki Kubota)


Gong Gan コンガン
住所 Schwedter Str. 2, 10119 Berlin(プレンツラウアー・ベルク地区)
URL http://www.gong-gan.de/
営業時間 火-金 12:00-20:30 土日12:00-22:00
定休日 月


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪





ハンドドリップのベトナムコーヒーをいただけるハイセンスなカフェ! {Maison Han}

Posted by osanpoberlin on 28.2017 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_8524.jpg
いくつものライトが素敵


 ベルリンってね、ベトナム人が多く住んでいるんですよ。なぜかというと1970〜80年代に、ベトナムから旧東ドイツへ渡った人々がいたからです。両国はどちらも社会主義国。両国間の国家協定で、ベトナム人が旧東ドイツで職業訓練を受けて働いたり、学んだりしたそうです。また、ベトナムと資本主義国の旧西ドイツ間にもつながりがあり、旧西ドイツへ渡ったベトナム人もいます。

 その名残で今でもベルリンには、ベトナム人とベトナム系ドイツ国籍保持者が合わせて約4 万人います。ベルリンの人口は2016年で約365万人なので、ベトナム人とベトナム系はそのうちの約11%に当たり、アジア人の中でダントツで多いんです(統計はこちら→https://www.statistik-berlin-brandenburg.de/publikationen/stat_berichte/2016/SB_A01-05-00_2016h01_BE.pdf)。

 そんな背景もあり、ベトナム人による八百屋さんや食品店は、ベルリン、特に旧東ベルリン地域にこれまでたくさんありました。そしてこの4〜5年ほどで、センスのいいベトナムレストランが急激に増えました。私の独断では、ベトナム系(おそらく両親がベトナム人で、ドイツで生まれ育った2世)のお店は、素敵なところが多いです。

 そして今度は、ベトナムのカフェが登場したんですよ。それはノイケルン地区にあるMaison Han(メゾン・ハン)。文字通り、ベトナムからコーヒー豆を買い付けて、店内で焙煎して提供するカフェです。

 私はこれまで、ベトナム産コーヒーは苦味の強いロブスタ種がほとんどじゃないかと思っていたんですが(コーヒー豆の種類についてはこちらを参考にしてください→http://www.agf.co.jp/enjoy/cyclopedia/flow/atoz_04.html)、それは私の勉強不足で、アラビカ種もあるそうなんです。

IMG_8515.jpg
LAC DUONG HONEY PROCESSEDのコーヒー。ぜひともストレートで。

 Maison Hanでは、ベトナムで生産された高品質のアラビカ種コーヒーをハンドドリップで提供しています。
 今回私がいただいたのは、LAC DUONG HONEY PROCESSED。ライトな口当たりで、心地よい酸味があり(嫌な酸っぱさとは全然違います)、おいしかったです。私の中でベトナムコーヒーに対するイメージが一気に変わりました。


IMG_8525.jpg
自家焙煎豆は店内とネットショップで販売

IMG_8531.jpg
奥の部屋の一角がロースター。コーヒーのいい香り〜


 そのほか、ベトナムコーヒーと聞いてすぐに思い浮かぶ、コンデンスミルクを加えて飲むタイプのコーヒーもあります。こちらは上記の豆とは種類や焙煎が異なり、同じコーヒーとはいえ、ほとんど別の飲み物、別のおいしさだと思いますね。
 自家焙煎コーヒーはほかにも数種類あって、店内で販売しているほか、ネットショップでも購入できます。

 おいしそうなフードもあるので、今度はランチを試してみたいな〜。
 (text and photo_Yuki Kubota)

Maison Han メゾン・ハン
住所 Pannierstr. 40, 12047 Berlin(ノイケルン地区)
URL https://www.facebook.com/maisonhan/
営業時間 月−日 9:30-18:00
定休日 無休


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

日本人パティシエの、おいしく美しいフランス菓子をいただけるカフェ!{Café Komine}

Posted by osanpoberlin on 17.2016 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_6905.jpg
ケーキは毎日7〜8種類

 おいしいフランス菓子を食べたい人! 
 美しいケーキを手土産にしたい人!

 そんなみなさんに、ぜひともご紹介したいカフェCafé Komine (カフェ・コミネ)が、西ベルリンにできました!

 オーナーは、ル・コルドン・ブルー東京校でフランス菓子を学んだ小峯晋(こみね・しん)さん。ケーキ作りも接客も行っています。

 小峯さんの作るケーキは、まず見た目の美しさにうっとりします。ツヤツヤに輝くムースに、レースのようなクリーム。食べてしまうのが惜しいほどです。

 そして、本当においしい。
 控えめな甘さとフルーツの酸味の絶妙なハーモニー。サクッとした生地と、舌の上で柔らかくとろけるクリームというように、一つのケーキでいくつもの味と食感を楽しめるんです。

 モンブランのような、日本では大人気でも、ベルリンではまずお目にかかれないケーキがあるのも嬉しいです!

P1190436.jpg
手前はBlanc et rouge (ヴァニラとホワイトチョコムースとベリーのコンポート)、奥はChoux Matcha(抹茶シュークリーム)

IMG_6912.jpg
テーブルごとに荷物を置けるラックがあるのも、細やかな気配り。日本のよう!


