Loading…

おひとりさまランチにもおすすめ、KaDeWeのブッフェレストラン「LeBuffet」

Posted by osanpoberlin on 31.2015 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
「ベルリンでおすすめのレストランはどこですか?」とよくご質問をいただくのですが......。 ベルリンはレストランの選択肢が膨大なので 「 何料理なのか? 予算は?? 雰囲気は??? 」と、色々な要素を絞り込んでいかないとおすすめできないのです。

というわけで、今回は 「一人でも気軽に利用できるレストランはどこですか?」という質問に対して、私がよくおすすめしている セルフサービス方式のカフェ・レストランをご紹介。ベルリンの超有名デパートKaDeWe(カーデーヴェー)の7階にある「LeBuffet」です!

DSC_0149.jpg
量り売りの冷菜と温菜から好きなものを選んで、これくらいで10ユーロ前後。予算は、飲み物をつけて15ユーロ~。お味もGood!

ドイツでは、レストランやカフェのメニューにはふつう写真が載っていないので、ドイツ語がわからないと注文するのにも一苦労なのですが、ここなら並んでいるものを自分で見て選べますので安心。旅行中に不足しがちな野菜もたっぷり食べられます。

冷菜や温菜など、ブッフェ式で自分でお皿に乗せるものと、料理人に注文してその場で仕上げてもらう暖かい料理などがあります。 100gいくら、の量り売りのものと、一品いくら、で表示されているものがあるので、量り売りのものはお皿を分けてくださいね。(食べ放題ではありませんので、要注意!)

トレーに乗せた料理や飲み物を、レジで会計してもらってからフードコート内の好きな席に座って食べるので、サービス係にチップを渡したりする必要もなく、気楽です。

ドイツのデパートには、だいたいどこもこういうセルフ方式のカフェレストランがあります。ベルリンでは、KaDeWe以外にも クーダムエリアのKarstadt カーシュタット や、アレクサンダー広場にある GALERIA Kaufhof ガレリア カウフホーフ もいいですよ。

もちろん一人ではなくて、グループやファミリーで行くのにもおすすめ! コーヒーだけでもOKですし、ケーキも色々並んでいますので、ドイツ旅行中はぜひ気軽に利用してみてくださいね。
(text and photo_Akiko Matsunaga)

LeBuffet KaDeWe
住所 Tauentzienstraße 21-24,10789 Berlin
URL http://www.lebuffet.de/store/lebuffet-kadewe
営業時間 月~木 10:00~20:00、金 10:00~21:00、土 9:30~20:00 (日曜・祝日 定休)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

隠れ家のようなワインレストラン、Glügk グリュック

Posted by osanpoberlin on 25.2015 Restaurants/Bars レストラン・バー   2 comments   0 trackback
「美味しいドイツワインが飲みたい!」というお客様からのリクエストに応えて、新しいお店を開拓してきましたのでご紹介します♪

シャルロッテンブルク地区にある、Glügk グリュック 。立地的に、外国からの観光客はまず訪れない場所なのですが、シャルロッテンブルク宮殿から南に1㎞ほど下った大通り沿いにあり、「こんなところにこんな素敵なお店が?」という、ちょっと嬉しい驚き!

DSC_1239.jpg
テーブルには真っ白なクロスがかけられて。でも、肩ひじ張らずにくつろげる雰囲気です

ワインはドイツのリースリングに力を入れていて、食事は手作りのドイツ風タパスが中心のワインバー&レストラン。しっかり食事を楽しむのもOKだし、軽めのおつまみとワインだけでゆっくり過ごすこともできます。

DSC_1242.jpg
自家製スモークサーモンとジャガイモパンケーキ (hausgebeizter Lachs mit Rösti) 5,50ユーロと、鴨のテリーヌ・ウイスキープラム添え(Ententerrine mit Whiskypflaumen) 5ユーロ

少量ずつ色々な味が楽しめる小皿メニューが嬉しくて、あれこれ頼んでお腹一杯になってしまい結局メイン料理は頼めなかったのですが。小皿料理は 2~6ユーロととてもリーズナブルで、どれも美味しかったです。(ドイツ語のみですが、メニューはこちら→☆)

