Loading…

スポンサーサイト

Posted by osanpoberlin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェアのディナーコースがおすすめ!ベルリン最新ダイニングバー {Night Kitchen}

Posted by osanpoberlin on 23.2017 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 本当に、ここ数年のベルリンはすごい勢いで変わっています。変化に加速度がついてますね。

 今回ご紹介するNight Kitchen(ナイト・キッチン)も、新しいベルリンの象徴になるお店。先月(2017年9月)に正式オープンしたばかりのダイニングバーです。おさんぽ隊員こと、ガイド松永とわたくしライター久保田がなんとお店からお招き(!)いただいたので、写真たっぷりでレポートします!

Night_Kitchen_Atmosphere_Arad_2s.jpg
photo:Boaz Arad

 Night Kitchenはモダンスタイルの地中海料理と、おいしいカクテルを味わえるダイニングバー。本店はテルアビブにあり、ベルリンのオープニングのために、オーナーさんも移ってきたそうなんです。

 地中海料理といえばシーフードですよね。ベルリンでは食べる機会が少ないので、おさんぽ隊員のふたりともハイテンションで席に着きます。

 そこへスタッフさんが「ご来店は初めて? メニューの料理は単品でも注文できますが、おすすめは ”Dinner with Friends” のコースよ」(←英語)と説明してくれます。

 ほうほう。確かにメニューの右上に載っています。1人32ユーロで、メニューにある料理をいい感じでコースに仕立ててくれるんです。好みや食べたい料理、アレルギーなどを伝えたら、あとはおまかせ。こういうの、日本人には嬉しくないですか?

 松永さんも私も、メニューにあるタコ料理に目が釘付け。魚のタタキも気になるね、ということで食べたい料理をコースに盛り込んでもらうようにリクエストして、席で待ちます。
 その間にまずは乾杯ということで。松永さんは南ドイツ・アルゴイ地方の醸造所"Meckatzer Weiß Gold”のビールを、私はウォッカベースのカクテル”Kosmopolish”をチョイス。

IMG_5760.jpg

 最初に運ばれてきたのは、トマトとチリのピリ辛ソースに包まれた帆立貝。冷菜かな?と思って器を手に取ると、ほんわかあったか。

IMG_5777.jpg

 (松永:以下M)「やっぱりシーフードはおいしい〜」
 (久保田:以下K)「ホタテとピリ辛って合うんだね〜」

 おいしいものを食べるって、それだけですっごい幸せなんですよね。ベルリンにいると、ふだんの食生活がシンプルゆえに(それはそれでおいしいんですけどね)、より幸せ感が大きいんですよ。

IMG_5785.jpg

 そしてトマトのカルパッチョ(右)と、イエローテイル(ブリ、ハマチなどの魚らしいです)のタタキ。どちらも大皿に盛られていて、各自シェアするのがこの ”Dinner with Friends” コースの特徴です。

 ほらほら〜、先日も書きましたが、食べ物のシェア文化は着実にベルリンにやって来てますね。いいことだ!(ちなみにスタッフさんによると、やっぱりドイツ人は食べ物のシェアに慣れていないそうです)
 
 M「カルパッチョが花畑みたい〜」
 K「魚とバッファローモッツァレラの組み合わせもおもしろい〜」

 トマトは実は2種類あって、見た目はふわっとしていますが、柔らかさの中にも噛みごたえがありました。

IMG_5782.jpg

 私の密かなお気に入りは、自家製ブリオッシュとタヒニ(タヒン、ゴマペースト)入りホイップバター。この組み合わせは無限に食べられそう。メニューにはbredとありますが、ほんのり甘く柔らかくて、どちらかというとケーキ感覚です。

 ここで松永さん、ビールからワインに移行。相変わらずピッチ速いです。

IMG_5806.jpg

 お次は、ジャーン! お待ちかねのタコと、ムール貝・アサリのサラダ! ぷりっとしたタコにエルサレムアーティチョーク、マカデミアナッツを合わせて、ホースラディッシュのソース。食感も味も多面的です。

