Loading…

冷たい飲み物を注文するときに、知っておくと便利なドイツ語

Posted by osanpoberlin on 26.2015 Deutsch 役立つドイツ語   0 comments   0 trackback
 『ドイツ人は炭酸大好き!オーガニック認証の炭酸飲料が増えてます』(←クリックすると別画面が開きます) という記事を、マツナガの別ブログに書きながら「あっ!これも書いておかなければ。」と思い出したので久々の「役立つドイツ語」いってみます!

 まず、ドイツのカフェやレストランで、アルコール以外の冷たい飲み物といえば、基本的にはこの3種類です。(そして、冷えてはいますが氷は入れないのが普通。)

*ミネラルウォーター(独語:Mineralwasser ミネラルヴァッサー) 水についてはこの記事も参考にどうぞ☆
*炭酸飲料 (独語:Limonade リモナーデ) コーラやスプライト、その他果汁などが入った炭酸飲料の総称
*フルーツジュース (独語:Saft ザフト) ○○saft =○○のジュース、です。<例:Apfelsaft = リンゴのジュース>

P1000756.jpg
人気のオーガニック炭酸ドリンク、BIONADE。そんなに甘くなくて、すっきりした後味。

 炭酸飲料は、それぞれのドリンク名で表記してあります。コカコーラ(Coca Cola)やビオナーデ(Bionade)など。フルーツジュースは、たいてい「Saft ザフト」というカテゴリがあって、その中にそれぞれの果実名が羅列してあります。リンゴ(Apfel)、オレンジ(Orangen)、サクランボ(Kirsch)などなど。

 で、ここからが本題。今回みなさんに知ってほしいドイツ語は、 Schorle ショーレです。

 ドイツでは必ずドリンクメニューのどこかに、この文字が載っています。Schorle ショーレ=炭酸水割り のことで、メニューに□□schorle と書いてあれば、□□の炭酸水割り ということです。<例:Apfelschorle(アプフェルショーレ) = リンゴジュースの炭酸水割り>

 そして、炭酸大好きのドイツ人のために、フルーツジュースはたいてい △△Saftschorle ザフトショーレ(= △△ジュースの炭酸水割り)としても注文することができるんです。 大体1:1くらいの割合で割ることが多いようですが。どんだけ炭酸が好きなんだドイツ人、って感じですよね。

 でも、おいしいんです!炭酸水で割ったジュースは、100%果汁のままよりもさっぱりとして甘さも薄まるので、夏の暑いときは割ったほうがゴクゴク飲めます。 ドイツでは特に、Apfelschorle (リンゴ果汁の炭酸水割り)が子供から大人まで大人気。これは食事にも合わせやすいです。 (余談ですが、ドイツはリンゴがたくさん取れるので、リンゴジュースはとてもおいしいです。ドイツに来たらオレンジジュースじゃなくてリンゴジュースを選ぶのがオススメ。)
 
 そしてなんと。Schorle ショーレはジュースだけではなく、ワインショーレ(独語:Weinschorle ヴァインショーレ)もあって、ドイツ人は白ワイン・赤ワインも炭酸水で割っちゃいます!! 主に白ワインですが、炭酸水で割ることによってアルコールが薄まり、口当たりが軽くなるのですいすい飲めます。これも特に夏場はよく飲まれているようです。

 というわけで。ドイツでドリンクメニューを見るときは、ドイツ人の大好きなこの単語「Schorle ショーレ」をチェックしてみてくださいねっ。
(text _Akiko Matsunaga)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

たまにはトルコ料理でがっつりお肉!{Adana Grillhaus}

Posted by osanpoberlin on 22.2015 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
 ベルリンの中でも、トルコからの移民が多く住んでいてどことなく異国情緒が溢れるクロイツベルク地区。ケバブの屋台をはじめ、トルコ系のスーパーやパン屋さん、そしてトルコ料理レストランもあちこちにあって、ベルリンにいながらにして「ん?ここはイスタンブール?」と感じられる楽しいエリアです。

 昨日は、そんなクロイツベルク在住のトルコ人に大人気のグリルレストラン「Adina Grillhaus アディナ・グリルハウス」でトルコ料理を堪能してきました。とってもおいしかったのでご紹介します!

P1000754.jpg
カフェやショップが立ち並ぶオラーニエン通りの東端にあり、訪れやすい立地。最寄り駅はU1 Görlitzer Bahnhof

 店内はそんなに広くなく、60席くらい。土曜の18時に予約していきましたが満席で、それでも次々にお客さんが来て席が空くのを待っているほどの人気店!ちなみにお客さんの8割はトルコ系かな、という印象。

 私達は色々食べ比べてみたかったので、前菜の盛り合わせとグリルの盛り合わせを注文。グリル料理には、サラダとパンもついてきます。
P1000750.jpg
手前が前菜の盛り合わせ(Vorspeisen Platte)7,50ユーロ、奥がサラダ4人前くらい。

 前菜は、フムスやトマトのサラダなどザ・トルコ!という組み合わせで、どれもおいしい。これとパンだけでも満足してしまいそうですが......そうこうするうちにグリルプレートが登場!

