FC2ブログ
Loading…

ベルリンでふわとろ絶品オムライス!6月限定の嬉しいサービスも。 Udon & Gyoza (JABE)

Posted by osanpoberlin on 11.2019 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
DSC09745.jpg

 ベルリンの日本食、どんどんバリエーションが増えています。
 今回ご紹介するのは、ミッテ地区にある ”Udon & Gyoza”(ウドン&ギョウザ)。店名を聞くと「うどんと餃子がおすすめなの?」と思いますが、じつはメニューもインテリアもリニューアルして、昼はランチ、夜はお酒と一緒におつまみや料理を楽しめるガストロパブのようなお店へと変身中なんです。お店からお招きを受けて、人気メニューをいただいてきました。

 まずはアペタイザーとして辛味噌きゅうり、枝豆、レンコンのきんぴら、ポテトサラダ。

DSC09722.jpg
左から辛味噌きゅうり、枝豆、レンコンのきんぴら、ポテトサラダ。

 この料理を見てちょっとアルコールがほしくなっちゃうな、という方にはビール(一番搾り)や純米酒、梅酒、ワインがありますよ。

 辛味噌きゅうりは、コクのある味噌がきゅうりとぴったり。これはちょっと、エンドレスで食べてしまいそうな組み合わせです。枝豆は安定のおいしさ。ヘルシーなイメージがあって、ベルリンでもよく見かけるようになりましたね。きんぴらはピリッと辛みが効いていて、ビールに合う味です。ポテトサラダは、もちろんドイツ風ではなく日本風(これ重要じゃないですか?)。ポーチドエッグが載っていて、とろ〜りと流れた黄身にポテトを和えていただくのが最高です。

DSC09739.jpg
彩りもきれいな一品。

 次に登場したのが豆腐サラダ。レタス、パプリカなど色とりどりの野菜とともに豆腐が入っています。ゆずドレッシングのさっぱりとした味は、暑い日にも食欲をそそります。上に散らされた、揚げたギョウザの皮はパリパリ。私はこのサラダ、好きですね。

DSC09745.jpg
いよいよお待ちかねのオムライス!

 そして本日のメインメニュー、オムライスです! エビ入りケチャップライスの上に、ふわとろ卵&デミグラスソース! スーッとナイフを入れていくと、ふわっふわ〜の卵がトロトロトロ〜ッと広がります。これにソースとケチャップライスが絡まって……もう言うことありません。この味、ドイツ人も好きそうです。

 このお店のために日本からやって来たシェフのみなさんは、これまでもずーっとオムライスを作っていたので、大得意なのだそうです。だからお店のメニューに加えたのだとか。味も食感もまさに日本のオムライスそのもの。この「ふわとろ」食感は、ドイツではなかなかないんですよね。

 それに、卵にナイフを入れる瞬間はオムライス初体験の人には驚かれそう。動画に撮って誰かに紹介したくなります。


DSC09750.jpg

DSC09755.jpg
この卵の下からエビ入りケチャップライスが出てくるんです!

 メニューはそのほか、タコライスや鶏のから揚げ、とんかつ、カツカレーなど。ビーガンメニューもたくさん用意されています。お値段はオムライスが13ユーロで、そのほかのメインディッシュは10〜13ユーロ程度です。 ランチは9.50〜13ユーロです。

 たとえば女性の一人旅だと、夜のレストランはちょっと入りにくいですよね? 私は一人旅をするときはランチでしっかり食べるようにしていますが、“Udon & Gyoza” はそういう人にもぴったりだと思います。

 この “Udon & Gyoza” のコンセプトは、オープン当初は今とは少し違っていました。でもこの春からスタッフが全員日本人になり、メニューも内装も一新。お店のみなさんは、ベルリンで受け入れられる「ほんものの日本食」を提供したいと、引き続きメニューを開発されています。

 そこで嬉しいお知らせ。
 お店ではリニューアルを記念して、
FacebookInstagramで“Udon & Gyoza”をフォローすると、6月中はランチが20%オフ、ディナーには枝豆無料サービス
を実施中なんです。おいしい日本のごはんを試すチャンス!