IMG_5812.jpg

 サラダは貝2種類とホウレン草、パセリにベーコン。カリッとしたサイコロ状のガーリックブレッドも入っています。あ〜も〜、貝の出汁ってなんでこんなにおいしいんでしょうねえ。

IMG_5821.jpg

 ぼちぼち日もくれてきて、いい雰囲気になってきました。ちょっと店内インテリアを見学したくてキョロキョロ。よく見るとくるみ割り人形が飾ってあったりして、さりげないヴィンテージ感が漂います。

Night_Kitchen_Atmosphere_Arad_8s.jpg
photo:Boaz Arad

Night_Kitchen_Atmosphere_Arad_1s.jpg
photo:Boaz Arad

 この壁紙(↓)が、私の中ではロンドンっぽい感じがするんですよ。色とデザインかな。

IMG_4891.jpg

5品食べて、そろそろお腹いっぱい。この辺でデザートです。

IMG_5826.jpg

 あれ……植木鉢……? 植わっているフレッシュなラズベリーを食べろというのでしょうか。

IMG_5829.jpg

 すくってみると、それはコクのあるティラミス。土らしきものはコーヒークランブルでした。

 いろいろ食べられてすっかり満足です。これだけ品数が来て1人32ユーロ、パン3ユーロはかなりお値打ちじゃないですか? 英語が中心だから旅行者も訪れやすいでしょうし、新しいものが好きな人にもぴったり。おひとり様でも、カウンターでお酒を飲みながら軽くつまめるから大丈夫そう。
 ちゃんとした料理もいただけるバーって、これまでそんなになかったと思うんですよね。

IMG_4917.jpg

IMG_4912_20171024072500e87.jpg

 場所はミッテのHeckmann-Höfeの中庭に立つ、19世紀のレンガの建物。このロケーションもわくわくしますね。ご招待いただいたから褒めちぎっているのではなく、本当におすすめですよ。


Night Kitchen ナイトキッチン
住所 Oranienburger Str. 32, 10117 Berlin(ミッテ地区)
URL https://www.nightkitchenberlin.com/
営業時間 月-日 17:00- 
定休日 無休


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


スポンサーサイト

掟破りのビアレストラン {BRLO BRWHOUSE}

Posted by osanpoberlin on 31.2017 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
IMG_1326.jpg
ガラス越しに醸造所の様子も見えますよ


 今回はわたくしライター久保田由希が、ずーーーっと紹介したかったビアレストランについて書きますよ。
 ベルリンのマイクロブルワリー(小規模醸造所)BRLO(名前の発音は「ベルロでもブルロでもなんでもいいんですよ」とのこと)が昨秋オープンした、BRLO BRWHOUSE(ベルロ・ブルーハウス)。ここは何かと型破りなんですよ。

 まずビアレストランなのに、フードメニューが野菜中心。肉料理も多少あるんですが、主役は野菜です。燻製や発酵させることで、ビールに合うようにしているそうです。

IMG_1114.jpg
これはMサイズ&追加でお肉のリブ。野菜料理の盛り付けもきれい


 さらに驚きなのが、シェアを前提としたフードメニューがあること。メインの野菜料理(Gemüse)、副菜(Beilagen)、小皿(on Top)の3つのカテゴリーの中から好きなものを選んで組み合わせるシステムで、S・M・Lの3つのサイズによって各カテゴリーから選べるお皿の数が変わります。

 例えばMサイズなら野菜料理3皿、副菜2皿、小皿を3つ選びますが、料理とともに人数分のとりわけ皿まで出てくるんです!
 ……って「そんなの当たり前でしょ」って思いますよね? でもドイツでは、ぜ〜んぜん当たり前じゃないんですよ! 料理をシェアする習慣なんかないですからね。「ひと口味見」とかありません。あたしの料理はあたしのもの。それがドイツです。
 だからシェア前提の料理メニューを見て「あー、ベルリンも変わったなー。外国人も観光客も多いベルリンだからできたのかなー」と感慨にふけりました。

