FC2ブログ
Loading…

バウハウス・アーカイブ改装中。臨時の展示&ショップは別の場所で営業中!

Posted by osanpoberlin on 30.2018 ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ 情報アップデート   0 comments   0 trackback
 ガイドブック『ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ』のp.140で、ミュージアム併設のショップもおすすめと紹介しているバウハウス・アーカイブ(Bauhaus Archive )ですが、改装中のため2018年4月末からクローズしています。

 でも、臨時の展示&ショップが、6月30日にオープン!常設展で展示されていた家具などのプロダクトは見られませんが、バウハウス・アーカイブの歴史などが展示されているのと、ショップで選りすぐりの雑貨や写真集が購入できますよ。

DSC_7905.jpg

 場所は、U2 Ernst-Reuter-Platz 駅からすぐ。私のイチオシのセレクトショップ、マヌファクトゥム(Manufaktum)(*ガイドブックp.120)の隣ですので、ぜひ併せて足を運んでみてください。

 どんな商品がいくらで並んでいるかは、オンラインショップ(https://www.bauhaus-shop.de/collection/)で見られます。日本へも発送してくれるのでベルリンへ来なくても買えますが、ページはドイツ語のみ。

IMG_7087 (1)
こちらはクローズ前のショップの写真

the temporary bauhaus-archiv / museum für gestaltung
住所:Knesebeckstraße 1-2 10623 Berlin
営業時間:月~土 10:00~18:00 日祝定休
https://www.bauhaus.de


text and photo
松永 明子(Matsunaga, Akiko)
akiko.jpg

ベルリンガイド。2003年からドイツ人の夫とベルリン在住。2011年~『地球の歩き方ブログ』のベルリン特派員。ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイドホームステイサービスをしています。2017年9月ガイドブック『ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ』(イカロス出版)が発売。
http://berlinhomestay.blog.fc2.com


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」


おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆

(↑クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)

★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★

(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ベルリンに日本のかき氷カフェができました! {tenzan lab.}

Posted by osanpoberlin on 06.2018 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
DSC01168.jpg
酒粕のかき氷!

 ずーっと、ずーーーーっと食べたかったんです、ベルリンで日本のかき氷を! それがようやく叶いました!

 6月3日にプレオープンした、かき氷カフェのtenzan lab.。まさに、日本のふわっとしたかき氷を食べられるお店です! 私は「近々かき氷屋さんができるらしいよ」という風の噂を聞きつけ、今か今かと心待ちにしていて、プレオープン当日に開店時間と同時に押しかけ、なんとお店のお客第1号になったんですよ(←超ドヤ顔)。

DSC01138.jpg
日本製の手回しかき氷機。風情あります

DSC01154.jpg
シャッシャッとハンドルを回します。ふわっふわの氷が生まれる瞬間です

 かき氷のメニューはいろいろ(現在プレオープン中なので、変更になる可能性があります)。私が行ったときにあったのは、酒粕、抹茶マスカルポーネ、ほうじ茶マスカルポーネ、マンゴー、ラズベリー、カスタードクリームきなこ、でした。はっきり言って、どれもおいしいです(どれも食べたかったので、人とシェア&既に2回行き、いろいろ試しました)。

 口に入れた瞬間に感じる、ふわっとした柔らかさ。その直後に、シュッと溶けていくあの感じ。ほのかな甘さと切なさ。これこれ、これがかき氷ですよ! お値段は種類によって違いますが、1杯7〜9ユーロです。

DSC01186.jpg
なんと、中から水羊羹が登場する、うれしい驚きのカスタードクリームきなこ。本当にクリーミー。別添はつぶあんトッピング

DSC01163.jpg
抹茶マスカルポーネには、仕上げに抹茶をひとふり。マスカルポーネクリームがまろやか


 使っている氷は、48時間かけてゆっくりと凍らせた特注品なんだそうです。時間をかけることで、しっかりとした、透明な氷ができるんですって。天気を見ながら微妙に機械を調整して、削ります。
 
DSC01143.jpg
48時間かけると、氷に葉脈状の縦線が入るそうです

DSC01176.jpg
その日のお天気で微妙に調整

 そのほかトッピングとして、白玉、つぶあん、きなこ(各1.50ユーロ)などもあるんです。なので、抹茶マスカルポーネにつぶあんを加えたり、マンゴーに白玉を加えたりと、自分好みにアレンジできます。

DSC01182.jpg
一つひとつ違う器でサーブしてくれるのもうれしい。かわいい器は、ベルリンで探したとか

 そのほかドリンク類も見逃せません。甘酒やほうじ茶ラテ、あずきラテ、きなこラテなど、試してみたいドリンクがホット&アイスの両方でラインナップされています。冬になったら、たい焼きも始めるみたいですよ。

 あー、もう私、しばらく通っちゃいそうです。かき氷を食べた後の至福感ったらないですよ。

 現在のプレオープン期間を経て、7月にはグランドオープンの予定です。それまではメニューや営業時間などが変更になる可能性があるので、お店のインスタhttps://www.instagram.com/tenzanlab/
でチェックされるのがいいと思いますよ。

