Loading…

ドイツの秋の味覚といえば、キノコ!

Posted by osanpoberlin on 16.2013 Essen 食材・旬の食べ物   0 comments   0 trackback
 ちょっとご紹介するのが遅れてしまいましたが......ドイツで秋の味覚といえば、やっぱりキノコです!キノコ全般のことを、ドイツ語では『Pilze ピルツェ』と言います。レストランのメニューに頻繁に登場する単語ですので、覚えておくと便利ですよ。以下に、ドイツで秋にだけ食べられる代表的なキノコ3種をご紹介します。

P1170736.jpg

 ↑これは『Pfifferlinge(フィファリンゲ)』アンズタケの一種です。適度に歯応えがあっておいしい。

P1170739.jpg

 ↑左が『Maronenpilze(マローネンピルツェ)』(和名ニセイロガワリ)、右が『Steinpilze(シュタインピルツェ)』いわゆるポルチーニです。どちらも香り高い♪

 9月~10月にかけての旬の時期にはマルクト(市場)やスーパーにキノコが山積みになりますし、レストランではキノコを使った季節限定のメニューが出されることが多いです。キノコのクリームスープや、リゾット、パスタ等々。初夏に出回る白アスパラと同様にシーズン限定で楽しめる食材ですので、この時期にドイツに来たらぜひキノコ料理を楽しんでくださいね!



↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)
関連記事


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://osanpoberlin.blog.fc2.com/tb.php/73-288790bc

検索フォーム