 ビールは当然おいしいです。私はここのビール、大好きです。BRLOのビール以外のマイクロブルワリーのビールも飲めて、シーズンごとに変わります。

IMG_1271.jpg
5種のビールが飲めるTasting Board

IMG_1285.jpg
Tasting Boardに一口フードの付いたFood Pairingセット


 初めて行く方なら、5種類のBRLOのビールが0.15リットルずつ飲めるTasting Board(テイスティング・ボード)9.50ユーロがおすすめです。要は飲み比べセットですね。
 この飲み比べセットには一口フードが付いたFood Pairingセット(12ユーロ)と、Käse Pairing(ケーゼ・ペアリング=チーズペアリング)のセット(14.50)もあります。これもすっごくいいですよ。ビールだけでもおいしいのに、フードやチーズとともに飲むとまったく新たな世界が目の前に広がりますから。

IMG_1126.jpg
2階席も、屋外ガーデンもあります。ガーデン席にはガーデン用メニューがあります


 じつはこのレストランについて、もうすぐ始まる新連載で取材をして書いたので、そのときはまたお知らせします! 場所は地下鉄U1/2線 Gleisdreieck駅のすぐ脇です。スタッフはインターナショナルなので、英語でも大丈夫。人気店なので、予約をしてください。予約はお店のHP(下記参照)からできます。

 ベルリンの今年の夏はちょっと欲求不満でしたが、おいしいビールはいつ飲んでもおいしいですからね!
 (text and photo_Yuki Kubota)


BRLO BRWHOUSE ベルロ・ブルーハウス
住所 Schöneberger Str. 16, 10963 Berlin(クロイツベルク地区)
URL http://www.brlo-brwhouse.de/
営業時間 火-金 17:00- 土日12:00-
定休日 月


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


炉端焼きレストラン&バーがオープン!{Life berlin}

Posted by osanpoberlin on 09.2017 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
IMG_0353.jpg


 日本食のお店が次々と増えていっているベルリン、今度は炉端焼きレストラン&バーがオープンしたんですよ。嬉しいことに、ガイド松永とわたくしライター久保田のおさんぽ隊員がオープニングパーティーにお呼ばれしたので、その模様をお伝えします。

IMG_0405.jpg


 ノイケルンのMaybachufer沿いにできたLife berlin。入り口には漢字二文字が書かれた白い提灯がかかっています。
 えーっと、これなんて読むんだろう……とぼんやり考えていたら、横から松永さんが「これでライフって読むんじゃない?」と一言。そうか、あったまいい。

IMG_0408.jpg
入り口の提灯にも店内の暖簾にも店名が


 入り口を入るとそこはバー空間。お食事までちょっと時間があるとのことで、まずはビールを。メーカーはアサヒでした。それ以外に日本酒や焼酎もあって、日本酒のラインナップは獺祭、大関、八海山です。
 私が個人的におすすめしたいお酒が、レモンサワーです。味がしっかりしていて、おいしかったんですよ。サワーが飲めるお店は、ベルリンではまだ少ないですし。

IMG_0422.jpg
また飲みたいレモンサワー


 オープニングパーティーのお食事だったので、前菜、お刺身、うどんにすき焼きなどなど本当にたくさんいただいたんですが、中でも串焼き&串揚げがよかったです。やっぱり炉端焼きの店だから?
 ねぎまとトンカツ串とレタス巻きの3本でしたが、レタス巻きは初めてのおいしさでした。レタスが何層にも重なっていて、噛むとシャキシャキという歯ごたえ。新鮮な食感でした。

