Loading…

スポンサーサイト

Posted by osanpoberlin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年6月に始まった、ベルリン・クリエイターの手作り市 <メーカーズ・マーケット>

Posted by osanpoberlin on 29.2013 Märkte 蚤の市・朝市・その他の市   0 comments   0 trackback
 ベルリンには服や雑貨、アクセサリーを作っている大勢のクリエイターがいます。そうした人々にとっては、蚤の市での販売やショップへの卸しなどが、これまでの主な販売手段でした。

 でもこの数年はDawandaのような、クリエイターが直接作品を販売できるポータルサイトが大成功していたりと、販売の場が広がっているように思います。

会場のガソリンスタンドがレトロでかわいい
会場のガソリンスタンドがレトロでかわいい

 今回ご紹介する「メーカーズ・マーケット」も、クリエイターが水から作品を販売できる場の一つ。今年6月にスタートしたばかりの、新しい手作り市です。

 販売されているのは、ベルリンのクリエイターが作った服や雑貨、アクセサリー、陶磁器など。ジャムなどの食品もあります。

 会場は、元ガソリンスタンド。これがまたレトロな情緒たっぷりで、かわいいんです。こぢんまりとしていますが、エスプレッソ・バーやフード屋台もありますし、小さなステージではライブ演奏も。

 マウアーパークの蚤の市から歩いて15分ほどなので、足を伸ばしてみるのがおすすめ。ベルリンのクリエイターと作品に会いに、ぜひ行ってみて。毎週日曜開催です。(Y)

Makers Market メーカーズ・マーケット
住所 Schwedter Straße 261, 10119 Berlin
URL http://makersmarket.de/
営業時間 毎週日曜11:00〜17:00

フードを食べられるベンチもありますよ
フードを食べられるベンチもありますよ


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
スポンサーサイト

立地最高?! 墓地カフェ <カフェ・シュトラウス>

Posted by osanpoberlin on 27.2013 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
お墓を眺めながら静かにコーヒーを味わえる
お墓を眺めながら静かにコーヒーを味わえる

 静かで緑に囲まれた場所でお茶するのは、気分がいいですよね。そんな最高の環境に、5月にオープンしたカフェがあるんです。

 その場所は、墓地。

 そう、お墓がある、いわゆる墓地です。
 
墓地の入り口脇にある、レンガ造りの重厚な建物の一角がカフェ。テラス席からの眺めは、墓石です。

とはいえ、こちらの墓地は、緑の中に点々と墓石があったりするので、雰囲気としては公園に近いものがあります。静かで車も進入しないので、墓地内を散歩やジョギングをする人もいるんです。

写真左側が墓地入り口です
写真左側が墓地入り口です

 カフェ・シュトラウスは立地の意外性だけでなく、カフェとしてのこだわりも強いんですよ。コーヒーは自家焙煎。数種類揃えているケーキは自家製。店内に入ると傍らに焙煎機があり、コーヒーの香りが漂っています。

静かな場所で、おいしいコーヒーとケーキを楽しみたいときにぜひ訪れてみてください。

カプチーノはしっかりした味わい-ケーキもおいしい
カプチーノはしっかりした味わい-ケーキもおいしい

 ちなみに現在のクローズ時間は、まだ明るい20時。冬になると、日没に合わせて早まります。暗くなってからの墓地カフェは、やっぱりちょっと……ですもんね。(Y)

*7月28日追記:「カフェ・シュトラウス」にはビール、ワイン、ゼクト(ドイツ産シャンパン)もあります。アルコールが頼めるのって、ちょっとうれしいですよね。


Café Strauss カフェ・シュトラウス
住所 Bergmannstr. 42, 10961 Berlin
Tel. 030 6956 4453
URL http://cafestraussberlin.de/
営業時間 火〜土 9:00〜20:00 日 10:00〜(季節により変動あり) 月曜定休


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

おさんぽに欠かせないのは、実は「栓抜き」!?

Posted by osanpoberlin on 25.2013 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
 ドイツで販売されているビールは、アルミ缶ではなくてビン入りが主流。ちょっとお散歩に出かけて、「お天気もいいし、公園でのんびりビールでも飲みたいな~。」と思ったときに、近くのスーパーやキオスクで冷えたビールを買って公園まで行ったものの、「......栓抜きがなくて開けられない~!」という哀しい事態を避けるために、私は常に栓抜きを持ち歩いています! 持ち歩いているといっても、写真のキーホルダーです。これが、実は栓抜き。アウトドアショップなどで売っているものですが、これならカギと一緒に常に持ち歩けるので便利ですよ。

ただのキーホルダーじゃないんです
ただのキーホルダーじゃないんです

 ちなみにドイツ人は、栓抜きがなければポケットライターをテコのように使って、器用にフタを開けます。私も練習してできるようになりましたが、タバコを吸わないのでライターは持ち歩きません。もし栓抜きがなければ、近くにいるタバコを吸ってる人に声をかけると、ライターでさっとフタを開けてくれるかもしれません(笑)。

 余談ですが、青空の下で堂々とビールを飲むというのは、どこの国でもできることではないのですよね。アメリカでは多くの州で、公共の場所での屋外飲酒が禁止されているそうですし、確かイギリスも同じようなルールがあったはず。ドイツでは今のところそういった規制はないので、いつ誰がどこでお酒を飲んでいても(未成年でなければ)何のお咎めもありません。せっかくベルリンに来たなら、一度くらいは地元っ子に混じって公園の芝生の上でビールを飲んでみるのも楽しいと思いますよ!(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

「いつ泳ぐの?」「今でしょ!」

Posted by osanpoberlin on 23.2013 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
湖水浴は一瞬の夏の楽しみ
湖水浴は一瞬の夏の楽しみ

 今年のベルリンは、もう3週間ぐらいお天気がいい日が続いています。信じられません。こんなにちゃんとした夏は、何年ぶりだっけ……と思います。

 ベルリンの夏は油断すると一瞬で終わってしまいますから、暑くなったらここぞとばかりに楽しむわけです。

 で、何をするかって? そりゃあ、夏といえば海水浴。「でもベルリンに海はないでしょ」と思われるでしょうが、海はなくても湖はあるんです!

großer-müggelseeのビーチ
Großer müggelseeのビーチ

 ベルリンには大小の湖 (See ゼー)があります。南西にはGroßer Wannsee グローサー・ヴァンゼー、北西にはTegeler See テーゲラー・ゼー、東に行けばベルリン最大のGroßer Müggelsee ミュッゲルゼー、そのほか小さい湖もたくさん。どの湖も、市内中心から電車で30分程度の距離。気軽に行けます。

 大きな湖には、日本の海水浴場のように海の(湖の)家に似た建物がありますが、ほとんどの湖には何もありません。湖畔に敷物を敷いて、寝転んで読書をしたり、たまに水に入ってパチャパチャやります。

 湖水浴の前に、知っておきたいことをいくつか挙げてみましょう。

 1. 湖水は冷たいです。注意深くソロソロと入りましょう。

 2. 淡水なので体が浮きません。立ち泳ぎができない人は、水深に注意。

 3. たまにFKKビーチがあります。FKK エフ・カー・カーとはFreikörperkultur フライ・ケルパー・クルトゥーアの略で、要するに全裸主義です。「衣服を脱ぎ捨て自然に帰ろう」という考え方で、旧東ドイツでは、ごく普通に多くの人が海辺で全裸になっていました。今でもFKKビーチでは、全裸やトップレスの人がいますが、びっくりしないでください。また、妙な妄想を抱いて行くのは構いませんが、現実とのギャップにがっかりすると思います。

 湖水浴へ行くときは、下に水着を着て、ビーチで服を脱げばOK。海の家はほとんどありませんからね。そして、帰宅時は水着がかわいたらそのまま服を着ます。

 でも、本格的に泳ぐというよりも、水着になって水辺でゆっくりするのがベルリンの湖水浴かもしれません。(Y)

müggelseeではビーチバレーをやっていました
Müggelseeではビーチバレーをやっていました


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

広くて出店もたくさんあって、見応えたっぷりの朝市と言えばココ!<ヴィンターフェルドプラッツの朝市>

Posted by osanpoberlin on 18.2013 Märkte 蚤の市・朝市・その他の市   0 comments   0 trackback
季節のフルーツを買うなら朝市で
季節のフルーツを買うなら朝市で

 毎週土曜日になるとベルリンの街のあちこちで開催される朝市ですが、ここヴィンターフェルドプラッツの朝市は、規模の大きさと出店している屋台の多彩さで、ベルリンの中でも人気1,2を争う見応えたっぷりのマルクトです!

