Loading…

おさんぽに欠かせないのは、実は「栓抜き」!?

Posted by osanpoberlin on 25.2013 Lebensstil ベルリン流ライフスタイル   0 comments   0 trackback
 ドイツで販売されているビールは、アルミ缶ではなくてビン入りが主流。ちょっとお散歩に出かけて、「お天気もいいし、公園でのんびりビールでも飲みたいな~。」と思ったときに、近くのスーパーやキオスクで冷えたビールを買って公園まで行ったものの、「......栓抜きがなくて開けられない~!」という哀しい事態を避けるために、私は常に栓抜きを持ち歩いています! 持ち歩いているといっても、写真のキーホルダーです。これが、実は栓抜き。アウトドアショップなどで売っているものですが、これならカギと一緒に常に持ち歩けるので便利ですよ。

ただのキーホルダーじゃないんです
ただのキーホルダーじゃないんです

 ちなみにドイツ人は、栓抜きがなければポケットライターをテコのように使って、器用にフタを開けます。私も練習してできるようになりましたが、タバコを吸わないのでライターは持ち歩きません。もし栓抜きがなければ、近くにいるタバコを吸ってる人に声をかけると、ライターでさっとフタを開けてくれるかもしれません(笑)。

 余談ですが、青空の下で堂々とビールを飲むというのは、どこの国でもできることではないのですよね。アメリカでは多くの州で、公共の場所での屋外飲酒が禁止されているそうですし、確かイギリスも同じようなルールがあったはず。ドイツでは今のところそういった規制はないので、いつ誰がどこでお酒を飲んでいても(未成年でなければ)何のお咎めもありません。せっかくベルリンに来たなら、一度くらいは地元っ子に混じって公園の芝生の上でビールを飲んでみるのも楽しいと思いますよ!(A)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/42-d0e1b2c5

検索フォーム