 職人さんが目の前で焼いてくれるから、よりおいしそう。席はカウンターとテーブル席がありますが、カウンター席のほうが炉端焼きの雰囲気を味わえていいと思います。カウンターで料理人が作るスタイルは、寿司や鉄板焼きではおなじみだけど、炉端焼きは珍しいのではないかな。


IMG_0418.jpg
右端がレタス巻きです

IMG_0382.jpg
目の前で焼いてくれるのがいいですね


 とり釜飯は目の前で炊き上げてくれました。お釜から徐々に蒸気が上がってくるのがショーのよう。デザートまでどれもこれも、すっかり食べきりました。

IMG_0473.jpg
蒸気がプシューッ


 お昼もやっているそうなので、まずはランチを試してみてもいいかも。ベジタリアン・ビーガンメニューももちろんあるそうです。
 チューハイや焼酎を知らないドイツ人と一緒にバーに行くのも楽しそう。今回は飲みませんでしたが、コーヒー焼酎というのも気になっています。
 お寿司やラーメンだけでない日本食が、ベルリンに広まりつつありますね。
 (text and photo_Yuki Kubota)


Life berlin ライフ・ベルリン
住所 Maybachufer 39, 12047 Berlin(ノイケルン地区)
TEL 030 23561730
URL https://www.facebook.com/lifeberlinlife/
営業時間 火−日 ランチ12:00-15:00 ディナー18:00-24:00 バー18:00-2:00(火−木)18:00-3:00(金・土)18:00-24:00(日)
定休日 月


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪



ブリュードッグビールとピザに舌鼓! {BrewDog Berlin Mitte}

Posted by osanpoberlin on 18.2017 Restaurants/Bars レストラン・バー   2 comments   0 trackback
P1190499.jpg
席は写真のハイチェアタイプのほかに、ソファ席やラウンジ風など数パターンあります


 ベルリンのクラフトビールシーンは、地元のマイクロブルワリーがどんどん誕生しているのはもちろん、外国勢の進出も盛んで、いますごく活気があるんです。

 次々と新しいお店がオープンするので追いつかないくらいなんですが、ビール大好きガイド松永とわたくしライター久保田の「おさんぽ隊員」が、スコットランドのブルワリーBREWDOG(ブリュードッグ)がミッテ地区に出したバーに先日行ってきたので、ご紹介しましょうね。

P1190489.jpg
けっこうさりげない外観。いまは目立つ看板もついたみたいです


 ブリュードッグといえば、「パンクIPA」というビールで有名です。東京・六本木にもオフィシャルバーがありますが、ビールやフードメニューが違うようなのでベルリンで行く価値もきっとあると思いますよ。

 まずビール。ブリュードッグのビールがあるのは当然ですが、それ以外に何があるのかというと……まぁちょっと下の写真を見てください。


P1190505.jpg
ジャーン!

P1190501.jpg
さらにジャーン! タンプがこんなに! 飲みきれない〜


 カウンターのタップと壁のボードに銘柄がずらーーーーっと並んでますよね。
 ブリュードッグのビールは常にあり、それ以外にゲストドラフトとして各国のブルワリーのビールが期間限定で飲めます。最初の1杯はブリュードッグで、2杯め以降はゲストビール、なんていうのもよさそうです。

「いまは何のゲストビールがあるの?」という方、以下のページの下部にある”ON TAP NOW”をクリックして確認してください。
https://www.brewdog.com/bars/worldwide/berlin-mitte

 お値段は、ブリュードッグのビールが0.5リットルで約5ユーロと、ベルリン基準にしてはややお高め。クラフトビールなので、大量生産品のビールより高いのは当然といえば当然かもしれません。


P1190516.jpg
ピザも注文。これはアーティチョーク入り

P1190506.jpg
ここでまったり飲むのも気持ちよさそう


 フードメニューはピザが数種類。食べるのが好きな私は「もう少しチョイスがあるといいんだけどな〜」と、正直思います。でもベルリンにあるクラフトビールバーって、フードがほとんどないお店が多いです。ビールで勝負、っていうことなんでしょうかね。

