Loading…

水出し緑茶がおいしいコーヒーショップ {Coffee Profilers}

Posted by osanpoberlin on 09.2015 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_7254.jpg
クリーンなイメージの店内


 フリードリヒスハイン地区に、新しいコーヒーショップができました。サードウェーブ系に欠かせないハリオV60やサイフォンで淹れるシングルオリジンコーヒー(エスプレッソ系は別ね)もありますが、私のおすすめは、“cold brew tea“です。

IMG_7261.jpg
桃のような甘い香りにうっとり〜。
フラスコに入れるプレゼンテーションも参考になります


IMG_7257.jpg
時計がインテリアのアクセントに。
散漫な印象になるのを防いでいると思います



 コーヒーショップなのにお茶を勧めてすみません、という気がしますが、でもおいしいんだから仕方ない。
 cold brew teaには2種類ありますが、私が試したのは緑茶で、それが素晴らしくおいしかった! 桃やアプリコットのような華やかな甘い香りがあって、飲み口はすっきり。私は安渓鉄観音茶や黄金系のような、香りのある中国茶が大好きなので、そういうのが好きな人にはハマると思います。

 コーヒーは、カプチーノはかなり酸味のある味でした。私はシングルオリジンのコーヒーなら、酸味が大好きなんですが、カプチーノなどのエスプレッソ系であまりすっぱいのはちょっと苦手。でも一度だけで決めるのはよくないから、今度はラテとかを試してみようかな。

IMG_7264.jpg
ラテアートは凝ってました

IMG_7274.jpg


 V60を始めとするハリオのコーヒー器具もたくさん売ってました。お近くの方、行ってみて。
 あ、私が行ったときはスタッフさんたちがみんな外国人で、ドイツ語は通じませんでした。英語で注文しました。最近ベルリンで本当に多いです、このケース。
(text and photo_Yuki Kubota)


Coffee Profilers コーヒー・プロファイラー
Karl-Marx-Allee 136, 10243 Berlin(フリードリヒスハイン地区)
URL https://www.facebook.com/pages/Coffee-Profilers/645520548881689
営業時間 月-金 8:00-18:00 土9:00-18:00
定休日 日


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』


よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

夏到来! ベルリンで本物の「アイスコーヒー」が飲めるカフェ!

Posted by osanpoberlin on 13.2015 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
P1180439.jpg
夏はこれよね〜


 いや〜、ベルリンはいちばんいい季節になってきましたよ。
 暑すぎず、寒すぎず、空気はカラッと、空は青い。

 こんなときは、カフェのテラスで「アイスコーヒー」じゃないですか?!

 でも要注意。ドイツに詳しい方はご存じでしょうが、ドイツで「アイスコーヒー」というと、普通はEiskaffee(アイスカフェー)だと思われてしまうんですね。これはコーヒーの上に、バニラアイスが乗った、日本語で言う「コーヒーフロート」。

 じゃあ、いわゆる日本の「アイスコーヒー」は? というと、じつは数年前までありませんでした。
 ドイツでは(たぶんほかのヨーロッパの国々も)、コーヒーを冷たくして飲むという感覚がなかったんです(ちなみにアイスの乗ったEiskaffeeは、ドイツ人にとってはデザートに近い感覚みたいです)。

 ところが、この数年でベルリンにも「アイスコーヒー」が上陸したんです! まだまだ馴染みが薄いのですが、豆のクオリティにこだわったカフェを中心に、徐々に知られるようになってきました。

 そこで今回は、おいしいアイスコーヒーを飲めるお店を厳選してご紹介します。お値段は、だいたい3ユーロ前後です。
 各店の営業時間や定休日は、HPを見てみてください。

 
*Coffee Star コーヒースター

P1180445.jpg

日本のアイスコーヒーに近い、コクのある深い味わいが特徴です。さらりとした甘さのお手製ガムシロを加えると、ちょうどいい感じ。アイスコーヒーは、Dutch coffeeという名前で売られています。
WeddingのMüllerstr. 146にも支店がありますが、アイスコーヒーを扱っているのはWörther Str. 23のほうだけなので、ご注意を。なお、カウンター席中心の小さなお店なので、店内に客用トイレはありません。
ここは店内で豆を自家焙煎しています。流行のサードウェーブ系とは一線を画す、中深煎り。日本人好みの味だと思います。豆の販売もしていて、高品質のシングルオリジン豆を扱っているのに、お値段が超良心的で驚きます。