1560265290.jpg

 モスグリーンの壁と木材を多用したインテリアはシックで、落ち着いて食事とお酒を楽しめる空間です。でも、大きな窓が入り口の左右にあるせいか、入りやすい雰囲気なんですよ。ここは旅行者も多いエリアなので、誰でも気軽に入れます。

DSC09757.jpg

DSC09759.jpg
女性一人でも入りやすそう。

 現在はソフトオープン中で、7月末にJABEと店名を変えてグランドオープンの予定です。

 オムライスなどの「ふつうの日本のごはん」がベルリンで食べられるのは嬉しいですし、それがベルリンの人々に知られるのも、日本人としてはちょっと嬉しい。日本食といえば寿司ばかりだった時代から、今では信じられないほど選択肢が広がりました。


Udon & Gyoza(7月末より店名はJABEに変わります) ウドン&ギョウザ(ジャーベ)
住所  Alte Schönhauser Str. 7-8, 10119 Berlin(ミッテ地区)
URL https://www.facebook.com/udonandgyoza/
https://www.instagram.com/udonandgyoza/
営業時間 月−木 12:00−15:30, 17:30−21:00 金 12:00−15:30, 17:30−22:00 土 12:00−22:00
定休日 日曜



text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪




おいしくてお値打ち、こんがりグリルのチキンレストラン

Posted by osanpoberlin on 21.2019 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
DSC08892.jpg
こ〜んがりグリルされた、ジューシーなチキン

 今回は、リーズナブルでがっつりと食べられる、チキンレストランをご紹介します。

IMG_20190506_184917.jpg
広場の角に立っています。巨大なニワトリが目印

 
 Hühnerhaus 36(ヒューナーハウス ゼクス・ウント・ドライスィヒ)は、こんがりグリルしたチキンが売り物のレストラン。写真入りメニューでわかりやすく、セルフサービス、リーズナブルで毎日営業(しかも午前1時まで!)という、旅行者にはうれしいことづくめのお店です。

IMG_20190506_184719.jpg
セルフサービスで、カンタンに注文できます


 注文の仕方はカンタン

1.店内に入ると右手にカウンターがあるので、「Kasse」という札が下がっている部分で注文します。

2.メニューはカウンターの背後の壁に写真入りで載っていて、各料理に番号が振ってあります。たとえば、ハーフチキン・サラダ付きなら1番、ハーフチキン・フライドポテト付きなら2番という具合。注文はその番号を言えばOKです。

3.注文し、その場で支払います。すると、ブザーのようなものをもらえます。それを持って、空いている席に自由に座ります。

4.注文した品ができたらブザーが鳴るので、カウンターに料理を取りに行きます。そのときにブザーも返却します。

5.あとはゆっくりと召し上がれ。


 冒頭の写真はメニュー番号1番の、ハーフチキン・サラダ付きです。これで6.50ユーロ。お手頃ですよね? しかも、テーブル上のボウルに入っている漬物のような野菜は食べ放題です。

 グリルされたチキンは皮がパリッパリ、中のお肉はしっとり。ボリュームがあるのでちょっと飽きるかもしれませんが、そんなときはボウルの漬物を合間に食べて変化をつけましょう。

 このお店はグリルドチキンが売り物なのですが、そのほかにもハンバーガーやベジバーガー、チキンカツ、ナゲットもあります。付け合わせもサラダ以外にライス、ブルグルなどから選べるのがいいんです。

 一つだけ、注意点。
 このお店がある周辺は、ベルリンの中でもあまり治安がよくありません(でも魅力的なスポットがたくさんあります)。特にお手回り品には十分ご注意してください。


 先日お知らせした通り、私たち「おさんぽベルリン」の松永と久保田は新ブログ「ベルリン酒場探検隊」を始めて、せっせとベルリンのローカル酒場に通っています。でも、酒場には食事メニューがそれほどないんです。なので、酒場めぐりの合間にこの店でがっつりと腹ごしらえをしたこともあるんですよ。ちょっと吉野家的な利用の仕方ですね……。


Hühnerhaus 36 ヒューナーハウス ゼクス・ウント・ドライスィヒ
住所  Skalitzer Str. 95A, 10997 Berlin(クロイツベルク地区)
開館時間 月−日 11:00−01:00 
休館日 無休


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ハワイアン海鮮丼? のPoke Bowlがベルリンで増えてます

Posted by osanpoberlin on 03.2019 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
DSC04140.jpg
Sons of ManaのPoke Bowl


