Loading…

建物まるごとアートが占拠 {THE HAUS}

Posted by osanpoberlin on 23.2017 Museen/Galerien ミュージアム・ギャラリー   0 comments   0 trackback
P_20170521_125117.jpg
ベルリンの一等地に8週間だけ出現


 ベルリンといえば壁一面のストリートアートを思い浮かべる人もいると思います。
 でも建物まるごとっていうのは、なかなか見られない光景ですよね。

 そんな特別な展覧会「THE HAUS(ザ・ハウス)」が、今月末(2017年5月31日)までの期間限定で開かれているんです。場所は西ベルリンの目抜き通りクーダムからちょっと入ったニュルンベルク通り(Nürnberger Str.)。ベルリン動物園の近くです。

 会場は元銀行の建物。そこをPANDIONというドイツの不動産会社が買い取り、分譲マンションに建て替えるのですが、建物が取り壊される前の8週間だけ建物全体を使ってストリートアートの展覧会をしているんです。
 ベルリンと世界各国から集まった総勢160名余りのアーティストが、各部屋を好き放題に使って作品制作。イラストあり、インスタレーションあり、それぞれの部屋に足を踏み入れるごとに、まったく別の世界が広がっています。トイレまで作品なんですよ。

 この展覧会は期間限定で、なおかつ大掛かりということもあり、大々的に告知されたので、恐ろしいほどの混雑ぶり。私が見る限り、常に数百メートルの入場待ち行列ができています。
 私は日曜の昼という、最も混雑する時間帯に行ってしまったために、なんと3時間も立ちっぱなしで待つ結果になってしまいましたよ。ふだんなら堪え性がないので行列には並ばないのですが、今回だけはその時を逃したらもうチャンスはないと思ったので、覚悟して並びました。入場した瞬間にどっと疲れましたが……。

 サイト上から予約できるガイドツアーもあるのですが、どの時間帯ももう満員のようです。

 入場は無料。払いたい額だけ払うシステムです。
 会場内は撮影不可。入場前に袋が配られるので、そこにスマホを入れて入場します(スマホを入れた袋は携帯していてOK)。大きなバッグはクロークに預けなければなりません(有料:1ユーロ)。カタログも販売しています。

 正直なところ、ストリートアートは楽しいし、好きなアーティストもいるんですが、今回のようにきちんと管理された状況で見るというのがどうもこう、しっくり来なかったというのはあります。「アーティストたちが協働で、ベルリンの一等地に創り上げたぜ」みたいな説明パネルがありましたが、「どうせ不動産会社が買い取った土地じゃん」と思ってしまったのも確か。

 今月末でこの展覧会が終了した後は、今年夏から工事が始まり、2019年末に新しいアパートが完成するそうです。といってもドイツのことなので、遅れるのではないかと見込んでいますが。
 いやー、どんどん都市化していきますよ、ベルリン。家探しは大変になるし、物価は上がるしで、住人にとってはきついことが多いんですが、ドイツの首都がいつまでも成長しないわけはないんですよね。なんだか微妙な気持ちになった展覧会でした。
(text and photo_Yuki Kubota)


THE HAUS ザ・ハウス
住所 Nürnberger Str.68-69, 10787 Berlin(シャルロッテンブルク地区)
URL http://www.thehaus.de/
会期 2017年4月1日-5月31日
開場時間 火−日 10:00-20:00(最終入場18:30-19:99)
定休日 月
入場料 無料(自分の意思で自由に払うシステム)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪



炉端焼きレストラン&バーがオープン!{Life berlin}

Posted by osanpoberlin on 09.2017 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
IMG_0353.jpg


 日本食のお店が次々と増えていっているベルリン、今度は炉端焼きレストラン&バーがオープンしたんですよ。嬉しいことに、ガイド松永とわたくしライター久保田のおさんぽ隊員がオープニングパーティーにお呼ばれしたので、その模様をお伝えします。

IMG_0405.jpg


 ノイケルンのMaybachufer沿いにできたLife berlin。入り口には漢字二文字が書かれた白い提灯がかかっています。
 えーっと、これなんて読むんだろう……とぼんやり考えていたら、横から松永さんが「これでライフって読むんじゃない?」と一言。そうか、あったまいい。

IMG_0408.jpg
入り口の提灯にも店内の暖簾にも店名が


 入り口を入るとそこはバー空間。お食事までちょっと時間があるとのことで、まずはビールを。メーカーはアサヒでした。それ以外に日本酒や焼酎もあって、日本酒のラインナップは獺祭、大関、八海山です。
 私が個人的におすすめしたいお酒が、レモンサワーです。味がしっかりしていて、おいしかったんですよ。サワーが飲めるお店は、ベルリンではまだ少ないですし。

IMG_0422.jpg
また飲みたいレモンサワー


 オープニングパーティーのお食事だったので、前菜、お刺身、うどんにすき焼きなどなど本当にたくさんいただいたんですが、中でも串焼き&串揚げがよかったです。やっぱり炉端焼きの店だから?
 ねぎまとトンカツ串とレタス巻きの3本でしたが、レタス巻きは初めてのおいしさでした。レタスが何層にも重なっていて、噛むとシャキシャキという歯ごたえ。新鮮な食感でした。

 職人さんが目の前で焼いてくれるから、よりおいしそう。席はカウンターとテーブル席がありますが、カウンター席のほうが炉端焼きの雰囲気を味わえていいと思います。カウンターで料理人が作るスタイルは、寿司や鉄板焼きではおなじみだけど、炉端焼きは珍しいのではないかな。


IMG_0418.jpg
右端がレタス巻きです

IMG_0382.jpg
目の前で焼いてくれるのがいいですね


 とり釜飯は目の前で炊き上げてくれました。お釜から徐々に蒸気が上がってくるのがショーのよう。デザートまでどれもこれも、すっかり食べきりました。

IMG_0473.jpg
蒸気がプシューッ


 お昼もやっているそうなので、まずはランチを試してみてもいいかも。ベジタリアン・ビーガンメニューももちろんあるそうです。
 チューハイや焼酎を知らないドイツ人と一緒にバーに行くのも楽しそう。今回は飲みませんでしたが、コーヒー焼酎というのも気になっています。
 お寿司やラーメンだけでない日本食が、ベルリンに広まりつつありますね。
 (text and photo_Yuki Kubota)


Life berlin ライフ・ベルリン
住所 Maybachufer 39, 12047 Berlin(ノイケルン地区)
TEL 030 23561730
URL https://www.facebook.com/lifeberlinlife/
営業時間 火−日 ランチ12:00-15:00 ディナー18:00-24:00 バー18:00-2:00(火−木)18:00-3:00(金・土)18:00-24:00(日)
定休日 月


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪



  

検索フォーム