Loading…

日本人パティシエの、おいしく美しいフランス菓子をいただけるカフェ!{Café Komine}

Posted by osanpoberlin on 17.2016 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_6905.jpg
ケーキは毎日7〜8種類

 おいしいフランス菓子を食べたい人! 
 美しいケーキを手土産にしたい人!

 そんなみなさんに、ぜひともご紹介したいカフェCafé Komine (カフェ・コミネ)が、西ベルリンにできました!

 オーナーは、ル・コルドン・ブルー東京校でフランス菓子を学んだ小峯晋(こみね・しん)さん。ケーキ作りも接客も行っています。

 小峯さんの作るケーキは、まず見た目の美しさにうっとりします。ツヤツヤに輝くムースに、レースのようなクリーム。食べてしまうのが惜しいほどです。

 そして、本当においしい。
 控えめな甘さとフルーツの酸味の絶妙なハーモニー。サクッとした生地と、舌の上で柔らかくとろけるクリームというように、一つのケーキでいくつもの味と食感を楽しめるんです。

 モンブランのような、日本では大人気でも、ベルリンではまずお目にかかれないケーキがあるのも嬉しいです!

P1190436.jpg
手前はBlanc et rouge (ヴァニラとホワイトチョコムースとベリーのコンポート)、奥はChoux Matcha(抹茶シュークリーム)

IMG_6912.jpg
テーブルごとに荷物を置けるラックがあるのも、細やかな気配り。日本のよう!


 上品な雰囲気の店内でケーキとお茶をいただくのもいいですし、お土産にテイクアウトすることも可能です。
 テイクアウトには、ちゃんと箱に入れてくれますよ。
 この感覚は、日本人には嬉しくないですか? ベルリンだと紙皿の上にケーキを横に寝かせて、その上から紙で包んでしまいますもんね。それだとせっかくのデコレーションが崩れてしまって残念。ドイツ人は気にする人が少ないようですが、私はきれいなケーキをそのままの状態でテイクアウトしたいなあと思っているんです。だから箱入りは嬉しいです。

IMG_7104.jpg
ロゴマーク入りの箱に入れてお持ち帰り

IMG_6938.jpg
店頭の赤い日よけが目印


 小峯さんはじつはチェロ奏者で、ベルリンで活躍していました。それがなぜパティシエとなり、カフェオープンに至ったのかは、私が連載しているYOUNG GERMANY「ドイツで羽ばたく日本人」で近日中に公開します。公開時には告知しますので、気になる方はそちらもお楽しみに。

*2016年12月21日追記*
YOUNG GERMANY「ドイツで羽ばたく日本人」で小峯さんのインタビューが公開されました! 以下をクリックしてください。
チェロ奏者からパティシエに転身、カフェ開業へ 小峯晋さん


 おいしいものを食べたときって、「しあわせ〜」って思いますよね。Café Komineで幸せなひとときをお過ごしください。
 (text and photo_Yuki Kubota)

Café Komine カフェ・コミネ
住所 Welserstr. 13-15, 10777 Berlin(シェーネベルク地区)
URL http://www.cafekomine.de/
https://www.facebook.com/cafekomine/
営業時間 水〜土 12:30 - 19:00 日12:30-18:00
定休日 月・火


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/224-e7544f23

検索フォーム