Loading…

男前インテリアの、隠れ家カフェ {distrikt coffee}

Posted by osanpoberlin on 03.2015 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
P1170376_20150203083616a0f.jpg
さりげない感じが好き


 東京でいえば青山のようなミッテ地区に、まるで隠れ家のような、落ち着けるカフェができことを友人から教わって、行ってきました。

 昨年秋にオープンした distrikt coffee(ディストリクト・コーヒー)は、表通りから1本入った裏道に佇んでいます。そのひっそり感に、「入ってみたい!」という気持ちがふつふつと湧いてきます。


P1170298.jpg
室内は意外な広さ


 間口は狭いのですが、入ると奥に細長く続いていて、外からは想像がつかない広さ。レンガの壁とタイルの床というクラシックな空間に、インダストリアルテイスト(←こういうの、日本では男前インテリアって言うんですって?)の家具。いいですね。


P1170371.jpg
カプチーノ。それぞれ違う模様を描いてくれました


P1170295.jpg
これはパリbellevilleの豆。椅子がいい感じでしょ


 ここではカプチーノやラテといった、おなじみのエスプレッソ系バリエーションのほか、ドリップコーヒーも飲めます。
 ドリップ用に用意された数種類の豆(ベルリンのBonanza Coffeeや、パリのBellevilleの焙煎豆)から好みのものを選ぶと、それに合った淹れ方でドリップしてくれます。ドリップの種類はサードウェーブ系カフェに必ずあるハリオV60、エアロプレスのほかに、珍しくカリタもあるんですよ! 日本のメーカーが使われていると、何となくうれしくなります。
 豆は、いま流行のライトローストなので、酸味を感じました。ライトになればなるほど、何となくお茶の感覚に近づいていく気がします。私自身はもう少し焙煎した方が好きですが、これはもう好みの問題ですね。


P1170382.jpg
おいしくてかわいい、パンケーキ


 カウンターにはケーキやデニッシュも並んでいますが、私はパンケーキを頼んでみました。運ばれてきたお皿には、小ぶりなパンケーキが3枚と、フルーツにナッツ、メイプルシロップにフルーツソース。きれい! ひと皿にいろいろな味と歯ごたえがあって、おいしかったです。

 ベルリンには、こういうセンスがよくて居心地がいい、おいしいカフェがたくさん。カフェって、ベルリンの名所の一つだと思います。
(text and photo_Yuki Kubota)

distrikt coffee ディストリクト・コーヒー
Bergstrasse 68, 10115 Berlin(ミッテ地区)
URL http://distriktcoffee.de/
営業時間 月-金 8:00-18:30 土日10:00-18:30(パンケーキやフードは9:30-16:00)
定休日 無休


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/155-5705502e

検索フォーム