 ときどき「ベルリンではいま何が流行ってますか?」と聞かれますが、じつは答えるのにけっこう悩みます。ドイツ(おそらくほかのヨーロッパ諸国も)にいると、数ヵ月単位で嵐のように登場しては過ぎ去っていく流行は感じないんです。ベルリンには新しいものが好きな人や外国人がドイツのほかの都市に比べて多いので、新たなものも入りやすい方ですが、それでも「今年は絶対コレ!」みたいな流行はありません。数年かけてムーブメントがジワ〜っと広まる感じです。

 先日わたくしライター久保田が、葉加瀬太郎さんナビゲートによるJ-WAVE ”ANA WORLD AIR CURRENT” 番組内で「Poke Bowl(ポケボウル)というのが最近流行っている」とお話ししましが、これも数年前からジワ〜っと来ているものですね。

 Poke Bowlとは一言で言うと、ハワイアン海鮮丼。醤油ベースなどのドレッシングで味つけをしたツナやサーモンなどの生魚の切り身と、野菜や海藻、ナッツ、ゴマなどを一緒に盛った丼です。ハワイの言葉で切り身をポケ(英語風の発音だとポキだそうです。ドイツ語でも「ケ」と「キ」の中間ぐらいなので、ポキボウルと書けば日本で馴染みがあるかも?)と言うそうで、その丼(Bowl)だからPoke Bowlというわけです。

 ベルリンでは2017年に初のPoke Bowlレストランが誕生して以来、同様のお店が続々増加しました。そこで今回は、旅行で行きやすい3店をご紹介します。住所や営業時間、メニュー等は各店の下に入れたリンクをクリックして確認してください。

1. MA’LOA 
https://www.maloa.com/
ミッテ地区のオラーニエン通り(Oranienstr.)に1号店がオープンし、現在は数店舗に増えています。このお店が現在のPoke Bowlブーム(?)を作ったと言っていいと思います。魚介類はツナかサーモン、エビ、タコ。さらにチキン、豆腐、デザートボウルがあります。

DSC06854.jpg
写真はオラーニエン通り(Oranienstr.)店。ハワイアンなインテリア。


2. Sons of Mana 
http://sonsofmana.de/
1号店がBikini Berlinのフードコートに、2号店はミッテ地区のインヴァリーデン通り(Invaridenstr.)にあります。ここは魚はサーモンだけ。そのかわりエビやチキンテリヤキ、ビーガンボウルもあります。私はここがいちばん好みですかね。

DSC04138.jpg
左がサーモンやアボカドが載った"ALOHA SALMON"、右が"CHICKEN TERIYAKI BOWL"。これな普通サイズで、ビッグサイズもあります。


3. L.A. Poke 
https://www.lapokebowls.com/
ミッテ地区のアルテ・シェーンハウザー通り(Alte Schönhauser Str.)にあります。魚はツナかサーモン、それ以外にチキンとビーガンボウルも。

DSC03428.jpg
この店は大小2サイズあって、これは小サイズ。


 基本的にどのお店も、具材や味つけを自分の好みで組み合わせてオーダーできます。でも、たくさんの具材の中から選ぶのはわりと大変かもしれません。決まった具材を組み合わせたおすすめメニューがあるので、最初はそれを注文するのが手っ取り早いと思います。

 もしかしたら、こうした料理は生魚の食べ方としては邪道と思う方もいるかもしれません。単純に生魚を食べたいのなら(ベルリンではいいお刺身は高嶺の花ですからねえ)、コスパのいい寿司チェーン店の一心(ishin)で鮭丼とか鉄火丼を食べたほうが満足感は高い気がします。Poke Bowlはあくまでもハワイアンフードとしていただくのがいいんじゃないかな、と思います。それをベルリンで経験してみるのもまたオツなものかな、ということで。


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/

おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ベルリン名物・カリーヴルストの名店 {Curry 36}、ベルリン中央駅に3号店オープン!

Posted by osanpoberlin on 07.2018 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
DSC04162.jpg
中央駅構内だからアクセス至便!