ザ・肉~~~~!!どーん!!!と豪快に盛られてきた、ラム肉のグリルプレート。これで3人前ですっ。
P1000751.jpg
スペシャルプレート。(Adana Grillhaus - Spezial Teller) ラムのミートボール、フィレ、スペアリブ、ラムチョップ、などの盛り合わせ。1人前16ユーロだったかな?

 笑っちゃうほど大盛りで驚きましたが、3人前を4~5人でシェアしながら食べてちょうどよかったです。炭火焼のお肉は、柔らかくてジューシーで、美味!ビールが進みました。
P1000752.jpg 
写ってないけど、ビールはボトルで出てくるので、ラッパ飲みです!もちろんここではトルコのビール、Efes エフェスを。

 トルコ料理は日本人の口に合いますし、なかなか日本では食べる機会もないですよね。ベルリン滞在中にあえて一度は本格トルコ料理というのは、実はベルリンならでは!のおいしい選択肢のひとつなんですよ。
(text _Akiko Matsunaga)


Adina Grillhaus アディナ・グリルハウス
Manteuffelstr. 86 10997 Berlin (クロイツベルク地区)
URL http://www.adanagrillhaus.de/
営業時間 月-日 6:00~24:00
定休日 無休


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

アメリカ〜ンで、お腹いっぱい! {The California Breakfast Slam}

Posted by osanpoberlin on 17.2015 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
IMG_2623.jpg
フルーツたっぷり、フレンチトースト


 アメリカ〜ンなものが無性に食べたくなるときって、ありませんか。一口食べると「もういいや」ってなるのがわかってるくせに、どうしても食べたくなるときが。

 The California Breakfast Slam(ザ・カリフォルニア・ブレックファースト・スラム)は、アメリカ〜ンなフードをがっつり食べたいときに行きたいカフェ・レストランです。

 実はここ、かなり前に一度行ったことがあったんですが、そのときはあんまりいい印象がなかったんですよ。料理が出てくるまでに、やたらと時間がかかったりして。

 それでしばらく敬遠していたのですが、この前久々に行ってみたら、ほぼ満席状態にもかかわらず食べ物もすぐに出てきて、オーダーミスもなく、店員さんもフレンドリー。
「あ、もう一度来てみてよかったな」と思いました。


IMG_2631.jpg
私はエッグベネディクトを注文。全部食べましたよ、ええ


 ここのウリは、とにかくアメリカンなメニュー。バーガー、パンケーキ、卵料理、どれもボリュームた〜っぷりです。お腹をすかせて行ってください。

 写真のメニューは、フレンチトーストとエッグベネディクト。運ばれてきたときは、「うわ〜、食べきれない」と思いましたが、意に反して(?)完食しました。

 どちらも定番品ではなかったので、普段はないかもしれませんが、以前食べたパンケーキもおいしかったです。


IMG_2642.jpg
あまりにもさりげない外観なので、見落とすかも


 アクセスがちょっと不便なのと、看板がなくてわかりにくい外観なので、初めて行くときはやや大変かもしれません。

 店員さんたちは英語話者の人が多いですが、ドイツ語もたぶん通じます。こんなこと書くのってヘンかもしれませんが、ベルリンでは外国人が開いているお店が多いので、店内すべて英語ということもあるんですよ。それもまた、ベルリンらしさの一つですね。
(text and photo_Yuki Kubota)


The California Breakfast Slam ザ・カリフォルニア・ブレックファースト・スラム
Innstr. 47, 12045 Berlin(ノイケルン地区)
URL http://cabslam.com/
営業時間 月-日10:00-深夜
定休日 無休


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

祝13周年! 気取らないご飯と、気の利いた日本食品 {smartdeli}

Posted by osanpoberlin on 10.2015 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
P1170462.jpg
店内奥の食品コーナーから見渡してみました。一面ピンク!


「おさんぽベルリン」は1月3日にイベントを開きましたが、そのときに会場として協力していただいたのがsmartdeli(スマートデリ、以下スマデリと略します)。

 私にとっては、あまりにも身近なお店なので、これまで「おさんぽベルリン」できちんとご紹介したことがありませんでしたが、今月14日にめでたく13周年バースデーを迎えるので、この機会にきちんとご紹介したいと思います。
 (あ、これは別に広告として書いているのではないですよ。私が純粋に紹介したいから、勝手に書いているんです。「おさんぽベルリン」では、広告はありません)

 スマデリは、塩鮭や焼き肉定食のような、家で毎日食べるような日本食と、日本食品を販売するレストラン&食品店です。

 定番メニューのほかに、餃子やラーメン、カレー、たこ焼きなどの週替わりメニューもあって、私はよくこの週替わりメニューを注文しています。週替わりメニューは、お店のFacebookページで確認できます。→https://www.facebook.com/pages/smartdeli/136074039821185

