Loading…

旅立ちの場所がカルチャー施設に {Krematorium in Wedding}

Posted by osanpoberlin on 30.2016 Gebäude/Einrichtung たてもの・インテリア   0 comments   0 trackback
IMG_9765.jpg
この美しい建物が、じつは……


 数年前に伯母がこの世から去ったとき、たまたま私(久保田由希)は日本にいて、あの世への(あの世というものが存在するのかはわかりませんが)旅立ちを見送ることができました。

 なぜだかそのときは昔ながらの古い焼き場しか取れなくて、建物は小さな平屋建て。私たちはその隣にある、昔の団地にあった集会所のような小屋で、パイプ椅子に腰かけて待っていました。
 空の青い、穏やかな春の日でした。

 なぜ唐突にこんな話をしたかというと、この建物もまた、かつて同じ役割を持っていたからです。

 そう、ここは元焼き場。
 初めてここを通りかかったとき「ここはKrematorium」といわれ、クレマトーリウムという言葉がわからなかった私はあとで辞書を引き、あぁ、と驚いたものです。

 だって、童話に出てくるような建物ではないですか。こぢんまりとかわいく、左右対称による整然とした美しさを放つ建物。まさかそれが焼き場だなんて。


IMG_9762.jpg
通りに面したこの門を抜けて行きます

IMG_9803.jpg
門をよく見れば、焼き場という想像がつきますね

 もしかして、こうした造りの建物が焼き場に共通する建築様式かと思いましたが、そうではないようです。
 このお隣には墓地があります。「墓地の隣に煙突の付いた建物があれば、それは焼き場」だそうです。なるほど、いわれてみればそうですね。

 この前、何年かぶりにここを訪れました。よく晴れた、暖かい春の日で、伯母のことが思い出されました。

IMG_9770.jpg
均整の取れた美しさと同時に、こぢんまりとした愛らしさもあります


 この建物は1912年に完成してから2001年まで、焼き場としての役割を果たしてきました。2015年秋からはカルチャー施設"silent green“になり、イベントなどに使われています。
 この愛らしい、美しい建物がそのような形でよみがえったのは、幸いだと思います。

 ベルリンには1900年前後にできた建物がたくさんあります。住宅は改装を重ねながらいまも現役ですが、焼き場や工場などの建物は、時代の流れと共に、新たな使命を持って生まれ変わっています。

 そうした背景をちょっとだけでも知ると、100年前のことが急に身近に感じられます。100年前にできた建物が、いまも同じ姿で目の前にある。でもその役割は変わっている。
 人は100年生きられないかもしれないけれど、100年という時間をひとつの建物を通して感じることはできます。

 100年なんて、ほんのちょっと前のこと。
 ベルリンに住み始めてからは、そんな感覚になりました。

 じつはこの建物内には、カフェ&レストランmoosもオープンしたんです。それについては、また次回にでも。
(text and photo_Yuki Kubota)

ehem. Krematorium in Wedding 元クレマトーリウム・イン・ヴェディング(現サイレント・グリーン)
Gerichts. 35, 13347 Berlin(ヴェディング地区)
URL(サイレント・グリーン) http://www.silent-green.net/


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

クラフトビール&ストリートフードイベントに行って来ました! {HANDGEMACHT Junges Brauen trifft Straßenküche}

Posted by osanpoberlin on 21.2016 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
IMG_0233.jpg
異様にテンションの高い、おさんぽ隊員・ガイドマツナガ(左)とわたくしおさんぽ隊員・ライター久保田


 さあさあ、今年もやって来ましたよ〜、ビールのシーズン!!
 別にシーズンじゃなくたって年がら年中飲んでる、おさんぽ隊員のガイドマツナガとわたくしライター久保田ですが、やっぱりねぇ、この爽やかな空気のなかで飲むのは格別なんですよ!

 当然、今ごろの時期からビールイベントも目白押し。
 まずは、クルトゥア・ブラウエライで開催中のイベント"HANDGEMACHT Junges Brauen trifft Straßenküche“(「ハントゲマハト・ユンゲス・ブラウエン・トリフト・シュトラーセンキュッヒェ」……このタイトル長すぎる。長すぎるのは覚えにくいからよくないよ。要はクラフトビール・ミーツ・ストリートフード)に行ってきました!

 会場のクルトゥア・ブラウエライでは、毎週日曜日にストリートフードイベントをやっているのですが、今回のイベントはそれにクラフトビール屋台が加わった感じです。

_MG_0205.jpg
会場のクルトゥア・ブラウエライは元ビール工場。今は複合施設

_MG_0230.jpg
ここは飲みそびれた……

_MG_0233.jpg
あら素敵


 いつも通り、気になるブースのビールを片っ端から、攻める攻める。
 中には0.1リットル1ユーロで売っているところもあるから、いろいろ楽しめていいですね。「試飲できる?」と聞くと、ちょっと飲ませてくれたりもします。

 参加しているブルワリーは、Privatbrauerei am Rollberg、Hops & Barley、BRLO、Heidenpeters、Vagabund Brauereiなどなど、ベルリンでおなじみのクラフトビールブルワリーがずら〜り(Hops & BarleyとVagabund Brauereiは拙著『歩いてまわる小さなベルリン』でご紹介しています)。
 先日おさんぽベルリンでご紹介したクラフトビール&クレープの店FRENCも出店していましたよ。

IMG_0281.jpg
フリードリヒスハインにあるFRENCのオーナー、ミヒャエルさん(左)

_MG_0245.jpg
ひとつのブルワリーが何種類ものビールを売っています

_MG_0234.jpg
ストリートフードはインターナショナル


 会場内で使うグラスは、ガラス製かプラスチックカップの2種類。ガラス製を選ぶと、保証金2ユーロを払います。このグラスは会場内共通。最初に受け取ったグラスをそのままキープして、どこの屋台でも使えます。

 会場内にはグラス洗浄機もあるので、1杯飲むごとに洗えるんですよ。こういうところが何というか、ドイツっぽいなと思います。
 グラス保証金は、帰るときに屋台に返せば戻ってきます。プラスチック製なら保証金は不要です。

IMG_0204.jpg
きれいに洗って、次の1杯!

 クラフトビールって、大手で販売されているビールに比べて、アルコール度数が高いものが多いです。いつもの調子で飲んでいると、案外酔っ払っているかも……(←私です)。

 そしてなぜか2回も日本語で話しかけられましたよ(別々の場で)。2人とも東京に住んでいたことがあるそうです。「えっ、私も東京に住んでたよ」なんて会話が弾むのもビールのおかげ。

IMG_0219.jpg
「港区に住んでたんだよね」

IMG_0235.jpg
すっかりできあがりました

 何にせよ、お酒は無理せず、楽しく飲みましょうね。
 このイベントは明日22日(日)18時までやっているので、気になったら行ってみて!
(text_Yuki Kubota photo_おさんぽベルリン写真部 & Yuki Kubota)

HANDGEMACHT Junges Brauen trifft Straßenküche ハントゲマハト・ユンゲス・ブラウエン・トリフト・シュトラーセンキュッヒェ
会場 KulturBrauerei クルトゥア・ブラウエライ
Schönhauser Allee 36, 10435 Berlin(プレンツラウアーベルク地区)
URL https://www.facebook.com/events/1096727427045842/

会期 2016年5月20日(金)16:00 - 23:00 5月21日(土)11:00 - 23:00 5月22日(日)11:00 - 18:00
入場料 無料
トイレ 会場内にあり(有料:50セント)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

料理にインテリア。”小さな奇跡”がギュッと詰まったカフェレストラン {House of small wonder}

Posted by osanpoberlin on 15.2016 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_0019.jpg


 ベルリンてね、ドイツという感覚でなく、ロンドンやブルックリン、ポートランドのような街が好きな人が、気に入るんじゃないかと思うんです(アメリカの2都市には行ったことがないので、あくまでも想像なんですが)。

「ベルリンは、ドイツではない」
って、私(ライター久保田由希)はもう100万回ぐらい(←大げさ)言ってるんですけどね。

 それはどういうことかというと……

 ドイツというと、オクトーバーフェストとか古城とか、木組みの家とか、そういうイメージが強くないですか? でも、ベルリンの魅力はそこじゃないんですよ。

 一言でいうと、都市の魅力、というのかな。
 さまざまな人々がいる多様性、常に変わり続ける面白さ、来る者を拒まず、誰にでも居場所がある、自由でオープンな街。それに、緑が多くて、のんびりしていて。

 私はそういうベルリンが好きです。

 今回ご紹介するのは、そんなベルリンの魅力を切り取ったようなカフェレストラン、House of small wonder(ハウス・オブ・スモール・ワンダー)です。おさんぽ隊員のガイド・マツナガさんと、わたし久保田の2人でお邪魔してきました。

 お店はベルリンのカフェにしては珍しく、ビルの(日本式)2階。1階のエントランスにはらせん階段が。

IMG_9900.jpg
ちょっとワクワクするでしょ


「あれ、ここってベルリンだよね? でも青山やニューヨークにあってもおかしくないよね」って感じる、ちょっと無国籍で非日常的な雰囲気。「これを上ったらどんな世界が待っているのかな」と、ワクワクします。

