Loading…

カフェで、レトロかわいい東ドイツ体験 {Cafe Sibylle}

Posted by osanpoberlin on 29.2014 Cafés カフェ   6 comments   0 trackback
IMG_7342.jpg
この場所は元ミルクホール。当時の壁画が残っています

 東ドイツファンの方、いらっしゃいますか?
 様々な切り口で語られる東ベルリンですが、雑貨やインテリアデザイン分野でいえば、「素朴で、レトロで、かわいい」という表現がぴったりだと思います。

 「東ドイツのデザインって、どんなの?」という方は、ぜひCafe Sibylle(カフェ・ジビレ)に行ってみてください。ここは旧東ベルリン地区にあるカフェで、東ドイツ時代の日常生活を解説した展示コーナーもあるんです。店舗の前半分がカフェコーナー、後ろ半分が展示になっていて、展示だけ見てもOKです。

IMG_7351.jpg
東ドイツ名物Schwedeneisbecher(シュヴェーデンアイスベッヒャー)を試してみて

IMG_7353.jpg
50年代頃のインテリア。いま見てもかわいい

 念のため申し上げますが(ドイツ再統一後に生まれた方や、私のように歴史に興味のなかった方もいらっしゃるでしょうし)、ドイツは第二次世界大戦で敗戦して、東ドイツと西ドイツに分割されました。1990年にドイツが再統一されるまで、東西2つのドイツがありました。
 ベルリンは、東ドイツ領の中に位置していますが、ベルリンの中も東西に分断されました。その象徴が、ベルリンの壁です。
 東ドイツは正式名称をドイツ民主共和国といい、社会主義の国でした。社会主義は、西ドイツのような資本主義の国に比べて経済的に貧しかったのです。

 その貧しさが、逆に素朴なデザインにつながっているような気がします。貧しいゆえに、材質がチープだったりするのですが、逆にそれが味わいになっていたりするんですね。

 ここでは、東ドイツ時代の家電や、建築に関する展示が見られます。展示は主に、このカフェ・ジビレがある建物が造られた、50年代の東ドイツの様子です。ドイツ語表記だけなのですが、家電などは見るだけでも楽しめますよ。

IMG_7355.jpg
このスタンドライトも、典型的な50年代デザインです

 カフェで東ドイツ名物・Schwedeneisbecher(シュヴェーデンアイスベッヒャー=スウェーデンアイスパフェ)を食べたら、ゆっくりと展示をご覧ください。
 これは、バニラアイスにアップルムース、卵のリキュール、生クリームを乗せたパフェ。
 それがなんで「スウェーデンアイスパフェ」という名前かというと、1952年に開かれた冬季オリンピックのアイスホッケーの試合で、当時の西ドイツチームがスウェーデンに負けたらしいんです。東ドイツ書記長だったヴァルター・ウルブリヒトはそれを喜んで、自分のお気に入りだったパフェにSchwedeneisbecherと名付けたんですって。なんか、いやぁ〜な話ですねえ。でも東西ドイツは、そうやって張り合っていたんです。

IMG_7347.jpg
メニューは店内の壁画を使ったデザイン。レトロだわ

 カフェを紹介するつもりが、話が別の方向に行ってしまいました。宣伝で恐縮ですが、このカフェについては私の本『ベルリンのカフェスタイル』でもご紹介しています。併せてご覧いただければ嬉しいです。(text and photo_Yuki Kubota)

Cafe Sibylle カフェ・ジビレ 
Karl-Marx-Allee 72, 10243 Berlin(フリードリヒスハイン地区)
Tel. 030 2935 2203
URL http://www.cafe-sibylle-berlin.de/
営業時間 火〜水 10:00〜20:00 木・金 10:00〜22:00 土・日12:00〜22:00
定休日 なし

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)



熱々のとろけたチーズがおいしい!ラクレット

Posted by osanpoberlin on 25.2014 Essen 食材・旬の食べ物   0 comments   0 trackback
 「ラクレット(Raclette)」って、聞いたことありますか? チーズを使ったスイスの伝統的な料理で、チーズの断面を直火で温めて、溶けたところをジャガイモなどにからめて食べます。例えるならば「鍋のいらないチーズフォンデュ」のようなものでしょうか。ちなみにそのラクレット料理に使うチーズ自体も「ラクレット」という名前です。

 で、このラクレットは実はドイツでもけっこうあちこちで食べられます。どちらかというと冬の料理で、家庭で食べるときは専用の卓上コンロのようなものを使ったりしますが、朝市やクリスマスマーケットではこんな感じ。
P1160656.jpg
 ちょっとわかりにくいですが、専用のグリル機でチーズの表面が高温で加熱されているのです。グリルの上にはカットしたバゲットが並べられて温められています。

