Loading…

お店を持つ夢、ベルリンで叶えました{三木理恵子さん}

Posted by osanpoberlin on 13.2013 Interviews インタビュー   11 comments   0 trackback
IMG_2946.jpg
お店の旗ができました!

 先日「おさんぽベルリン」でご紹介した「リエ・パティスリー」。大勢の方から反響があり、Facebookなどで記事がシェアされました。
 今回は、そのオーナー・三木理恵子さんのインタビューです。


***

阪神・淡路大震災が変えた人生

 リエ(理恵子さんは、みんなからリエちゃんと呼ばれているので、そう書くことにします)さんがドイツにやって来たのは、1995年。きっかけは、その年に起きた阪神・淡路大震災でした。

 リエさんがドイツとお菓子の仕事に興味を持ったのは、大学の卒業旅行のとき。寒い冬の一人旅で食べたお菓子のおいしさに、「じーんとして……。救われた気がしたんです」。
 次第に、自分もそんなお店を開きたいという夢を持ち始めたリエさんですが、卒業後は神戸でOLとして働いていました。

 そんなリエさんの人生を大きく変えたのが、阪神・淡路大震災です。震災で職を失ったリエさんは、ベルリンの日本食レストランの求人広告を見つけます。それまでお菓子の仕事に反対していたお母さまも、「好きなことをしたらいい」と言ってくれるように。こうして、リエさんのベルリンでの日々が始まりました。

コンディトライ(菓子店)で修業の日々

 ベルリンでのスタートは、日本食レストラン。でもリエさんの目標は菓子職人で、いつかお店を持つことです。なんだか果てしない道のりに思えますね。そんな状況でも、リエさんは一歩ずつ進んでいったのです。

 レストランで働く合間に、修業先のコンディトライを見つけたリエさん。やっと夢への一歩が始まったかと思ったら、今度は滞在許可がなかなか下りません。滞在許可の取得は、担当官によってもそれぞれ言うことが違ったりします。リエさんの場合は、弁護士を通じて1年がかりでようやく許可が下りたのでした。

 ドイツでは菓子職人(ゲゼレ)の資格を取るために、お店での実務と学校での勉強の両方が必要です。語学学校にも通いましたが、ドイツ語を勉強してもすぐに学校の授業を理解できるようになるわけではありません。授業はわからず、お店での修業も厳しくて……「でも日本でお別れパーティを開いてもらったので、今さら帰れなかったんですよ」。

 そんな気持ちで3年間頑張り通して試験に合格し、ゲゼレとして別のコンディトライで働くようになりました。
 そこはフレンチ風のお菓子やパンのお店でした。「リエ・パティスリー」のお菓子はフレンチ風なのですが、それはこのお店で働いた経験があるからです。ここではお菓子作りのほかに、後輩の指導も行ったそうです。

マイスター、そして自分のお店オープンへ

IMG_2941.jpg
Schwarzwälder Kirsch。キルシュ(チェリー)をローテベーテ(ビーツ)で煮ています

 お店で働いているときも、リエさんは将来に向けて歩み続けていました。
 まずはマイスター資格の取得。マイスターになるためにも、やはり学校で勉強しなくてはなりません。昼間は学校で勉強、夕方帰宅して就寝、夜からお店で夜勤というハードな日々を2年間続け、2010年に見事にマイスターとなったのでした。
 
 合格後はさらにマイスターのための研修コースに通ったり、ホテルでパティシエとして働くなど、経験を広げていきました。
「お店を持つのは50過ぎてからでは遅すぎる。40代のうちに開かなくては」と考えていたリエさんは、物件を探し始めました。
 お店のオーナーはリエさん一人。ドイツ人の共同経営者も、パートナーもいません。そんな中での物件探しは難航しました。もちろん偏見があるドイツ人ばかりではありませんが、それでもアジア人女性が異国の地で一人で事業を始めるのは簡単ではないのです。

 物件を探した末にようやく見つかったのが、今の場所。契約を結ぶと、すぐに内装工事に取りかかりました。限られた資金を有効に使うために、壁のペイントや家具の取り付けなど、友人の助けを借りながらできる限り自分で行ったそうです。
 それでも、「10年かけて貯めた資金が、2ヵ月で消えちゃった」と、リエさんは笑います。