一度聞いたら忘れられないダミ声の-名物花屋のオジサン
一度聞いたら忘れられないダミ声の、名物花屋のオジサン

 数えたことないのですが、出店しているお店の数は100軒近く!?広場にぎっしりと並んだお店は、八百屋さん、パン屋さん、花屋さんや肉屋さんなどのいわゆるドイツのマルクトに欠かせないお店はもちろん、ベネチアングラスのアクセサリーやハンドメイドの小物を売る店、オリエンタルなスカーフのお店やナチュラル石鹸を売るお店、ドイツ製の刃物をズラリと並べたお店......、とにかくにぎやかで何でもあり♪

イタリアのベネチアングラスを使ったアクセサリーも
イタリアのベネチアングラスを使ったアクセサリーも

 もちろん、その場で食べられるプチグルメのお店もたくさんありますよ!「サバのサンドイッチ」もありますし、定番の焼ソーセージのほか、トルコ料理や本格的タイ料理、クレープやイタリアンエスプレッソの屋台などおいしいものも盛りだくさん。目移りします!

ハンドメイドの陶器を売るお店も
ハンドメイドの陶器を売るお店

 毎週水曜日と土曜日に開催されているこの朝市ですが、水曜日はお店の数がぐっと減りますので、ぜひ土曜日に訪れてください!朝市を見たあとは、南へ伸びる「アカツィエン通り~ゴルツ通り」をぶらぶらするのもオススメですよ。(A)

色とりどりのスカーフは-10ユーロ-安い
色とりどりのスカーフは、10ユーロ。安い!


Wochenmarkt am Winterfeldplatz 
ヴォッヘンマルクト・アム・ヴィンターフェルドプラッツ
住所 Winterfeldtplatz, 10781 Berlin
URL http://winterfeldt-markt.de/
営業時間 毎週水曜 8:00~14:00、土曜 8:00〜16:00


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

朝市で見かけたら、ぜひ食べてみてほしい サバのサンドイッチ

Posted by osanpoberlin on 15.2013 Essen 食材・旬の食べ物   0 comments   0 trackback
 「サバのサンドイッチ...!?」最初に聞いたときは、焼いた魚をパンに挟んで食べるなんて、微妙だわ~!と思ったのですが、実際に食べてみたらそのおいしさにビックリしました!私にとっては、『これまでベルリンで食べておいしかったものトップ5』に入るくらいなんですよ。

どーん-とサバの半身を挟んで
どーん!とサバの半身を挟んで

 サバの半身を塩焼きにしたものを、パンに挟んでハーブやタマネギがたっぷり入ったタルタルソースで食べるのですが、ジューシーでほどよい塩加減の焼サバと、素朴で噛み応えのあるパンが合っています。女性ならこれ一個でおなかいっぱいになるボリュームで、3,50ユーロ。

 私が食べたのは、毎週土曜日の 9:00~15:30 にボックスハーゲナープラッツ(Boxhagenerplatz・地図はコチラ)で開催される朝市に出店しているお店でしたが、ほぼ同じものがヴィンターフェルドプラッツ(Winterfeldplatz・地図はコチラ)の土曜日の朝市(8:00~14:00)でも食べられます。近くまで行くと、魚を焼いている香ばしい匂いがするのですぐにわかります。

 サバはドイツ語で「Makrele マクレーレ」なので、ひとつ注文するときは「Einmal Makrele im Brot, bitte! アインマール マクレーレ イム ブロート、ビッテ!(パンにに挟んだサバ、ひとつください)」と言えばOK。

魚の形の焼き網にはさんで焼かれています
魚の形の焼き網にはさんで焼かれています

 ベルリンには近くに海がないので、魚介類は高級品。お肉のほうが安いのであんまり魚を食べなくなってしまうのですが、たまに食べるとやっぱり魚はおいしい~!ぜひ、朝市でこのお店を見かけたら食べてみてくださいね。たっぷり食べたい!という人には、半身でパンに挟んだもののほかに、一匹丸ごと焼いたものもありますよ。(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ぜひのんびりおさんぽして欲しい、アカツィエン通り~ゴルツ通り

Posted by osanpoberlin on 12.2013 Kiez オススメおさんぽエリア   0 comments   0 trackback
子供連れが多いのんびりとしたエリア
子供連れが多いのんびりとしたエリア

 ベルリンには、カフェや雑貨店が立ち並ぶ雰囲気のよい通りがあちこちにありますが、私のお気に入りは、シェーネベルク地区にあるアカツィエン通り(Akazienstrasse)とそこから続くゴルツ通り(Golzstrasse)。街の中心部からは少し離れているので観光客は来ないし、住宅地に囲まれているのでほどよく生活感があって落ち着いた雰囲気です。