P1160657.jpg
 で、チーズがたっぷり溶けて少し焦げ目がついたところをナイフでこそげて、パンに乗せます。

 そこに、ハーブやスパイスをパラリ。完成!熱々のうちに、いただきます!
P1160658.jpg
この店では『ケーゼラクレット・バゲット Käseraclette-Baguette』という名前で 2,50ユーロ でした。

 これが売られていると、付近にものすご~く濃厚なチーズの香りが漂っているのですぐにわかります。冬の寒い時期のマルクトで、このチーズの香りが漂ってくるとドイツ人は足を止めずにはいられないようで、ラクレットを売っている屋台はたいてい常に行列ができてます。

 日本人にとっては「チーズくさっ!」と思うほど強い香りなのですが、味わいはマイルドで驚くほどクセがないので、個性の強いチーズは苦手......という人もきっとおいしく食べられますよ! チーズ好きな方は、見かけたらぜひとも試してみてくださいね。ヴィンターフェルドプラッツの土曜日の朝市でよく売られています。(text and photo_Akiko Matsunaga)
 

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

ザ・基本! カリーヴルストの頼み方と食べ方!

Posted by osanpoberlin on 22.2014 Essen 食材・旬の食べ物   0 comments   0 trackback
「おさんぽベルリン」をご覧の皆さまには、今さら説明の必要もないかもしれませんが、やはり一度はちゃんと基本中の基本を押さえておきたいと思いまして、ここにご紹介いたします。

IMG_1710.jpg
ベルリンに来たら、食べてね

 ベルリンに来たら、何はともあれカリーヴルストを食べてください。

 カリーヴルスト(Currywurst)とは、多めの油で焼いたソーセージ(ドイツ語でヴルスト Wurst)に、ケチャップベースのソースをかけて、カレー粉をふったもの。
 超単純なファストフードですが、ドイツはとにかくソーセージがおいしいので、私はときどき無性に食べたくなります。

IMG_1717.jpg
単純に、うまい。これは皮なしソーセージ

 カリーヴルストは、ドイツ料理レストランで出している場合もありますが、本来は屋台で食べるものです。屋台の方がおいしいと、私は信じています。
 ベルリンで有名なカリーヴルスト屋台はいくつかあるのですが、それは追々ご紹介するとして、今回は注文する際のアドバイスを。

 *カリーヴルストのドイツ語の発音は「カ」にアクセントがあります。以下のページで実際の発音を聞けますよ。ページ内の表右側の「Deutsch」という欄にあるスピーカーのアイコンをクリックしてください。
http://www.dict.cc/?s=currywurst


 *カリーヴルストは1本単位で買います。1本なら、ドイツ語でこう言います。
 "Eine Currywurst bitte." (アイネ カリーヴルスト ビッテ)

 2本なら、こう。
 "Zwei Currywürste bitte." (ツヴァイ カリーヴュルステ ビッテ)

 3本なら、「ツヴァイ」の部分を「ドライ」に変えるだけ。 

 だけど、外国語を覚えるのって大変だし、注文するとき緊張しますよね。私は、無理にすべてをドイツ語で言わなくてもいいと思います。数字部分は「ワン」とか「トゥー」など英語でいいんじゃないかな。
 大切なのは「カリーヴルスト」という単語。これさえ伝われば、数なんて英語で言ったり、指で示したっていいと思います。旅行者なんですから。

IMG_1702.jpg
左側が皮付き、右が皮なし

 カリーヴルストを頼むと、お店の人から皮付き(ミット・ダーム mit Darm)か皮なし(オーネ・ダーム ohne Darm)かを聞かれることがあります。それはお好みでどうぞ。

 また、フライドポテトや小型パンは、付いていないことが多いです。ほしければ、一緒に注文します。
 フライドポテトは「ポン・フリット」(Pommes frites)といいます。「ポンフリ」と聞こえます。発音は以下のページにある、表右側「Deutsch」欄のスピーカーボタンで。「ポン・フリット」の代わりに「ポンメス」でもOKです。
http://www.dict.cc/?s=Pommes+Frites


 小型パンは「ブレートヒェン」。発音は以下に。今度は表左側の「Deutsch」欄のスピーカーボタンです。
http://dade.dict.cc/?s=Br%C3%B6tchen