 ベルリン名物のカリーヴルストについては、もはや説明の必要はないですかね? ソーセージを多めの油でカリッと焼いて、ケチャップベースのソースとカレー粉をかけた食べ物です。まぁB級グルメなんでしょうが、これがおいしいんですよ! 私は定期的に食べたくなりますね。

 ソーセージの国ドイツですから、まずいわけがない。どこで食べてもハズレはまずないと思いますが、カリーヴルストの有名店というのはあります。

 その一つがCurry 36(カリー・ゼクス・ウント・ドライスィヒ)。
 私はここのカリーヴルストが好きですね。その3号店が10月にベルリン中央駅にオープンしたんです!

DSC04160.jpg
ワシントン広場口を入ったところ。ここの左手側通路にあります


 場所は中央駅構内の地上階(日本式1階)。ワシントン広場(Washingtonplatz)口から入って左手にあります。中央駅構内だから、観光で立ち寄る機会は多いですよね。ベルリン旅行の初めに、観光の締めに、とっても使いやすい立地です。一応、駅構内のマップを貼っておきますよ。Curry36はこちらのマップ上の56番です。→https://www.einkaufsbahnhof.de/berlin-hauptbahnhof/lageplan/

DSC04164.jpg
安定のおいしさ。これは皮ナシタイプ


 ソーセージは皮アリ・ナシがあるのでお好みで。ちなみに私はナシが好きです。ソーセージだけでは物足りない方は、フライドポテトもご一緒にいかがですか?(昔のマックのノリで)。

 ドイツ語での買い方は、過去記事「ザ・基本! カリーヴルストの頼み方と食べ方!」をお読みください。逐一詳しく説明していますよ。→http://osanpoberlin.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

 Curry 36は、このほか本店がMehringdamm(メーリングダム)に、2号店がZoo(ツォー)駅前にあります。来年2019年にはSバーンWarschauer Str.(ヴァルシャウアー・シュトラーセ)駅にできるようです。

 ベルリン滞在中に、本場のカリーヴルストをご賞味あれ〜。


Curry 36 カリー・ゼクス・ウント・ドライスィヒ
住所 Berlin Hauptbahnhof Europaplatz 1, 10557 Berlin(ミッテ地区)
URL https://curry36.de/
営業時間 月−日 8:00−22:00
定休日 無休


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ドイツ人が教えてくれたストレスを溜めない生き方』(産業編集センター)、『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

おすすめケバブのお店{Rüyam リュヤム}、2号店がプレンツラウアーベルク地区にオープン!

Posted by osanpoberlin on 08.2018 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 久しぶりの更新になりましたが、今日もみんな大好きケバブの話題です(笑)! 

 前回の記事『絶品ケバブのお店 { Rüya リュヤ}がシャルロッテンブルク地区にも登場!』に続いて、シェーネベルク地区の「Rüyam リュヤム」の2号店がプレンツラウアーベルク地区にできたとのことなので、速報的にお知らせです。

DSC_8508.jpg

 2号店は2018年9月30日にオープンしたばかりで、私はまだ足を運べていないのですが、1号店のほうにチラシがあったので知りました。

 場所は、U2 Eberswalder Straße エバースヴァルダー・シュトラーセ駅からすぐ。カリーヴルストが有名なコノプケス・インビスの道を挟んで東側。飲食店激戦地区の、ものすごく良い場所です!!

 この場所はもともと別のケバブ店があったところなので、キッチンが充実しているのか??2号店のメニューには、ふつうのチキン入りのゲミューゼ・ケバブ(3,90ユーロ)以外に、ファラフェルやハルーミもメニューにあるようですよ。(それ何?という方は、こちらの過去記事をご覧ください→『ベルリンに来たら、「ファラフェル」と「ハルーミ」も食べなくちゃ!』

 駅から近くで、アクセスも周辺の雰囲気もとても良いエリアなので、ベルリン旅行中に一度ケバブを食べてみたい人におすすめですよ~。

Rüyam Gemüse Kebab  リュヤム ゲミューゼ・ケバブ 2号店
住所:Schönhauser Allee 44a, 10435 Berlin (プレンツラウアーベルク地区)
営業時間:月~日 11~24時(日曜は12時~)


text and photo
松永 明子(Matsunaga, Akiko)
akiko.jpg

ベルリンガイド。2003年からドイツ人の夫とベルリン在住。2011年~『地球の歩き方ブログ』のベルリン特派員。ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイドホームステイサービスをしています。2017年9月ガイドブック『ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ』(イカロス出版)が発売。
http://berlinhomestay.blog.fc2.com


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆

(↑クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム