Loading…

おすすめお土産  ドイツ・fashy ファシー社製の湯たんぽ

Posted by osanpoberlin on 26.2015 Souvenir おすすめお土産   2 comments   0 trackback
 新ブログカテゴリ、おすすめお土産。第二弾は、マツナガが10年以上前から愛用しているこちら。

 ドイツ・fashy社製の湯たんぽ (ドイツ語で Wärmflasche ヴァームフラッシェ)ですっ。
DSC_1179.jpg
ドラッグストアdmにて。バスグッズが置いてあるコーナーを探してください。

 「へ?湯たんぽ??」と思われた方。ぜひネット通販サイトで「湯たんぽ」と検索してみてください。いかにこの商品が「湯たんぽカテゴリ」で人気があるかがわかると思います。

 冷え性の人には、冬の必需品!「 一家にひとつ」じゃなくて、「一人にひとつ」必要な本当に優れた商品。私はこれがないと落ち着いて冬が迎えられないですし、日本の実家にも里帰りの時用に常備してあります。

 日本で一般的なブリキやプラスチック製の硬くてかさばる湯たんぽと違って、ゴムのように柔軟な塩化ビニル樹脂素材のため、布団の中で脚の下に入れるのはもちろん、座っているときに膝の上に乗せたり、横になっているときに足の間に挟んだりしても体になじみが良くて、本当にほんわかと暖かくて気持ちいいんですよ。

 現在 fashyの湯たんぽ は日本でもオンラインで手頃に買えるようになりましたが、ドイツで買えば安いですので、気になる方はぜひ。私はガイドやホームステイでお会いしたお客様にもおすすめしていますが、「買ってよかったです!」と評判いいです。

 ちなみに上の写真では、右のカバーなしの湯たんぽは5,45ユーロ、左のフリースカバーつきは7,45ユーロ。ドイツのどこにでもあるドラッグストア・dm(デーエム)での販売価格です。
DSC_1175.jpg
dmの店構えはこんな感じ。泊まっているホテルなどで、最寄りのdmの場所を聞いてくださいね。

 dm以外でも、別の大手チェーンドラッグストアRossmann(ロスマン)でも扱ってますし、デパートにもあります。 ただ、日本のサイトで見つかるような可愛い色柄のものは、ドイツでは全く見たことがありません。デパートに行っても、ごく普通の 赤、白、ブルー くらいのバリエーションしか見つからないかもしれませんのでそこは予めご了承くださいね!
(text and photo_Akiko Matsunaga)



↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

クラフトビールが飲めるバーも併設! お洒落で便利な立地のホテル&ホステル {The Circus}

Posted by osanpoberlin on 20.2015 Hotel ホテル   0 comments   0 trackback
 「ベルリンでは、どこのエリアに泊まるのがいいか?」というのはなかなか奥が深い質問です。ごく一般的な回答としては、「空港からのアクセスがよくて、繁華街・主要駅から近いエリア。」となりますが、ベルリンはそれぞれの地区で雰囲気が違うところが魅力なので、ぜひ2回目、3回目のベルリン旅行は(いえ、初めてでも)お気に入りのエリアに泊まってみてほしいと思います。

 というわけで今回は、「ベルリンで『ザ・観光名所』を巡るよりも、ミッテやプレンツラウアーベルク地区などのオシャレエリアをブラブラしして過ごしたい!」という方におすすめのホテル&ホステルを紹介しますね。

 ミッテ地区の Rosenthaler Platz駅からすぐに位置する、The Circus ザ・サーカス。 ここにはバックパッカーの一人旅にぴったりのドミトリールームから、ファミリー向けのキッチン付きアパートメントまで、幅広いタイプの部屋が揃ってます!
DSC_1646.jpg
これはホステルのロビー部分。センスのよい友達の家に遊びに来たみたいで、寛げます

 交差点を挟んで、ホテル(各部屋にバスルームあり)とホステル(バスルームは各階でシェア、ドミトリーもあり) が近接していて、数ブロック離れたところにキッチン等完備のアパートメントがあります。

 周辺はとにかくショップやカフェ、バーがひしめき合っていて、いつも若い旅行者やお洒落なベルリーナーで賑わっていますので、ここを拠点に歩き回るだけでも2~3日は退屈しないのではないかと。

 そして、このホステルの地下にはなんとオリジナルビールの醸造所があるんです! ホステル併設のカフェ「Katz & Maus(カッツ&マウス)」の地下部分は マイクロブルワリー&バー「The Circus Hostel Brewing Co.」になっていて、オリジナルビール以外にもドイツのビールやカクテルが気軽な雰囲気で楽しめます。
DSC_1648.jpg
これがオリジナルビール。すっきりフルーティで美味しかった。バーじゃなくてロビーで撮った写真ですが......。バーは18時から営業。

