Loading…

アンペルマンの本でベルリンに触れる

Posted by osanpoberlin on 18.2015 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
 ベルリンで最も有名で人気者といえば、それはアンペルマンではないでしょうか? そう、あの歩行者用信号に描かれている、緑と赤のかわいいキャラクターです。そのアンペルマンがドイツで本になり、さらに日本語に翻訳され、日本で発売になりました。

IMG_0679.jpg
11月9日に発売になりました

IMG_2248.jpg
これが今も現役の東ドイツ生まれのアンペルマン。
シャッターのタイミングで、偶然緑と赤の両方が点灯しているところを撮れました



 アンペルマンは、旧東ベルリンで誕生したもの。東西ドイツ統一後は消える運命にあったのですが、愛らしいキャラクター故に生き延びました。そしてそこには、一人の工業デザイナーの活躍があったのです。

 私が初めてベルリンを訪れたとき、アンペルマンの存在は知りませんでした。しかし信号機上のアンペルマンを発見したときは、「なんてかわいいんだろう!」と感激したことを覚えています。優れたデザインは、多くの人を惹きつけるのでしょうね。

 この本『アンペルマン 東ドイツ生まれの人気キャラクター』では、アンペルマン誕生秘話、ドイツ統一後にアンペルマンが生き延びた物語が綴られています。かわいいアンペルマンから、ベルリンの歴史に触れられます。
 そのほかベルリンの名所や世界の歩行者用信号機、アンペルマンと日本の関係など、盛りだくさんの内容で、私が知らなかったこともたくさんありました。

 発売を記念して、東京にあるドイツ文化会館内のレストランノイエスでパーティーが開かれました。本書日本版の翻訳者・著者であり、アンペルマン日本大使の高橋徹さんがスライドを見せながら、数々のお話を披露してくれました。

IMG_0619.jpg
熱弁するアンペルマン日本大使・高橋さん

IMG_0668.jpg
イベント最後は販売会・サイン会


 本書は全国の書店やアマゾンなどのネット書店、アンペルマン取扱店、日本公式ウェブショップで購入できます。日本の発行元である郁文堂のHPでは、中身も一部ご覧になれます。
ベルリンの壁崩壊前後の街の様子を知りたい人には、特におすすめの1冊ですよ。
(text and photo_Yuki Kubota)

『アンペルマン 東ドイツ生まれの人気キャラクター』
郁文堂 A4変型版 128ページ 本体2800円+税


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』


よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/192-84b1a8a2

検索フォーム