Wörther Str. 23, 10405 Berlin
http://coffeestar.net/


*Enishi えにし

IMG_8032.jpg

「えにし」は、日本のアンティーク家具&雑貨ショップ。でも店内の一角に、小さなカフェコーナーもあるんです。スペースは小さくても、味は本格的。質のいい豆をハリオの器具で1滴1滴ゆ〜っくりと水出ししたアイスコーヒーは、そりゃおいしいに決まってます。しかも氷は、アイスコーヒーを凍らせたもの。溶けても味が薄まらなくて、いいんです。
ベルリンでアイスコーヒーを頼むと、ガムシロやミルクなしのことが多いのですが、ここはどちらも付いてきます。やっぱりこれが日本の感覚ですよね。
オーナーのマキさんに、「アイスコーヒー」と日本語で注文してください。

Pappelallee 86, 10437 Berlin
http://www.enishi-japanese-antique.com/


*Chapter One チャプターワン

P1170966.jpg

ハンドドリップ、エアロプレス、サイフォンと、抽出にこだわる小さなコーヒーのお店。温かいラテやカプチーノもおすすめですが、夏はぜひアイスコーヒーを。Cold dripという名前で売っています。味はさっぱり、あっさりめ。ストレートで飲みましょう。
私はここのインテリアが大好きです。シンプルでカッコいい、ベルリンらしい雰囲気です。HP上の映像もカッコいいですよ。
店内に客用トイレはありません。

Mittenwalder Str. 30, 10961 Berlin
http://www.chapter-one-coffee.com/


*The Barn Roastery ザ・バーン・ロースタリー

P1180433.jpg

Mitte地区に小さな本店もありますが、こちらは店の奥に焙煎所を備えたコーヒーショップ。ここもハンドドリップ、エアロプレスと、抽出にこだわっています。アイスコーヒーは、cold brewといえばOKです。
店内で焙煎した豆は、サードウェーブ系らしく、かなりライトロースト。さっぱりしていて、酸味があります。浅煎りのコーヒーは、お茶を飲むような感覚でいただけます。浅煎りに慣れなかった頃は酸っぱすぎるように思っていましたが、慣れてくるとフルーティーな味も感じられ、これはこれでいいと思います。
店内では、ラップトップは使用禁止。ベビーカーも入れません。ベビーカーが入店禁止なのは、店内で高温で豆を焙煎しているため、安全上の理由からとのことだそうですが、オープン当時は物議を醸しました。
自家焙煎の豆も、もちろん買えます。浅煎りが好きな方におすすめ。

Schönhauser Allee 8, 10119 Berlin
http://barn.bigcartel.com/the-roastery


 ここまで読んでいただくとおわかりかもしれませんが、アイスコーヒーの名前はcold dripだったり、cold brewだったりと、店によってまちまちです。Iced coffeeと表示している店もあります。ドイツ語では、決まった単語がないんですね。

 それだけアイスコーヒーという飲み物が、まだ一般的でないことを表していると思います。アイスコーヒーがあるカフェは少数派ですし、その存在自体を知らない人も多いです。
 それでもベルリンはインターナショナルな都市なので、まだ浸透しているほうですが、ドイツの中小都市なら、Eiskaffeeしかないかもしれません。

 夏は、砂糖がたっぷり入った清涼飲料水よりも、アイスコーヒーのほうが太らなくていいんじゃないでしょうか。
 個人的に、次はノンシュガーのアイスティーがメジャーになってほしいです。
(text and photo_Yuki Kubota)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

男前インテリアの、隠れ家カフェ {distrikt coffee}

Posted by osanpoberlin on 03.2015 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
P1170376_20150203083616a0f.jpg
さりげない感じが好き


 東京でいえば青山のようなミッテ地区に、まるで隠れ家のような、落ち着けるカフェができことを友人から教わって、行ってきました。

 昨年秋にオープンした distrikt coffee(ディストリクト・コーヒー)は、表通りから1本入った裏道に佇んでいます。そのひっそり感に、「入ってみたい!」という気持ちがふつふつと湧いてきます。


P1170298.jpg
室内は意外な広さ


 間口は狭いのですが、入ると奥に細長く続いていて、外からは想像がつかない広さ。レンガの壁とタイルの床というクラシックな空間に、インダストリアルテイスト(←こういうの、日本では男前インテリアって言うんですって?)の家具。いいですね。


P1170371.jpg
カプチーノ。それぞれ違う模様を描いてくれました


P1170295.jpg
これはパリbellevilleの豆。椅子がいい感じでしょ


 ここではカプチーノやラテといった、おなじみのエスプレッソ系バリエーションのほか、ドリップコーヒーも飲めます。
 ドリップ用に用意された数種類の豆(ベルリンのBonanza Coffeeや、パリのBellevilleの焙煎豆)から好みのものを選ぶと、それに合った淹れ方でドリップしてくれます。ドリップの種類はサードウェーブ系カフェに必ずあるハリオV60、エアロプレスのほかに、珍しくカリタもあるんですよ! 日本のメーカーが使われていると、何となくうれしくなります。
 豆は、いま流行のライトローストなので、酸味を感じました。ライトになればなるほど、何となくお茶の感覚に近づいていく気がします。私自身はもう少し焙煎した方が好きですが、これはもう好みの問題ですね。