グラスで注文できるワインの種類も多く、一杯(たっぷり200cc!) 6~7ユーロ。ボトルワインならドイツを中心に100種類以上(!) どれだけ通えば、全種類制覇できるのでしょうか......。(ワインリストはこちら→☆)

ワインについて質問すると、ものすご~く熱く語ってくださいます。オーナーご自身が、本当に美味しいと思うワインをセレクトしているからこそ!というのが伝わってきましたよ。

ベルリンでは、まずどこのレストランでもメニューに数種類のビールとワインはありますが、やはり本当に美味しいワインを手頃に楽しみたいなら、こういうワインレストランでプロにおすすめしてもらうのがいいです。 飲んでみて気に入ったワインは、ボトルで買ってお土産にすることも可能です。日本ではなかなか出会えない、すっきりと美味しいドイツワインを楽しんでくださいね!
(text and photo_Akiko Matsunaga)


Glügk グリュック
住所 Kaiserdamm 4 14057 Berlin
Tel. 030 - 30 20 79 18
URL http://www.gluegk.de/
営業時間 火~日 17:00~24:00 (23:00 オーダーストップ) 


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

平たい桃が、おいしい。 {Plattpfirsich}

Posted by osanpoberlin on 17.2015 Essen 食材・旬の食べ物   2 comments   0 trackback
 こんにちは〜。在ベルリン・ライフスタイルライターの久保田由希です。
 今が旬のフルーツはいろいろありますが、私のおすすめは、なんといってもこの「平たい桃」!
 ドイツ語では「平たい桃」という意味そのままのPlattpfirsich(プラットプフィルズィヒ)、または「山桃」という意味のBergpfirsich(ベルクプフィルズィヒ)と言います。

IMG_0072.jpg
上から見るとわからないかもしれないけど……

IMG_0080.jpg
横から見ると、ほら。ピンクッションみたいで、かわいい


 ドイツには、まん丸の桃もあるんですよ。でも、この「平たい桃」は、と〜ってもジューシーで、香りがいいんです。日本の白桃そっくり。
 日本の「水蜜桃」という白桃は、中国の桃を品種改良したものだそうですが、実はこの「平たい桃」も中国が原産。なるほど、似ていて当然だったのですね。

 お値段は1㎏2〜4ユーロぐらい。ドイツでは青果類は量り売りが基本なので、こういう書き方になってしまいますが、500gでだいたい4個前後です。 八百屋さんやスーパー、市場で1個単位で買えます。好きな個数だけ手にとってレジに持参すれば、レジで重さを量って料金を教えてくれます。
 たまに500gパックで売られていることもありますね。

 日本の白桃のような、柔らかくてジューシーな桃が食べたいときは、迷わずこの「平たい桃」を選んでください!
(text and photo_Yuki Kubota)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』


よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

まさに、「おもちゃ箱をひっくり返したような」賑やかなおもちゃ屋さん!{Die wilden Schwäne}

Posted by osanpoberlin on 11.2015 Shops ショップ   0 comments   0 trackback
「子供へのお土産に、ドイツならではの木製のおもちゃやおままごと道具を買って帰りたいんです!」 というお客様のリクエストに応えて、色々探していたときに見つけたのがこちらのおもちゃ屋さん Die wilden Schwäne ディ・ヴィルデン・シュヴェーネ。

DSC_1145.jpg
プレンツラウアーベルク地区に2軒あり、行きやすいのがこちらの Schönhauser Allee 沿いのお店。

この賑やかな店構えだけでワクワクしてしまいますが、店内はさらに賑やか! 天井までぎっしり並べられたおもちゃや絵本、雑貨の数々...... 圧巻の品揃えです!

DSC_1147.jpg

お客様が探していた、Erzi (エルツィ)のおままごとセットもたくさん。
DSC_1148.jpg
これは確かにかわいい!使うほどに味わいが増しそう~。

絵本も、小さい子向けから、小学生向けのものまでかわいいものがいっぱい。
DSC_1149.jpg

いわゆる「おもちゃ」以外にも、小学生~中学生くらいの子が喜びそうな雑貨や文具、いわゆるファンシーグッズも充実してますし、大人が見ても楽しいものが多い!
DSC_1150.jpg

大手デパートの玩具売り場にはない品揃えで楽しいので、かわいい雑貨が好きな人や、子供向けのお土産を探している方はぜひ覗いてみてくださいね。
(text and photo_Akiko Matsunaga)


Die wilden Schwäne ディ・ヴィルデン・シュヴェーネ
Schönhauser Allee 63 10437 Berlin(プレンツラウアーベルク地区)
営業時間 月-金 10-19時 土 10-18時
URL: http://www.wildeschwaene.de/


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

世界のビールをお試し! インターナショナル・ベルリン・ビア・フェスティバルの楽しみ方「完全マニュアル」!

