Loading…

100年前の暮らしとインテリアのミュージアム {Bauen und Wohnen in Prenzlauer Berg um 1900}

Posted by osanpoberlin on 10.2014 Gebäude/Einrichtung たてもの・インテリア   2 comments   0 trackback
IMG_4581.jpg
こういう食器棚は、いまでも使われています

 ベルリン市内の住まいはほとんど集合住宅で、1900年前後にできた建物が多いです。その頃ベルリンの人口が急激に増えて、住まいがたくさん必要になったんですね。だから建築ラッシュが起きたんです。

 1900年前後にできた建物を、アルトバウと呼んでいます。わが家もアルトバウなんですが、築100年以上経っていても内装や設備はメンテをしているので、住むには問題ありません。
 部屋には当時流行していたユーゲントシュティール様式(ドイツのアールヌーヴォー)の装飾が施されていたりして、ちょっと優雅な気分になれるのは、アルトバウのよさだと思います。

 そういうアパートに住んでみたら、100年前のことがすごく身近に感じられるようになったんです。
 例えばわが家のリビングの片隅に、一部分だけ材質の異なる床があります。「なんで?」と思っていたら、以前石炭ストーブがあった場所だったんですね。今はセントラルヒーティングが入っているので、石炭ストーブ用の場所は不要になり、その部分の床だけ違う材質になったというわけです。

 そんなことを繰り返すうちに、アルトバウができた1900年頃の暮らしとインテリアに興味が芽生えはじめました。

 そして見つけたのが、Bauen und Wohnen in Prenzlauer Berg um 1900(バウエン・ウント・ヴォーネン・イン・プレンツラウアー・ベルク・ウム・ノインツェーンフンデルト)です(名前が長い……)。

 ここは、プレンツラウアー・ベルク地区の集合住宅に入っているミュージアム。この建物は1900年頃に建てられたもので、ミュージアムでは当時の暮らしを見られます。

IMG_4588.jpg
旗と看板が目印です


 道路に面した玄関横のベルを押すと、「ブー」というブザーが鳴るので、その間にドアを開けて建物の中に入ります。
 右手横の階段を上って、ドイツ式1階(日本の2階)がミュージアム。リビング、寝室、キッチンがあるのは今と一緒。でもバスルームは部屋にはありませんでした。そして、洗濯をする部屋が屋根裏にあったそうです。

 当時は石炭ストーブでしたから、部屋も寒かったみたいです。広いリビングは寒いので、普段は暖かいキッチンで過ごしていた、という写真入り説明パネルもあり、当時の様子が伝わって来ます。

IMG_4564.jpg
当時リビングは来客時だけ使われていたとか。右端の白いタイルがストーブです


 暮らしに関する展示以外のこのミュージアムの見どころは、(私にとっては)なんといってもインテリア!

 当時、部屋には柄入りの壁紙を張るのが普通で、どの部屋にもきれいな壁紙があるんですよ。植物をモチーフにした柄で、レトロだけど、いまでも普通に使えそうなデザインです。

 もし現代でこういう壁紙を取り入れるのなら、シンプルな家具と合わせると生きてきそう。一面だけ張るのもいいですね。
 逆に、家具がアンティークなら、壁紙をはがしてむき出しにするといいかも(……はっ、インテリアの本を書くようなノリになってきた)。

IMG_4562.jpg
ロマンティックな寝室。壁紙が素敵

IMG_4583.jpg
キッチンのオーブン。真ん中の花型のフタは、ワッフル用のプレート!

 寝室やキッチンは、いま見るとロマンティックカントリーなテイスト。リネン類やキッチンツールなどの雑貨は蚤の市で手に入るので、こういうテイストは日本でもできそうです。

 このミュージアムには係員さんがいて、いろいろ説明してくれます(ドイツ語ですが、係員さんによっては英語もOKかも? お年の方が多いので、難しいかもしれませんが)。ドイツ語パネルによる説明も多数ありますよ。

 プレンツラウアーベルク地区に1900年頃に建てられた集合住宅は、労働者用のものが多かったので、すごく豪華な造りではありません。でも平均的なアルトバウの雰囲気は感じられます。
 インテリアやたてもの好きな方には、このミュージアムはおすすめです。
(text and photo_Yuki Kubota)

Bauen und Wohnen in Prenzlauer Berg um 1900
Dunckerstr.77, 10437 Berlin (プレンツラウアー・ベルク地区)
Tel. 030 445 23 21
URL http://www.mitundfuereinander.de/
営業時間 月、火、木〜土11:00〜16:30
定休日 水、日
入場料 子ども1ユーロ、大人2ユーロ


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

関連記事

興味深いです。家も近いので今度行ってみようと思います。
私が住んでいるのはNeubauなので味気ないのです。今度引っ越しするときはaltがいいな。
2014.04.10 18:06 | URL | naschkatze #nL2cViTI [edit]
naschkatzeさん、こんにちは。
ぜひぜひ行ってみてください。おもしろいですよ。
アルトバウは不便な点も多いですが、それも含めて味わいだなと思うことにしています。
逆に私はノイバウに住んだことがないので、どんな感じかな?と興味津々です。(久保田)

> 興味深いです。家も近いので今度行ってみようと思います。
> 私が住んでいるのはNeubauなので味気ないのです。今度引っ越しするときはaltがいいな。
2014.04.12 18:41 | URL | osanpoberlin #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/114-10c5ccd0

検索フォーム