 らせん階段を上った店内は、ちょっとバカンス気分になれそうな、明るい空間。ヴィンテージっぽい雰囲気が漂うインテリアが、いい感じです。カトラリーも、あえて不揃いのヴィンテージで揃えているんですって。

IMG_9984.jpg
気持ちよ〜い店内


 メニューは大きく分けて、グラノーラやフレンチトーストといった洋食系と、そぼろ丼のような和食系。ベジタリアンメニューもあるし、卵はビオ(オーガニック)を使用しています。
 デザートやアルコール(カクテル・ビール各種)もあって、どれも時間帯を問わず注文できます。

 スタッフはみなさん日本人なので、日本語で注文できるのもラクですよね。

 マツナガさんは沖縄風タコライス、私はエッグ&ポテトグラタンをチョイス。
 ポテトグラタンに添える卵は、目玉焼きかスクランブルかを選べます。一緒に添えられるサラダも、地中海風とほうれん草の2種類から選べます。いいですよね、こういうの。

IMG_9933.jpg
エッグ&ポテトグラタン(8ユーロ)

 う〜ん、クリーミーなポテトグラタンに目玉焼きの黄身をからめて食べると、濃厚&さらにクリーミーでおいし〜い。

 タコライスも、一口お味見。挽肉と卵、野菜のバランスが軽すぎず、重すぎず、ちょうどいいです。ヘルシーでお腹も満足になりそう。

IMG_9927_2016051600593827c.jpg
沖縄風タコライス(11ユーロ)

IMG_9935_2016051601074106f.jpg
彩りがきれいな、そぼろ丼(10ユーロ)

 ドリンクがまた、ユニークなんですよ。ベルリンのカフェって、ドリンクのバリエーションが少ないんですが、House of small wonderではここでしか頼めないドリンクばかり。

IMG_9909.jpg
左がアイス抹茶ラテ、マツナガさんが頼んだリンゴ酢入りアップル豆乳シェイクはいちばん右

IMG_9915.jpg
ふんわりホイップクリームが乗ったアイス抹茶ラテ(4.5ユーロ)


 私はお店一番人気という抹茶ラテを、アイスで注文しました。上にふんわり乗っているのはホイップクリームです。牛乳が体に合わない人は、豆乳に替えることもOK。こういう心配りも嬉しいです。

 抹茶そのものは全然甘くなく、ホイップクリームと一緒にいただくとほどよい甘さに。別添シロップで好みの甘さにできます。
 マツナガさんが注文した、リンゴ酢入りアップル豆乳シェイクは、お酢の酸っぱさが効いていて、おいしい。朝に飲んだらシャキッとしそうな、さわやかな味でしたよ。

 そして最後は……やっぱりデザートですよね。今回は特別に3種類を盛り合わせていただきました。どれも甘さ控えめで、これまたぺろりと食べられてしまいます。特にシフォンケーキ! このふわっふわの食感は、ドイツのお菓子にはないんです! 久々に極上のやわらかさを堪能できました。

IMG_9962.jpg
デザートはどれも甘さ控えめで、食後でも食べられちゃう。
グルテンフリーのケーキもあって親切


IMG_9944.jpg
カプチーノ(左)と抹茶ラテ


 メニューを選ぶのに迷う楽しさ、テーブルに運ばれてきたときの「うわぁ」という喜び、口に入れたときの幸せな気分。

 ここには店名通り「小さな奇跡」がギュッと詰まっているのだなと思いました。

 オーナーはイスラエル人と日本人のご夫妻。じつは既にブルックリンに同名のお店を出していて、2014年にベルリンにもオープンさせたんです。店内の雰囲気は、オーナーさんのバックボーンから来ているんですね。

 ほら、言ったとおりでしょ? ベルリンは多様性があって、それが受け容れられやすいのが魅力だって。

 だから、誰が行ってもいいんですよ。何人でも、ベルリーナーでもツーリストでも、どんな格好をしていても。

 だってそれが、ベルリンの魅力なんですから。
(text and photo_Yuki Kubota)

House of small wonder ハウス・オブ・スモール・ワンダー
Johannisstr. 20, 10117 Berlin(ミッテ地区)
URL http://www.houseofsmallwonder.de/
営業時間 月-日 9:00-17:00
定休日 無休
*お支払いは現金のみ


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ベルリンサードウェーブの源流を作ったボナンザが、新ロースタリー&カフェをオープン {Bonanza Coffee}

Posted by osanpoberlin on 07.2016 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_9843.jpg


「ボナンザコーヒー」といえば、ベルリン在住でコーヒー好きの方ならきっとご存じですよね。

 Oderberger Str. 35にある1号店ができた当時は、こだわりのエスプレッソでベルリンのエスプレッソの水準を一気に上げたと思います(拙著『ベルリンのカフェスタイル』で、このお店をご紹介しています)。
 その後はいまに至るまで、ほかの数店とともにベルリンのサードウェーブコーヒーの流れを牽引する存在となっています。

 その「ボナンザコーヒー」の新しいロースタリー&カフェが、先月オープンしました。

 場所はクロイツベルク。道路から長い歩道をぐぐぐーっと歩いて、奥に進んだところにあります。

 ちょっと重い緑色の扉を開けると……

IMG_9862.jpg

IMG_9859.jpg
この扉を開けます

 シンプル&クリーンなカフェ!

IMG_9853.jpg
コーヒーグッズもあります


 この日はシングルオリジンの豆3種類があり、ハンドドリップかエスプレッソマシンによる抽出かを選べました。私はハンドドリップが好きなので、そちらを選択。

 席に座って5分ほど待つと、コーヒーが運ばれてきました。
 豆はコロンビア。上品な酸味が好きです。少し冷めてからの方が味がわかりやすいと思うので、ゆっくり時間をかけて飲みたいです(でも私は本当はせっかち。普通はグビグビ飲むほうです)。
 お水もついてきます。

IMG_9852.jpg


 インテリアは壁・床・天井がすべてまっ白な中に、Yチェアが整然と並び、シンプルでも冷たくない感じ。左右には鉢植えのグリーンがあり、窓枠もパステルっぽい緑色なのが素敵ですね。
 ロースターは、正面カウンターの背後にあります。

 オーナーの一人、ユミさんはデザインを勉強していたので、お店のプロダクトデザインやインテリアは、いつもセンスがいいんです。

 ハリオやケメックスなどのグッズも、もちろん自家焙煎豆も売っています。自宅でもおいしいコーヒーを味わえますよ。

 このロースタリー&カフェは、道路の奥の中庭にあるので、ちょっとわかりにくいです。
 道路に面したフェンスに看板がかかっているので、それを目印に奥へとずんずん進んでください。途中右手側に、フェンス越しに馬も見えます。
 このロケーションも、わざわざ行きたくなりますよね。
(text and photo_Yuki Kubota)


Bonanza Coffee ボナンザコーヒー・ロースタリー
Adalbertstr. 70, 10999 Berlin(クロイツベルク地区)
URL http://bonanzacoffee.de/
営業時間 水-金 9:00-17:00 土日10:00-17:00


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

やさしい甘み、エルダーフラワーシロップ {Holunder Sirup}

Posted by osanpoberlin on 01.2016 Essen 食材・旬の食べ物   0 comments   0 trackback
 5月に入り、いよいよベルリンもいいお天気になってきました。もうそれだけで、とーーーってもしあわせな気分になります。これからいちばんいい季節ですよ(ベルリンに来てね)!

 天気がいいと、何かさわやかな飲み物がほしくなったりしますよね。そんなとき私が好んで使うのは、エルダーフラワーシロップです。

IMG_9902.jpg
瓶入りで売られています。これは市場で買いました

 エルダーフラワーは、日本名だと「西洋ニワトコ」。これから初夏にかけて、小さな白い花をたくさんつける木です。ドイツ語ではHolunder (ホルンダー)といいます。
(写真はWikipediaで→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%83%8B%E3%83%AF%E3%83%88%E3%82%B3

 その白い花で作ったのが、エルダーフラワーシロップ。瓶に入って、スーパーや市場などで売っています。
 これを炭酸水や白ワインで割ると、ほんのりさわやかな甘味がついておいしいんですよ。たったそれだけで、なんだかとっても贅沢な気分になって、あ〜、しあわせ(安上がりだな、私)。

IMG_9741.jpg
普通の炭酸水が、シロップを入れるだけでさわやかなソフトドリンクに♪

 このエルダーフラワーは、黒く熟した実もジャムなどにします。エルダーフラワーの商品には、白いものと黒っぽい色のものがありますが、白は花、黒は実から作った製品ですね。

 エルダーフラワーは風邪の初期症状の緩和などにも、効果があるみたいですよ。
 小瓶なら日本にも持ち帰れそう。ほんのりやさしい甘み、試してみてくださいね。
 (text and photo_Yuki Kubota)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

  

検索フォーム