 ベルリンには、ほかにもアメリカ「ストーンブルーイング」のブルワリー兼レストランバーや、デンマーク生まれのファントム(ジプシー)ブルワリー(自前のブルワリーを持たず、どこかと提携して醸造)としてカルト的人気を誇る「ミッケラー」も、ベルリンにできるんですよ! 確かミッケラーは今日(2017年3月18日)オープニングイベントがあるはずです→https://www.facebook.com/mikkellerberlin/

 もちろん地元ベルリンのクラフトビールも、魅力的なところがたくさんあります。例えばここ→https://theworldelements.com/set/detail/GGkpmJk/M5WDFmk

 これからどんどんビールの季節! 楽しみですね〜。
 (text and photo_Yuki Kubota)


BrewDog Berlin Mitte ブリュードッグ・ベルリン・ミッテ
住所 Ackerstr. 29, 10115 Berlin(ミッテ地区)
URL https://www.brewdog.com/bars/worldwide/berlin-mitte
営業時間 月−日 10:00-翌02:00
定休日 無休


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

リーズナブルで美味しい!通いたくなる デリ&家庭料理 {Zuhause-Delikatessen ツーハウゼ・デリカテッセン}

Posted by osanpoberlin on 14.2016 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 「ベルリンで、ぜひ名物料理の ケーニヒスベルガー・クロプセが食べたいんです!」というお客さまからのリクエストで、「じゃあどこのお店のが美味しいかな......?」と調べていてその存在を知ったのが、今回紹介する Zuhause-Delikatessen ツーハウゼ・デリカテッセン。ネット上でのお客さんのレビューも上々で、すごく気になったので行ってきました。

DSC_3641.jpg

 場所は、プレンツラウアーベルク地区の中でも特に雰囲気が良くて大人気のKollwitzstr. コルヴィッツ通り沿い。 そして、この外観。ちょっといいお値段しそうな雰囲気なのですが......。

 黒板のおすすめメニューを見ると、なかなかリーズナブルです! 「ラザニア+サラダ 4,80ユーロ」「スペイン風鶏もも+ローズマリー風味のポテト 6,80ユーロ」などなど、夜でもランチタイムのようなお値段!

DSC_3639.jpg

 「Zuhause ツーハウゼ」という店名は、英語にするなら「Home」。ここで提供されるのは、全て手作りで、まさに「我が家」のご飯のように気取らず食べられるものばかり。

 ケーニヒスベルガー・クロプセも、このボリュームで6,80ユーロ!(この肉団子、ひとつが女性の拳くらいあるんですよ!)

DSC_3638.jpg

 カウンターで注文するスタイルで、ビールも、カジュアルにボトルごと飲みます。料理とビールと合わせてチップを払っても10ユーロというお値打ちさ。コルヴィッツ通りで! 夜ご飯を食べて!! この価格!!? と、嬉しい驚きでした。もちろん、美味しかったですよ! きちんと手作りされている、ほっとするお味でした。

 11時から22時まで毎日営業で、1日を通して同じメニューが同じ価格で食べられます。手作りケーキも2,20ユーロと嬉しいお値段で、カフェとしてももちろん利用OK! 私が行ったときは、老紳士が一人で赤ワインを飲みながらケーキを食べていましたよ。

 気軽に入れる雰囲気で、リーズナブルなのにちゃんと美味しいものが食べられる!ありそうでなかなかないのがまさにこういうお店。長く続けて欲しいなと思います。ぜひみなさんも行ってみてくださいね!
(text and photo_Akiko Matsunaga)

Zuhause-Delikatessen ツーハウゼ・デリカテッセン
住所:Kollwitzstr. 26 10405 Berlin
URL:http://www.zuhause-delikatessen.com/
営業日時:基本的に定休日なし 11:00~22:00


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。