P1170382.jpg
おいしくてかわいい、パンケーキ


 カウンターにはケーキやデニッシュも並んでいますが、私はパンケーキを頼んでみました。運ばれてきたお皿には、小ぶりなパンケーキが3枚と、フルーツにナッツ、メイプルシロップにフルーツソース。きれい! ひと皿にいろいろな味と歯ごたえがあって、おいしかったです。

 ベルリンには、こういうセンスがよくて居心地がいい、おいしいカフェがたくさん。カフェって、ベルリンの名所の一つだと思います。
(text and photo_Yuki Kubota)

distrikt coffee ディストリクト・コーヒー
Bergstrasse 68, 10115 Berlin(ミッテ地区)
URL http://distriktcoffee.de/
営業時間 月-金 8:00-18:30 土日10:00-18:30(パンケーキやフードは9:30-16:00)
定休日 無休


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

歴史とメニューが結びついたカフェ {Mogg & Melzer}

Posted by osanpoberlin on 14.2015 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_1272.jpg
お昼は混み合うので、午前早めか夕方がゆっくりできます


 昨年12月27日付けで、「建物が語る、華やかな一等地の過去」と題してアップした、旧ユダヤ人女学校の記事。今回はその続きです。

 この歴史ある建物には、レストランやギャラリーのほかに、1軒のカフェも入っています。それがMogg & Melzer(モグ・アンド・メルツァー)。建物の玄関扉を開けて、右手に行くとあります。サンドイッチやスープ、ケーキなどがあり、散歩中にひと休みしたいとき、ちょっとお腹が減ったときにちょうどいいカフェです。


IMG_1280.jpg
マッツェボール・スープ。これでお腹いっぱい


 私は、メニューに並んでいたコーシャ(ユダヤの食事)のMatseball Soup(マッツェボール・スープ)を頼んでみました。調べてみると、マッツェというのはイーストの入っていないユダヤのパンのことだそうです。その粉をボール状にしたものをコンソメスープに入れたものが、このスープ。さっぱりした口当たりながらも、マッツェボール入りなのでけっこうなボリュームでした。

 ここのインテリアが、またいいんです。特に店内奥にあるソファの張り地が紫色なのが、個人的にツボですね。

IMG_1277.jpg
この二重窓にも歴史を感じます


 ほんの70〜80年前にユダヤ人の女の子たちが学んでいた場所で、いま日本人の自分がコーシャのスープを飲んでいることを考えると、ありがたいような、哀しいような不思議な気持ちになります。おしゃれな雰囲気のカフェだから、よけいにそう感じるのでしょうね。
(text and photo_Yuki Kubota)

Mogg & Melzer モグ・アンド・メルツァー
Auguststraße 11, 10117 Berlin(旧ユダヤ人女学校内)
URL http://www.moggandmelzer.com/
営業時間 月-金 8:00-22:00 土日10:00-22:00
定休日 なし


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

ノイケルン注目エリアのまったりカフェ { Schiller Bar }

Posted by osanpoberlin on 20.2014 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
P1160747.jpg
気軽で落ち着く感じ

 ノイケルン北部の、クロイツベルクと接したエリアが「クロイツケルン」と呼ばれて、おしゃれなカフェやお店が続々誕生してからもう5〜6年経つでしょうか。最近はカフェエリアがどんどん南下してきています(クロイツケルンも相変わらず)。

 その南ノイケルンエリアに、バババンと3店舗並んでいるのが、Shiller Burger(シラー・バーガー)、Schiller Backstube(シラー・バックシュトゥーベ)、そしてSchiller Bar(シラー・バー)のシラー3兄弟。バーガーは文字通りハンバーガー屋さん。バックシュトゥーベはベーカリー、バーは朝から夜までやっているカフェ&バーです。

 今回ご紹介するのは、そのバー。サンドイッチなどの軽食があるのと、お隣のバックシュトゥーベのケーキもここで食べられたりして、何かと便利なカフェです。バーとはいうものの、朝からやっていますから、当然コーヒーやソフトドリンクもあります。

P1160754.jpg
これはツナサンド


 インテリアは、ベルリンでよくあるタイプの、ユーズド家具を使ったシャビーな感じ。いかにも気軽なカフェ&バーという雰囲気です。

 この辺りはお店がどんどん増えているので、おさんぽしていろいろ発掘するのもきっと楽しいと思いますよ。
(text and photo_Yuki Kubota)


Schiller Bar シラー・バー
Herrfurthstr. 7, 12049 Berlin(ノイケルン地区)
URL http://www.schillerbar.com/
営業時間 9:00〜


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)

  

検索フォーム