 それにしても、ここ数年のベルリンの進展ぶりはすごいです。高級でおしゃれな和食レストランやラーメン屋さんがどんどん生まれていますし、和食以外の食文化も広がっています。それだけ多様な人が集まり、経済が上昇中だということを物語っています。2010年ごろまでは、わりと物好きでクリエイティブ系な人が多かったのに対し、それ以降はIT系やスタートアップといった分野の人が増えましたね。何でもアリだったカオス時代のベルリンを思うと寂しく感じるときもありますが、変化するからこそ新しい店も誕生するもの。街は生き物ですからね。

tenzan lab. テンザン・ラボ
住所 Wörther Str. 22, 10405 Berlin(プレンツラウアー・ベルク地区)
URL http://www.tenzan-lab.com/
インスタ https://www.instagram.com/tenzanlab/
営業時間 7月以降月-日 10:00-20:00予定(プレオープン中は13:00-などの変動があるので、インスタでチェックを)13:00-20:00
定休日 月曜


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)
portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


{アメリカのSTONE BREWING、ベルリンに2号店ができました!}

Posted by osanpoberlin on 01.2018 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
DSC00752.jpg

 いや〜、暑いですね、ベルリン! 5月がこんなに暑かったのはちょっと珍しいですよ。夏が一瞬ですぎるベルリンなので、夏が大好きな私はうれしくて舞い上がってます。この調子で8月まで続いてほしい〜。

 さてさて、前回ガイド松永さんがアメリカのブルワリーSTONE BREWING(ストーン・ブリューイング)のベルリン1号店を紹介してくれましたね→http://osanpoberlin.blog.fc2.com/blog-entry-251.html

 1号店 "STONE BREWING WORLD BISTRO & GARDENS" は、広い敷地内に醸造所とレストランがあるんです。この敷地は元ガス工場で、醸造所とレストランがあるのは築115年らしいゴツいレンガ造りの建物。敷地内には給水塔もあったりして、建物好き&塔好きの私にはツボなロケーションなんです。ただし、松永さんも指摘しているように、1号店はアクセスがちょっと面倒なんですよ。

 そこで今回はオープンして間もない、アクセスがよい2号店 "STONE BREWING TAP ROOM - PRENZLAUER BERG” (ストーン・ブリューイング・タップルーム プレンツラウアー・ベルク)を紹介しちゃいます! 松永さんと私がちゃんと行って、実際に飲んだレポートですよ。

DSC00731.jpg
0.3リットルサイズです


 店名の通り、2号店があるのはプレンツラウアー・ベルク地区のオーダーベルク通り(Oderberger Str.)。ここはカフェやレストラン、いい感じのショップが密集しているので、観光スポット的にもおすすめです。

 ドラフトビールはストーン・ブルーングのものと他ブルワリーのビールがあって、それぞれ0.15、0.3、0.5リットルのサイズから選べます。→ドラフトビールメニューはこちら

ストーン・ブルーイングは苦味のあるIPAをたくさん醸造しているブルワリーなので、ストーンらしさを楽しみたければIPAの中から選ぶのがいいんじゃないかと思います。好みの傾向をスタッフに伝えれば(スタッフさんにもよるでしょうが、英語&ドイツ語どちらも大丈夫そうでした)、それに合ったものをすすめてくれますし、ちょっとだけ試飲できるかもしれませんよ。

 お値段は0.3リットルで5ユーロ前後。普通に比べてお高いんですが、日本で飲むことを考えればお値打ちでしょうね。

 ここではパイロット版のビールもあるのがいいんです。PILOT SERIESと書いてあるのがそれ。ほかではなかなか飲めないでしょうから、それを狙うのもいいですね。

DSC00754.jpg

DSC00726.jpg
ここは以前カフェだった場所で、店内の構造はわりとそのまま残っています。ひな壇席はちょっとベルリンっぽいですね


 私たちが飲んだのはSTONE GO TO IPAやSTONE WHITE GEIST BERLINER WEISSE、GERMAN WHISKEY BARREL-AGED ARROGANT BASTARDなど。軽めから重めまで、どれもしっかりとした味わいで、これがストーン・ブリューイングの持ち味なのかなと思います。

 フードは朝食セット(なんたって毎日午前10時から営業してますからね!)が6種類あるほか、サラダやタコスなどもそろっています。お腹が空いているときに行っても満足できます。→フードメニューはこちら

結論:
ロケーションも含めて楽しみたい&時間がある&ベルリンの交通事情に詳しい方→1号店がおすすめ! 
ストーンのビールを飲むのが目的&時間があまりない&交通に自信がない方→2号店がおすすめ!


STONE BREWING TAP ROOM - PRENZLAUER BERG ストーン・ブリューイング・タップルーム プレンツラウアー・ベルク
住所 Oderberger Str. 15, 10435 Berlin(プレンツラウアー・ベルク地区)
URL http://www.stonebrewing.eu/visit/outposts/prenzlauerberg
営業時間 月-木 10:00-0:00 金土 -1:00 日 -22:00
定休日 無休


text and photo
久保田由希(Kubota, Yuki)

portrait03_04s.jpg

出版社勤務を経てフリーライターに。2002年よりベルリン在住。著書や雑誌を通してベルリン・ドイツのライフスタイルを発信中。『ベルリンの大人の部屋』(辰巳出版)、『歩いてまわる小さなベルリン』『心がラクになる ドイツのシンプル家事』(大和書房)、『かわいいドイツに、会いに行く』(清流出版)、『きらめくドイツ クリスマスマーケットの旅』(マイナビ出版)ほか著書多数。http://www.kubomaga.com/


おさんぽベルリン・ライター久保田のガイドブック
「歩いてまわる小さなベルリン」



おさんぽベルリン・ガイド松永のガイドブック
「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」

どちらも(手前味噌ですが)本当におすすめのベルリンガイドブックです!



☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


  

検索フォーム