 ちなみにフライドポテトには、ケチャップまたはマヨネーズをかけてもらうことが多いです(普通は別料金)。最初これを見たときはゲッと思ったものですが、今「マヨかけて」と注文している自分がいます。
 しかしドイツのマヨネーズは、日本のよりも軽くて味がないので(なら、なぜかける……)、一度試されてもいいと思いますよ。

 「フライドポテト、マヨ付きで」なら、こう言えばOK。ケチャップの場合は、「マヨ」の部分を「ケチャップ」に変えてください。

 "Pommes frites mit Mayo, bitte." (ポン・フリット ミット マヨ ビッテ)

 フライドポテトにマヨとケチャップ両方を付けるときは、Schranke(シュランケ)と言うそうです(私は言ったことないんですけどね)。シュランケとは踏切のこと。つまり、フライドポテトの棒に赤(ケチャップ)と白(マヨ)がかかっているということらしいです。
 なので、カリーヴルスト+ポテト+マヨ+ケチャップのコンプリートで頼みたければ、こう言ってみましょう。

 "Eine Currywurst und Schranke, bitte."(アイネ カリーヴルスト ウント シュランケ ビッテ)

 カリーヴルストは間違いなくベルリン名物ですが、発祥の地はベルリン以外に諸説あり、どの街も「うちが元祖」と主張しているようです。 いずれにせよ、第二次世界第戦後の貧しかった時代に、手持ちの食材をなんとか工夫した結果、生まれた食べ物です。
 今ではケバブ、ハンバーガーなど多くのファストフードがありますが、カリーヴルストのおいしさと魔力は揺らぐことはありません、私の中ではね。 (text and photo_Yuki Kubota)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ユニクロのポップアップストア、誕生!

Posted by osanpoberlin on 16.2014 Shops ショップ   0 comments   0 trackback
IMG_7603.jpg
FROM TOKYO TO BERLIN


 大きなショーウィンドウの真ん中に「ユニクロ」「UNIQLO」の文字。そう、あの日本のユニクロのポップアップストアが、ベルリン・ミッテ地区にオープンしました。

 営業は1月14日〜3月22日までの限定で、時期によっては販売アイテムを一つに絞っています。例えば、現在から1月25日まではウルトラライトダウン(ベストも)。28日〜2月8日はヒートテック、2月10日〜3月1日はカシミア、3月4日〜22日はUTとジーンズらしいです。

 ユニクロは、今年4月にドイツ初のフラッグショップをクーダムエリアにオープンするのですが、このポップアップストアはそのPRってことなんでしょうかね。
 ちょうど今、ベルリンファッションウィーク(ファッション関係メッセが多数開催される期間)中で、各国からファッション業界人が大集合中なので、それを狙ったらしいです。

 ちなみにベストは、レディースでは2種類のラインナップで、それぞれ約40ユーロと50ユーロでした。日本のお値段に比べてどうですか? 

 一つ気づいた点といえば、商品説明がドイツ語だけだった点かな。ドイツ人って(特にベルリン?)けっこう英語を使いたがる傾向があるし、ユニクロはインターナショナルなブランドを目指すのだろうから、英語も併記したらイメージアップにつながるんじゃないかなと思いました。

IMG_7604.jpg
店内には試着しているお客さんが数名いました

 ユニクロは低価格で、品質もいいと思います。これは相当な企業努力だと思います。ヨーロッパのファストファッションブランドは、安かろう悪かろうが多い印象がありますからね。
 私はユニクロ製品をあまり買いませんが、それは単に自分の好みではないからです。特にアウター。
 あと、実際にユニクロに勤務している知人がいないのでわかりませんが、ちらほら聞こえる同社の過酷な勤務状況が気になっています。働く人も、買う人も、幸せになる会社がいいなと思ってね。こういう考え方、ちょっとドイツ人っぽいですかね……。

 それはさておき、ユニクロはドイツではまだ全然知られていないと思います。日本の低価格ブランドで、ベルリンで既に有名なのは無印良品ですね。"MUJI"の名で2008年にベルリンにショップがオープンして以来、いつもお客さんで賑わっています。
 ユニクロもMUJIのようになるんでしょうかね。低価格で高品質なら、ドイツ人は気に入りそうだな。 (text and photo_Yuki Kubota)

UNIQLO ユニクロ ポップアップストア(2014年1月14日〜3月22日限定)
Torstr.94, 10119 Berlin
営業時間 月〜土 11:00〜20:00
定休日 日

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

買い物しながら寄付ができるお店 {マルテーザーラーデン}

Posted by osanpoberlin on 14.2014 Shops ショップ   0 comments   0 trackback
 オシャレなショップやカフェがずらりと並び、いつも地元っ子で賑わうクロイツベルク・ベルクマン通り。そこから一本入ったところに、 Malteserladen マルテーザーラーデン というお店があります。