 上品な雰囲気の店内でケーキとお茶をいただくのもいいですし、お土産にテイクアウトすることも可能です。
 テイクアウトには、ちゃんと箱に入れてくれますよ。
 この感覚は、日本人には嬉しくないですか? ベルリンだと紙皿の上にケーキを横に寝かせて、その上から紙で包んでしまいますもんね。それだとせっかくのデコレーションが崩れてしまって残念。ドイツ人は気にする人が少ないようですが、私はきれいなケーキをそのままの状態でテイクアウトしたいなあと思っているんです。だから箱入りは嬉しいです。

IMG_7104.jpg
ロゴマーク入りの箱に入れてお持ち帰り

IMG_6938.jpg
店頭の赤い日よけが目印


 小峯さんはじつはチェロ奏者で、ベルリンで活躍していました。それがなぜパティシエとなり、カフェオープンに至ったのかは、私が連載しているYOUNG GERMANY「ドイツで羽ばたく日本人」で近日中に公開します。公開時には告知しますので、気になる方はそちらもお楽しみに。

*2016年12月21日追記*
YOUNG GERMANY「ドイツで羽ばたく日本人」で小峯さんのインタビューが公開されました! 以下をクリックしてください。
チェロ奏者からパティシエに転身、カフェ開業へ 小峯晋さん


 おいしいものを食べたときって、「しあわせ〜」って思いますよね。Café Komineで幸せなひとときをお過ごしください。
 (text and photo_Yuki Kubota)

Café Komine カフェ・コミネ
住所 Welserstr. 13-15, 10777 Berlin(シェーネベルク地区)
URL http://www.cafekomine.de/
https://www.facebook.com/cafekomine/
営業時間 水〜土 12:30 - 19:00 日12:30-18:00
定休日 月・火


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

スペシャルティーコーヒーの人気店「THE BARN」が新店舗をクーダムにオープン!

Posted by osanpoberlin on 07.2016 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
 「ついに、旧西ベルリン側にもサードウェーブコーヒーの波が来たか......!」と感じました。

 今やヨーロッパの中でも、「カフェといえばベルリン」と言っても過言ではないほど、ありとあらゆるタイプのカフェが乱立するベルリン。でも、美味しいエスプレッソやカフェラテが気軽に飲めるようになったのは、まだここ10年ほどのこと。

 その中で、「THE BARN ザ・バーン」が第一号店を開いたのが2010年。サードウェーブコーヒーの店として、ベルリンで最も有名なカフェのひとつになりました。以降、コーヒーブームに乗って、豆や淹れ方、味にこだわるコーヒー専門カフェが一気に増えました。

 が、そのほとんどは旧東ベルリンエリアのミッテやプレンツラウアーベルク、フリードリヒスハイン地区に集中していて、旧西側にはなかなかその恩恵が及ばなかったのです。

DSC_4904.jpg
一杯ずつ丁寧に淹れられたコーヒー。味の特徴や、美味しくいただくための飲み方も説明してくれます。

 ベルリンで City-West と呼ばれるクーダムを中心とした旧西ベルリンの繁華街エリアは、ベルリンの壁の崩壊後にいったんトレンドを東側に持って行かれて、2000年代はちょっとさびれた感じになっていたのです。

 それに、すでにこちら側は不動産が埋まっていて、新規で個人店が開業できるような場所はなかったというのも、小さなカフェが旧西側に増えなかった理由のひとつだと思います。

 でもここ5-6年でクーダム周辺もどんどん生まれ変わり、新しいホテルやショップが続々とオープンしてますし、古い建物が取り壊されて大規模な工事が続く、再開発真っ只中エリアになっています。

 通り沿いには、10-20代の若い層をターゲットにしたファストファッションのブランドがずらりと並び、毎日多くのショッピング客で賑わうようになりました。

 とはいえ、この通りが賑わっているのは、壁の崩壊前の1980年代まで、クーダムでは当たり前の光景だったはず。

DSC_4908.jpg
ナチュラルな木製の家具で統一された、こぢんまりとした店内。

 今回、THE BARN の3店舗目となる「THE BARN CAFÉ KRANZLER」ができたのも、もともとは1938年にオープンした「Café Kranzler」という旧西ベルリンを代表するカフェだった場所。年配のベルリーナーにとっては、今でも「古き良き思い出のカフェ」があった所です。

 そのため、THE BARN のオープンにあたっては地元新聞にも大きな記事が載り、「昔のほうが良かった。」という年配客の声と、「ここのコーヒーは最高!」という若い世代の声が比較されていましたよ。

DSC_4909.jpg
過去にこの場所にあったカフェを知る年配客には、残念ながら不評なようです。

 あ、全然お店やコーヒーの味に触れてませんね(笑)。 同じコーヒーを飲むなら、広々とした2号店「THE BARN ROASTERY」や、こぢんまりとしながらも雰囲気のよい1号店「THE BARN COFFEESHOP」のほうがいいとは思います。いずれにしても、ストイックに「コーヒー好きによる、コーヒー好きのための店」で、ペットやベビーカーはお断り。

 でも、この3号店は、何度も言いますがこういう店が City-West にできた、というところに意味があると私は感じたのですよ。そんな話題のスポットでコーヒーを飲んでみたい方は、ぜひクーダムへ! Zoo(動物園)駅からも徒歩すぐです。
 
THE BARN CAFÉ KRANZLER ザ・バーン カフェ クランツラー
Kurfürstendamm 18, 10719 Berlin (U-Kurfürstendamm 駅すぐ)
営業時間:毎日 10:00 - 20:00
http://barn.bigcartel.com/

(text and photo_Akiko Matsunaga)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム