Loading…

スポンサーサイト

Posted by osanpoberlin on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掟破りのビアレストラン {BRLO BRWHOUSE}

Posted by osanpoberlin on 31.2017 Restaurants/Bars レストラン・バー   0 comments   0 trackback
IMG_1326.jpg
ガラス越しに醸造所の様子も見えますよ


 今回はわたくしライター久保田由希が、ずーーーっと紹介したかったビアレストランについて書きますよ。
 ベルリンのマイクロブルワリー(小規模醸造所)BRLO(名前の発音は「ベルロでもブルロでもなんでもいいんですよ」とのこと)が昨秋オープンした、BRLO BRWHOUSE(ベルロ・ブルーハウス)。ここは何かと型破りなんですよ。

 まずビアレストランなのに、フードメニューが野菜中心。肉料理も多少あるんですが、主役は野菜です。燻製や発酵させることで、ビールに合うようにしているそうです。

IMG_1114.jpg
これはMサイズ&追加でお肉のリブ。野菜料理の盛り付けもきれい


 さらに驚きなのが、シェアを前提としたフードメニューがあること。メインの野菜料理(Gemüse)、副菜(Beilagen)、小皿(on Top)の3つのカテゴリーの中から好きなものを選んで組み合わせるシステムで、S・M・Lの3つのサイズによって各カテゴリーから選べるお皿の数が変わります。

 例えばMサイズなら野菜料理3皿、副菜2皿、小皿を3つ選びますが、料理とともに人数分のとりわけ皿まで出てくるんです!
 ……って「そんなの当たり前でしょ」って思いますよね? でもドイツでは、ぜ〜んぜん当たり前じゃないんですよ! 料理をシェアする習慣なんかないですからね。「ひと口味見」とかありません。あたしの料理はあたしのもの。それがドイツです。
 だからシェア前提の料理メニューを見て「あー、ベルリンも変わったなー。外国人も観光客も多いベルリンだからできたのかなー」と感慨にふけりました。

 ビールは当然おいしいです。私はここのビール、大好きです。BRLOのビール以外のマイクロブルワリーのビールも飲めて、シーズンごとに変わります。

IMG_1271.jpg
5種のビールが飲めるTasting Board

IMG_1285.jpg
Tasting Boardに一口フードの付いたFood Pairingセット


 初めて行く方なら、5種類のBRLOのビールが0.15リットルずつ飲めるTasting Board(テイスティング・ボード)9.50ユーロがおすすめです。要は飲み比べセットですね。
 この飲み比べセットには一口フードが付いたFood Pairingセット(12ユーロ)と、Käse Pairing(ケーゼ・ペアリング=チーズペアリング)のセット(14.50)もあります。これもすっごくいいですよ。ビールだけでもおいしいのに、フードやチーズとともに飲むとまったく新たな世界が目の前に広がりますから。

IMG_1126.jpg
2階席も、屋外ガーデンもあります。ガーデン席にはガーデン用メニューがあります


 じつはこのレストランについて、もうすぐ始まる新連載で取材をして書いたので、そのときはまたお知らせします! 場所は地下鉄U1/2線 Gleisdreieck駅のすぐ脇です。スタッフはインターナショナルなので、英語でも大丈夫。人気店なので、予約をしてください。予約はお店のHP(下記参照)からできます。

 ベルリンの今年の夏はちょっと欲求不満でしたが、おいしいビールはいつ飲んでもおいしいですからね!
 (text and photo_Yuki Kubota)


BRLO BRWHOUSE ベルロ・ブルーハウス
住所 Schöneberger Str. 16, 10963 Berlin(クロイツベルク地区)
URL http://www.brlo-brwhouse.de/
営業時間 火-金 17:00- 土日12:00-
定休日 月


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪


インターナショナル・ベルリン・ビア・フェスティバル 2017も盛り上がりました!

Posted by osanpoberlin on 16.2017 Feste イベント・お祭り   0 comments   0 trackback
 ご無沙汰しておりました!おさんぽベルリン・ガイド松永です。この夏は仕事山積みでなかなかブログが書けなかったのですが、このイベントだけはしっかり参加してきましたのでレポート!!

DSC_5804.jpg

インターナショナル・ベルリン・ビア・フェスティバル2017です☆ 

 このブログでは毎年しつこいほど書いているので、そろそろみなさんも飽きてるのではないかと心配ですが、まだ知らない人のために今年も書きますよ!(過去記事はこちら☆

 これは私たちおさんぽベルリンが心から愛する毎夏恒例のイベントで、ギネスブック認定「世界最長のビアガーデン」でもあります。

DSC_5789.jpg
こんな感じで、芝生の上にテーブル&ベンチとステージ、そして屋台が延々2㎞続く。


 何が楽しいかって、ドイツ中、世界中のビールが少しずつ楽しめて、なおかつゆる~い雰囲気で「これぞベルリンの真の姿!」が見られること。

 もうね、はっきり言ってオシャレ感ゼロなんですよこのイベント。でも、それがいいの!

 ここに集う真のビール好きドイツ人は、平均年齢50歳くらいで、平均体重90㎏くらいで、オシャレなカフェにいそうなシュッとした若い人なんて、全然ここにはいないの!で、それがたまらなく「ベルリンのリアル」なんですよ。

DSC_5817.jpg
ちなみにこういう仮装をしているグループはアイルランド人かスコットランド人が多い(松永調べ)。

 その雰囲気の中で、これでもか!っていうほどドイツっぽい茶色い肉料理を食べながらビールを飲むのが、楽しいのです。

DSC_5792.jpg
アイスバインの下にはザワークラウトがたっぷり!これで8€。おいしかったですよ。

DSC_5791.jpg
ビーガン?スーパーフード??そんなものここにはありません。ビールには、肉でしょ!

 ちなみに今回私が飲んだ中で、一番美味しくておかわりしてしまった銘柄はこれ!
ドルトムントが本拠地のホップス・ブリューイングHOPS BREWING のRed Devil IPA。
DSC_5801.jpg
色が赤いビールは私好みの味であることが多い。

 このブルワリーのビールは、どれも味と香りがしっかりしていて、でも変なクセがなくてすごく美味しかった! 普段はベルリンでは売っていないそうなので、オンラインで購入するか、来年もビアフェストで見かけたら絶対飲もう、と思いましたよ。


 2018年の開催日程は8月3~5日の3日間!今から予定を空けておきます(笑)!
公式HPでもすでに来年に向けてカウントダウン始まってます→http://www.bierfestival-berlin.de/
ビール好きな方は、ぜひぜひこの日に合わせてベルリンに遊びに来てくださいね。

DSC_5813.jpg
男性用の簡易トイレ。夕日で思いっきり影絵状態に...(^^;)


(text and photo_Akiko Matsunaga)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

よろしくね!

☆ドイツ・ベルリンに関するコラム執筆・取材・写真撮影や
コーディネート等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

ベルリンで韓国かき氷! {Gong Gan}

Posted by osanpoberlin on 01.2017 Cafés カフェ   0 comments   0 trackback
IMG_3193.jpg
ベルリンでも、かき氷!


 7月のベルリン、気温が低く豪雨に見舞われて今ひとつでした。でもここ数日、ようやく夏らしくなりました! 暑くなったら、とにかく夏を満喫しましょう! でないと、いつまた寒くなるかわからないのでね。私はいつも夏になると焦っています(^_^;)

 そこで今回は、かき氷を食べられるお店の紹介です。韓国料理カフェのGong Ganでは、ビビンパなどの韓国料理が気軽に食べられて、しかもかき氷もあるんですよ。

 Patbingsu(パッピンス)という韓国の氷あずきで、「パッ」が小豆、「ピンス」がかき氷を意味するそうです。お店の前にイラスト入りの看板が出ています。

IMG_20170730_184813.jpg
イラスト入りなのでわかりやすいです


 それを見ると4種類ありますね。上から順にノーマル(いちばん上の写真がそれ)、ミスッカル(説明は後でね)、緑茶、コーヒーです。ノーマルはどういうのかというと、氷ミルクあずきに求肥のようなものがのったもの。ミスッカルはノーマルに「穀物の粉」をかけたもの。あとで調べたらミスッカルとは玄米、麦、豆、ハトムギなどを炒った粉だそうです。なんだかヘルシーそう。

IMG_20170730_185931.jpg
こちらがミスッカル入り


 私は初回はノーマルを注文。あー、まさにかき氷! 暑い夏にはやっぱりコレですよ! 2回目はお店がおすすめだというミスッカルを食べましたが、粉と小豆がだんだん馴染んできてこちらもおいしかったです。金属の器とスプーンというのが、韓国だなと思います。

IMG_3189.jpg
肉も野菜もたっぷりのビビンパで栄養ばっちり

IMG_20170730_191719.jpg
外観はこんな感じ(お顔が見えないように、写真を一部加工しています)


 暑い日にはビビンパで栄養補給もいいですよね。ピリッと辛いビビンパ食べて汗かいて、〆はかき氷でフーッ。いや〜夏ですね〜。暑いうちに行かないと! 焦ってきました!
 (text and photo_Yuki Kubota)


Gong Gan コンガン
住所 Schwedter Str. 2, 10119 Berlin(プレンツラウアー・ベルク地区)
URL http://www.gong-gan.de/
営業時間 火-金 12:00-20:30 土日12:00-22:00
定休日 月


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪





ハンドメイド作品+ストリートフードマーケット {WHITE PONY}

Posted by osanpoberlin on 03.2017 Märkte 蚤の市・朝市・その他の市   0 comments   0 trackback
IMG_1013.jpg


 ベルリンでここ数年盛んになっているのが、アーティストや雑貨作家さんたちによるハンドメイド作品やストリートフードを販売するマーケット。

 この2つを一緒にした「ベルリン・デザインマーケット」が "WHITE PONY” と名前を変えて、新たなロケーションで再スタートしたので、わたくしライター久保田が行ってきましたよ〜。

 開催は月1回。場所はプレンツラウアー・ベルク地区のSバーンGreifswalder Str.(グライフスヴァルダー・シュトラーセ)駅のすぐそば。入場無料です。

IMG_1041.jpg
馬蹄形に導かれて会場へ


 駅から徒歩数分にもかかわらず、会場までの道のりがちょっとわかりにくいんですが、先月私が行ったときは駅から写真のような馬蹄形のマークが道路に点々と描かれていました。これを辿っていけば大丈夫です。

IMG_1033.jpg
着きました〜

IMG_1023.jpg
キッズコーナーもあります!


 会場にたどり着くと、そこにはゴツいレンガ建築。いいですねえ、私の好みです。その前の屋外スペースには、フード屋台とベンチが並んでいます。
 こういうマーケットで売っているストリートフードの傾向は、エスニックなものが多い気がします。あと、ベルリンの感覚ではちょっと割高。屋台側としては場所代を払うから利益は高くないのかもしれませんけど、買う側としては二の足を踏んでしまったりもします。でも一度体験してみるのもいいですよね。

IMG_1004.jpg
屋内がハンドメイド作品コーナー

IMG_1014.jpg
レースペーパーのガーランド


 そしてゴツいレンガ建築の中は、ハンドメイド作品コーナーです。

「この建物、古いし線路沿いにあるし、たぶん鉄道関係のものだったんだろうな」と思いましたが、調べてみたらやっぱり元貨物駅でした。
 ベルリンでは元○○という建物が再利用されるケースが本当に多いんですよね。19世紀後半からこの街が発展して、時代とともに産業構造が変化したことで不要になったものの、まだ使える(レンガ造りだし、地震もないし)建物がゴロゴロしているんです。

 ハンドメイド作品は、服、アクセサリー、バッグ、食器、ステーショナリーなどいろいろ。女性向きの商品が多かったですね。ベルリンらしいグッズやプレゼントなどを探すときによさそうです。

 個人的には、白くペイントしたレンガの壁にシャンデリアが下がっていたり、レースペーパーで作ったガーランドが飾られているのが気に入りました。

 日本では、レースペーパーはラッピングやインテリア素材として当たり前のように使われていますが、ホームメイドケーキを焼く人が多いドイツでは、レースペーパーはあくまでもケーキ用でした。でも数年前から、こんなふうにインテリアに取り入れられる例が増えましたね。アメリカやほかのヨーロッパ諸国からの影響なのかな。

 ハンドメイド作品とストリートフードのイベントなのに、建物と空間の話ばかりになっちゃいました。空間見たさに行ってるって、バレたかしら……。でもでも、作品もフードもいろいろありますから、気になる方はぜひ行ってみて。

 開催は月1回。2017年6月は明日4日(日・祝)、7月は9日(日)、8月は6日(日)の予定です。
 (text and photo_Yuki Kubota)