Posted by osanpoberlin on 08.2015 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
P1190015.jpg
右が今年の、左が昨年のお試しミニジョッキ。どちらも0.2リットル


 今年もやって来ました、インターナショナル・ベルリン・ビア・フェスティバル! 
 私たち「おさんぽベルリン」のマツナガと久保田は、「おさんぽベルリン」ブログを立ち上げた当初からこのイベントについて毎年アツ〜く書いているほど好きなんです。もちろん今年も初日8月7日(金)から行ってきましたよ〜。

 今回はこのイベントに初参加する方のために、楽しみ方をイチから伝授しちゃいます。場所や会期は、いちばん下を見てくださいね!
 ではでは、楽しみ方完全マニュアルです!

1.会場へのアクセスは?

会場は、Karl-Marx-Allee(カール・マルクス・アレー)という広い道路の歩道部分で、地下鉄U5線Strausberger Platz(シュトラウスベルガー・プラッツ)駅からFrankfurter Tor(フランクフルター・トアー)駅までの区間です。
地下鉄U5線に乗り、Strausberger Platz駅、Weberwiese(ヴィーバーヴィーゼ)駅、Frankfurter Tor駅のいずれかで降りて、地上に出れば、そこがもうビアフェス会場です! 入場無料!

2.まずはインフォブースでマップを入手。
お試しミニジョッキ購入もおすすめ!


P1180970.jpg
Frankfurter Tor駅側のインフォテント。ここでマップやお試しミニジョッキが入手できます。
お試しミニジョッキを首から提げられるホルダーも売っています


P1190073.jpg
マップはこれ

上記いずれかの駅から地上に出ると、その付近に白いテントのインフォコーナーがあります。ここで、出店ブースが載っているマップをもらいましょう(無料)。どのブルワリーのビールがどこで飲めるかが一目瞭然です。
そして、ここでお試しミニジョッキ(0.2リットル)Pro (Bier) Krug(プロビーア・クルーク)も買いましょう(3.50ユーロ)。これは別に買わなくてもいいんですが、あると便利なんです。
というのは、普通ブースでは0.3リットルからの販売。でも2400種類のビールが揃うというこのイベント、できるだけ何種類も飲みたいじゃないですか。お試しミニジョッキなら少量ずつ飲めて、お値段も0.3リットルより割安です。
しかも、ブースのグラスで飲むと、グラスの保証金を払って、飲んだ後はグラスを返却する必要もあります。それがちょっと面倒。でも、このお試しミニジョッキなら返却不要。ブースで買ったビールを飲みながら、そのまま次のブースへ移動できるんです。

ちなみにこのお試しミニジョッキは、毎年グラスの形が異なります。以前のグラスは今年も使えるので、持参すれば新たに購入する必要はありません。もちろん毎年買って、コレクションしてもOKです。

3.気になるブースへ行き注文→飲む!

P1180990.jpg
ビールはもちろんドラフトで! 瓶もあります

インフォでもらったマップをチェックし、気になるブースへ行って注文しましょう。ブースごとに数種類のビールを売っています。量は0.3か0.5リットルが普通。グラスの保証金も含めた金額を払います。グラスを返却すれば、もちろん保証金は戻ってきます。
お試しミニジョッキを持っている人は、それに注いでもらいます。これだと、お値段はだいたい2ユーロぐらい。

4.フードはお肉、お肉またお肉!

P1190024.jpg
やっぱりソーセージは定番!

P1190017.jpg
このイベントで毎年お馴染みの豚の丸焼き

ビールのお供には、おいしいフード。このイベントではお肉がメインです。焼きソーセージBratwurst(ブラートヴルスト)、豚の丸焼きSpanferkel(シュパンフェアケル)などお好みで。
自分でおつまみを持参して、食べてもいいんですよ。

5.ステージのゆる〜い音楽も楽しめる

P1190042.jpg
ここではラインダンスのステップで踊っていました。ステップを覚えたら一緒に踊れそう!