「私の家に遊びに来る気持ちで来てほしい」というのが、「リエ・パティスリー」のコンセプト。その通り、きれいなブルーの心地いいお店ができ上がりました。

 リエさんが約20年間持ち続けてきた夢は、ようやくいま現実となりました。
 でも、これはむしろスタート。これから大勢の人が「リエ・パティスリー」を訪れて、お菓子に「じーん」としたときに、リエさんの夢は本当に叶うのかもしれません。(Y)


*2014年5月25日追記*
皆さまから大きな反響をいただいていたRie PatisseRieですが、このたびいったん閉店し、新たな場所での再スタートをすることになりました。詳細は未定ですが、決まりましたらこの『おさんぽベルリン』でもお知らせしていく予定です。Rie PatisseRieのブログ(http://riepatisserie.blog.fc2.com/)は続行するそうですので、そちらも併せてご覧ください。リエさんから『おさんぽベルリン』読者の皆さまへ、「ご支援ありがとうございました」とのメッセージをいただきました。

***

Rie PâtisseRie リエ・パティスリー
住所 Heinrich-Roller Straße 10, 10405 Berlin
Tel. 030-22 0 22 404
営業時間 月〜金12:30〜19:00 土14:00〜20:00
(営業時間は変更になる場合もあるので、事前に確認していただくと確実です)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪
 
関連記事

記事を呼んで感動しました。お菓子に「じーん」ときた瞬間、すごく伝わりました。それから今まで、長い道のりでしたね。
私もこの夏にベルリンを訪れたのですが街のカラフルな雰囲気と自由な人々に「じーん」ときました。いつかこんな街に住みたい!と思いました。
お店頑張ってください!
2013.09.13 19:49 | URL | Nana #S1aaP892 [edit]
Nanaさん、
記事を書いた久保田です。コメントありがとうございます。
リエさんにも伝えておきます。きっと喜ぶと思います。
住んでいる国や環境は人それぞれですが、自分のやりたいことに向かって進んでいきたいですね。


> 記事を呼んで感動しました。お菓子に「じーん」ときた瞬間、すごく伝わりました。それから今まで、長い道のりでしたね。
> 私もこの夏にベルリンを訪れたのですが街のカラフルな雰囲気と自由な人々に「じーん」ときました。いつかこんな街に住みたい!と思いました。
> お店頑張ってください!
2013.09.13 23:42 | URL | osanpoberlin #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.13 10:57 | | # [edit]
初めまして。コメントありがとうございます!

リエさんのパティスリー、宿泊先の近くだったなんて、
これも何かの縁かもしれませんね。
ぜひ立ち寄ってみてください。リエさん、きっと感激すると思います。
毎日ケーキの種類がいろいろ変わるんですよ。

「おさんぽベルリン」では、これからもベルリンの情報を
たくさんお伝えしていきますので、ときどきご覧になってみてくださいね。
「こんなことが知りたい」など、リクエストがありましたら、
お気軽にお知らせください。
ベルリン滞在が、充実したものとなりますよう、
「おさんぽベルリン」一同(二人ですが…)心より願っています。

2014.05.16 00:38 | URL | osanpoberlin #- [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.19 13:35 | | # [edit]
関西より 様

私達のブログを応援してくださり、ありがとうございます。
既存のガイドブックとは違う、私達ならではのメッセージがちゃんと伝わっているのだということがわかり、とても嬉しいです!
ところで、リエ・パティスリー が、移転のためにしばらくお休みとなったそうなので、お知らせしておきますね。(HP: http://riepatisserie.blog.fc2.com/
9月のベルリン滞在とマラソンへのご参加が、素晴らしいものになりますように!
2014.05.27 14:16 | URL | osanpoberlin #- [edit]
お忙しい中、ご丁寧なメッセージを恐れ入ります。

リエさんのお店のブログも、ブックマークさせていただきました!

これからも、記事を楽しみにさせていただきます!

コピーしたベルリンの地図に

ご紹介されているお店の情報などを、少しずつ書き込んでおります。

出発まで、何度も何度も、サイトを拝見させていただくことになりそうです!

感謝を込めて☆

2014.06.02 14:47 | URL | 関西より #bM4TJFTs [edit]
いつもメッセージへの書き込みに、ご丁寧なお返事をいただき
本当に有難うございます!

お忙しい中、度々、恐縮です。
以前、書きましたように、今月(2014年9/24出発)のベルリン訪問時
こちらのお店にお伺いできれば良いな、と
ずっと願っていたのですが
お店の移転後の再開情報、ご存じでいらっしゃいますか?