ここのエスプレッソ類はおいしいと評判-double-eye
ここのエスプレッソ類はおいしいと評判!「Double Eye」

 大きな街路樹が並ぶこの通りやその裏道には、地元の人で賑わう人気のカフェやレストランの他、雑貨店や文具店、キッチン用品の専門店や古着ショップ、家具屋さんなど様々な個性溢れるお店が並んでいます。この数年は、大人の女性向けのセンスのよいセレクトショップも続々とオープンしているので、私も洋服を探すときはまずこの通りをチェックするようにしているんですよ。

アカツィエン通り沿いにある立派な教会
アカツィエン通り沿いにある立派な教会

 全長1kmほど、のんびり歩いても20分ほどの距離ですが、ウィンドーショッピングをしながらそぞろ歩くだけでもかなり楽しめます!毎週土曜日には、ゴルツ通りの北側にあるヴィンターフェルド広場で大きな朝市が開催されますので、それと合せて土曜日にお散歩するのもオススメ!(A)

教会の向かいにある大人気のカフェ-gottlob
教会の向かいにある大人気のカフェ「Gottlob」

Akazienstrasse アカツィエン通り 、Golzstrasse ゴルツ通り
最寄り駅:U7 Eisenacher Str.(アイゼナッハ・シュトラーセ駅)
地図はこちら


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ビールやジュースを頼むときに、覚えておくと便利なドイツ語

Posted by osanpoberlin on 05.2013 Deutsch 役立つドイツ語   0 comments   0 trackback
 ドイツのカフェやレストランでは、ドリンクメニューすべてにグラスの内容量が明記されています。これは、法律で義務付けられているそうで、例えば、りんごジュース(独語ではApfelsaft・アプフェルザフト)なら [ Apfelsaft  0,2ℓ/ 1,80 €  0,4ℓ / 3,00€ ]というように、2種類のサイズと料金が書いてあるのが一般的。大小が選べるのは、とてもいいシステムだと思います!

白ビールは-この形の0-5ℓグラスが定番
白ビールは-この形の0,5ℓグラスが定番

 ビールも、生ビール(vom Fass フォム・ファス =樽生)を扱うお店なら必ず 0,3ℓ(独語での読み方:ヌル・コンマ・ドライ) か 0,5ℓ (ヌル・コンマ・フュンフ)が選べるのが普通ですので、それぞれ注文するときに、どちらのサイズがいいかを伝えます。例えば、0,3ℓグラスのピルスナーを注文するときは、「Ein Pilsner, 0,3 bitte.(アイン ピルスナー、ヌル・コンマ・ドライ、ビッテ。)」と言えばOK!

 とはいえ、ドイツ語での注文はやはりハードルが高いと思うので、まずはサイズが大小あるのだ、ということを知っておけば十分です!サイズを伝えずに注文した場合には、「大小どっちにする? klein oder gross ?(クライン、オーダー、グロース?)」と聞かれるので、そのときに「小で(klein クライン)」もしくは「大で(gross グロース)」と伝えればOKです。(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

街の中心部なのに、森に囲まれた湖畔のビアガーデン <カフェ・アム・ノイエンゼー>

Posted by osanpoberlin on 03.2013 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
森と-湖と-あとはビールがあれば幸せ
森と、湖と、あとはビールがあれば幸せ♪

 自然が大好きなドイツ人。ビアガーデンといえば、木立の下!と相場が決まっていますが、そこに川や湖など、水辺があればなお最高~! そんなわけで、森に囲まれた湖畔のこのビアガーデン&レストランは週末ともなれば、何百席とある広いガーデンなのに、空いているところを探すのが一苦労なほど大人気!

フードコーナー-ピザが大人気
フードコーナー。ピザが大人気

 ビアガーデンはセルフサービスなので、フードコーナーに並んで好きなものを注文し、トレーに載せてレジでまとめて会計するシステム。ビールも同様、注文して受け取ったビールをレジまで持っていって支払います。きちんとしたレストランを併設しているお店なので、料理もおいしい。フードコーナーで注文できるのは、ブレッツェルや白ソーセージ、キャベツのサラダ、焼きたてのピザなどの軽食が中心。