P1180409.jpg
立地がよく、いつも賑わっています。お隣は、オーガニックスーパーのAlnatura

 広い店内に入ってみると、並んでいるのは洋服、カバン、アクセサリー、本、食器...... 色々なものがカテゴリー別にまとまって整然と陳列されています。でも、よく見るとどれもセカンドハンド(中古品)のよう。

P1180406.jpg

 実は、このお店に並んでいる商品は全て、寄付としてお客さんから無償で持ち込まれたもの。それをこの店で販売した売り上げが、母体であるMalteser マルテーザーという社会福祉活動団体の活動資金として使われるのです。

 要するに、この店で買い物をするとそのお金が寄付として福祉活動に役立ててもらえる、ということ。ショッピングをしながら、誰かの役に立てるって嬉しい仕組みですね! 集まった活動資金は、例えば孤児院の運営費や、ホームレスの支援等幅広い活動に使われているようです。

P1180407.jpg

 中古品とはいえ、状態はいいものばかり。きちんと使えるキレイなものだけを扱っています。この商品たちは、もとはといえば誰かの「不用品」だったわけなのですが、それをあえてこのお店に「寄付として役立ててほしい」という気持ちで愛情を持って持ち込まれているので、着古した洋服やボロボロのカバンなんかはありません。

P1180405.jpg


 場所は、私も大好きでよく行くマルクトハレ(紹介記事はこちら☆)の西側にある公園沿い。ぜひおさんぽついでに覗いてみてくださいね。(A)


Malteserladen マルテーザーラーデン
住所 Schleiermacherstraße 25 10961 Berlin
Tel 030 6107 6662 
URL http://www.malteserladen.de/startseite.html
営業時間 月~金 10:00~20:00 土 10:00~18:00


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

これがベルリンの猫カフェ!{Pee Pee's Katzen Café}

Posted by osanpoberlin on 09.2014 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
 遂にベルリンにもできました! 猫カフェ!!

IMG_5566.jpg
やっとベルリンにも猫カフェが!

 昨年夏にノイケルン地区にオープンしたPee Pee's Katzen Café(ピー・ピース・カッツェン・カフェー)に行けば、Pelle(ペレ)とCaruso(カルーソー)の2匹の猫にいつも会えるんです!

 かわいいですよね〜、ねこ。
 私はずっと猫派ではなかったんですが、なぜかこの数年は急に猫が気になりだして、猫の写真を見るたびに胸がキュ〜ンとなっていました。でも、一時帰国もする身としては、飼うのはとても無理……。

 そんなときは、このカフェです。
 PelleとCarusoは、気分次第で寝ていたり、お客さんの足下をぐるぐる歩いたり。決してちょっかいを出したりせずに、お茶でも飲んでいると、そのうちに来てくれる(かも)! 
 お店には猫ちゃんたちのしっぽを引っ張らない、ぎゅっとつかまない、寝ているところを邪魔しない、などの注意が書かれていますが、とにかく基本は嫌がることをしないこと。でも猫好きさんなら、そんなことは当然ですよね。

IMG_5553.jpg
ぎゅっ!ってしたい〜。でもしちゃダメよ

IMG_5531.jpg
お店の入り口にはちゃんと柵が付いています

 この2匹は兄弟で、もともと箱に入れて置き去りにされていたところを、猫の保護団体に助けられたんです。そして、2013年6月にこのオーナーさんと出逢い、今こうしてカフェの人気者となりました。
 2匹は2012年11月生まれ。ということは1歳とちょっと。そっか、1歳でこんなに大きくなるのね〜、なんて、猫のことを知らない私は感心します。

IMG_5557.jpg
後ろ姿が特にラブリ〜

IMG_5532.jpg
ケーキは自家製

 カフェのメニューは自家製ケーキや、軽食など。料金は普通のカフェと同じです。時間制ではないので、ゆっくりできるのがいいですね。

 猫好きさん。飼いたいのに飼えないあなた。Pee Pee's Katzen Caféがありますよ。 
(text and photo_Yuki Kubota)

Pee Pee's Katzen Café ピー・ピース・カッツェン・カフェー
Thomasstr.53, 12053 Berlin
Tel.030 68086600
URL https://www.facebook.com/pages/Pee-Pees-Katzencaf%C3%A9/252160024909000
営業時間 火〜金 11:00〜19:00 土 12:00〜20:00 日12:00〜19:00
定休日 月

↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

ドイツ語で、「おいしい!」って何て言えばいい?