教えていただいたお店のサイトもブックマークして
何か情報がないか、チェックしていたのですが
(メッセージも書き込んでみたのですが)
多分、まだ再開のご準備中なのかな、と想像してはいるのですが。

今回の自分の旅も、ベルリン滞在の旅行代理店のスタッフの方に
大変お世話になり、そのお考えや姿勢、ご対応に、日々、感激しているのですが、
ベルリンで奮闘され、ご活躍されている日本人の方のお店も
時間が許せば、是非、訪れてみたいなと、ずっと思っておりました。
さらに私も関西在住者で、お仕事で神戸をよく訪れることもありまして。

厚かましい質問で恐縮ですが
もしご存じであれば(その場合は、きっと情報もアップされるとは思うのですが)
お教えいただければ幸いです。

いつも沢山の、ステキな記事を本当に有難うございます☆

関西より
2014.09.18 06:59 | URL | ベルリンを訪れる予定の者です。 #bM4TJFTs [edit]
コメントへの返信が遅くなってしまい、すみません!もうベルリンへいらっしゃってますよね。
残念ながら、リエ・パティスリーさんの移転情報はまだ入ってきておりません。
ベルリンという、日本とは全く文化の違う街で頑張っている日本人の姿には、私もいつも感動してしまいます...。今回のベルリンの旅が、実り多いものになりますように!(A)
2014.09.28 13:32 | URL | osanpoberlin #- [edit]
お忙しい中、ご返信のメッセージを有難うございました!

ベルリンの滞在先で、無料wifiサービスがありましたので
現地でも、様々な情報を、とっても頼りにさせていただきました。

マラソンでまいりましたので
あれも、これも・・と、いうわけにはまいりませんでしたが
こちらのサイトの情報がなければ
もっと、あれれ・・?という感じで
あっという間の滞在が過ぎてしまったかと思います。

別のページでご紹介されていました「ナズナ」さんには
到着した初日に、まいりました!
別の日も、トラムでお店の前を通った時に
お客様が沢山!の様子が見えました!

ベルリンが、どんなに素敵な街か
沢山の情報の中から、出発前に想像しておりましたが
実際に訪れて、沢山の方々の優しさにも触れ
ベルリンマラソンで街の中を走らせていただき
時折、住んでいらっしゃるご様子の日本人の方から「頑張って!」というご声援に
涙が出るほど感激しつつ
とても素晴らしい思い出ができました。

長文となり、申し訳ありません。
心より、御礼を申し上げます。
2014.10.02 16:05 | URL | 関西より感謝を込めて #bM4TJFTs [edit]
関西さま、

お礼のメッセージ、どうもありがとうございました!
感謝感激です!! このブログを始めてよかったです。

お返事が遅くなってしまってごめんなさい。でも、マラソン当日に、
「関西さんも走っているんだろうな〜」
って思っていました。
あの日はお天気もよくて、きっと気持ちよく走れたのではないかなと思います。

ナズナさんにも行かれたのですね! 私もつい先日行きました。
いいお店ですよね。おいしい物食べて、会話して、元気をもらえます。

ベルリンを気に入っていただけたようで、私たちもうれしいです!
ぜひぜひ、またいらしてください。それまでにもっと情報を充実させておきます!
(Y)



> お忙しい中、ご返信のメッセージを有難うございました!
>
> ベルリンの滞在先で、無料wifiサービスがありましたので
> 現地でも、様々な情報を、とっても頼りにさせていただきました。
>
> マラソンでまいりましたので
> あれも、これも・・と、いうわけにはまいりませんでしたが
> こちらのサイトの情報がなければ
> もっと、あれれ・・?という感じで
> あっという間の滞在が過ぎてしまったかと思います。
>
> 別のページでご紹介されていました「ナズナ」さんには
> 到着した初日に、まいりました!
> 別の日も、トラムでお店の前を通った時に
> お客様が沢山!の様子が見えました!
>
> ベルリンが、どんなに素敵な街か
> 沢山の情報の中から、出発前に想像しておりましたが
> 実際に訪れて、沢山の方々の優しさにも触れ
> ベルリンマラソンで街の中を走らせていただき
> 時折、住んでいらっしゃるご様子の日本人の方から「頑張って!」というご声援に
> 涙が出るほど感激しつつ
> とても素晴らしい思い出ができました。
>
> 長文となり、申し訳ありません。
> 心より、御礼を申し上げます。
2014.10.20 00:46 | URL | osanpoberlin #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/60-7c72b70c

検索フォーム