Loading…

春の遠足は、孔雀島へ

Posted by osanpoberlin on 31.2015 Kiez オススメおさんぽエリア   0 comments   0 trackback
IMG_2947.jpg

 今年の冬は超暖冬だったベルリンですが、なんと今日になって雪が降ったというお知らせが……(現在わたくし一時帰国中)。
 しかし、必ず春は来る! そう思わないと、やりきれませんよ〜。

 今回ご紹介する孔雀島 Pfaueninsel(プファウエンインゼル)は、春になったらぜひ行きたい、おすすめ遠足スポットです。

 ここは、文字通り「孔雀がいる島」なんですよ。しかも、ポツダムのサンスーシ宮殿などと一緒に、ユネスコ世界遺産に登録されています。
 なぜならプロイセン国王が、この島に離宮を建てたからなんですね。

 島には孔雀が放し飼い。島に上陸した途端に、「アァーッ」という、甲高い孔雀の鳴き声が聞こえてきます。ちょっと歩くと、木陰から孔雀がひょこひょこと姿が。人に慣れているので、怖がることなく近寄ってきます。

IMG_2911.jpg
孔雀よりも子どもの方がビビっていたりします


 島全体は散歩コースという感じ。草原の合間に、お城や噴水などが見え隠れするように計算して建てられています。
 寝転げる草原スペースもあるので、敷物を持参してピクニックをするのにもぴったりなんですよ。

IMG_8446.jpg
島の端にあるお城。内部見学できる時期もあります


 この孔雀島、冬以外ならいつ行ってもいいのですが、特に春に行くことをおすすめしたいんですね。
 というのは、早春から春が、孔雀が羽を広げるピークの時期だからなんですよ。
 夏に何回か行ったことがありますが、そのときに羽を広げていたのは、血気盛んな、でも羽の短い若いオスだけ。見事な羽根を持った大人のオスは、羽根を広げることはなかったんですよね。なので、行くなら春先がおすすめです。

IMG_8508.jpg
3月に行ったときには、白い孔雀が羽を広げていました

IMG_2949.jpg
年中羽根を広げてアピールしている、血気盛んな若いオス


 行き方は、ベルリン市内からバス218番に乗っていきます。SバーンWannsee駅からだと10分ですが、地下鉄U2線Theodor-Heuss-Platz駅あたりから乗ると、森の中を延々と突っ切って行くので、かなり楽しいです。
 ただし、このバスは平日は2時間に1本しかないので、出発前にベルリン交通局BVG(ベー・ファオ・ゲー)サイトのトップページ左側にあるJourney Plannerで、時刻をチェックしておきましょう。
BVGサイト→http://www.bvg.de/en

 この218番バスは、一部の便で70年代モデルの歴史バスがやってきます。運が良ければ、昔の風情を楽しめます。

IMG_2677.jpg
70年代モデルの歴史バス。これに乗るのも楽しみ


 島に到着したら、桟橋のようなフェリーで島へ。島は目と鼻の先なので、1分ぐらいで到着します。乗船時に、島に入園料3ユーロを払いましょう。

 散歩にもよし、ピクニックにもよし。もちろん孔雀を見るもよし、の孔雀島。暖かくなったら、ぜひどうぞ。
(text and photo_Yuki Kubota)

孔雀島 Pfaueninsel プファウエンインゼル
住所 Pfaueninsel, 14109 Berlin
入場料 3ユーロ(お城などの拝観料は別途)
URL http://www.spsg.de/schloesser-gaerten/objekt/pfaueninsel/
開場時間 月ー日 9:00-19:00(4月)
月ー日 9:00-20:00(5ー8月)
月ー日 9:00-19:00(9月)
月ー日 9:00-18:00(3月)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/163-37fa05fc

検索フォーム