レジでまとめて会計-のカフェテリア方式
レジでまとめて会計、のカフェテリア方式

 もっとしっかりした食事を楽しみたければ、折りたたみのテーブルとベンチが並ぶビアガーデン席ではなく、レストランのテラス席に座ればスタッフが通常通りのサービスでレストランのメニューをサーブをしてくれます。

 かなりわかりにくい場所にあるのと、最寄のバス停からも500m 以上歩かなくてはいけないのでちょっとアクセスは良くないですが、お天気の良い日には訪れる価値大!のビアガーデンです。(A)

週末になるとこの賑わい
週末になるとこの賑わい

Café am Neuen See カフェ・アム・ノイエンゼー
住所 Lichtensteinallee 2 10787 Berlin
(100番か200番のバス Nordische Botschaften/Adenauer-Stiftung が最寄バス停)
Tel. 030 2544 930
URL http://www.cafe-am-neuen-see.de/
営業時間 ビアガーデンは、月~金 11:00~夜まで、土日 10:00~夜まで レストランは毎日9:00~夜まで

木立の下で飲む自家製ビール <ハウスブラウエライ・エッシェンブロイ>

Posted by osanpoberlin on 01.2013 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 夏といえばビアガーデン! ベルリンのビアガーデンはデパートの屋上ではなくて、木立の下で飲む真のビア「ガーデン」。カラッとした夏に小鳥のさえずりを聞きながらジョッキを傾けると、「ベルリンにいてよかった〜」としみじみ思います。

左がピルス-中と右はロート-どれも小サイズ
左がピルス、中と右はロート。どれも小サイズ

 今回ご紹介するビアガーデンは私のとっておき。こぢんまりとした、プライベート感覚がするビアガーデンで、しかも自家製。できたてのフレッシュなビールを小さな中庭で飲めるんです。本当は教えたくないんですが、でもやっぱり教えちゃおう……。

その名は「エッシェンブロイ」。

 季節のよい時期は、ブルワリーの中庭でビールを飲めます。定番のピルス以外に期間限定ビールも登場。現在はピルス、ロート(赤)、ヴァイツェン(小麦)が飲めます。初めてここのビールを飲んだときは、すっきりとフレッシュでびっくりしました。とってもさわやかだと思います。

フードはフラムクーヘン(アルザス風の薄い生地のピザ)とブレッツェルのみ。だから、なんとフードの持ち込みもOKなんですよ。雨の日や夏季以外もご心配なく。地下のバーで飲めますから。

 ただし、この場所は通りから見えなくて、とってもわかりにくいと思います。初めてだと、もしかして見つけられないかも。そんなときは、私たちが喜んでガイドしますよ。(Y)

Hausbrauerei Eschenbräu ハウスブラウエライ・エッシェンブロイ
住所 Triftstr. 67, 13353 Berlin(ヴェディング地区)
Tel. 030 - 4626837
URL http://eschenbraeu.de/
営業時間 7月1日現在は毎日15:00〜(時期によって変更があるのでHPで確認を)

楢-オーク-の木の下で飲むビールは最高
楢(オーク)の木の下で飲むビールは最高

Im Sommer muss man in den Biergarten gehen! Biergärten in Berlin sind nicht auf dem Dach der Kaufhäuser wie in Japan, sondern unter Bäumen. Die Luft ist trocken, Vögelchen singen… ein herrlicher Sommer in Berlin.Dieser Biergarten ist mein Lieblingsbiergarten. Er liegt in kleinem Hof mit alten Bäumen - ganz gemütlich. Außerdem wird das Bier hausgebraut. Man trinkt also nicht nur frischgezapftes Bier, sondern wirklich frischgebrautes. Eigentlich möchte ich meinen Lieblingsbiergarten gar nicht vorstellen, aber ich tue es doch, weil es sonst zu egoistisch wäre. Der Biergarten heißt "Eschenbräu". Im Sommer kann man im Hof das hausgebraute Bier trinken. Momentan ist die Auswahl: Pils, Rot und Weizen.Als ich zum ersten Mal hier Bier getrunken habe, war ich überrascht. Das Bier dort war sehr frisch und süffig.Zum Essen bietet man Flammkuchen und Brezel an. Man kann aber auch den eigenen Picknickkorb mitbringen und dort essen. Toll! Wo trinkt man das Bier, wenn es kein Sommer ist? Keine Sorge! Es gibt einen Bierkeller. Der Biergarten liegt nicht im Vorderhaus. Wenn man das erste Mal hin geht, vielleicht findet man ihn nicht, wir führen euch SEHR GERNE. (Y)

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。