Posted by osanpoberlin on 07.2014 Deutsch 役立つドイツ語   0 comments   0 trackback
 久々に、「役立つドイツ語」いってみます! このカテゴリーでは、ベルリンに来たときに知っておくと絶対便利なドイツ語を紹介していますので、ぜひ過去の記事も読んでみてくださいね。(役立つドイツ語 過去記事はこちら
 
 さて、今日のお題は「おいしい」です。ドイツのレストランやカフェでは、料理を食べているときによくスタッフから「おいしいですか?」と声をかけられます。そのときに、「おいしいです!」と笑顔で伝えればお店の人も喜んでくれるので、ぜひドイツ語で「Lecker! レッカー!」と答えてみてくださいね。

 もっとフォーマルなドイツ語で「Es schmeckt gut! エス シュメックト・グート!」というのもあるのですが、よほど高級なレストランに行くのでなければ、そんな長ったらしい言葉を使う必要はありませんので、簡単な「Lecker レッカー!」を覚えておけばOKです。

 ちなみに、スタッフから食事中に声をかけられるのは「Schmeckt es? シュメックト エス?(おいしいですか?)」という以外にも「Alles in Ordnung ? アレス イン オルドヌング?(何か問題はございませんか?)」など色々なバリエーションがあるのですが、特に指摘するべき問題がなければ「Danke, Lecker! ダンケ、レッカー!(ありがとう、おいしいよ!)」と答えるだけで問題ありません。

P1160222.jpg
これはベルリン名物のアイスバイン。(実際には地元の人はそんなに食べないようですが。)
見た目よりあっさりしてておいしいです。とはいえ一人前を一人で完食するのは至難の業。
 写真はこちらの記事から
 
 余談ですけれど、ドイツの食事は大味でしょっぱいものが多いのは事実ですが「これは食べれない!」というほど日本人の口に合わないものは滅多にありません。大体想像通りの、期待を裏切らないものが出てきますので、ご安心を。肉料理のボリュームは、出てきた瞬間に苦笑いしてしまうほどですが......。(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

2014年早春 ベルリンの主なイベント!

Posted by osanpoberlin on 02.2014 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
 Frohes neues Jahr! あけましておめでとうございます!
 「おさんぽベルリン」が誕生して、初めて新しい年を迎えました。本年もたくさんの情報をお届けします。どうかよろしくお願いします!

IMG_73791.jpg
ベルリンのシンボルといえば、やっぱりこれ! テレビ塔!

 さて、本年もさっそく行きますよ。ベルリンで早春に開かれる主なイベントをピックアップしました。ご旅行のプランにお役立てください。

*2014年1月14日〜19日
ベルリンファッションウィーク
「ブレッド&バター」を始めとする、ファッションメッセが集中的に開かれる6日間。関係者のみ対象のクローズドのメッセもありますが、誰もが入場できるオープンなイベントもあります。
http://www.fashion-week-berlin.com/en(英語)

*2014年1月28日〜2月2日
トランスメディアーレ
 メディアアートや音楽、パフォーマンスに興味がある方は必見のイベント。2001年から毎年ベルリンで開かれています。
http://www.transmediale.de/(英語)

*2014年2月6日〜16日
ベルリン国際映画祭「ベルリナーレ」
 言わずと知れた国際映画祭「ベルリナーレ」。この時期ベルリンにはスターが大集合。上映映画のチケットは一般に発売されます。プレミア上映後は、監督や俳優との質疑応答タイムが設けられている作品もあります。作品について監督と直接話せるなんて、こんな機会またとないですよね。
http://www.berlinale.de/en/HomePage.html(英語)

*2014年4月26日
ロングナイト・オブ・オペラズ・アンド・シアターズ
 バラエティに富んだ約50のステージが、19時からオープン。共通チケット1枚で、気になるステージを観られます。
http://www.berlin.de/en/events/2116677-2842498-long-night-of-operas-and-theatres.en.html

*2014年5月17日
ロングナイト・オブ・ミュージアム
 今度で第34回を迎え、すっかりおなじみのイベント。チケット1枚で、ベルリンのいくつものミュージアムを回れます。この日だけの特別イベントも開催。詳細情報は4月に以下のHPにアップされる予定です。
http://www.lange-nacht-der-museen.de/

 上記のようなイベントももちろん楽しいですが、普通にお散歩したり、カフェでお茶をするのもベルリンの魅力です(これ、もう1万回ぐらい言っていますが)。だから結局、いつ来ても楽しいんですよね。
 今年も(こそ?)、ベルリンにいらしてくださいね〜。(Y)

↓ブログランキングに参加しています。いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)



  

検索フォーム