 もちろんこのバーは宿泊客でなくても利用できますし、ホステルの地下という立地なので各国の若い旅行者が多く集まっていて、女性一人でも入りやすい雰囲気ですよ。


 その他、ベルリンで宿泊するのにおすすめのエリアについては、私の別ブログ(地球の歩き方 ベルリン特派員ブログ)の過去記事(『ベルリンで、宿泊するならどのエリアがいい?』)でも紹介していますので、参考にしてみてくださいね!
(text and photo_Akiko Matsunaga)

The Circus
URL:https://www.circus-berlin.de/
Hotel: Rosenthaler Straße 1 10119 Berlin
Hostel: Weinbergsweg 1a 10119 Berlin
Apartments: Choriner Straße 84 10119 Berlin


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

おすすめお土産 オーガニックの干しイチジク 〈Alnatura Feigen〉

Posted by osanpoberlin on 11.2015 Souvenir おすすめお土産   0 comments   0 trackback
 新しいブログカテゴリーを作りました。「おすすめお土産」です!! 

 ここではですね、ありきたりの「ドイツらしいお土産」にはあえて拘らず、私たちおさんぽベルリンの久保田と松永が本当に気に入ってリピートしている商品や、お土産として日本の家族や知人におねだりされるほどの逸品(?)を独断で紹介していくことにします!

 というわけで。私マツナガのおすすめ第一弾はこちら。ドイツのオーガニック食品メーカーAlnatura(アルナトゥラ)の干しイチジク !
DSC_1729.jpg
ドイツ語で Feigen(ファイゲン)=イチジク です。英語はFig(フィグ)だから、似てるような似てないような......。

  おすすめのポイントは。一言で書いてしまえばまぁ「美味しいから!」なのですが、それでは参考にならないので私が気に入っているポイントを。

・オーガニックなのにお手頃! 日本で買うと輸入品のドライフルーツってイチジクに限らずけっこういい値段がしますが、これはたっぷり500g入りで5,95ユーロ。
・ソフトタイプで、食べやすい! 大粒のイチジクで、カチカチに干されていないのがいい。ほんのり酸味も感じられて、美味しい。

 ちなみにトルコ産です。
DSC_1184.jpg
250g入り(3,45ユーロ)もあります。右側はレーズン500g(2,75ユーロ!)これも安くて美味しくておすすめ!

 もともとは、母に「オーガニックのドライフルーツ、安いならドイツから買ってきて~。」と頼まれたのがきっかけで買ったこのイチジクですが、今では私自身もすっかりはまって、いつも自宅に常備してある逸品です。おやつや、ワインのおつまみにぴったりです!

 で、どこで買えるのかというと。Alnatura が展開するスーパーで買えますが、それ以外に提携しているドラッグストアのdm(デーエム)やスーパーEDEKAなどで買えます! ベルリン旅行者の方は、dmなら必ず観光中にも街のあちこちに見つかるはずですので、チェックしてみてくださいね。
(text and photo_Akiko Matsunaga)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

Village Market 主催のNeue Heimatがクローズしました

Posted by osanpoberlin on 07.2015 歩いてまわる小さなベルリン 情報アップデート   0 comments   0 trackback
p098-99_berlin_Neukölln2


 わたくし久保田由希が書いた、ベルリンのお店散策ガイドブック『歩いてまわる小さなベルリン』(大和書房)の情報アップデートです。p98-99で掲載していたストリートフード・イベントVillage Market(ヴィレッジ・マーケット)を主催していたNeue Heimat(ノイエ・ハイマート)が9月でクローズしました。
 オープンして1年、ベルリンの新たな顔となっていましたが、防火設備に問題があるとされ、閉鎖を余儀なくされました。

 Village Marketはクローズしてしまいましたが、ストリートフード人気はベルリンですっかり定着したと思います。
 Markthalle Neun(マルクトハレ・ノイン)で毎週木曜に開催されているストリートフード・サースデイは今でも続いているほか、複合スペースKulturBrauerei(クルトゥア・ブラウエライ)では10月25日まで毎週日曜にStreet Food auf Achse(ストリートフード・アウフ・アクセ)というストリートフードイベントが開かれているので、よければこちらも訪れてみてください。
(text and photo_Yuki Kubota)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』


よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


  

検索フォーム