WHITE PONY ホワイト・ポニー
住所 Greifswalder Str. 80, 10405 Berlin(プレンツラウアー・ベルク地区)
URL https://www.facebook.com/BerlinDesignMarket/
開催日 上記URLでご確認ください
入場料 無料
トイレもあります。


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪

建物まるごとアートが占拠 {THE HAUS}

Posted by osanpoberlin on 23.2017 Museen/Galerien ミュージアム・ギャラリー   0 comments   0 trackback
P_20170521_125117.jpg
ベルリンの一等地に8週間だけ出現


 ベルリンといえば壁一面のストリートアートを思い浮かべる人もいると思います。
 でも建物まるごとっていうのは、なかなか見られない光景ですよね。

 そんな特別な展覧会「THE HAUS(ザ・ハウス)」が、今月末(2017年5月31日)までの期間限定で開かれているんです。場所は西ベルリンの目抜き通りクーダムからちょっと入ったニュルンベルク通り(Nürnberger Str.)。ベルリン動物園の近くです。

 会場は元銀行の建物。そこをPANDIONというドイツの不動産会社が買い取り、分譲マンションに建て替えるのですが、建物が取り壊される前の8週間だけ建物全体を使ってストリートアートの展覧会をしているんです。
 ベルリンと世界各国から集まった総勢160名余りのアーティストが、各部屋を好き放題に使って作品制作。イラストあり、インスタレーションあり、それぞれの部屋に足を踏み入れるごとに、まったく別の世界が広がっています。トイレまで作品なんですよ。

 この展覧会は期間限定で、なおかつ大掛かりということもあり、大々的に告知されたので、恐ろしいほどの混雑ぶり。私が見る限り、常に数百メートルの入場待ち行列ができています。
 私は日曜の昼という、最も混雑する時間帯に行ってしまったために、なんと3時間も立ちっぱなしで待つ結果になってしまいましたよ。ふだんなら堪え性がないので行列には並ばないのですが、今回だけはその時を逃したらもうチャンスはないと思ったので、覚悟して並びました。入場した瞬間にどっと疲れましたが……。

 サイト上から予約できるガイドツアーもあるのですが、どの時間帯ももう満員のようです。

 入場は無料。払いたい額だけ払うシステムです。
 会場内は撮影不可。入場前に袋が配られるので、そこにスマホを入れて入場します(スマホを入れた袋は携帯していてOK)。大きなバッグはクロークに預けなければなりません(有料:1ユーロ)。カタログも販売しています。

 正直なところ、ストリートアートは楽しいし、好きなアーティストもいるんですが、今回のようにきちんと管理された状況で見るというのがどうもこう、しっくり来なかったというのはあります。「アーティストたちが協働で、ベルリンの一等地に創り上げたぜ」みたいな説明パネルがありましたが、「どうせ不動産会社が買い取った土地じゃん」と思ってしまったのも確か。

 今月末でこの展覧会が終了した後は、今年夏から工事が始まり、2019年末に新しいアパートが完成するそうです。といってもドイツのことなので、遅れるのではないかと見込んでいますが。
 いやー、どんどん都市化していきますよ、ベルリン。家探しは大変になるし、物価は上がるしで、住人にとってはきついことが多いんですが、ドイツの首都がいつまでも成長しないわけはないんですよね。なんだか微妙な気持ちになった展覧会でした。
(text and photo_Yuki Kubota)


THE HAUS ザ・ハウス
住所 Nürnberger Str.68-69, 10787 Berlin(シャルロッテンブルク地区)
URL http://www.thehaus.de/
会期 2017年4月1日-5月31日
開場時間 火−日 10:00-20:00(最終入場18:30-19:99)
定休日 月
入場料 無料(自分の意思で自由に払うシステム)


↓ベルリン行くなら、まずこの本!
「おさんぽベルリン」の久保田由希が書いた『歩いてまわる小さなベルリン』

berlincover_ss.jpg
よろしくね!


☆ドイツ・ベルリンに関する執筆・取材・写真撮影等のお問い合わせはこちらからどうぞ☆
(クリックすると、久保田由希のHPへ移動します)


★女性限定ホームステイやベルリン個人ガイドに
ついてのお問い合わせはこちらからどうぞ★
(↑クリックすると、松永明子のHPへ移動します)


↓ブログランキングに参加しています。
いいね!の応援クリックよろしくお願いします!
Ein Klick unterstützt uns beim Blogranking. Danke!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
ベルリン情報がいっぱい♪



  

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。