Loading…

ビールやジュースを頼むときに、覚えておくと便利なドイツ語

Posted by osanpoberlin on 05.2013 Deutsch 役立つドイツ語   0 comments   0 trackback
 ドイツのカフェやレストランでは、ドリンクメニューすべてにグラスの内容量が明記されています。これは、法律で義務付けられているそうで、例えば、りんごジュース(独語ではApfelsaft・アプフェルザフト)なら [ Apfelsaft  0,2ℓ/ 1,80 €  0,4ℓ / 3,00€ ]というように、2種類のサイズと料金が書いてあるのが一般的。大小が選べるのは、とてもいいシステムだと思います!

白ビールは-この形の0-5ℓグラスが定番
白ビールは-この形の0,5ℓグラスが定番

 ビールも、生ビール(vom Fass フォム・ファス =樽生)を扱うお店なら必ず 0,3ℓ(独語での読み方:ヌル・コンマ・ドライ) か 0,5ℓ (ヌル・コンマ・フュンフ)が選べるのが普通ですので、それぞれ注文するときに、どちらのサイズがいいかを伝えます。例えば、0,3ℓグラスのピルスナーを注文するときは、「Ein Pilsner, 0,3 bitte.(アイン ピルスナー、ヌル・コンマ・ドライ、ビッテ。)」と言えばOK!

 とはいえ、ドイツ語での注文はやはりハードルが高いと思うので、まずはサイズが大小あるのだ、ということを知っておけば十分です!サイズを伝えずに注文した場合には、「大小どっちにする? klein oder gross ?(クライン、オーダー、グロース?)」と聞かれるので、そのときに「小で(klein クライン)」もしくは「大で(gross グロース)」と伝えればOKです。(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/36-cde9dd4b

検索フォーム