会場には合計19のステージがあり、懐かしいハードロックなどを演奏しています。飲みながらまったり楽しめます。
また、ブースの脇と裏側にベンチがずらーっと並んでいるので、適当に座って飲みましょう。

6.水と日焼け止めは必須! 小銭も多めに用意して

今年のベルリン、異常な暑さです。なるべく日陰にいて、水分補給を忘れないでください。水を売っているブースもありますが、持参するほうが便利です。
ちなみに、ビールは水分補給になりません。必ず水も一緒に飲むようにしてくださいね。二日酔い防止にもなりますし。帽子やサングラスもあるといいと思います。
また、ビールの値段は数ユーロなので、小銭を多めに用意しておくといいです。


 今日と明日の残り2日間、思いっきり楽しみましょうね〜。私たちもどこかにいると思うので、見かけたら気軽に声をかけてくださいね。

*8月8日補足:トイレに関しては、仮設トイレがブースの裏側と車道の間の芝生スペースに、至るところにあるので問題ありません(有料:50セント)。私が使用したときは、こまめに清掃していて気持ちよく使えました。こういうときに、ドイツはつくづく清潔だと思います。
(text and photo_Yuki Kubota)

第19回インターナショナル・ベルリン・ビア・フェスティバル
19. Internationales Berliner Bierfestival
会期:2015年8月7日(金)〜8月9日(日)
会場: カール・マルクス・アレー通り、 地下鉄U5線 Strausberger Platz駅からFrankfurter Tor駅までの区間
開場時間:金:12~24時、土:10~24時、日:10~22時
入場料:無料
HP:http://www.bierfestival-berlin.de/


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』


よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

イチゴ型売店もかわいい! 産地直送イチゴ  {Karls}

Posted by osanpoberlin on 02.2015 Essen 食材・旬の食べ物   0 comments   0 trackback
P1180560.jpg
思わず記念写真を撮りたくなるかわいさ!


 5月から8月頃にベルリンにいらしたことがある方なら、きっと一度は目にしていると思います、イチゴの形をした直売スタンド。
 このスタンドで、北部ドイツにある Karls(カールス)というイチゴ農園から直送された、採れたてのイチゴが買えるんです。

 ここのイチゴ、本当においしいです。ここのイチゴを食べて「もうスーパーでは買わない」と言っていた人もいるくらい。
 1Kgか500gで買えて、お値段はそれぞれ4.95ユーロ、3ユーロ(時季により多少の変動あり)。スーパーなら、もっと安く買えるイチゴはありますが、食べたときの満足感を考えたら、ここで買っちゃいます。


IMG_7973.jpg
これは500g

 じつは私、『農耕と園芸』というシブい雑誌の取材で、このKarls農園に行って来たんです。北部ドイツのロストック付近にあるんですが、とにかく農園がひろ〜い! その一角で、摘み手さんたちが手作業で一粒ずつイチゴを摘んでいました。
 Karlsは農園のほかに、ジャムなどオリジナル商品や、ファミリーで楽しめるイチゴのテーマパーク Erlebnis Dorfがあったりして、フレッシュなイチゴ以外にも興味を惹かれます。

 取材してわかったのは、ここのイチゴは買ったら洗わずにそのまま食べられること。洗うと水っぽくなって味が落ちるので、そのまま食べることを勧めています。
 イチゴは第三者機関に品質チェックに出しているそうなので、安心して食べられそうです。

 ところで、日本からのお客さんと話していてときどき聞くのが「ドイツは食材がおいしくて安いですよね」ということ。

 これ、まったく同感です。「ドイツは食事がまずい」と思っている方もいますが(これは部分的に同意、部分的に反論します)、新鮮な野菜・果物、乳製品、お肉類は、本当においしいですよ。素材の味が濃いんです。
 イチゴなら、買ってそのままホテルの部屋で食べられます。この時季にいらっしゃる方は、ぜひお試しを!
(text and photo_Yuki Kubota)

Karls カールス
http://www.karls.de/
イチゴ直売スタンドは、5月上旬〜8月下旬頃まで、ベルリン及びポツダム、北部ドイツの街角に立っています。


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』


よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
  

検索フォーム