 お寿司もあります。お寿司は、カリフォルニアロールなどの、ちょっと洋風なものが主流です。


IMG_2173.jpg
これは1月3日のイベントの際の特別メニュー、五目寿司


 私はここの白米が、ふっくらしていて好きなんですよ。聞けば、お店に軟水機を導入し、すべて軟水で調理しているんだそうです。やっぱり日本食には、軟水ですよね〜。

 そして食品ですが、ほかのアジア食品店では売っていないような、気の利いた日本食品があるのが、スマデリの魅力なんですよね。

 たとえば、魚沼産コシヒカリ。イタリア産日本米ならほかのお店でも手に入りますけど、魚沼産はまず売っていないです。

 それに牛・豚の薄切り肉。ドイツって、薄切り肉ありませんよね。しゃぶしゃぶやすき焼きをしたいとき、これは心強い。

 この季節は、おでん種もありがたいです。はんぺんやちくわ、しらたきも売ってるのがいいですね。お鍋用にマロニーもあります。

P1170456.jpg
冬はあったかおでん


 食品コーナーは、お店のいちばん奥、階段を数段上った黄緑色のコーナーにあります。
 食品は20ユーロ以上購入すると、配達もしてくれます。

 スマデリはなんというか、いつもゆる〜い雰囲気が流れていて、ぎすぎすした感じがないのがいいですね。
 お店もお客も、気取らずにいられるお店です。そういう雰囲気が好きな方におすすめです。

 宣伝になりますが、私の『歩いてまわる小さなベルリン』も、スマデリで販売しています。お店奥の寿司カウンターの前に置いてありますので、ベルリンで買いたいという方は、ぜひスマデリでお買い求めください(私にご連絡いただいてもOKです)。

P1170413.jpg
寿司カウンター前の、ここです


 店内向かって左奥の書棚には、日本の雑誌や書籍もいろいろ。私のこれまでの著書も、ほぼすべて揃っていますよ。ご飯のお供にどうぞ。

P1170410.jpg
私の本もよろしければご覧ください


 お昼は近隣のビジネスマンで混雑しているので、遅めの午後に行けばゆっくりできますよ。私もその頃に行くことが多いです。

 今度の2月14日は、スマデリ13周年のバースデー。お酒と甘味のコラボパーティーが開かれます。日本から4種類の日本酒がやって来るそうですよ。楽しみ!
イベント詳細→https://www.facebook.com/events/778522532225327/?ref_newsfeed_story_type=regular

 私も行くつもりなので、ご興味のある方、スマデリで会いましょう〜。
(text and photo_Yuki Kubota)

smartdeli スマートデリ
Chausseestr. 5, 10115 Berlin(ミッテ地区)
URL http://www.smartdeli.org/
営業時間 月-土10:00-22:00
定休日 日



↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

男前インテリアの、隠れ家カフェ {distrikt coffee}

Posted by osanpoberlin on 03.2015 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
P1170376_20150203083616a0f.jpg
さりげない感じが好き


 東京でいえば青山のようなミッテ地区に、まるで隠れ家のような、落ち着けるカフェができことを友人から教わって、行ってきました。

 昨年秋にオープンした distrikt coffee(ディストリクト・コーヒー)は、表通りから1本入った裏道に佇んでいます。そのひっそり感に、「入ってみたい!」という気持ちがふつふつと湧いてきます。


P1170298.jpg
室内は意外な広さ


 間口は狭いのですが、入ると奥に細長く続いていて、外からは想像がつかない広さ。レンガの壁とタイルの床というクラシックな空間に、インダストリアルテイスト(←こういうの、日本では男前インテリアって言うんですって?)の家具。いいですね。


P1170371.jpg
カプチーノ。それぞれ違う模様を描いてくれました


P1170295.jpg
これはパリbellevilleの豆。椅子がいい感じでしょ


 ここではカプチーノやラテといった、おなじみのエスプレッソ系バリエーションのほか、ドリップコーヒーも飲めます。
 ドリップ用に用意された数種類の豆(ベルリンのBonanza Coffeeや、パリのBellevilleの焙煎豆)から好みのものを選ぶと、それに合った淹れ方でドリップしてくれます。ドリップの種類はサードウェーブ系カフェに必ずあるハリオV60、エアロプレスのほかに、珍しくカリタもあるんですよ! 日本のメーカーが使われていると、何となくうれしくなります。
 豆は、いま流行のライトローストなので、酸味を感じました。ライトになればなるほど、何となくお茶の感覚に近づいていく気がします。私自身はもう少し焙煎した方が好きですが、これはもう好みの問題ですね。


P1170382.jpg
おいしくてかわいい、パンケーキ


 カウンターにはケーキやデニッシュも並んでいますが、私はパンケーキを頼んでみました。運ばれてきたお皿には、小ぶりなパンケーキが3枚と、フルーツにナッツ、メイプルシロップにフルーツソース。きれい! ひと皿にいろいろな味と歯ごたえがあって、おいしかったです。

 ベルリンには、こういうセンスがよくて居心地がいい、おいしいカフェがたくさん。カフェって、ベルリンの名所の一つだと思います。
(text and photo_Yuki Kubota)

distrikt coffee ディストリクト・コーヒー
Bergstrasse 68, 10115 Berlin(ミッテ地区)
URL http://distriktcoffee.de/
営業時間 月-金 8:00-18:30 土日10:00-18:30(パンケーキやフードは9:30-16:00)
定休日 無休


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

  

検索フォーム